中国ニュース

ジャパンディスプレイ、完全復活へ! 中国の破壊工作に打ち勝つ! 米アップルが救世主に! これが令和時代の日本だ!

前回の続き

さて始めようか。ジャパンディスプレイの資金調達について振り返ろう。直近の報道ではシンガポールに拠点を置く”いちごトラスト”という資産運用会社から900億円を調達する目途が立ったようだ。結論から入るが、この契約が決まればジャパンディスプレイの倒産はほぼ確実に免れることになると思う。

経営再建中のJDI 資産運用会社から900億円調達で基本合意
2019年12月12日 18時29分

 経営再建中の液晶パネルメーカー、ジャパンディスプレイはシンガポールに本拠をおく独立系の資産運用会社から最大で900億円を調達することで基本合意したと発表しました。金融支援の枠組みはたびたび揺らいできただけに、今度こそ実現するかが注目されます。

 発表によりますと、ジャパンディスプレイは12日、シンガポールに本拠をおく資産運用会社、いちごトラストから資金支援を受けることで基本合意しました。調達額は800億円から900億円としていて、来月中に最終契約し、来年3月までに資金調達を終えることを目指すとしています。
・・・

いちごトラストとは

 いちごトラストはシンガポールに本拠をおく独立系の資産運用会社で、日本では、グループの投資顧問会社、いちごアセットマネジメントが拠点を置いています。

 会社のウェブサイトなどによりますと、社名は「一期一会」ということばに由来しているということです。日本企業の株式への長期投資を専門にしていて、ことし11月末時点でのグループの運用資産は8200億円余りだということです。最近は、ホテル事業を手がけるユニゾホールディングスの株式、9%余りを取得したことが明らかになっています。
・・・

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191212/k10012212651000.html

食べる方の苺だと思ったんですけど、「一期一会」の方だったんですね・・・。信用できそうです。

残念そうに言うなよwww 苺トラストの方が怪しいだろうがww

今日は15日だから、「15」の話をしようと思ったんですか?

いや実はそうなんだよ…こらww うまいことを言った気になりやがってwww

最悪の場合リーマンブラザーズと同じ末路だった可能性も

それでだ。ジャパンディスプレイが今こうして再建への道を無事に歩みつつあることは日本にとっては喜ばしい話だ。最悪の場合ジャパンディスプレイは今年中に倒産が決まる可能性もあったからな。

中国企業に、交渉を打ち切られたんですよね?リーマンショックと同じだっていう話になりました!

そう。韓国産業銀行がリーマンブラザーズへの出資を約束しておいて急に打ち切ったせいでリーマンは倒産した。もはや常識になりつつある。中国も同じことをジャパンディスプレイにやろうとしていた可能性があるわけだ。

日本人の中には何に対してもネガティブな物の見方をする人がいるというのはワトソン君も実感しているとおりだと思うが、経済ジャーナリストのK氏もそのうちの1人だろう。ジャパンディスプレイについてこういうタイトルの記事を連発させているからな。

中国にも見放された「日の丸液晶」ジャパンディスプレイの哀しき迷走
「日の丸液晶」JDIは、中国ファンドに喰い散らかされるのか

中国は、日本を見放すんですか?日本を食い散らかすんですか?どっちなんですか?

まったくだなwww 中国が来ても来なくても日本を批判するのかよと言いたくなる。この2つの記事の間はわずか1カ月で、掲載されているメディアは週刊現代だ。まあそうは言っても実際中国ファンドがジャパンディスプレイを買収する可能性自体はあったわけだが。

どういう経緯だったのかを、振り返りたいです!ネット百科事典を見ても、よく分からなくて・・・。

まさに今年の話だからな。現在進行中の話題だしジャパンディスプレイが倒産する可能性が100%なくなったと断定はできない状況だと思うけど、出資者が徐々に増え始めていることもあり危険な状況は脱したと思っている。

中国企業が最初に支援を申し出て、その後やっぱりやめてしまったんですよね?

