MENU
安倍政権

韓国、3月末に日本の資産を強制売却処分か! 韓国政府が総選挙に合わせ強硬策を推進する可能性! 完全に関係終了だなこれは…

賠償判決の資産売却命令Xデーとして韓国側から3月末というスケジュールが提起された。4月に総選挙を予定していることが背景だ。現与党は最大野党の韓国保守派である自由韓国党を激減させるためにあらゆる策を打つだろう。その中に対日強硬政策が含まれるのは自明の理で、資産売却命令が下されれば文在寅の支持率はうなぎ登りになるに違いない。日本としてもそれで堂々と報復措置が実行に移せるし願ってもない展開だ。

「当分は現状維持…日本企業の財産を売却するかどうか決まる2、3月が山場」
1/1(水) 8:40配信 朝鮮日報日本語版

韓日関係は「休火山」

 昨年「戦後最悪」と評された韓日関係を巡っては、今年も楽観は難しいという見方が支配的だ。徴用御関連の日本企業に対する差し押さえ財産の現金化が現実化する2-3月以降が分水嶺になる見通しだ。

 韓日対話のチャンネルは、15カ月ぶりに開かれた昨年12月の韓日首脳会談でひとまず復旧された。だが、徴用関連の日本企業の資産売却という山場が残る。南柱洪(ナム・ジュホン)元国家情報院第1次長は「韓日関係がすぐさま一段と悪化することはないが、一時的に縫合された暫定的な活火山状態」だと語った。尹徳敏(ユン・ドクミン)元国立外交院長は「急速に冷え込んだ韓日関係の根本原因である徴用問題は両国の信頼の問題で、一挙によくなる事案ではない」とし、「現在のような留保的状況が続くものとみられるが、差し押さえた日本企業の財産が現金化された場合、破局を迎えかねない」と指摘した。

 日本企業の資産売却の件は、今年の初めまでに何らかの突破口が用意されない場合、3月末ごろに強制執行される可能性が高い。引き続いて韓国の総選挙(4月)もある。パク・チョルヒ・ソウル大学教授は「『3月末、4月初め』が重要」だとして、「現金化を避けることができなければ、最悪の事態を迎えかねない」と語った。李元徳(イ・ウォンドク)国民大学教授も「日本は、自国企業の資産売却は決して受け入れられないという流れ」だとして、「(現金化がなされたら)安倍首相の官邸に存在する一部強硬派だけでなく、普通の日本の人々も『韓国が植民地全面賠償を要求する道へ進もうとしている』と考えるようになるだろう」と語った。

 米国の専門家らは、韓日関係の悪化を巡っては双方の責任があるだけに、同じ過ちを繰り返してはならないと助言した。ヘリテージ財団上級研究員のブルース・クリングナー氏は「文在寅(ムン・ジェイン)政権が韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を取り上げたこと、日本が根拠なく貿易報復を行ったことは、いずれも失策だった」と指摘した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200101-00080044-chosun-kr

もしも資産売却実行なら支持率はうなぎ登りか

今年のスケジュールが、決まりましたね・・・。3月末が山場なんですか?

韓国側が4月の総選挙に向けて支持率上昇キャンペーンを打ってくるのは自ずと分かるが、その一部として強硬な対日政策を打ち出すんじゃないかという話だ。GSOMIA破棄が不完全燃焼に終わった文在寅支持者としてはお待ちかねの展開だろう。

ボクも、それでいいと思うんです。ジーソミアを破棄しなかったのは、ムン大統領の失策だと思ってます!

ワトソン君は脱日構想とやらを支持してるよな。韓国内にも一定数そういった強硬策を支持している層がいるのは言うまでもなく、資産売却命令がもし3月中にでも出されれば文在寅の支持率はものすごいことになるだろうね。

自由韓国党は、羅院代表をクビにした時点で、興味を失いました!早く議員の人数を減らしてほしいです!

ワトソン君はそればっかりだなww まあ確かに今の自由韓国党に魅力的な人材が残っていないという意見には同意するが。例のハンスト騒ぎだって日本じゃ数ミリも話題にならなかった。それがどうかしたのかと冷ややかな雰囲気だった。

気の毒で、見てるのも辛かったです・・・。何のためにそうするのかが、本気で理解できませんでした。

ワトソン君とは真逆の考えだと思う。支持者の増やし方があまり上手ではないと思ったね。あれでむしろ韓国を見限った韓国保守派も多いんじゃないか?

