「韓国の若者には元気がない」と報道されパニック状態! 出生率0.6台で人口減少時代が目前に! 少子化対策はすべて失敗へ!

韓国ニュース

Sponsored Links

ジムロジャーズ氏はそろそろ敗北を認めた方がいいんじゃないか?韓国の7-9月期の出生率が0.88になったこと、そしてソウルでは0.69という史上稀に見る最悪な値が出たことを見過ごすことはできないはずだ。韓国の少子化は構造的な問題なのか、それとも韓国固有の問題なのかという部分がまだはっきりしないが、現実問題としてこの数字は衝撃的だ。少子化国として有名なシンガポールでさえ1.0は超えている。この調子では今年の出生数は20万人台となり、来年からは人口減少に転じる可能性さえ出てきている。

【社説】出生率0.88人の衝撃、無関心が招いた災難=韓国
11/30(土) 14:22配信 中央日報日本語版

 7-9月の合計特殊出生率が0.88人に下がった。昨年の同じ時期(0.96人)より低い。ソウルは0.69人、釜山(プサン)は0.78人だ。東西古今を見てもこのような出生率はない。都市国家のシンガポールや香港、マカオなどで0点台の出生率が見られただけだ。このままでは今年の出生率は0.8人台となり、出生児は20万人台に減る可能性が高い。来年以降さらに下がると予想される。出産の先行指標である婚姻件数は2017年が6.1%減、昨年が2.6%減で、今年1-9月は6.8%減少した。どこで止まるのかも予測しがたい。

 統計が出るたびに「過去最低」「統計開始以降の最低」という修飾語がついたためか、0.69人(ソウル)が衝撃的に感じられない。この程度なら人口絶滅と見なければいけない。韓国社会が超低出産と人口の崖にもう驚かなくなってしまっている。28日基準の推計人口は5170万9098人だ。しばらくは増加するが、2028年の5194万人をピークに減少に転じる。2067年には3900万人に減少するという。すでに生産年齢人口(15-64歳)が減り始めている。学校が閉鎖され、空き家が増え、地方の消滅が普通名詞になった。北朝鮮の核ほど恐ろしいのが人口の崖という話が出るほど、国家安保の最も大きな脅威になっている。

 韓国社会が少子化対策に取り組み始めたのは2006年だ。その間、毎年100種類ほどの対策を施行し、年平均20兆ウォン(約1兆8570億円)ほど投じているが、結果は反対に進んでいる。一部では「百薬が無効」と自暴自棄になっているようだ。それでも少子化対策の中心タワーである低出産高齢社会委員会の副委員長が2カ月間も空席となっている。年末まで埋まる可能性はないようだ。今年に入って委員会全体会議が開かれたこともない。委員長は文在寅(ムン・ジェイン)大統領だ。2017年末に青瓦台(チョンワデ、大統領府)で委員らと懇談会をした後、会議を開いたことがない。現在のイシューにとらわれて国の未来には目を向けていない。

 現政権は昨年、朴槿恵(パク・クネ)政権の第3次低出産高齢社会対策に手をつけて再構造化した。出産奨励という言葉を除いて出生率目標(1.5人)をなくした。ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を強調しながら、生活の質が高まれば出生率は自然に上がると言った。長期的に見ると方向は正しいかもしれない。

 ただ、急落する出生率の前であまりにものんきだという批判は避けにくい。今年に入って政府の人口タスクフォースがいくつか中期対策を出したりはした。しかし直ちに効果を得られるような対策は見られず、総合対策としては不十分だ。

 国会はどうか。人口絶滅危機は眼中にない。来年の総選挙に没頭している。低出産特別委を設置して何度か会議をすれば終わりだ。与党が責任を負う姿も、野党が代案を提示しようとする姿も見られない。

 昨今の状況をみると、0.69人は当然の帰結なのかもしれない。若者に元気がない。職場を得られないため学校を卒業することを恐れる。そうなれば結婚と出産は「自分のこと」ではない。結婚をしても育児・教育などの壁で挫折する。韓国社会はその間、スウェーデンやフランスなど出産先進国の良い政策をすべて取り入れてきた。

