【速報】韓国株が暴落開始か! 外国人投資家が一斉に投げ売りを始める! GSOMIA破棄決定でやばすぎる事態に!

韓国ニュース

韓国株が数日前から急落を始めたようだ。8月末の底値から何度か上下しつつも2,112のドラえもんラインを越えた辺りで急に下落が始まった。韓国がGSOMIA破棄の方針を覆さないことが決まったから、在韓米軍も撤収されるだろうという観測の下で外国人投資家が一斉に逃げ始めたらしい。米中通商合意も年内はお預けという報道が出たし、いよいよ本格的に崩れる時がやってきたようだ。

韓経:視線冷え込む外国人投資家、10日間で1.3兆ウォン売った=韓国
11/21(木) 10:17配信 中央日報日本語版

 米中貿易交渉に再び「暗雲」が立ち込め外国人投資家が韓国証券市場から離脱している。外国人資金の流出でKOSPI指数は3取引日ぶりに2150ポイントを割り込んだ。27日に予定されたモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)の新興市場(EM)指数変更にともなう需給不安も「現在進行形」という分析が出ている。

◇外国人投資家、10取引日連続で売り越し

 20日のKOSPI指数は27.92ポイント(1.30%)下落の2125.32で引けた。外国人投資家が3342億ウォン、機関投資家が986億ウォンを売り越して指数を引き下げた。先月から今月6日まで有価証券市場で7635億ウォンを買い越していた外国人投資家は7日から10取引日連続で売り攻勢に出た。この期間に総額1兆3567億ウォンを売り越した。

 米中貿易交渉など内外で不確実性が再び高まり、外国人投資家が韓国証券市場の需給を圧迫していると分析される。キウム証券のソ・サンヨン研究員は、「トランプ米大統領の中国関税賦課発言の余波で19日の米国証券市場は下落した。米国国債利回りが下落するなど安定資産選好心理が再び大きくなる現象は韓国の証券市場に否定的に作用する」と分析した。

 香港事態にともなう米中対立悪化の懸念も大きくなっている。米上院が19日に香港デモを支持する「香港人権民主主義法案」を満場一致で通過させ、中国政府はすぐに内政干渉だと反発した。NH投資証券のノ・ドンギル研究員は「人権法通過にともなう米中対立は米中貿易交渉悪化の懸念につながり、証券市場にも負担を与えた。米中対立関連のニュースは韓国の株式市場に対する外国人需給に最も敏感に影響を及ぼしている」と話した。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-00000021-cnippou-kr

株価急落の原因は明らかにGSOMIA破棄

韓国株って、最近調子が良くて面白くなかったんですけど、また下がり始めたんですか?

その通り。8月末の2,000割れの底値から9月は一気に上げて、11月に入りまた一段と上げてドラえもんラインの2,112を越えた辺りで失速してしまったわけだ。数日前から外国人投資家が一斉に売りに転じて、今日に入って再び2,100を割り込んでいる。

そうみたいですね・・・。やっぱり、韓国がジーソミア破棄を決めたからでしょうか?

まあ自ずと分かるよね。韓国がGSOMIA破棄で日米韓の安全保障の枠組みを壊したから、在韓米軍が撤収する流れになるのは確実だと見切った外資が中心になって売り越してるんだろう。米軍がいなくなった国は経済が崩壊する、これは例外なくどこもそうだと思うよ。

南ベトナムも、アメリカ軍が撤収して負けてしまいましたよね・・・。韓国も、そうなると思います!

代表的な例がフィリピンだ。フィリピンは戦後は日本の次くらいに豊かな国だったのに、米軍が撤収した影響で今は見るも無残な状態になってしまった。タイミング悪く火山の噴火が重なったこともあり、1991年には90年続いた米軍基地の歴史に幕を閉じることになった。

90年も続いてたんですか?韓国よりも、長いじゃないですか!

そうだ。だが当時の政権が今の文在寅と似たような政策を取り米軍は出ていけという主張を続けた結果、運悪く火山噴火に見舞われ15,000人もの米兵や家族が近隣の基地に避難する羽目に陥ったという話だ。

アメリカ軍の存在は、大きいですよね・・・。アメリカ経済圏に入れるのは、いい事だと思います!