韓国保守派の人達は、多分不動産価格が上がってるので、満足してるんです。意地悪クラブの恩恵に授かって、私腹を肥やしてきたんです!

ああそういうレッテルなわけね。文在寅支持層はあくまでも労働者層の庶民だと。そういう設定を維持するわけだ。

韓国では今や不動産価格が下がる方が喜ばれるらしい

韓国ポータルサイトでは、毎日のように不動産の話題ばかりで、毎日不満の声が増えてるんです!この記事を見て下さい!

ソウルのマンション価格15ヶ月ぶりに下落… 下げ幅64ヶ月の下、最大
2019.01.02 午前11:01

昨年12月-0.17%…江南圏主導
2018年の年間8%↑… 12年ぶり最高
取引が急減…マーケティングの展望歴代最低
3期新都市及びGTXなどの変数は、残っ

(以下略)

ttps://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?oid=016&aid=0001482545

この記事に対する韓国民の反応www なぜ喜ぶんだよwww

えっ?不動産価格が下がって、嬉しくないんですか?家賃が安くなるし、生活が楽になるんです!

ワトソン君は目線が完全に庶民のそれだよなww 普通は不動産バブルの崩壊を警戒するとか、資産価値が目減りしないだろうかとやきもきするんだが、確かに800票ものグッジョブ票が入っているとなれば韓国民の7割近くは庶民層なのかもしれないね。アングリーは230票程度だった。

黒井さんは、家賃が下がったら、嬉しいですよね?

俺はいやだね。家賃が下がると自分の住んでる場所がいまいちなのかもしれないとむしろ不安になる。目線が大家のそれだから、もっと市場を見る目を養わなくてはと反省もする。

ネガティブ過ぎます!どうして生活が楽になるのに、喜ばないんですか?

家賃が下がると言っても月1万円とか2万円も下がらないだろ?俺は家賃が下がった経験をしたことがないから分からないけど、あまりに下がるようならその国に住むこと自体がリスクなんじゃないかとさえ思えてくるね。緩やかに上げてほしい派だ。

じゃあ、月5万円のマンションが、月10万円になったらどうしますか?

極端な値上がりだなww だがそれだけ経済成長しているということじゃないの?東南アジア圏でよく見かける価格帯だね。

ボクは、オーナーさんにイヤがられてるんだと思います!家賃を倍額にされたら、普通は出ていくと思います。

いやいや家賃増で住むならまだましよ。海外じゃ日本のように借りる立場が強くはない場合も多いし、自分の意思でそこに住み続けられるというだけでも随分と違う。それに家賃が上がるなら購入も検討するよね。将来的に価格が2倍にでもなれば元が取れるだろ?

じゃあ、ソウルの不動産が上がってるのは、みんな黒井さんみたいな考えだからですか?

まあそのせいで韓国から逃げるに逃げられなくなっているとする説にはある程度賛同はするがね。ある種のマネーゲームに夢中になっている状態で、誰かが突然音楽のスイッチを強制的にオフにしない限り現実に気付かないまま踊り狂っているのかもな。真に勝てる投資家はみんながパーティーで盛り上がっている時にこっそり抜け出せるタイプだ。

金正恩がミサイル発射を2月中旬以降に狙ってくる可能性も

2020年は、ホントにバブルが崩壊するんですか?あまりにそういう話をする人が多いので、裏の裏なんじゃないかって不安になってきます・・・。

ふむ。バブル崩壊する!絶対に経済崩壊する!と連呼してればバブル崩壊を防げる時代はもう終わったのかもね。賢い投資家は常に大衆の裏を行くからな。バブル崩壊予言蔓延=バブル崩壊は100%ありえないという確信を大衆が持った時こそが危険のような気もする。

キム委員長は、それに合わせてミサイルを飛ばす気がします!アメリカがまだ予想していない、2月中旬以降を狙ってくると思います。

確かに大衆の関心を惹きつけるのもせいぜい3カ月がいいところだし、クリスマスプレゼントネタで散々あおった11月から2月まで何もなければもう大丈夫だと世界が安心するかもしれないね。まさにその直後こそが危機なのかもしれない。

あと、1月はイギリスのブレグジットもあるし、イベントが多いです!