 しかし一つ一つを見ると粗くて絶えず穴がある。内容を充実させる必要がある。男性の育児休暇、中小企業勤労者支援、保育施設教師の質の向上、小学生放課後支援、私教育費の減少などに画期的な投資が求められる。地方の青年が首都圏や大都市に流出しないよう雇用拡大などの地域均衡発展に集中しなければいけない。雇用を生み出す企業が海外に出ていかないよう規制緩和も重要だ。経済が良くなれば出生率低下ペースが落ちたり底を打ったりする可能性がある。文大統領は所得主導成長政策をもう放棄すべき時期にきている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-00000006-cnippou-kr

釜山も大差なく0.78という衝撃の数値

中央日報さん、パニック状態ですね・・・。出生率0.88って、そんなに低かったんですね。

ソウルに限っては0.6台の凄まじい値が出ているが、釜山も大差はなく0.78人だそうだ。全国的に低く、都市部では一層低いというわけだ。さらに言えば出生率はごまかしがきかない唯一の統計と言ってもいい。

確かに!子供の数を急に増やすことは、できないですよね?

それをやるなら移民政策を取らなければいけない。移民に韓国の市民権を与えて沢山子供を産んでもらえば出生率は改善するだろう。だがそれは韓国にとっては受け入れられない選択肢だ。単一民族を自称しているからだ。

ムリだと思います・・・。日本でも苦労してるのに、韓国は絶対にムリです!

日本はまるで状況が異なるよ。日本は西日本が元気で出生率も高いから全体の出生率も1.4という比較的高い数値になってる。移民政策を進めていない先進国としてはそれなりに高い値だと思う。ドイツじゃすでに移民が出生率を牽引していることが分かってるからな。

そうなんですか?ドイツって、出生率は高いんですか?

有名な話だ。記事を見るか?2016年には1.56という比較的高い出生率を叩き出している。ところがその期間にシリアやイラクから100万人単位の移民がやってきてるんだ。中東は伝統的に子供を多く産む国が多いとされている。

移民流入でドイツの出生率上昇、1973年以来の高水準
2018年3月29日 12:39

 【3月29日 AFP】ドイツでは2016年、移民の大量流入を背景に出生率が急上昇し、43年ぶり高水準を記録した。ドイツ連邦統計局(Destatis)が28日、発表した。

 公式統計によると2016年のドイツの出生数は79万2131人で、前年比7.0%の増加となった。このうちドイツ人女性の出生数は60万7500人で同約3.0%増だったのに対し、非ドイツ人女性の出生数は18万4660人で、同25%も増加した。

 2015~16年に移民の流入が急増したことで「伝統的に子どもを多く産む傾向の強い国々出身の女性の人数が増えた」と連邦統計局は指摘している。ドイツにはこの2年間にシリアやイラクといった中東の紛争地域から100万人以上が流入した。

 欧州最多の人口を抱えるドイツは他の欧州諸国に比べて出生率が長く低迷していたが、2016年の合計特殊出生率は1.59と、1973年以来の高水準を記録し欧州平均と肩を並べた。
・・・

https://www.afpbb.com/articles/-/3169158

ホントだ!じゃあ、ドイツに元からいた人達は、そこまで多く産んでないんですね・・・。

記事もあるように、ドイツ女性の出生数も一応3%増えてはいるようだが、元からいたドイツ女性じゃない移民の出生数は同時期に25%も増加している。この数字の変化は見過ごせないよ。

つまり韓国が今の低出生率の状況を打開するには、民族主義的な考えを打ち捨てて移民政策に舵を切ることが必要なんだ。ジムロジャーズ氏が言うような北朝鮮との統一はすでに絶望的な状況だから北朝鮮からの移民を受け入れるのも難しい。

ドイツの例にもれず移民が人口減少を解決することはもはや常識

あれ?ロジャー船長って、日本の事は批判するのに、韓国の少子化については前向きですよね?

