トランプ政権

中国が具体的な動きを見せなければ15日に関税発動へ  米国農務長官が指摘

今月の15日に予定されている追加関税について、中国側が何らかの動きを見せれば発動が回避されることを農務長官のPerdue氏が示唆しています。中国が大豆や豚肉の一部について関税を免除することを発表しましたが、それ以外にも具体的な行動が求められる可能性はあります。トランプ氏は中国との合意を引き続き望みますが、中国が行動をしなければ関税は発動となります。

トランプ氏、15日の関税発動回避へ中国側の「動き」求める=農務長官
12/10(火) 9:47配信 ロイター

 [9日 ロイター] – パーデュー米農務長官は9日、トランプ大統領は15日に予定される対中追加関税の発動を望んでいないが、発動回避には中国側の「動き」が必要だと考えている、と指摘した。

 農業団体の会合で記者団の質問に答えた際の音声記録によると、パーデュー長官は「トランプ大統領が新たな関税発動を望んでいるとは思わない。しかし、大統領に発動回避を促すためには、中国側に何らかの動きが必要だ」と語った。

 そのうえで「大豆や豚肉の(関税)引き下げを巡り中国が送ったシグナルがそれを示すものだと願う」と述べた。

 中国は6日、米国産大豆および豚肉の一部について輸入関税を免除すると発表した。免税が適用される米国産大豆・豚肉の具体的な規模は明らかにしなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191210-00000032-reut-cn

最終的にはトランプ氏が決めること

農務長官個人の意見のような気がするけど、トランプ政権の雰囲気を踏まえてのことなんだろうか?

当てになるのかならないのか、分からないですよね・・・。トランプ大統領は、関税を発動する時は、発動すると思います!

今月15日の追加関税発動が迫っていますが、トランプ氏が関税の発動を望まない可能性について農務長官のPerdue氏が示唆した形になります。それには具体的な中国の行動が必要になるという意味です。

具体的な行動というのは、大豆や豚肉の関税免除以外にもってこと?

トランプ氏が最終的には決めることですので、現時点では明らかにはされていないようです。トランプ氏を納得させられるだけの行動が中国に求められることになります。中国が行動を起こさずに合意もできなければ関税は発動されます。

ボクは、アメリカ政府は株価が落ちるのがイヤだから、わざとらしく言ってるんだと思ってます。ホントは、中国との合意なんて、ムリだと思ってるんです!

確かにここ最近の値動きが米中通商協議に連動しまくってるんだよな。順調と言えば上がるし不調と言えば下がる。ただでさえ歴史的な最高値圏にいるだけにどっちに転ぶかがまったく読めない。

トランプ氏を信じる事じゃよ。彼は必ず成し遂げる男じゃ。それを忘れてはならんぞ。

香港人権法案への署名は、絶妙なタイミングでしたからね…。中国への関税についても、絶妙なタイミングで何かを決める気がします。

中国に合意を促すことが最優先事項

えっ?それって、関税が回避されるって事ですか?

俺は今回は回避でいいと思う。その代わりファーウェイへの圧力を強めるというこれまでの基本方針は維持する。当然今まで発動済みの関税はすべて維持だ。そうすることで中国経済の体力を奪い追い詰めることが可能になる。

ボクは、中国が約束を守らないなら、発動でいいと思います!合意ができなければ発動のはずが、中国が行動しただけで発動回避という話になるのは、おかしいです!

そこはどうなんだろうか?

トランプ氏は合意を常に求めていますが、合意のための譲歩をする考えは持っていないものと思われます。中国に具体的な行動を促すことで、合意への道筋を整えることが大前提です。行動したかどうかを決めるのはトランプ氏自身です。

つまりトランプ次第と。与えられた条件を全部“トランプ関数”に放り込んだらまったく予想もつかない値が出てくるのは日常茶飯事だけど、それは中国にとっても同じだろうね。

ボクには、トランプ大統領の考えは、分かります!トランプ大統領は、ホントに合意をしたくて、関税も合意の一環だと思ってるんです!

