MENU
米国ニュース

韓国サムスンが半導体市場で没落! 米インテルに敗北! 終わったな…

2019年のサムスンの業績は悲惨そのものだった。世界の半導体売り上げ高も落ち込み、前年比で11.9%下落した。サムスンやSKハイニックスが得意とするDRAMに至っては37.5%も激減してしまったという。今年は回復するから大丈夫だと安易に予測しているが、それはインテルや他の企業も同様のはずだ。副会長の件もあり2020年中にサムスンショックが見られるかもしれない。

サムスン、2年ぶりに半導体王座をインテルに明け渡す…メモリー価格急落が原因
1/15(水) 17:50配信 中央日報日本語版

 サムスン電子が2年ぶりに半導体市場1位の座をインテルに明け渡した。主力であるメモリー半導体価格下落の影響が大きかった。昨年、世界半導体売上高は前年に比べて11.9%下落したことが調査で分かった。

 市場調査機関のであるガートナー(Gartner)は15日、2019年世界半導体売上高に対する予備調査の結果を発表した。

 昨年の全世界半導体売上高は4183億ドル(約46兆円)で、前年に比べて11.9%減った。韓国が主導するメモリー半導体市場が特に目立って減少した。ガートナーのアンドリュー・ノーウッド副社長兼アナリストは「メモリー半導体市場売上高は前年比31.5%減となった」とし「DRAMは2018年末から供給過剰が持続しながら昨年の売上高が前年比37.5%減った」と明らかにした。

 メモリー半導体市場沈滞の間を縫ってインテルが2年ぶりに1位を奪還した。インテルの昨年の売上高は658億ドルで、前年比0.7%減少した。市場占有率は15.7%だ。半導体事業を始めて34年ぶりの2017年、インテルをおさえて半導体市場首位に立ったサムスン電子は1ランクダウンした。サムスン電子の昨年の売上高は前年比29.1%下落した522億ドル、市場占有率は12.5%だ。

 SKハイニックスは売上高が前年比38%(225億ドル)下落したが、市場占有率5.4%で3位を守った。次いでマイクロンテクノロジ(4.8%、201億ドル)、ブロードコム (3.7%、153億ドル)、クアルコム(3.2%、135億ドル)の順となった。

 サムスン電子が昨年半導体の王座席をインテルに渡したが、今年再び奪還する可能性が高い。ノーウッド副社長は「今年は過剰在庫問題が解消してチップASP(平均販売価格)が上昇し、半導体市場、特にメモリー部門の売上が伸びるだろう」と見通した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-00000048-cnippou-kr

なぜ大手ネットサイトはネガティブな記事が多いのかという大脱線

中央日報さんは、絶対最後にいい話を書いて、読者の愛国心を傷つけないようにしてると思います!朝鮮日報には、その配慮が欠けてると思います。

それも愛国メソッドの一部だね。落としてから持ち上げる手法の方が読後感はいい。そこまでにどれだけ深刻な話が書かれていたとしても、最後にちょろっと愛国的な記述を入れれば韓国民はそれで満足しながら記事を閉じる。愛国心が満たされない場合には延々と韓国ポータルサイトをさまよい続けることになる。

それ、すごく分かります!ヘンな記事を読んでしまうと、モヤモヤしてついつい他の記事も読みたくなってしまって、時間をつぶす事が多いです・・・。

ポータルサイトの罠と言っていいだろうね。大手ネットサイトでも国内カテゴリは事件系がアクセスランキング上位にいることが多い。読んだところでどうにもならないしフラストレーションを溜めるだけの記事がなぜか多く読まれていることになる。芸能カテゴリも上位常連だが、やはり読んだところでどうにもならない。

芸能記事も、読み始めると止まらなくなります!ネガティブな記事の方が読まれるのは、どうしてでしょうか?

俺は5年以上“あっち”でそういう記事を連発させてきたが、日本国民が関心を持っている分野は圧倒的に”社会”と”芸能”の2つだ。社会系の記事は自分にも身に覚えがあることや共感できることが多いし、芸能系の記事は毎日テレビで目にするからだと俺は分析している。

ボクには、どうしてネガティブな記事ばかりを読むのかが、分からないです。芸能記事は、ポジティブな話も多いので、知ってる人の記事をドンドン読みます!