実はこの点では俺の考えはロジャーズ氏と一致している。移民こそが人口減少を解決することはもはや常識的なレベルだからだ。

ジム・ロジャーズ”移民が女性活躍の光に”
2019.08.01

 「日本が抱える最大の問題は人口減少だ」。投資家のジム・ロジャーズは、最新の著書『日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く』で、そう問題提起する。そして、この問題を解決するためにわれわれがなすべきことは何なのかを探る中で、女性の社会進出が重要なファクターとなる、日本が今後も経済大国としての地位を享受しつづけるためのプランを提言する。

「人口減少問題」を解決するプランBを探る

 日本が抱える最大の問題は人口減少だ。

 過去50年間に日本人は勤勉に働き繁栄を築き、世界第2位の経済大国の地位に上り詰めたが、それは人口が増えていた時代の話だ。このままでは今後同じような成功を享受できるとはとても考えられない。

 しかし、プランBはある。国境を開き、支出を削減する――。そういった抜本的解決策を提言したい。

 日本政府は、少子化対策として効果がありそうなことは何でもやるべきだ。日本に最も必要なのは赤ちゃんなのだから、子育てにインセンティブを与え、仕事と両立できる環境を整えるなど、とにかく何でも、だ。
・・・

https://president.jp/articles/-/29504

韓国の出生率が低い事は、無視ですか?

無視できる材料が北朝鮮との統一だね。北朝鮮の労働力を一気に吸収すれば韓国は確かに発展できるだろう。だがそれは現実を無視した空想論だし、韓国が北朝鮮に勝利するという前提で物事を考えている時点で残念な反論だね。

韓国が北朝鮮に攻め込まれたら、経済成長どころではなくなりますよね?

一旦全部チャラにすることになるだろう。その頃には在韓米軍も撤収しているし、米国資本もみんないなくなって韓国のオフィスビルはがらんどうになる。投資できるには少なくとも数年は必要になると思う。ロジャーズ氏がそこまでして韓国にこだわる意味がほぼないと思うね。

ロジャー船長が好きな大韓航空だって、破綻しますよね?

一旦破綻させたうえで北朝鮮、中国、ロシア資本のどれかの一部になると思う。今のまま存続できるとは思わない方がいい。ジムロジャーズ氏はおそらく米国を離れて長いから、今の米国内の雰囲気がどこにあるかがいまいち読み取れてないものと思われる。少子化先進国のシンガポールに住んでいる時点でナンセンスだとも思うしね。

ロジャー船長の記事を見つけました!去年末の時点で、アメリカ株は全部手放してしまったみたいです・・・。アメリカへの愛国心は、ないみたいです。

ジム・ロジャーズ氏「19年米国は深刻な事態に」
個人投資家はこれからどうすればいいのか

2018/12/09 5:30

 アップルやアマゾンなどのハイテク株が大きく売られるなど、アメリカの市場は明らかに変調を来している。「米中貿易戦争」が長期化し世界景気の下振れリスクが高まるなか、株や債券などが暴落するリスクはないのだろうか。

 世界を代表する投資家のジム・ロジャーズ氏に、経済キャスターの江連裕子氏がシンガポールで聞いた。

(中略)

――中国では再び外貨準備高がじわじわと減少しています(直近の11月は市場の予想に反して前月比90億ドル増加)。財政出動をさせて、公共事業などで国内の景気悪化を防ごうとしても、難しいのでは? 今後は1990年代の日本のような不況に陥るのではないでしょうか?

 1990年代の日本政府は負債削減を強いられた。今、アメリカと中国も、市場から削減を迫られている。中国の話が出ているが、アメリカこそ歴史上最大の負債を抱えている国だ。アメリカは近い将来に債務削減を迫られるし、中国もいずれそうなる。

 実際、中国政府はすでに債務を削減しようといろいろと国内で手を打っていて、私は正しいと思う。アメリカはその努力を始めていないが、市場に強制されるのは時間の問題だ。だから、もし今企業や個人が多額の債務を抱えているなら、できるだけそれを削減する手助けをするべきだ。できるだけ速やかにね。

これから何に投資すべきか?

