トランプ政権

韓国「米国政府はうそつきだ!在韓米軍は撤収される!」 何があったんだよ…

昨日は愛国日報のコラム記事がまあまあ面白かった。韓国が今置かれている状況について、クルド勢力の前例を引き合いに出しながら米国の主張がいかに当てにならないかを述べている。エスパー国防長官らは頑なに在韓米軍の撤収を否定しているが、結局はトランプがシリア駐留の米軍撤収を決めたのと同じように閣僚の言葉が全部うそになるんじゃないかと推測しているわけだ。確かに実際に撤収する時に本音をそのまま言うとは思えないしね。

【時視各角】在韓米軍の撤収、このままでは避けられない
12/10(火) 9:47配信 中央日報日本語版

 いま我々は国運がかかる重大な問題の前に立っている。「防衛費分担(SMA)交渉の結果に満足しなければ米国は在韓米軍を抜くのだろうか」

 これに対する米高官の言葉は終始一貫している。「防衛費分担金交渉と在韓米軍撤収は別」ということだ。韓国が分担金5倍引き上げ要求を受け入れなければ在韓米軍1個旅団を抜く案を検討中という国内の報道が先月出ると、エスパー米国防長官はすぐに反応した。エスパー長官は「フェイクニュース」だとし、「我々はそういうこと(米軍撤収)で同盟を脅迫することはない」と否認した。

 続く米高官らの発言も同じだった。5日にはルード国防次官が放送に出演して「(米軍撤収は)計画していない」と強調し、米統合参謀本部のアンダーソン海軍少将はその前日に「国防総省内でそのような議論はない」と一線を画した。韓国側でも米国の主張を後押しする発表が繰り返された。鄭恩甫(チョン・ウンボ)SMA交渉大使は3日、「防衛費交渉過程で米軍撤収の話は出たことがない」と明らかにした。米国が撤収カードで圧力を加えることはないというニュアンスだ。

 米外交官が好んで使う表現の中にこういうものがある。「米政府は嘘をつかない」。一時的な利益のために一度でも嘘をつけば誰も米国の話を信じないという論理だ。なら、彼らの主張をそのまま信じてもよいのだろうか。残念ながらこれまでの歴史と韓米専門家の意見をまとめると、決してそうではない。過去を見てみよう。昨年初め、トランプ米大統領がシリア軍撤収方針を示唆すると、最側近の参謀らは一斉にこれを否認した。同年9月、マティス国防長官は「シリアからでテロリストがいなくなるまで米軍は残る」と述べた。マティス長官と対立していたボルトン補佐官(国家安全保障問題担当)までも「イラン軍が国境に存在する限りシリア撤収はない」と語った。しかし結果はどうか。参謀の相次ぐ公言をあざ笑うかのように、2カ月後にトランプ大統領はシリアからの完全撤収を発表した。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191210-00000016-cnippou-kr

トランプの鶴の一声で米軍撤収は決まる

在韓米軍の撤収、やっぱりムリそうですね・・・。ジーソミアを破棄しないと、何も進まないと思います!

それはそうだと思うんだが、一方で米国は予告なく米軍を撤収させることも明らかになっているという話だ。昨日の愛国日報の記事はそれなりに面白いものが多く記事ネタには事欠かない雰囲気だ。

朝鮮日報がヘンな報道をしたせいで、逆にアメリカ軍の撤収が、難しくなってしまいました!

クルド勢力の前例があるね。トランプはシリア駐留軍の撤収を早い段階で決めていたが、閣僚が一斉に反対して米軍は絶対に残るというような発言をしていたんだ。あのボルトン元補佐官でさえもだ。

ところが結果は撤収だ。トランプの鶴の一声で決まったかのような雰囲気だね。閣僚や参謀をあざ笑うかのようにだ。

えっ?じゃあ、韓国のアメリカ軍も、同じような流れになるんですか?

そうじゃないかと愛国日報のコラムニストが疑っているという話だ。”米政府はうそをつかない”という言い方までして不信感を露わにしている。ワトソン君はこのフレーズに何か聞き覚えはない?

ないです・・・。何か、元の話があるんですか?

その昔米大陸にはIndianとかIndioと呼ばれる民族がいてだな。まあそういうことだよ。重要なのは米国政府側の立場になって考えること、それからトランプが絶対的な決定権を持っていることだと思う。

「インディアン」について、調べればいいんですか?

そうそう。デリケートな話題だから後で自己学習してほしい。悲痛な歴史から教訓が得られるだろう。

米政府はトランプの予測不可能な動きのせいにしようとしている

トランプ政権は常にトランプの決定ありきで物事が進むかのように見えるね。愛国日報もかつてはトランプのことを”変数”だと言ったが、我々はそれを超えた”関数”じゃないかとも推測したりもした。記事の続きだ。

 トランプ大統領は考えをすぐに変えると批判する人たちが多い。しかし長い視点で見ると、トランプ大統領の政策は恐ろしいほど一貫している。数多くの反対を押し切ってメキシコとの国境に障壁を築いたのが代表的な例だ。在韓米軍の撤収も同じはずだ。トランプ大統領は過去30年間、「在韓米軍は米国の国益にそれほどプラスにならない」と114回も主張したという。さらに参謀の相次ぐ否認にもかかわらず、トランプ大統領は3日、ロンドンで「(在韓米軍を維持するには)韓国が防衛費をさらに公正に分担すべきだ」と明らかにした。したがってトランプ大統領が再選に成功すれば時間の問題にすぎず、在韓米軍の撤収または縮小は既成事実として対応するのが賢明だ。
・・・

トランプ大統領が、アメリカ軍を撤収させたいなら、撤収されると思います!