ちょっとここらで2020年1月の予定表を作ってみるか。

【2020年1月の中国と韓国の危機まとめ】
・12月31日:日産自動車前会長のカルロスゴーン氏がレバノンに入国する
・1月15日:米国と中国が第1段階合意の署名式を実施する
・1月31日:英国のEU離脱期限を迎える
・3月末:募集工原告団の要請を受け、裁判所が資産売却命令に踏み切る
・4月15日:韓国が総選挙を実施する

まだほとんど何もないな…。3月と4月を入れてもこれだ。一応ゴーンネタは年末の土壇場だったから入れてみたが、来週以降に何が起こるのかがほぼ何も分からない状況だ。

あと、「高位公職者犯罪捜査庁」の法案の日付が間違ってます!大晦日じゃなくて、30日です!

そうだっけ?大晦日が韓国では平日だからてっきり31日かと思ってた。まあ大差はないし別にいいだろ。実際チョグクは31日に起訴されてるしね。

念のために12月の予定表も提示しておくよ。こうしてみると国防権限法の上院可決とかは不要な気がしてきた。後で削っておくわ。

【2019年12月の中国と韓国の危機まとめ】
・12月3日:米国で韓国との防衛費交渉が再開される
・12月4日:米国と韓国の防衛費交渉が成果なく終了する
・12月4日:NATO首脳会合で中国の脅威に備える方針で一致する
・12月7日:北朝鮮が大陸間弾道ミサイルのエンジン燃焼実験を行なう
・12月9日:WTOの上級委員会の選任が拒否され機能不全になる
・12月9日:米上下院の軍事委員会が国防権限法で合意する
・12月12日:英国で総選挙が行なわれ与党が圧勝する
・12月13日:米中が第1段階の合意に達したと報道される
・12月15日:米国の対中国関税1,600億ドル分(15%)の発動が凍結される
・12月15日:茂木外相と韓国外相が10分対話を実施するも物別れに終わる
・12月15日:中国大使館員2人が米国から国外退去処分になったことが明らかになる
・12月16日:韓国と3年ぶりの貿易管理対話が実施されるも特に成果なし
・12月17日:米国と韓国の第5回防衛費交渉会議が開催される
・12月17日:米国防権限法2020が上院でも可決される
・12月18日:米国と韓国の第5回防衛費交渉会議が物別れに終わる
・12月18日:米国でトランプの弾劾訴追決議案が下院で可決される
・12月20日:韓国のルノーサムスンでストライキが始まる
・12月20日:米国で国防権限法2020と本予算が成立する
・12月24日:日本と韓国が中国で首脳会談を実施する
・12月26日:韓国の裁判所がチョグクの逮捕状を発行せず却下
・12月26日:在韓米軍基地で空襲警報、誤報と判明
・12月27日:韓国の裁判所が慰安婦合意に違憲判断を出さず却下
・12月27日:北朝鮮ミサイルが襟裳岬東2,000kmに落下とNHK報道、誤報と判明
・12月28日:慰安婦合意から丸4年が経過する
・12月30日:韓国政府が高位公職者犯罪捜査庁設置の法案を可決させる
・12月31日:韓国元法相チョグクが在宅起訴される
・12月31日:北朝鮮の金正恩が決めた非核化交渉の期限が切れる
・12月31日:韓国の輸出入銀行のサムライ債750億円分が満期を迎える
・12月31日:WTOが決めた韓流コンテンツ無関税措置が期限を迎える

まあ現段階では韓国の総選挙の結果を日本も見守るような流れにはなるだろうね。金正恩が1月や2月に挑発を再開するかどうかだが、今回の資産売却命令Xデーの話が出てきたことから3月まで延ばされる可能性も出てきた。そうだとしても韓国保守派の命運も残りあと3カ月だがな。日本にとっては韓国がどうなろうがどうでもいいし関知しないという立場だ。

韓国の皆さん、ムン大統領に従いましょう!ムン大統領の脱日構想実現に、協力してください!このままでいいんですか?

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!

関連記事