――バブル崩壊が近いとしたら、個人投資家はどうすればいいですか? 株は売ってしまったほうがいいのでしょうか?

 私は現在、個人的にはアメリカの株は持っていない。投資判断は、投資家が各々すべきだ。すでに、アメリカは10年以上経済に問題を抱えたままだ。遅くとも2019年にはそれが深刻な問題を引き起こすだろう。株を売るべきか? アメリカの歴史上、ここまでブルマーケット(強気市場)が続いたことは、例がない。一度もだ。だからその疑問は当然だと思う。繰り返すけど、すでにブルマーケットがこれほど長期化しているのだからね。

(以下略)

https://toyokeizai.net/articles/-/253624

今年の米国株の上昇ぶりを見てイライラしてそうwww

ロジャー船長、八つ当たりはやめましょう!アップルさんの株はドンドン上がってるし、ロジャー船長は儲けるタイミングを逃してしまったんです!

この調子だとトランプ現政権がどういう政策方針を持ってるかも全然知らない気がするね。移民政策を掲げている点から考えてもトランプの方針と合わないし、米国人なのに米国に住んでない時点でトランプから反感を持たれてそうだ。

ネット百科事典を見たら、2018年には中国はトランプ大統領と国交を深めて、さらに偉大な国になるだろう、って予測してたみたいです!大外れですね・・・。

ひでえ予測www ロジャーズ氏ってわざと真逆のことを言ってるんじゃないかというくらい先見性ないよな。申し訳ないけど。シンガポールへの移住はやはりマイナスだったとしか言いようがないね。

韓国が少子化になる理由をシンガポールの現状から探る

ネットユーザーは、誰も見た事がない社会ができつつある、と言ってます!全部の政策が行き当たりばったりだし、生まれてすぐに受験戦争が始まる、生き残るために出し抜こうとする人が多いって。一方で、日本の出生率も人口を維持できる1.5には遠いし、油断はできないという雰囲気です!

日本の話はいいんだよ。韓国がなぜここまで低い成長率になってるのかが重要だよな。結婚自体が減ってるのが理由という話も出てたけど、それにしてもあまりに少ない。

ロジャー船長が韓国を褒めれば褒めるほど、韓国の状況が悪化する気がしますね・・・。みんな現実を見なくなってしまうからでしょうか?

実は先月シンガポール出張をしてきたんだが、まあ大変だったね。この国が少子化になる理由がよく分かる気がしたよ。シンガポールはビジネスの拠点としては素晴らしいしインターネットの回線速度も速いんだけど、居住地としては考えられないな。人口密度が高すぎるし緑が少なすぎる。

いつの間に!黒井さん、こっそり行動し過ぎです!

いやまあ短期間だったしシンガポールのサーバーには我々もお世話になってるからな。視察も兼ねて東南アジアの状況を把握しようと思ったわけよ。この話はいずれ詳しく教えてやろうと思うが、米国の人がシンガポールで娘に中国語を習わせようとする時点でナンセンスだと感じたわけ。都市部の過密ぶりは香港にも匹敵するくらいに深刻になりつつあると思う。

それって、実は香港から人が移動してきてるのでは?お金がシンガポールに逃げてるなら、人も同じように逃げてきてる気がします!

いやそれはさすがに…。まあ一時的な滞在場所としている人はいるかもしれないがね。とにかく人口密度が高すぎるというのは少子化をさらに促進するマイナスの結果にしかならないと思ったんだ。東京の方がずっとましだよ。日本人はもっと自国に誇りを持っていいと思う。

それなら、良かったです!黒井さんの一言で、気分が良くなりました!

単純なやつめwww 韓国の少子化ネタは今後も定期的に取り上げて議論していこう。0.69という尋常でない数値をどう解釈するかは長い期間をかけなければならない。ワトソン君にも調査活動をお願いしたい。

分かりました!ボクは、オフィスビルの比較しかできないんですけど、やってみます!

シンガポールはビルの高さも意外と大したことないんだよね。まあその話は今はいいし韓国にとっては関係のない話だよな。韓国は関係ない!さようなら!