韓国の防衛費負担が50億ドルになった理由が判明しパニック状態! 国防権限法2020不成立なら在韓米軍は維持不可能! 終わったな…

トランプ政権, 米国ニュース, 韓国ニュース

Sponsored Links

我々も注目しているNDAA 2020について唐突に韓国経済新聞が注目し始めた。トランプが韓国に求めている防衛費50億ドルの根拠として、このNDAA 2020のために参考資料として出された在韓米軍の予算案が約45億ドルだったことが背景じゃないかと韓国側が推測している。つまり韓国が50億ドルを出さなければ在韓米軍は維持不可能になるというわけだ。日本語では国防権限法もしくは国防授権法と呼ばれるこの法律は11月29日現在もまだ成立していないからだ。

トランプ大統領の韓国防衛費分担金50億ドル、在韓米軍45億ドル予算が根拠か
11/28(木) 9:26配信 中央日報日本語版

 トランプ米大統領が提示した在韓米軍の防衛費分担金50億ドルはどこから来たのだろうか。米国防総省が米議会に2020年国防権限法案(予算法案)議論のために提出した2020会計年度予算要請資料に答えがあった。2020会計年度(2019年10月1日-2020年9月30日)の在韓米軍費用予算案は計44億6420万ドル(約5兆2544億ウォン、約4900億円)だった。四捨五入すれば45億ドルだ。26日(現地時間)に出版されたトランプ大統領の公式伝記『トランプのホワイトハウスの中で』で、トランプ大統領が作家ダグ・ウェド氏に「我々が韓国防御にどれほどの費用を使うか知っているか。年間45億ドルだ」と話したその金額だ。

 米国防次官室で作成された2020予算案資料の「海外費用要約」によると、韓国に対する駐留費用は軍人件費21億400万ドル、運営維持費22億1810万ドル、家族住宅費1億4080万ドルと特定事業回転基金130万ドルを合わせて44億6420万ドルだ。したがってトランプ大統領は在韓米軍2万8500人の給料と高難度任務手当(HDP)など各種手当まで含めた全体の駐留費用に5億ドルを追加して50億ドルを提示したのだ。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191128-00000014-cnippou-kr

韓国が急に慌てて調べ始めた

国防権限法の話じゃないですか!韓国が自分から取り上げるなんて、意外ですよね?

今日11月29日現在もNDAA 2020は成立する気配がない。にも関わらず急にその話題が出てきた背景は、おそらくトランプが言う防衛費50億ドルの背景が分かったからだろう。今月26日に発行されたトランプの伝記にその詳細が書かれていたと。

トランプ大統領、頻繁に本を出してますね!どれがどれだか、分からなくなりそうです・・・。

Amazonで探してみたら速攻見つかったぞ。ハードカバーで2,100円程度だが、Kindle版だと一気に1,110円程度まで安くなる。トランプの顔写真を部屋に飾りたいなら1,000円高くてもハードカバーがいいだろう。
https://www.amazon.com/Inside-Trumps-White-House-Presidency/dp/1546085858

ペーパーバックって、表紙が紙のですよね?

本の表紙はすべて紙のはずだがww いやまあ言いたいことは分かる。厚紙程度の薄いカバーってことだろ?

そうです!「厚紙」みたいな表紙で、作りが安っぽい本ですよね?海外の本でよく見ます。

ペーパーバックの本を飾ると表紙が反り返って残念なことになりそうな気がする。ハードカバーならたわむ心配もないだろう。

この本を韓国経済新聞が読んで、45億ドルかかると知ったから、国防権限法についても調べたんですか?

そういう流れのようだね。それから我々が頻繁に国防権限法不成立と言及していたのもあるだろう。在韓米軍の撤収は国防権限法がある限り法的に不可能だと信じてやまないのが韓国だからな。

自分は守らないくせに他国には法を守らせようとする韓国

というのも、韓国経済新聞は別の記事で米議会が”在韓米軍縮小法”を推進していると述べてるんだ。これはつまり国防権限法のことなんだが、その条項の中で人数を28,500人未満にしてはならないと書かれていることを根拠にしている。

韓経:米議会、在韓米軍縮小制動法案推進
11/28(木) 9:54配信 中央日報日本語版

 米国議会が在韓米軍を現在の2万8500人水準で維持するようにする法的装置づくりに出た。米国の在韓米軍防衛費分担金引き上げ圧迫にあわせて出ていた在韓米軍縮小説は勢いをなくしていく見通しだ。

 ボイス・オブ・アメリカ(VOA)放送は26日(現地時間)、「2020会計年度から適用される国防授権法案(NDAA)に関連して在韓米軍規模を2万8500人水準に維持すべきだという条項に対して上・下院で異見はない」とし「そのまま最終案に含まれる可能性が高い」と伝えた。これに先立ち、米上院と下院はそれぞれ在韓米軍の縮小を禁止する条項が含まれた国防授権法案を通過させた。

 来月20日までに臨時予算案を編成した米上・下院軍事委員会は、新しい国防授権法案交渉を年内に終えるという構想だ。最終通過までは手続きが残っているが、上・下院ともに異見がないだけに、既存の内容がそのまま最終案に含まれる可能性が高いという。米議会内では米国の国家安保利益とインド太平洋戦略次元で在韓米軍を現水準で維持しなければならないという雰囲気が強いという。ただし、ドナルド・トランプ大統領弾劾政局によって年を越す可能性も提起されている。

 毎年改正されるNDAAは向こう1年間の米軍運用の枠組みを提示するものだ。「2019年国防授権法」は在韓米軍を2万2000人以下に縮小することを禁止している。このためトランプ政府が強行する意志を示せば6500人ほどは議会の同意なく縮小が可能だった。だが、新しい法案が通過すればトランプ大統領の意志があっても在韓米軍縮小は不可能になる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191128-00000015-cnippou-kr

韓国経済新聞は、もうすぐ決まりそうな書き方をしてますけど・・・。まだ成立してないですよね?

