中東ニュース

ゴーン被告、フランスのパスポートを2通所持!? 諜報員だったの?レバノンの法律にも違反していた?

ゴーン被告が、フランスのパスポートを2通持っていた事が分かりました・・・。1通は携帯していて、そのパスポートで出国したみたいです!合計でパスポートを4つ持ってる事になるんですけど、諜報員だったのかと話題になってます!最初はイスラエルボイコット法の話をしてたんですけど、途中でその事に気付きました。

ゴーン被告、フランス発給のパスポート2通のうち1通でレバノン入国か 報道
1/2(木) 17:41配信 AFP=時事

 【AFP=時事】(更新、写真追加)保釈中に日本からレバノンへ国外逃亡した日産自動車(Nissan Motor)元会長のカルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)被告が、フランスから発給されていた2通のパスポートのうち1通を携帯していたことが分かった。NHKが2日、報じた。

 ゴーン被告はフランス、ブラジル、レバノンのパスポートを所持しているが、ゴーン被告の弁護人を務める弘中惇一郎(Junichiro Hironaka)氏は、3通のパスポートは預かっていると主張していた。しかしNHKの報道によれば、裁判所はフランス発給の2通目のパスポートを「鍵が付いたケース」に入れた状態で携帯することをゴーン被告に認め、鍵は弁護団が保管していたという。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200102-00000026-jij_afp-int

レバノン政府もゴーン被告を逃がしてしまうの?

黒井さん、ゴーン被告の話なんですけど、早速見つかりました!この記事を見て下さい!

Lebanese lawyers want Ghosn prosecuted over Israel trip
02/01/2020 – 15:40

Lebanese lawyers on Thursday filed a report to the judiciary demanding fugitive auto tycoon Carlos Ghosn be prosecuted over a trip he made to Israel as Renault-Nissan chairman in 2008.

Ghosn — who holds Lebanese, French and Brazilian citizenship — jumped bail in Tokyo in mysterious circumstances and arrived in his native Lebanon early on Monday.

The tycoon had travelled to Israel in 2008 to support a partnership with Shai Agassi, an Israeli entrepreneur who had launched an ill-fated electric vehicle venture called “Project Better Place”.

Three lawyers “submitted a report to the public prosecutor against businessman Carlos Ghosn for the crime of having entered an enemy country and violated the boycott law,” the state news agency reported.

http://www.rfi.fr/en/wires/20200102-lebanese-lawyers-want-ghosn-prosecuted-over-israel-trip

ほほう。英語記事ときたか。これはレバノンでも罪に問われる可能性があるってことかな?

そうだと思います!ゴーン被告は2008年にイスラエルを訪問してるんですけど、それが「イスラエルボイコット法」に違反しているそうなんです。もし罪が認められたら、逮捕されますよね?

そこはレバノン当局の本気度にかかってると思う。犯罪者の引き渡しはしないと明言はしているものの、国内でも犯罪行為が確認できたなら何らかの捜査はしなければならないはずだ。ゴーン被告はその動きを察知して間もなくフランスに移動する可能性があるね。

確かに・・・。それだと、レバノン政府にもどうしようもないですね。

まだその時は来ていないようだが、レバノン当局がゴーン被告にあらかじめ捜査の日付を伝えたうえで逃がし、もぬけの殻となったレバノンの自宅を家宅捜索するような流れになる可能性はあるね。それで日本に対する面目も立つわけだし。

じゃあ、やっぱりダメですか?