先に手を引いたのは台湾企業の方だね。その後には香港ファンドまで入ることになって、華僑資本が入り乱れる状況になった。いずれも中国政府がバックについているとみた方がいいだろう。

台湾や中国に香港勢が支援を表明しつつ手を引いた時系列を振り返る

これらの経緯を振り返るには経済ジャーナリストのK氏の記事は役に立つ。今年の初旬には中国と台湾企業から合計800億円を調達できる見込みだったが、結局は6月には出資を中止することを発表されてしまった。

「日の丸液晶」JDIは、中国ファンドに喰い散らかされるのか
まさに、まな板の上の鯉

2019.06.24

経営再建中の液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)が、中国資本主導で事実上買収される可能性が高まっている。再生計画のスポンサーになると基本合意していた台中連合のうち、台湾勢が離脱。混迷が深まる中、目先の運転資金を確保するためにも、一刻も早い出資を求めざるをえない状況だ。

台湾勢は手を引いた

 主力のスマートフォン向け液晶パネルの不振で5期連続の赤字を計上し、経営再建が急務となっているJDI。法的整理も視野に入る段階となっているが、経済産業省が主導し官民ファンドのINCJ(旧産業革新機構)が最大株主であるだけに、政府としてはできるだけ避けたい思惑がある。

 そんな中、JDIは中台連合から最大800億円を調達する経営再建計画を採用したが、出資を延期され続け窮地に陥っていることは、5月24日の本コラム「中国にも見放された『日の丸液晶ディスプレイ』の哀しき迷走」で報じた。

 当初の経営再建計画では、台湾のタッチパネル大手「TPKホールディングス」が約250億円、投資ファンドの「CGLグループ」が約140億円、中国投資ファンドの「ハーベストテック」が約400億円をそれぞれ出資するはずだった。

 だが、6月17日にTPKは出資の中止を発表。CGLも、出資の決定期限である14日に入っても通知がなく、今後のめども立たなかった。

 手を引いた台湾勢と裏腹に、存在感を一層強めたのが中国ファンドだ。

 JDIは19日、ハーベストが最大640億円を出資する金融支援計画を発表した。CGL分を補完するほか、香港投資ファンドのオアシス・マネジメントからも約160億円が調達される見通しで、両者は27日に正式に通知する予定という。
・・・

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/65393

この人の名前は、読めないんですけど、頭文字は「K」なんですか?

難読苗字だね。まとめるとこういう感じになる。

【ジャパンディスプレイへの支援を表明した企業まとめ】
・台湾のタッチパネル大手TPK(250億円) ⇒ 6月17日に中止を発表
・台湾投資ファンドのCGLグループ(140億円) ⇒ 6月14日の期限に返事なし
・中国投資ファンドのハーベストテック(640億円) ⇒
・香港投資ファンドのオアシスマネジメント(160億円) ⇒ 

どれも聞いた事がないんですけど、有名なんですか?

さあ?タッチパネル大手はともかく、投資ファンドについては拠点がその国や地域にあるというだけで資本は誰が出しているのかは分からないからな。

矢印が中途半端に書かれているのが、気になるんですけど、それが今回の記事の要点ですか?

まさに。中国のハーベスト(嘉実基金)グループはこの後盛大な梯子外しをやらかすんだ。6月下旬の正式通知直前の時点から3カ月も経過した9月26日にだ。この時に再建案は白紙にまで戻されてしまうことになる。

JDI、中国ファンドが支援見送り 再建案白紙に
2019/9/26 15:12

 経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)は26日、中国ファンドの嘉実基金管理グループから金融支援を見送るとの通知を受けたと発表した。JDIは理由について、「ガバナンス(企業統治)に対する考え方における重要な見解の不一致が生じた」と説明している。二転三転してきたJDIの再建案は事実上白紙に戻り、嘉実基金に代わる資金の出し手の確保が焦点になる。
・・・

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50233940W9A920C1I00000/

640億円も出すと言っておいて、白紙に戻すなんて・・・。ひどいです!

