MENU
トランプ政権

米中通商合意の報道もトランプ氏は口を閉ざす  15日の関税発動は見送られる公算か

米中通商協議が解決される見込みとの報道がなされています。第1段階の合意に達し、15日に発動予定の関税を見送るとともに既存の関税を引き下げる方向で話がまとまったとされていますが、トランプ氏は口を閉ざし立場を明らかにしませんでした。本日も引き続き協議が行なわれるものと思われます。

米中が通商協議の「第1段階」で合意か、関税の一部引き下げへ
12/13(金) 9:17配信 ロイター

 世界の二大経済大国である米国と中国が、1年5カ月にわたる通商問題を解決することで合意した。

 少なくとも、関係筋がロイターに伝えた話では。

 数カ月前に達した、「第1段階」の通商合意を確実にするもの。

 関係筋によると米国の交渉団は、課税済みの約3600億ドル分の対中関税を最大50%引き下げ、15日に発動予定の1600億ドル分の対中追加関税は見送りを提案した。

 この関税は、ビデオゲーム機やパソコンモニター、玩具、アイフォンなどに影響を与え、米消費者には特に大きな痛手になる恐れがあった。

 トランプ大統領はツイッターで「中国との大規模な合意に非常に近付いている。中国は合意を望んでおり、米国もだ!」と投稿していた。

 だがその後、ホワイトハウスで行われたイベントでは、珍しく口を閉ざした。

トランプ大統領
 「交渉中なので、中国の話はしないが、今のところ、中国が私を愛してくれていたとは言わない」

 中国商務省の高峰報道官も11日の定例記者会見で、双方は協議中だと述べた。

中国商務省の高峰報道官
 「両国の経済・貿易チームは緊密に連絡を取り合っている。これ以上の詳細は話せない」

 米中の通商問題は、世界のサプライチェーンを混乱させ、景況感を悪化させてきた。
中国側の発言は、この問題が解決に近づいているという期待につながり、S&P総合500とナスダック総合は12日、終値ベースで過去最高値を更新した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-00010001-reutv-int

トランプ氏は合意に前向きも日数が残される

まあそうなると思ったよ。どう考えてもAppleを救う方法が関税見送り以外にないんだから。そうするだけで株価が上がるならトランプにとっても望ましい展開じゃないか。

・・・。

どうした?予想が外れて悔しいか?だがこれが現実だ。ワトソン君もこれ以上日本経済を悪化させたくないだろ?中国へ近付きつつある安倍政権の様子を見ればなおさらだ。日米中が少なくとも通商面では無難な道を選ぶことになったわけだ。

ホントに、トランプ大統領はそれで良かったんですか?

関係筋の話としての報道ですが、第1合意を確実にする内容だと伝えられています。トランプ氏も合意を望んでいますが、具体的な立場は明らかにせず口を閉ざしました。15日まで日数がありますので、米国と中国当局の話し合いが続けられるものと思われます。

というかもう事実上関税発動できない雰囲気が醸成されつつあるよね。トランプも今は支持者にどう言い訳するかを考えている段階だと思う。それで何も言えなかったんだよ。

じゃあ、アメリカの負けじゃないですか!農産物を買うだけで合意できるなら、中国はほとんど譲歩してない気がします。

ワシらにできるのは経過を見守る事だけじゃ。トランプ氏を信じる事じゃよ。

第1段階の合意を結んでも、なお関税を維持するという内容で中国が合意できるかどうかだと思いますがね…。

えっ?じゃあ、やっぱり決裂の可能性もあるんですか?

中国側が合意に難色を示している可能性も

現時点では決められた内容が特に発表されておりません。合意を結べるかどうかは中国の態度次第かと思いますが、中国側が合意に難色を示している可能性は否定できませんね。

俺が危惧しているのはまさにそこで、あれだけ関税の即時撤廃を求めていた中国側が一部の関税引き下げだけで納得するかどうかなんだよね。関税そのものが中国経済を苦しめていたのは誰の目にも明らかだったからな。

トランプ大統領は、「タリフマン」をやめてしまうんですか?