加えてこういう報道も出てきてる。レバノン政府が自ら日本にゴーン被告を送還するように求めていたんだ。要するにゴーン被告は無実だからレバノンに戻してくれということだろう。

レバノン、直前に日本に送還要求 ゴーン被告逃亡で英紙報道
1/2(木) 7:27配信 共同通信

 【ロンドン共同】金融商品取引法違反罪などで起訴され、保釈中に国籍を持つレバノンへ逃亡した日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告について、密出国直前の昨年12月20日にレバノン政府が被告の同国送還を日本側に要請していたと、英紙フィナンシャル・タイムズが1日伝えた。レバノン側は関与を否定しているが、支援の有無に改めて注目が集まりそうだ。

 同紙は逃亡計画を知る人物の話として、計画は10月から練られていたと報道。レバノン政府は2018年11月の被告逮捕後に送還を要求、昨年12月20日に鈴木馨祐外務副大臣がアウン大統領を訪問した際に改めて送還を要請したという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200102-00000008-kyodonews-int

レバノン政府を、もっと問い詰めた方がいい気がします!レバノンに何か制裁できないんでしょうか?

その観点から考えれば今回のイスラエルボイコット法は注目に値するね。日本としてはこの法に賛同するわけにはいかないが、他の中東諸国が黙っちゃいないだろう。中東勢の圧力でレバノン政府が方針を転換させる可能性は大いにある。

他の国でも、イスラエルに勝手に入国したら、犯罪になるんですか?

そうじゃない?あまり詳しい情報は見つからないが、西側先進国では逆にこの法案を排除する方向で決議したりしているようだ。日本としても直接は関与できないね。

フランスではむしろ逮捕される?税逃れの容疑?

ネットユーザーの反応を見てるんですけど、アラブ諸国はどこも一緒だ(C8さん)、という雰囲気ですね・・・。中東で輸出入をする場合は、イスラエルかそれ以外かを選択する必要があるみたいです!

日本のスバルはイスラエル一本に絞ったので、イスラエルの公用車はスバルのレガシーが多いそうです!

へえ!スバルがイスラエルと関係が深いメーカーだったとは知らなかった。他には?

レバノンの位置は、イスラエルとシリアの中間(RJさん)で、中東のパリって言われてた(CYさん)そうです!内戦で壊れてしまったけど、それまでは香港やシンガポールのような金融都市だった(IIさん)、という事が話されてました!

中東を大きな象の足に見立てる例え話を以前したと思うけど、それで言えばレバノンは足の付け根の上に位置するね。つまり中東の中核的な位置とも言える。金融都市として発展する素地はありそうだね。

あと、フランス政府は、ゴーン被告を逮捕するつもりみたいです・・・。税逃れの圏で、逮捕して裁判にかけると言ってる(AMさん)、フランスの人達も怒ってる(C8さん)、という意見がありました!

それはつまり、日本に引き渡しせずに自国内で犯罪者にするつもりってこと?

賛否両論なので、どっちになるかは分からないです・・・。イエローベストを勢いづかせるから、逮捕はしないのでは(VIさん)という意見もありました。それから・・・。

フランス国内の争いにも発展する可能性があるわけだ。

ゴーン被告は、パスポートを2通持ってたそうです!そのうち1つを、イスラエル入国に使ってたのでは(DOさん)、と言ってる人もいました!

は?2通って、フランスのパスポートが2通ってこと?

そうみたいです・・・。ゴーン被告は、諜報員だったんでしょうか?

ファーウェイの副社長と一緒じゃん。フランスやべえな…。日産のトップをフランスの諜報員にしてたとしたら話ががらっと変わるぞ。

諜報員説を疑っている人もいます!口封じのために日本を脱出させたのでは(71さん)、関西空港も民間委託先がフランスだし、縁を切った方がいいかも(FEさん)、という意見もありました!

ゴーン被告はパスポート2通所持?諜報員だった?

ゴーン被告のパスポート2通の話は昨日報道されたばかりだ。ワトソン君、こっちを主題にした方がいいんじゃないか?