な。最初は400億円だったのが、離脱した台湾CGLの分まで補填するという体で640億円の出資を約束したんだ。それにも関わらず見解の不一致とやらで離脱した。幸い香港のオアシスグループはそのまま残ってくれたが、これで経営再建のための支援に大きな穴が空くことになったわけだ。

倒産しそうだったというのは、事実なんですか?日経新聞さんの有料部分では、当面の資金繰りには問題ないって言われてるんですけど・・・。

実際にどうだったかは簡単には推測はできないよね。だが俺は中国側としては倒産させることも視野に急転直下の裏切り劇を演じたものだと判断している。640億円を出すと言っておきながら急に手を引いて資金繰りを悪化させるというやり方がリーマンショックの時とそっくりそのまま同じだと思ったまでだ。

債務超過の770億円を解消できなければ倒産が視野に入っていた

韓国が、リーマンブラザーズに出そうとした金額は、最大で6300億円みたいです!

規模の違いはあれど同じだ。香港だけは今のところ見捨てずに出資を約束し続けてくれているが、アップルが追加出資を相次いで決めてくれなければ調達目標額を満たすことはできなかっただろう。目標金額を調達できなければ将来的な倒産が濃厚になるということを意味するんだ。

目標金額は、いくらだったんですか?

11月末までに500億円を集めるというミッションだ。確かに資金繰りについては日本の旧産業革新機構が400億円の追加出資を求めていたが、それ以外の企業やファンドから500億円を集めて当面の資金繰りに対する不安感を解消したいという目標があった。何しろ上半期の時点で770億円の債務超過に陥っていたからな。今は1,000億円を超えている可能性もある。

JDI、背水の1カ月 得られるか追加支援
2019/10/15 2:00

 経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)が瀬戸際の1カ月を迎えている。スマートフォン液晶パネルの苦戦で債務超過に陥るなか、9月に中国ファンドから支援を見送ると通告され、再建案は事実上の白紙に戻った。9月27日付で就任した菊岡稔社長がめざす11月末までの500億円の確保に向けて、まずは10月中に新たな支援契約が求められる。
・・・

■10月中の500億円確保を確実に

 JDIは8~9月に筆頭株主で官民ファンドのINCJ(旧産業革新機構)から400億円の追加融資を得ている。関係者によれば、当初は支援完了までのつなぎ融資を予定していたが、JDIの資金繰りを懸念した嘉実基金の要請で真水の支援に切り替わった経緯がある。嘉実基金が離脱した今も融資は続いているため、資金繰りの支えにはなりそうだ。

 JDIは当初予定していた800億円の確保をいったん保留し、まずは当初計画では10月中を予定していた500億円の確保を確実にする姿勢だ。「まずは当面の資金繰りへの不安感を解消したい」(菊岡社長)。実現すればINCJが持つ既存債権を優先株に切り替える支援が実施される予定で、年内に債務超過を解消する道筋が見えてくる。
・・・

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50904820R11C19A0X13000/

そこで救世主となるのがAppleだ。引用ばかりになってしまうが、重要かつ現在進行形の話題だから間違いがないようにしたい。

JDI、アップルが資金繰り支援 支払い前倒し
2019/10/23 19:09

 経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)は23日、米アップルなど複数の取引先から代金の支払い前倒しなどで最大400億円の支援を得られる見通しだと発表した。債務超過のJDIは9月に中国ファンドから出資の見送りを通告され、再建案が事実上の白紙に戻った。資本増強の遅れに備え、主要顧客の米アップルなどがJDIの資金繰りを支える。

 JDIは具体的な取引先を明らかにしていないが、関係者によると400億円のうち、大半は液晶パネルを供給するアップルの分という。アップルがJDIへの支払いを従来よりも前倒しするなどして支援するようだ。アップルは今回の資金繰り支援とは別に、JDIがまとめようとしている新たな金融支援の枠組みに2億ドル(200億円強)を拠出する意向を示している。
・・・

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51303190T21C19A0TJ2000/

あれ?香港のオアシスさんは、出してくれてないんですか?

