米中の通商協議が行き詰まる!? 原因は香港人権法案?中国が時間を必要としている?

トランプ政権, 中国ニュース, 米国ニュース

アメリカの中国の通商協議が、香港人権法案のせいで行き詰まってるそうです・・・。中国側に国内政治を落ち着かせる必要が出てきたのが理由で、交渉が進まなくなってるみたいです。どうなってしまうんでしょうか?

米中通商協議、香港人権法が原因で行き詰まり=米ニュースサイト
12/2(月) 9:16配信 ロイター

 [1日 ロイター] – 米ニュースサイトのアクシオスは1日、米中通商協議が「香港(人権・民主主義)法が原因で行き詰まった」と報じた。

 同サイトが米交渉団関係筋の話として報じたところによると、中国の習近平国家主席が国内の政治情勢が落ち着くまで時間を必要としているためという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-00000012-reut-cn

香港の休戦状態も終了?

やはりな。中国は明確に香港人権法案と通商協議を結び付けているようだね。米国が一線を踏み越えたという認識で協議も中止したんだろ?

そうなんですか?この記事だと、中国側に原因があるみたいですけど・・・。

中国の内部事情だと米国は言ってるけど、中国としてはあくまでも米国の香港人権法案が原因だと言い張る気だと思うよ。そうしなければ中国がまとまらない。

香港のデモ隊がドンドン活発になってるので、焦ってる気もします!昨日は、香港区議会選以来で、初のデモだったそうです。

区議会選ってつい先週の話だと思うんだけど、単に週末ごとにやってるだけじゃないの?

産経新聞さんによれば、一時的に休戦状態だったそうです!でも、警官隊が催涙弾の発射を再開して、休戦は終了しました・・・。

香港の“休戦”終了 38万人デモに連日の催涙弾
12/1(日) 22:08配信 産経新聞

 【香港】香港で1日、11月24日の区議会(地方議会)選後初めてとなる大規模な反政府デモが行われ、主催者発表で約38万人が参加した。警官隊もこれまで自制してきた催涙弾を連日発射するなど、選挙前から続いていた“休戦”は事実上終了した。

 九竜地区の繁華街、尖沙咀(チムサチョイ)に集まった市民らは、普通選挙実現など「5大要求」全ての受け入れを政府に迫った。

 区議会選での民主派圧勝後、林鄭月娥(りんてい・げつが)行政長官は「警察の暴力に関する独立調査委員会の設置」については拒否したが、抗議活動の原因などを検討する「独立検討委員会」を設置する方針を明らかにしている。

 しかし、この日のデモに参加した中年女性は「私たちが要求しているのは『検討』ではなく『調査』だ」と政府の対応を批判した。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000559-san-cn

最もハードルが高いと思われる5大要求のうちの普通選挙実現がなされるまでデモは終わらないということだね。まあそこまで行けば独立が視野に入ってくるだろう。独立を勝ち取るまでの道のりは険しそうだな。

選挙での圧勝は、第1歩だと思います!中国はショックを受けてるみたいだし、明らかに動揺してると思います。5大要求を通すなら、今がチャンスなんです!

米中の通商協議にまで飛び火するとなると米国内が慌て始めそうだけどな。中国側がそう言ってるなら仕方ないという話だろう。この分だと15日の関税も発動するしかないんじゃないか?

その話なんですけど、中国は逆に関税の撤廃を要求してるみたいです・・・。そうしないと、合意はできないって言ってるそうです!

まるで交渉する気なしだなwww

第1段階の合意に至れば、12月15日の関税も見送り?合意できるの?

この記事を、見て下さい!関税は、もし第1段階の合意に至れば、見送られるみたいです。

中国、米との「第1段階」通商合意で関税撤廃要求=環球時報
12/2(月) 7:26配信 ロイター

 [北京 1日 ロイター] – 中国共産党機関紙・人民日報傘下の環球時報は1日、米国との「第1段階」の通商合意における中国の最優先事項は、米国による新たな関税の阻止ではなく、現在発動済みの関税の撤廃だと伝えた。

 通商協議に詳しい複数の関係者が30日、同紙に対し、「米国は合意の一環として、計画している関税の見送りではなく、既存の関税を撤廃すべきだ」と語ったという。

 また同紙が別の関係者の話として伝えたところによると、米当局者らは、関税は貿易戦争の唯一の武器で撤廃すれば「降伏」を意味するとして要求に応じない姿勢を示しているという。

 米通商代表部(USTR)と米財務省は現時点でコメント要請に応じていない。

 米国は12月15日に中国製品約1560億ドル相当に15%の追加関税を発動する予定だが、通商合意に至れば、この関税の発動は見送られるとみられている。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-00000001-reut-cn

つまり関税発動が前提ってわけだ。中国が合意に応じた場合のみ特例として見送ると。だが中国は逆に関税の撤廃を求めようとしている。

関税の撤廃を要求して合意できなかったら、逆に関税が発動するなんて、習さんは交渉が下手だと思います!

まったくだな。俺も中国のこのやり方はなってないと思うね。関税を撤廃しろ、撤廃しろ!と叫ぶだけで応じるのはのび文くらいのものだ。スネ露でさえ笑ってかわすだろうし、トラえもんはむしろ激しく怒ると思う。

ジャイアンは、自分よりケンカが強い子と、戦った事がないんだと思います!

