MENU
安倍政権

日本と韓国の首脳会談、45分間で中身ゼロ! 「首脳同士で成果なしは深刻だ」 終わったな…

日本と韓国の首脳会談が事実上の物別れに終わってからまだ5日しか経っていないというのが意外な気もするが、あの45分間の会談は中身がゼロだったと今になって改めて報道されている。会談したことに意味があるというのはあまりにも楽観的で、首脳同士が会っても何も解決しなかったのは深刻だという声の方が真実性が高い気がする。現に米朝首脳会談はあれっきり物別れになってしまっている。

日韓首脳会談「中身ゼロの45分間」と、韓国外交の深刻な機能不全
12/28(土) 7:01配信 現代ビジネス

お互いの要求を繰り返すばかり

 安倍晋三首相と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が12月24日、中国・成都で45分間にわたり、会談した。

 日韓の正式な首脳会談は2018年9月以来、1年3カ月ぶり。日韓両政府によれば、両首脳は、外交当局間の対話を増やし、懸案の解決に努力する考えで一致した。

 会談では、懸案となっている徴用工判決と日本政府の輸出措置が主な議題になった。安倍首相が徴用工問題について「韓国の責任において解決してほしい」と迫り、文大統領が輸出措置について「7月1日以前の状態に戻してほしい」と訴えるなど、お互いの要求を繰り返したという。

 両国の関係者からは「中身があるかと言われれば、ゼロ」「会談したことに意味があるとも言える」「首脳同士が話し合って成果がなかったわけだから、事態は深刻だ」など、あまり芳しいとはいえない声ばかりが漏れてくる。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191228-00069527-gendaibiz-kr

米朝首脳会談決裂と同様の結末に

終わった話を、蒸し返さないでください!

そうは言ってもつい目に入ってしまったからな。確かに45分間もあったのに中身はゼロだった。予定時間の30分を15分もオーバーしたんだぞ?それなのに中身はゼロだったんだ。

確かに・・・。ムン大統領の、挨拶が長かったからですか?

そりゃ日本政府側もしびれを切らして報道陣を追い出そうとするよな。つっけんどんな物言いになったのは、韓国側を威圧する目的もあったと言えるかもしれない。

首脳同士が会ったのに、何も解決しなかったのは、ハノイ会談の再来のような気がします!

まさに。米国と北朝鮮があの会談で壮絶な決裂劇を演じて以来両国の関係は元には戻らなかった。同じように今回の日本と韓国の首脳会談も事実上物別れに終わったから、来年以降は首脳会談に辿り着くのも難しくなるだろう。

決裂ではないけど、亀裂は深まりましたよね・・・。

お互いが相手にしてほしいことを主張しただけだからな。日本政府は韓国政府に国際法違反の是正を求めるし、韓国政府は日本政府に7月1日以前の状態に戻すことを求めた。結果何も変わらなかった。

中身が何もないですね・・・。ホワイトクリスマス合意も、ボクの望み通り流れました!

あの”予言”は捨て身だったよなww 本気でそう願っているとしたらまじで心配するところだったが、逆にああして予言することで余計な前振りになって韓国側が固まることになったから成果は上がったと言える。

文在寅政権内部の混乱ぶりも浮き彫りに

黒井さん!種明かしの部分が、オフレコになってないです!早くしてください!

おっとすまんすまんww 長い間公開状態になってしまっていた。今削除するわ。

-----ここまでオフレコ予定-----

前振りの話をするのは別にいいだろ?現にトランプ政権も北朝鮮がクリスマスプレゼントを用意してるぞ!クリスマスミサイルだ!とやったじゃないか。そうしたら何も起きなかった。

「前フリ」って、便利な言葉ですね!黒井さんが言っているのは、「前フリ」の事ですよね?