まあそうは言ってもトランプのように自国第一主義の政権が誕生した場合には逆風になる場合もあるけどね。米軍基地があることに対して愛国心を発揮して、自ら出ていくように仕向けた場合は例外なく悲惨な目に遭うと思うよ。

外資が売りに転じたきっかけは安倍首相と文在寅の10分対話失敗か

記事をよく読むと、外国人投資家はずっと買ってたみたいですね!それが、急に11月7日から売り始めたって書いてあります。何があったんでしょうか?

11月7日というのは予定表によればソフトバンクが赤字転落を発表した翌日だね。さらに詳しく状況を確認すると、11月7日というのは安倍首相と文在寅の10分対話が日本政府によってなかったことにされた日付だったことも分かった。

じゃあ、やっぱり日本が韓国を助けない事が分かったので、逃げ始めたんでしょうか?

外資とはいうが主導したのは日本勢かもね。安倍首相から韓国はもうだめだと直々に伝えられて撤収を始めた可能性がある。そこに米国勢が乗っかり始めていよいよ暴落かというところまで来てるわけだ。

今日の株価は、結局2100を割り込んだままでしたね・・・。韓国政府は、黙ってたんでしょうか?

まだ慌てるような時間じゃないと文在寅も呑気に構えているんだろう。何しろ財政出動を大幅に増やしてるからな。それにより流動性が高まって株と不動産にだけ資金が集中しているような状況では暴落は考えにくいと思い込んでる可能性が高い。

ドルウォンチャートの方は、ちょっとずつまたウォン安に傾いて来てます!ウォンが暴落したら、株をいくら買っても意味がないのでは?

数日後にはウォンの急落がヘッドラインを賑わせてるかもしれないね。ムーディーズが一斉格下げを警告したからな。1997年から1998年にかけての通貨危機の再来の可能性がある。当時との違いはIMFも日本も助けないということだ。

結論:韓国は香港とは比較にならないくらい危機的な状況

IMFが出資しないのは、アメリカの意向ですか?

この前IMFが増資決定を2023年以降に先送りしたという話があっただろ?あの報道は実は結構重要で、これで中国が出資比率1位に躍り出るリスクを消すことができたんだ。米国が出資比率1位のままならIMFは100%米国の意向に従うことになる。

じゃあ、やっぱり韓国はもうダメそうですね・・・。でも、それがムン大統領の願いだし、脱米構想を進めなければならないんです!

ネットユーザーは、GSOMIA破棄が決まったからウォン売りが加速する、と言ってます!資本逃避が本格化している、実際にはもっと流出しているはず、韓国の手持ちのドルも減ってきてる、米中貿易戦争や香港情勢のせいにするのは言い訳、という雰囲気です!

米中貿易戦争の影響を受けるのは間違いないが、日本や米国に見放されるという悪材料が加わって落ち方が他国よりも激しくなるだろうね。そして世界に先んじて通貨危機に突入することになるだろう。今は香港の方が先に崩壊しかかってるように見えるけど、国家の危機度合いでは韓国の方が桁違いにやばいと思う。

香港は、アメリカが味方してくれます。韓国は、アメリカを裏切りました!だから味方してくれません!全然違うと思います!

その通り。香港に関しては米国が動くかどうかが焦点だったが、香港人権法案にトランプも署名する公算のようだし土壇場で救われそうな雰囲気が生じている。ところが韓国にはそれがない。よって崩壊するのは韓国が先になるだろうね。11月末から年末にかけてとんでもない信用不安が訪れるかもな。

ホントに、黒井さんの言ってた通り11月末から始まりそうですよね・・・。予想通り過ぎて、逆に怖いです!

GSOMIA破棄はそれくらい重大だということを知っていたかどうかの違いだよ。分かってる人はとっくに売り抜けて韓国から資本を逃がしているはずだ。まあ韓国がどうなっても日本が助けないことだけは決まっているし経済が崩壊したとしてもどうでもいいけどな。

韓国の皆さん、このままでいいんですか?嵐がすぐそこまで迫っています!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!