ゴーン被告 フランス発行のパスポートは2通 1通は携帯
2020年1月2日 18時53分

 中東のレバノンに出国した日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン被告がフランスから2通のパスポートの発行を受けていて、このうち1通を裁判所の許可を得て、鍵が付いたケースに入れた状態で携帯していたことが関係者への取材で新たに分かりました。レバノンの治安当局者は、元会長とみられる人物がレバノンに入国した際、元会長の名義のフランスのパスポートが提示されたことを明らかにしていて、検察などは詳しい経緯を調べているものとみられます。

 去年4月に保釈され海外への渡航が禁じられていた日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン被告(65)は、ひそかに日本を出国し先月30日、中東のレバノンに入国したことが明らかになり、東京地方裁判所は元会長の保釈を取り消す決定をしました。

 ゴーン元会長は去年4月に保釈された際、パスポートを弁護士が保管することが条件になっていて、弁護団は元会長の国籍があるフランス、ブラジル、レバノンのパスポートを保管していました。

 関係者によりますと、ゴーン元会長は何らかの理由でフランスから2通のパスポートの発行を受けていて、当初はいずれも弁護団が保管していたということです。

 しかし去年5月、元会長にパスポートの携帯義務が生じたため、弁護団が保釈条件の変更を請求し、フランスのパスポート2通のうち1通を鍵が付いたケースに入れた状態で携帯することを裁判所が認めていたことが関係者への取材で新たに分かりました。

 ほかのパスポートとケースの鍵は、弁護団が保管していたということです。

 日本の出入国在留管理庁のデータベースにはゴーン元会長が日本から出国した記録はありませんでしたが、レバノンの治安当局者は元会長とみられる人物がレバノンに入国した際、元会長の名義のフランスのパスポートが提示されたことを明らかにしています。

 一方、元会長の弁護を担当する弘中惇一郎弁護士は1日、報道陣に対し「弁護団として預かれる範囲の元会長のパスポートはすべて保管し、フランスのパスポートも保管している」などと説明していました。

 検察と警察はゴーン元会長が何らかの不正な手段で出国したと判断し、出入国管理法違反などの疑いで捜査を進めていて詳しい経緯を調べているものとみられます。
・・・

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200102/k10012233951000.html

鍵付きのケースを壊せば、パスポートは取り出せますよね?

おそらくね。これは携帯を許可した地裁が迂闊だったとも思うけど、そもそもパスポートを2通持てる時点で普通じゃないよな。フランスは中国並みにやばい国だったということになってしまう。

日本では、諜報員でもムリですよね?

日本にはそもそも諜報員はいないと思う。内閣情報調査室(CIRO)が事実上の諜報機関のような気もするが、対外的には諜報員とは見なされてないはずだ。当然パスポートも1通だけのはず。

この記事に対する反応では、やっぱり「フランス対外諜報局DGSE」の名前が出てきてますね・・・。フランスのパスポートの信頼性が下がる(YNさん)、スパイだったのでは(DXさん)、パスポートを新しく発行した時点で、諜報活動を自白したのと同じ(WFさん)、財界の立場で日本の情報をフランスに流していたのでは(1Xさん)という雰囲気です!

日本国民が徐々にフランスを敵だとみなし始めるかもね。レバノンで今後どういう扱いを受けるかだな。俺はフランスへの出国が今頃すでになされてるんじゃないかと思ってるよ。それで出国を確認できたら、わざとらしくゴーン被告自宅をイスラエルボイコット法容疑で捜索すると。こういう流れを想像しておけばいい。

レバノンからも、コントラバスのケースに入って、出国するんでしょうか?

その話は噂止まりだと思う。実際には堂々と港区の自宅から出ていったという情報もあるし、もっと大胆な方法で出国していた可能性があるね。パスポート2通の件で俺も本腰を入れて調べるモチベーションが湧いてきた。年明け早々ものすごいことになってきたな!

ホントですね!映画顔負けの展開です。主人公になったつもりで、ゴーン被告を追い詰めたいです!

映画の悪役も真っ青の大悪人になろうとしているからなゴーン被告は。不法出国にイスラエルボイコット法違反と罪がいくつも重なってきている。このまま野放しにならずにいずれ裁きが下ることを強く願う。