そこはまあ…共感できるかどうかじゃない?まあ振り返ってみれば何も残らないよね。ああそんな事件もあったねという程度で思い出話にもなりやしない。世界中を震撼させるようなよほどの大事件ならともかく、来年には忘れてしまうような事件も山ほどあったし今にしてみれば無駄な時間だったとさえ反省している。

半導体市場ではなくメモリ市場だけが急落していた

今回のは大脱線32ですよね?

大脱線認定が早いなww まあ韓国サムスンとは1ミリも関係ない話だからな。脱線規模は小さいながらも大脱線32として認定しよう。日本国民が関心を持っている2大分野についての話だ。

それでだ。サムスンが半導体の売り上げを落としてインテルに負けたわけだが、その落ち込み方が比較にならない程激しいのが記事を見ても分かるよな?何しろインテルは前年比0.7%減で抑えたのに対し、サムスンは前年比29.1%も減らしてしまった。

減り過ぎです!サムスンだけ打撃を受けてたんですね・・・。半導体産業全体が、不況なのかと思いました。

供給過剰に陥ったのが蓋を開けてみればサムスンやSKハイニックスが得意とするメモリー分野だけだったというのが象徴的だね。まさにゴールドマンが2018年下旬に予測していたとおりの展開になった。

韓国企業が、狙われてたんでしょうか?

メモリー分野で韓国企業が多くのシェアを占めていることを考えれば、サムスンやSKハイニックス自身が原因と考えることもできる。2018年までに過剰なまでに生産をしたら、中国で急に需要が減ったことで在庫があふれる結果となったわけだ。

確かに・・・。それに日本の輸出管理強化が重なったら、もっと大変になります!

泣きっ面に蜂状態だね。サムスンは国産フッ化水素で乗り切る気でいるらしいが正気の沙汰ではないと思う。森田化学のフッ化水素がどれほど輸出されるかにもよるが、今年もやはり韓国だけが割を食う展開になる可能性が高い。

価格だけ上がっても、生産できなければ意味がないですよね?

生産したものの歩留まりが悪く不良品だらけとなればなおさらだ。タイミング的に今年出てくる製品に不具合が頻発する可能性が高まっている。韓国のフッ化水素にろくな品質がないのはすでにLGディスプレーの件で証明されてるからな。

サムスンやSKハイニックスは罠に嵌められたのか?

ネットユーザーのSNさんは、非メモリーをいかに伸ばすかが課題だ、と言ってます!台湾を応援したいって。株式の半分以上をアメリカに握られてる(9Sさん)、インテルは技術の塊でサムスンは価格勝負(XAさん)、価格変動が激しいメモリー分野をやる企業は他にはいない(TEさん)、という雰囲気です!

普通に考えて韓国企業がシェアを独占するとかいう現象そのものがおかしいよな。どう考えても米国がその状況を放置するはずがない。それをあえてやらせるということは、やはり何らかの罠が仕掛けられていたと考えるのが自然だろう。仮に米国企業がメモリ市場のシェアを多く占めていたらこうはならなかったと思う。

確かに!韓国企業だけが儲けてたから、狙われたんですよね?

そうとも言える。ネットユーザーも言ってるように韓国企業の多くに米国の投資マネーが入ってるから、厳密に言えば韓国企業ではない。そういう企業が米国企業に勝てるようになることはまずない。つまりサムスンやSKハイニックスは嵌められたんだよ。

中央日報さんは、そうは考えないと思いますけど・・・。現実は違うと思います!

韓国企業にわが世の春を謳歌させて、最終的に一気に落として全部奪うというようなことを米国は考えてる気がする。LG化学のLCD事業を安値で買い叩こうとしたのがいい例だ。韓国はこの調子で行けば全産業が崩壊して米国と中国にすべての技術を持っていかれることになるかもね。それでこそ米中貿易戦争が終結するものと思われる。

ウィンウィンじゃないですか!韓国は、最初からそうなる運命だったんでしょうか?

それが一番スムーズなんだよ。米国にとっても中国にとっても韓国は邪魔な存在だからな。韓国をどうするかという点で米中の方針が一致する余地がある。一部勢力は反対するだろうが、トランプ政権なら米国の利益のために平気で韓国を中国に差し出すだろう。それが今韓国企業の業績悪化となって表われている可能性がある。推測でしかないけどね。

まああれだ。実際はどうあれ韓国は事実上中国経済の一部になってるし、日本としてもどうしようもないし通貨危機が発生しても一切助けないから。後悔しても手遅れだがな!

韓国の皆さん、このままでいいんですか?嵐がすぐそこまで迫っています!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!

関連記事