ああそうか。前振りじゃなくて“フリ”の方が正確かもな。完全に日本のお笑い業界用語だ。“無茶振り”という単語は聞いたことがあると思う。その話は今はいいや。

記事の続きもなかなか興味深いぞ。文在寅政権の混乱ぶりをこれでもかと克明に記述している。米朝首脳会談の決裂が今でも尾を引いているというわけだ。

文大統領の意欲は十分だったが…

 では、12月24日の首脳会談で、文在寅大統領はどのような行動を取ったのだろうか。

 一言で要約すれば、「頭ではわかっているが、体がついていかない」という状況だった。文氏が日韓関係を何とかしたいという意欲は、十二分に伝わってきた。
・・・

 どうして、こんな結果になったのか。複数の日韓関係筋によれば、第1に韓国大統領府の外交政策についての機能不全が深刻化している事情がある。

南北政策で大統領側近が対立

 複数の関係筋によれば、大統領府で外交と安全保障を担う国家安保室が最近、著しく混乱しているという。

 その一つの現象が、実質的な外交安保の統括者と言われる、金鉉宗(キム・ヒョンジョン)第2次長とその部下である崔(チェ)ジョンゴン平和企画秘書官との対立だ。崔氏は今月に入って、国家安保室に出勤しない状態が続いているという情報も飛び交っている。関係筋の一人は「南北政策を巡る金氏との路線対立が原因のようだ」と語る。
・・・

米朝会談「仕掛け人」の地位低下

 次に、金鉉宗氏と崔ジョンゴン氏の対立を裁いて、国家安保室を十分に機能させる責任がある鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長のパワーの低落ぶりも著しい。

 鄭氏は2018年前半、平壌やワシントンを飛び回り、南北首脳会談や米朝首脳会談の実現に大きな役割を果たした。しかし、米朝協議が行き詰まると、「金正恩朝鮮労働党委員長は必ず核を放棄する」と言って、トランプ米大統領に米朝首脳会談開催を持ちかけた鄭氏への不信感が米政府内に浮上。鄭氏の地位は低下していった。

 日韓関係筋の一人は、最近の鄭氏について「彼の最近の発言は、ほとんど青瓦台(韓国大統領府)の左派の人々と同じ。鄭氏を『レフティー』と呼ぶ人までいる。外交安保分野の統括者としての独自性が全くない」と語る。このため鄭氏は、金鉉宗氏をかばいきれず、国家安保室の独自性はますますなくなるだろう、という観測が浮上している。
・・・

誰かと思ったら、意地悪クラブの面々じゃないですか!みんな、ムン大統領の足を引っ張ろうとしてるんですね・・・。やめてほしいです!

ワトソン君が言うところの不安保室長と不安保次長だよな?どちらも日米からの信頼を著しく失っている。北朝鮮が必ず核を放棄するなどと吹聴して回った不安保室長は特にまずい状態だそうだね。

ムン大統領の言う通りにすれば、何でもうまく行くのに、勝手にヘンな動きをしたせいで、失敗してしまったんです!

少しは根拠を提示しろよww

日米の信頼を失うような行動を、取ったからです!この2人が何もしないでムン大統領に全部任せていれば、信頼は失われなかったんです。ムン大統領の言う事が正しいのに、この2人の言う事は間違ってたんです!

米朝首脳会談の決裂はまさにトップダウンに懸けたことにあると思うが、同じことが今回の日本と韓国の首脳会談でも繰り返されたわけだ。韓国政府はまるで成長していないということになるね。

ムン大統領は素人なので、サポートが必要なんです!それなのに、邪魔する人しかいないから、いつまでも素人のままなんです!

ここらで“意地悪クラブ”の語源についての説明文を記載しておこうかね。最近我々のサイトを見始めた人達には何が何やらという話だろうから。

この辺りで意地悪クラブについて再度説明しておこう。元々は朝鮮日報のあるコラムニストが文在寅は素人だと指摘したことから始まっている。素人という言葉でなぜかスラムダンクの桜木花道のことを思い出したワトソン君が、湘北のベテラン勢によって急成長を遂げた桜木と違い素人文在寅は周りを意地悪なメンバーに囲まれていてまったく成長できないと文句を言い始めたんだ。

桜木が庶民のシュートを打っていたことを踏まえて文在寅のことを庶民チームだとワトソン君が勝手に分類し、それに対して文在寅の邪魔ばかりするメンバーを総称して意地悪チームと呼ぶようになったというわけだ。最初は韓国政府のみで構成されていたため意地悪チームだったが、徐々にサムスンや愛国日報、朝鮮日報に大学教授など外部の人物も加わり一大組織となってしまったため意地悪クラブに改名されたという経緯だ。