ボイスオブアメリカでこの件が取り上げられた背景は、韓国が形式上ではGSOMIAを再延長したことが影響していると思う。だが韓国経済新聞はその報道内容を漏らさずに記録して、在韓米軍の撤収は法的に不可能になるぞとトランプに圧力をかけようとしているわけ。

韓国は法律を守らないのに、他人には守らせるんですか?それに、予算がなければ活動もできないんですよね?

まったくだなwww 韓国としては国防権限法が成立してほしいんだろうが、本予算そのものが決まっていない状況でつなぎ予算も12月20日には切れる。残された3週間余りの期間でどこまで話を進められるかも分からない。

でも、アメリカの事だから、また土壇場で成立させるのでは?年内に駆け込みで、成立させる気がします!

12月20日を前に本予算と国防権限法が同時に成立するってか?まあそれこそサプライズだろうがね。来年には大統領選が迫ってるし、トランプが議会に簡単に屈するとも思えないんだよ。

ボクは、そういう時こそ成立すると思ってるんです。ジーソミアだって、ボク達がもう延長はないと油断してたら、NSCを2日連続で開催して、延長を決めてしまいました!

なるほど。あらかじめ先回りしておけばってことか。俺はそうは思わないがその考えは尊重したい。というかワトソン君にそういう役目をお願いしようかな?

有能さんは、常に最悪の事態を想定しておいて下さいって言ったんですよね?だから、ボク達も在韓米軍が撤収されない最悪の未来を想定した方がいいです!

いや本来は在韓米軍がいた方が日本にとってはいいんだが。建前上はな。そうしないと北朝鮮が攻めてくると日本では信じられているし、在日米軍も同時に撤収となると考えている人も相当数いる。

じゃあ、在韓米軍撤収こそが、日本にとって最悪の未来ですか?

それは分からない。日本にとって何が最悪なのかは俺には断言できないし、韓国がその最悪のシナリオを選んで日本を苦しめようとするかもしれないということまでは想定はしていない。考えようによってはGSOMIAの維持こそが日本にとっては最悪だったかもしれないという話だろ?

米国は土壇場で国防権限法を成立させるだろうとワトソン君

そうです!韓国はジーソミアの破棄で、日本に攻め込もうとしてたんですよね?それがボク達によって広められたから、方針を転換した気がします。

我々にはそこまで影響力はないぞwww 韓国から1日100人程度の来訪があるのはおひげちゃんの分析により判明しているが、その中に韓国政府関係者が紛れているかどうかについては考えたこともないしね。

100人もいるんですか?その中には、意地悪クラブも紛れてると思います。ボク達の意見を見ながら、日本を一番苦しめられるシナリオは何なのかを、慎重に検討してるんです!

おひげちゃんによればアクセス元の通信会社くらいはすぐに分かるらしい。いずれオフレコで教えてもらうつもりだ。韓国政府関係者かどうかまではさすがに分からないと思う。

そこまでは分かるんですね・・・。ボクには、全然理解が及ばない世界です!

ネットユーザーも、在韓米軍の駐留費はどうするのかと言ってます!50億ドルを値切ろうとするのに縮小は反対というのは、調子が良すぎるんじゃないかって。結構な人数が、お金はどうするのかと疑問に思ってるみたいです!あと・・・。

ほいよ。

逆に、韓国が増額を拒否しても、アメリカはムキになって駐留を続けると言っている人もいます。ムン大統領の在韓米軍削減には乗らないのでは、失礼補佐官の防衛費削減案への対抗かも、という意見があったんです。

そういう子供じみた争いで済むなら話は簡単だがな。予算もないままにどうやって駐留するんだ?韓国民のボランティア差し入れでも動員して食いつなぐのか?現実が分かってない人も一定数いるんだね。

アメリカの予算の話って、日本ではほとんど誰も話題にしてませんよね・・・。昨日も、ムン大統領の北朝鮮融和姿勢は間違ってる、池上明さんの解説はおかしいって、ツイッターで大炎上してたんです!

へー。まあ文在寅の政策については確かに保守陣営でも誤解があるのは事実だけど、炎上するほどじゃないんじゃないか?まあとにかく予算だ。国防権限法不成立という未来が迫っている中で韓国が防衛費50億ドルを本気で踏み倒すかどうかに注目したいところだね。

ボクは、アメリカは土壇場で、国防権限法を成立させると思います。最悪の未来ですけど、それが起こると本気で信じてます!在韓米軍の撤収も、禁止されてしまうんだと思います!

土壇場がどこなのかをぼやかす感じにはなるかもね。その辺りのシミュレーションをもう少し詳しくやりたいところだ。