日経新聞によれば交渉中だそうだ。確定事項じゃないと思う。500億円のうち大半がAppleの追加出資になるという話だね。Appleが正直日本企業にここまで肩入れしてくれるとは俺も当初思ってなかったからうれしいサプライズだったね。

そうだったんですね・・・。でも、おかげでジャパンディスプレイは、復活できました!このまま無事に、年を越せそうです。

そこに新たに加わってきたのがシンガポールのいちごトラストで、正式な社名表記は”Ichigo Trust Pte. Ltd.”になるそうだ。900億円もの巨額出資を約束してくれた。今のまま裏切りがなければ来月中にも契約が完了し、3月までに資金調達を終えることができる。何より年内にこの話が出てきたことがありがたいよね。

結論:Appleは、GAFAは日本にとっての救世主という話

まとめるとこうなる。

【ジャパンディスプレイへの支援を表明した企業まとめ】
・台湾のタッチパネル大手TPK(250億円) ⇒ 6月17日に中止を発表
・台湾投資ファンドのCGLグループ(140億円) ⇒ 6月14日の期限に返事なし
・中国投資ファンドのハーベストテック(640億円) ⇒ 9月26日に支援中止を通知
・香港投資ファンドのオアシスマネジメント(160億円):交渉継続中
・米国のApple(200億円+400億円):支払い前倒しという形で実施へ

・シンガポールの投資ファンドいちごトラスト(900億円):来年1月にも契約へ
※日本の旧産業革新機構は400億円を追加出資済み

すごいですね!これで、香港に万が一裏切られても、大丈夫です!

そういうこと。やはり香港というのは行政長官の動きを見てもいまいち信用できないところがあるし、背後に中国共産党の資本がないとは言い切れないからな。実際オアシスは他の企業やファンドが600億円を出すことを支援条件に設定しているし油断ならない。中国に1ミリも技術を渡さないためには日米勢で支えてやる必要があったんだ。

日本の旧産業革新機構、今のINCJが出資した分は一応別枠としてあるが、この追加出資400億円もまた経営再建には必要なものだ。

シンガポールの方は、大丈夫でしょうか?社名が「一期一会」なら、今回限りなのかなと思ってしまうんですけど・・・。

おそらく大丈夫だね。社名で調べれば分かるがほぼ日本語の情報しか出てこない。想像だけど日米勢がシンガポールを通じて資本を出すという話で基本合意がなされたんだと思う。背後に中国がいたらそもそも”一期一会”の社名にはならない。

確かに!一期一会の機嫌は、茶道みたいです。じゃあ、心配はなさそうですね。良かったです!

今こうして落ち着いて談義ができてるのも、Appleが重要な局面で支援を表明してくれたからに他ならないよね。Appleがいなかったら支援に穴が空いた時点でジャパンディスプレイ株はもっと暴落していただろうし、さらなる追加出資を迫られていた可能性もある。Appleはジャパンディスプレイの救世主だと日経新聞も書いていたよ。

アップルさん、感謝してます!アップルさんは、ボク達にとってなくてはならない企業だし、いつか中国から生産拠点を移転できると、信じてます!

釘を刺したなww まあ15日の追加関税も発動しないことが決まったし、我々としてはAppleにいい風が吹いてくれることを期待したいね。日本ではGAFAなどと揶揄される向きも多いけど、GAFAこそが我々日本人を救っているという現実を今ここで噛みしめようじゃないか。まさに命の恩人だ。これが今回の結論だ。

大袈裟じゃなくて、ホントにそう思います。アップルさん、来年の5GのiPhoneに期待してます!サムスンをやっつけてほしいです!お願いします!

冗談抜きで来年はサムスンショック来るかもね。今年もあと半月になったが、来年も今年に引き続きめでたい1年であってほしいものだ。