Bloombergによれば、トランプ氏が先に合意を承認した状態で文書をまとめる段階のようです。あくまでも中国の農産物購入拡大は約束であり、具体的な契約とはならない可能性も提起されています。

米中貿易合意、米農家と穀物トレーダーは安心と同時に疑問も
12/13(金) 9:48配信 Bloomberg

 (ブルームバーグ): 米国と中国の貿易協議の合意案には、中国による米国産農産物の購入拡大の約束が盛り込まれたが、これによって米国の農家と穀物トレーダーの間では安心と同時に疑問も高まる可能性がある。

 トランプ米大統領は中国との第1段階の貿易合意を承認したと、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。ただ、条件では一致したが、法的文書はまだまとまっていないという。

 農家と穀物トレーダーは、合意についてさらなる詳細を求めたいと考える公算が大きい。1年余りに及ぶ米中の関税を巡る争いは商品価格の重しとなり、世界的な穀物出荷の通常の流れに打撃を与えた。米農家の収入は政府の援助で保護されているものの、多くの農家は連邦政府の援助を受け続けるよりも、中国への貿易の流れが戻ることを望んでいる。

 市場ウオッチャーが知りたいのは、中国が購入の具体的数値を約束しているかどうかだろう。中国の当局者らはトランプ大統領に、400億-500億ドル(約4兆4000億-5兆5000億円)相当の農産物を購入すると述べたが、契約を交わすことには後ろ向きだと、パーデュー米農務長官が12日に述べていた。中国がどれぐらいの規模の農産物をどれぐらいの期間に購入するかが重要な問題として残っている。

原題:U.S.-China Deal to Spur Relief and More Questions for Farmers(抜粋)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-98107745-bloom_st-bus_all

してみるとトランプが言うところのディールとか合意というのは、中国が農産物を大量に購入するという“約束”にとどまる可能性が高いわけか。やはりAppleの親友ティムクック氏に懇願されたとなれば助けてやらない選択肢はなかったというわけだ。

ホントに、ホントにそれでいいんですか?

大人の世界ってのは意外とそういうものだよ。理想論を掲げていても、腹のうちではこんなこと早くやめたい、どこかに落とし所を見つけたい…と考えて仲良く一杯やりに行きたいと考えるのが大人だ。今頃中華料理屋で盛り上がってるんじゃないか?知らないけど。

そんな大人になんて、なりたくないです!トランプ大統領、失望しました!もう支持したくありません!

まあまあwww まだ決まったわけじゃないし、経過を見ようじゃないか。冷静になってその日を迎えるのもまた1つだ。

繰り返しますが、現時点では決定されたものはありません。トランプ氏が合意文書を承認するとの話も関係者が明らかにしたもので、憶測にすぎないとの見方も可能です。株式市場が合意を望んでいるということだけは確実かと思います。

こういうのを催促相場っていうんだよね。それで予想外に決裂とか出てくるとかえって暴落幅が大きくなる。最近の株式市場は感情的すぎて落ち着きがないと思う。

閣僚級の協議で初めて正式な合意がなされるとの観測も

トランプ大統領が、何か秘策を考えていると、信じたいです。

その可能性をネットユーザーの反応、もとい中国のコメント部隊の反応から探ってくれ。

YEさんは、第1段階の合意もないし、15日の関税もないのではと言ってます!トランプ大統領の友達は、発表前に株を取引して大儲けしてるのでは(KIさん)、株価操作を勘ぐりたくなる(DAさん)、北朝鮮を攻撃するかのように、言ってた時と同じ(JOさん)、ぬか喜びの可能性が高い(MGさん)、という雰囲気です!

合意も関税もないってのはトランプにとっては完全中の完全敗北だと思うww さすがに何らかの合意はするんじゃないかな?というか通商協議がどの段階なのかも分かってない状態だし、まだ騒ぐのは時期尚早のような気もしてきた。

合意するとしたら、閣僚級での協議ですよね?ムニューチン財務長官が合意しないと、正式な合意にならない気がします!

ライトハイザー代表もだな。まあ確かに憶測の可能性もあるし、市場がそういう楽観的な雰囲気になっている時ほど危険なのも確かだ。特に今日は金曜日だしね。日経平均が爆上げしているような時は特にだ。

2万4000円を越えてますね!すごいです!株価が上がってるなら、それでいいんでしょうか?

俺がもし株を持ってたらこのタイミングで一旦売るね。週明けにまた買い戻すかどうかを決めるよ。仮に合意がなされるならば週明けに買い直しても遅くはないはずだ。日経平均はすでに市場が閉まってしまったが、ワトソン君は米国株だから売るかどうかを決める余地がまだあるぞ。

アップルさんの株価が上がるのは、嬉しいんですけど、ちょっと複雑です・・・。これでいいのかな、と思ってしまって、儲かってもあまり嬉しくないです。

うれしいのかうれしくないのかはっきりしろww 今は経過を見るしかないね。どうなるか見てみよう。We’re going to see what happens!

トランプ大統領、期待してます!ボクをガッカリさせないで下さい!

株価が上がったんだから素直に喜んでおけってのwww

関連記事