そういうこと。トランプの考えがすべてなんだよ。トランプが明確に防衛費と在韓米軍の撤収問題を結び付けたんだ。これは選挙の時から一貫している。

重要なのは、米政府の閣僚までもがみんなトランプの言いなりになっているかのような動きを見せていることだ。もっと言えば、トランプの訳の分からない行動のせいで同盟が棄損されるのだ、予測不可能なトランプが悪いのだというような雰囲気を見せてるわけ。

トランプ大統領は、予測不可能じゃないです。トランプ大統領がやりたいと言った事が、そのまま現実化するからです!

常識的には到底考えられないようなことが次々と現実のものになっていくよな。在韓米軍の撤収だって少し前では考えられないという意見が支配的だったと思うし、確か金融忍者隊長も在韓米軍の撤収はありえないと完全否定してたんだろ?

トランプ大統領は、議会に説得されて、現実を知るだろうって言ってました・・・。でも、今の雰囲気だと、ホントに撤収される気がします。

誰もが予測できない最悪の結末、ありえないだろうというまさかの展開を同盟国に受け入れさせるには”トランプ関数”は必須だったわけ。トランプが言ってるなら仕方ない、トランプはすぐ考えを変える奇妙な人だ、トランプが悪いのだ…こういう風潮を蔓延させることこそが米国政府の狙いじゃないかという話だ。

韓国が在韓米軍撤収を受け入れないのが、信じられないです。どうしてムン大統領の脱米構想に、協力しないんですか?

韓国の場合は文在寅が当てにならないと分かったからトランプのような動きは期待できないよ。文在寅の脱米構想なんて少しも進みやしない。俺は失礼補佐官が中国の核の傘に入ると公言したのは在韓米軍撤収にマイナスに働く可能性さえあると思っている。

どうしてですか?

結論:トランプ政権は韓国を守らず有事に突入する可能性がある

まだ防衛費交渉を進めている段階でそういう言われ方をされたらどう思う?明らかに米国としてはむきになるしかないよな。特にエスパー国防長官は意地になって在韓米軍の駐留にこだわるだろう。そのせいでトランプとの確執が表面化する可能性も視野に入れている。

じゃあ、失礼補佐官は、ホントに失礼だし意地悪だったんですね・・・。ムン大統領の邪魔をして、足を引っ張ってるんです!

むしろトランプの脱韓構想の方が早く進みそうだね。トランプは韓国がどうなろうがどうでもいいと考えているはずだ。在韓米軍を撤収させる時はさせるし、北朝鮮がレッドラインを踏み越えれば軍事オプションも平気で視野に入れる。そこには韓国を守ろうという考えは1ミリもないだろう。

韓国を守らないのに、軍事オプションというのは?

ワトソン君は“韓国を守る”の意味が分かってる?韓国の領土に北朝鮮兵士を侵入させないこと、韓国の海岸に北朝鮮のボートを上陸させないことだ。それを放棄しようとする時点で米国はソウルを戦場にする覚悟をも決めている可能性があるって話。

放棄するかどうかは、まだ分からないのでは?

だが実際に米軍基地はソウルから2時間南に行った平沢へと移動した。北朝鮮の高射砲がぎりぎり届かない場所だ。簡単に言えば、38度線がやや南にずれるってことだよ。韓国の”一部”を守らない形で戦争の準備を始めてる可能性があるってわけ。

黒井さんの突拍子もない話コーナーが、始まりました!

いや間もなく締める。愛国日報が米国政府をうそつきだと事実上指摘したこともまたマイナスにしか働かないだろう。何を言われても米国政府は方針を転換させることはないし、韓国にそこまで見破られたとなれば開き直ってドラスティックな動きに出る可能性も想定される。在韓米軍撤収は決定事項なんだよ。それが結論だ。

アメリカ政府が、決定事項を覆す事は、ないんでしょうか?

“決定”だからな。草案とか構想じゃない。すでに決定された事項をいつ実行するかという問題だけが横たわっている。それが今年か来年にも起こるんじゃないかという流れの中で、不思議と閣僚が撤収を全否定している時ほど危険だと考えるしかないよね。

ボクは、トランプ大統領の願いが叶う事が、理想だと思ってます。韓国も、それを受け入れるしかないんです。ムン大統領も、きっと同じ考えだと思います!

韓国の皆さん、愛国心を発揮するのはやめましょう!現実に目を向けてください!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!