ほほう?

習さんとの「合意関税」を発動する事で、いつか中国が約束を守れるように、自立できるように促しているんです。関税は、優しさの一部なんです!

いつもの意味不明なノリを中国事案に持ち込むなwww ”合意関税”なる奇怪なキーワードまで作りやがってwww

中国が合意をするかどうかについて

ボクは、今回は関税は発動すると思ってます。でも、それは習さんにとって大事な「合意関税」なんです!関税があるからこそ、中国が約束を守ってくれるという信頼関係が生まれるんです。

その流れでいくと今回は見送ろうとはならない?できれば関税は見送ってもらった方が日本としてはありがたいんだが。日本企業の体力をいたずらに落とすのは得策ではないよね。

えっ?じゃあ、中国が合意すると思いますか?

いつもみたいに農産物の関税免除とか、あと米国製品の大量購入とか、他にも色々な“裏合意”をしたうえで関税の方は発動回避という形にしてもらう。表向きは合意は結べる状況じゃないし協議もしないから、裏合意を結んだことを隠さないと中国民から激怒されるからな。

ボクは、そう見せかけて、発動すると思います!日本企業ももし落ち込むなら、中国としても、逆にチャンスだと考えるのでは?

いや分からない。落ち込むのは一部の中国依存が強い日本企業だけかもしれないが、パナソニックも工場を中国に建てたという話もあるし油断はできないと思ってね。

パナソニック、中国に家電工場 16年ぶり新設
2019/12/6 11:30

 【杭州】パナソニックは中国に調理家電の工場を新設する。2021年に操業を始める予定で、電子レンジや炊飯器、ジャーポットなどを生産する。中国に家電工場を設けるのは16年ぶり。米中貿易摩擦の影響から生産拠点を中国外に移す企業が目立つなか、中長期の成長を見込んで投資する。

 約45億円を投じて浙江省嘉興市に建てる。敷地面積は約5万平方メートル。生産した調理家電は中国内で販売するほか、アジアへの…

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53031440W9A201C1AM1000/

そうなんですね・・・。残念です。でも、トランプ大統領は、それとは関係なく、発動する時は発動すると思います!

日本経済の落ち込みに配慮するような人物ではないとは分かってるが、おそらく米国産業界の意見も聞きつつ来年の大統領選に備えるような流れになると思うよ。何しろ中国経済は落ち込む一方だからだ。そのままでも十分に効果的なのに、さらに追加関税を発動させて米国までもを苦しめる意味はないと思うがね。

トランプ大統領は、次の関税が発動しても、まだアメリカには影響はないって考えてるんです!今まで中国が奪ってきた貿易黒字を、取り戻せるって信じてるからです!だから、関税は発動されるんです!

分かった分かったwww 有能さんもういないしww ネットユーザーの反応を見て締めるか。

普通に行けば関税発動だ、と言ってる人がいました!その一方で、ホワイトハウスの閣僚は株価操作をやめてほしい、トランプ大統領が選挙まで合意しないって言ってる、合意しなくても関税延期は可能、という意見もありました。

まあトランプの意向次第という点は俺も認めるが、そのトランプをどう納得させるかでホワイトハウスが協議している段階だろうと思う。トランプの次の一手の読めなさをむしろ逆手にとっている感さえあるからな。俺は一応関税は延期されるものと考えておくよ。

ボクは、絶対に発動されると思います。トランプ大統領は、「関税の男」だからです!関税なくして人生なし、という人なんだと思います!

タリフマンかww ロケットマンにタリフマンと次々と呼び名が決まっていくが、習近平は何マンだろうか?

普通マンだと思います・・・。習さんは交渉がヘタなので、アメリカの関税にもオロオロするしかないんです!中国の人達が、可哀想です!

身も蓋もないww まあいいや。日本は関係ない!民主化おめでとう!中国さようなら!



関連記事