チャイアンも同様だな。自分より唯一強い国である米国が自分の敵に回ることなんて想像もしなかったんだろう。オバえもんからちょっと道具をもらっただけで態度を大きくしてしまったのは誤算と言えるね。

思ったんですけど、ドラえもんの道具って、遠隔操作で無効とかにできないんですか?もしドラえもんが落とし物をして「どくさいスイッチ」を誰かに拾われたら、それだけで世界は破滅しますよね?

つまり米国が中国に提供したような技術や武器もすべて遠隔操作で無効にできるんじゃないかと言いたいわけ?それができるかどうかという情報こそが軍事機密じゃないか。

ボクなら、それを真っ先に警戒します!習さんは、気付いてない気がします・・・。

トランプ政権の手法そのものが中国を罠にはめる感じではあるよね。合意はもうすぐ、もうすぐと言いながら中国をじわじわと苦しめるやり方だ。まさにこれ。

第1合意は、近い…! 近いが…今回まだその時と場所の指定まではしていない。そのことをどうか中国の諸君らも思い出してもらいたい。

つまり…我々がその気になれば関税の引き上げ幅は100%、200%ということも可能だろう…ということ…!

「ガイシ」ですよね!表紙を見たんですけど、ちょっと受け付けない感じがしたので、パスです・・・。

だから日本ガイシとごっちゃにするなってのww

中国は最後には合意に応じる?ホントなの?

ネットユーザーは、トランプ大統領よりも、議会の方が対中強硬だと言ってます!トランプ大統領は、数の力で押し切られて署名しただけ、株式市場が混乱しそう、来年は中国に経済寒波が押し寄せるかも、日本も国賓待遇を白紙撤回してほしい、という雰囲気です。

トランプは最初から署名する気だったと思うよ。トランプも香港の件は人権侵害だって強く批判していたし、署名を一旦保留にしたのもどうせ自動で成立するのが分かってたからだろう。トランプとしては合意を重視しているとアピールしたかったわけだ。

真逆の主張をしている、この記事が少し気になったんですけど・・・。

香港人権法案成立でも米中貿易協議は部分合意へ
12/2(月) 9:06配信 NRI研究員の時事解説

香港人権法案成立も中国は報復措置に慎重

 トランプ大統領は11月27日、圧倒的な多数で上下両院で可決された「香港人権法案」に署名した。トランプ大統領は、この法案の署名には慎重であったはずだ。それは、署名が中国政府の強い反発を招き、現在交渉を続けている米中貿易協議の部分合意(第1段階合意)の失敗につながりかねないためだ。トランプ大統領は、部分合意によって中国向け農産物の輸出拡大を実現させ、農家に対して政治成果を強くアピールする選挙戦略を進めている。

 しかし、仮に大統領拒否権を発動しても同法案は議会で再び可決され成立する可能性が高いうえ、仮に署名をしない場合には、トランプ大統領が国民からの強い批判を浴び、支持率を下げてしまう可能性もあった。さらに、与党共和党議員の反発を招き、ウクライナ疑惑で大統領が弾劾される可能性も生じ得ることから、トランプ大統領は仕方なく今回の決定を決めたと見られる。

 トランプ大統領は、署名の際の声明で、「習国家主席 、中国、香港市民への敬意を持って同法に署名する」としており、中国側に配慮を見せている。

(中略)

部分合意後は米大統領選挙後まで米中は休戦状態へ

 また、12月15日には米国側は対中制裁第4弾の1,600億ドル分の発動を予定しているが、部分合意に向けた前向きな交渉が続いていることを理由に、トランプ政権は発動を見送るのではないか。大統領選挙の選挙戦略の一環として、米中貿易協議の部分合意を何としても実現したいというトランプ大統領の意思が、合意実現に向けた最大の原動力となろう。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191202-00010000-nrin-bus_all

“1,600億ドル分”

そこは、多分変換ミスだと思います!全角になってしまってる事に、気付かなかったんです。

中国の出方次第だと思うね。最初の米国の政治サイトの合意が行き詰まったという情報も中国の出方に基づいての判断だし、俺も習近平がここで香港のことと通商協議は無関係だと割り切って第1合意に前向きになるんじゃないかと踏んでる。

ホントですか?ボクは、香港の問題は無視できないと思います!習さんも動揺してるし、それに中国は関税の撤廃を合意条件にしてるんですよね?

俺はその合意条件を中国が緩和すると判断するね。香港のことなんて知らない、通商協議とは無関係だと習近平が言い切ってトランプと合意する未来が見えるよ。そうでもしなければ中国は15日の関税発動で経済が滅茶苦茶になるからな。習近平としてもそこは一線を引くと考えている。

ボクは、その考えには賛同しません!香港の事は、習さんにプレッシャーを与えるんです。アメリカとの合意どころでは、なくなる気がします!

ほほう?ならば対決しようじゃないか。俺とワトソン君の予想のどっちが当たるのか…負ける気はしないけどな。中国経済が滅茶苦茶になる未来よりは合意を選ぶだろう。習近平はそこまで愚かな政治家じゃないと俺は信じているからさ。

じゃあ、もしボクが買ったら、食事を2倍にしてください!黒井さんの負担で、お願いします!

買ったらってwww すでに餌が2倍になる前提なのかよww

勝ったらの間違いです(笑) 絶対に、約束です!お願いします!