意地悪クラブの名簿は、どうしますか?ひげのおじさんに公開をやめろって言われてしまったので、noteの特選記事に出そうか考えてるんですけど・・・。

そんなものを有料記事にしようとするなwww

年明けからの有事を覚悟する日米、何も知らされず狼狽する韓国

ここで12月の予定表の結果をざっと振り返ろうか。慰安婦合意の違憲判断却下辺りから更新ができてなかった。

【2019年12月の中国と韓国の危機まとめ】
・12月3日:米国で韓国との防衛費交渉が再開される
・12月4日:米国と韓国の防衛費交渉が成果なく終了する
・12月4日:NATO首脳会合で中国の脅威に備える方針で一致する
・12月7日:北朝鮮が大陸間弾道ミサイルのエンジン燃焼実験を行なう
・12月9日:WTOの上級委員会の選任が拒否され機能不全になる
・12月9日:米上下院の軍事委員会が国防権限法で合意する
・12月12日:英国で総選挙が行なわれ与党が圧勝する
・12月13日:米中が第1段階の合意に達したと報道される
・12月15日:米国の対中国関税1,600億ドル分(15%)の発動が凍結される
・12月15日:茂木外相と韓国外相が10分対話を実施するも物別れに終わる
・12月15日:中国大使館員2人が米国から国外退去処分になったことが明らかになる
・12月16日:韓国と3年ぶりの貿易管理対話が実施されるも特に成果なし
・12月17日:米国と韓国の第5回防衛費交渉会議が開催される
・12月17日:米国防権限法2020が上院でも可決される
・12月18日:米国と韓国の第5回防衛費交渉会議が物別れに終わる
・12月18日:米国でトランプの弾劾訴追決議案が下院で可決される
・12月20日:韓国のルノーサムスンでストライキが始まる
・12月20日:米国で国防権限法2020と本予算が成立する
・12月24日:日本と韓国が中国で首脳会談を実施する
・12月26日:韓国の裁判所がチョグクの逮捕状を発行せず却下
・12月26日:在韓米軍基地で空襲警報、誤報と判明
・12月27日:韓国の裁判所が慰安婦合意に違憲判断を出さず却下
・12月27日:北朝鮮ミサイルが襟裳岬東2,000kmに落下とNHK報道、誤報と判明
・12月28日:慰安婦合意から丸4年が経過する
★12月29日
・12月31日:韓国の輸出入銀行のサムライ債750億円分が満期を迎える
・12月31日:WTOが決めた韓流コンテンツ無関税措置が期限を迎える
★2019年12月29日現在

首脳会談以降の動きが、激しい気がします・・・。韓国の譲歩と誤報が、交互に起きてます!

チョグク逮捕状却下は譲歩ではないだろ。韓国情勢がこれ以上荒れるのを阻止したとも言える。月末の2件がどうなっているかは分からないが、仮に何かが起こるとしてもそれが明らかになるのは三が日を過ぎてからということになるだろうね。

ネットユーザーのSWさんは、今回どころか今後も解決しないと言ってます!どうせ来年早々に現金化だろうから制裁発動してほしい(FKさん)、何一つまともな回答がない(AKさん)、信用できない国とは会談しても無意味(JSさん)、という雰囲気です。

年明けからの有事を覚悟している日米と、何も知らされず狼狽するだけの韓国という違いがこれでもかと浮き彫りになってるよね。最悪韓国自身が戦場になるというのに韓国民は何も知らないようだ。

年明けからの有事について考えた3部作、面白かったです!また特集しますか?

それにふさわしい雑誌記事が見つかればな。ああいう叩き台となる記事があると助かるね。先週は誤報事件が相次いだしもう少し有事について色々と談義したい思いはある。ちょっと探してもらえる?

分かりました!

韓国の皆さん、ムン大統領に従いましょう!ムン大統領の脱日構想実現に、協力してください!このままでいいんですか?

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!

関連記事