韓国ニュース

韓国のスワップ、今年相次ぎ終了へ! マレーシア、オーストラリア、インドネシア、中国との満期ラッシュ! 延長できるのか?

韓国が日本以外の他国と結んだスワップが今年相次ぎ終了するという。マレーシアとは1月に、オーストラリアとは2月に、インドネシアとは3月に、中国とは10月にそれぞれ満期となるそうだ。無事に延長できるかどうかは分からない。愛国日報が日本とのスワップについて書き連ねて愛国心を発揮しているが、日本以外の国ともそうなることを心配した方がいいんじゃないのか?

韓国、中国・豪州などと通貨スワップ延長推進…終了から5年経過した韓日通貨スワップ
1/21(火) 14:40配信 中央日報日本語版

 韓国政府が外貨流動性確保のために終了が近づいた通貨スワップの延長を推進する。

 洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官は20日、政府世宗(セジョン)庁舎で対外経済長官会議を開き、2020年の韓国の対外経済政策方向について議論した。

 韓国が締結した通貨スワップのうち今年満期が到来するのは1月のマレーシアとの約47億ドル、2月の豪州との77億ドル、3月のインドネシアとの100億ドル、10月の中国との560億ドルなど。このうち最も規模が大きいのが韓中通貨スワップだが、習近平主席が今年訪韓すればこれに関する議論も行われるとみられる。

 一方、韓国と日本は2015年2月に通貨スワップ契約が満了し、完全に終了した。その後、2016年8月に韓国がブレグジット(英国のEU離脱)や米国の利上げなどのため日本に通貨スワップを提案して交渉したが、2017年1月に日本政府は釜山(プサン)在韓日本総領事館前の少女像設置を理由に一方的に交渉を中断した。

 韓日間通貨スワップは2001年7月に20億ドルで始まり、2008年に300億ドル、2011年には700億ドルまで増額した。しかし2012年8月に李明博(イ・ミョンバク)元大統領の独島(ドクト、日本名・竹島)訪問で韓日関係が悪化し、同年10月に満期が到来した570億ドル規模の通貨スワップは延長されなかった。その後、残余金額は2015年2月に満期が到来し、韓日通貨スワップは完全に終了した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00000037-cnippou-kr

今年満期を迎える国々はどれもローカルカレンシー

韓国との通貨スワップは、ちょっと怖いですよね・・・。それに、あまり意味がない気もします。

だな。どちらかがハードカレンシーならばともかく、ここで出てきた4カ国はどれもローカルカレンシーだから韓国の助けになるかは分からない。中国は別にしてもむしろ韓国がそれらの国々を助ける立場になることも想定される。

今年一斉に満期なんですか?タイミングが一致してる気がします!

色々なタイミングとね。マレーシア、オーストラリア、インドネシア、中国の順で満期を迎えるそうだ。簡単にリスト化してみた。

【2020年に韓国との通貨スワップが終了する国々のまとめ】
・マレーシア:1月に満期(47億ドル規模)
・オーストラリア:2月に満期(77億ドル規模)
・インドネシア:3月に満期(100億ドル規模)
・中国:10月に満期(560億ドル規模)

ここでのドル表記は単純に規模であって通貨自体がドルではない。日本のようにドルウォンスワップを結んでやるお人よし国家はいない。

インドネシアとの規模が、意外と大きい気がします!1兆円を超えてるって事ですよね?

だね。このスワップがある限り韓国の通貨危機が上記4カ国に波及しかねない懸念がある。それはまずいという国際社会の共通認識により日本の輸出管理強化が一旦緩められた可能性はあると思う。

最近は株式市場も見てないんですけど、調子いいみたいですね!

まあな。KOSPIは去年と比べればかなり高い。昨日1月21日の時点で2,239とドラえもんラインをはるかに上回る水準だ。とはいえ2018年中旬頃の最高値には到底及ばないがな。

韓国経済が調子いいとワトソン君に任せる事案が減ってしまうのが最近の悩みだ。政治絡みをワトソン君に任せるとろくなことにならないからな。

愛国日報が日本とのスワップに未練を持ちながら愛国心を発揮中

どういう意味ですか?

文在寅の追っかけファンを公言するワトソン君に文在寅事案は任せられないww どんな政策もイエスマンで肯定してしまうなら記事の論調も偏るのは自明の理だろ?

それは、ケースバイケースです!ボクだって、公平な視点を持ってるし、ムン大統領の政策を追いかけたい気持ちが強いです!

公平な視点ww まあその話はいい。スワップと言えば愛国日報がたびたび日本は?日本は?と愛国メソッドを使いながら日本に振りむいてほしいかのような素振りを見せていたけど、今回も例外なく日本との通貨スワップについて2段落も使いながら書き連ねている。

そうみたいですね・・・。日本とのスワップは、もう終わりました!

2017年1月に確かに釜山の慰安婦像を理由としてスワップ交渉は中断された。今も釜山の慰安婦像はそのまま置かれている。改善の余地はないね。なぜ今さら話題に出すのかが不思議で仕方ないよ。

中央日報さんは、日本とスワップを結びたいのに結べないから、日本が悪い事にしようとしてるんです!

愛国心発揮以外の何物でもないww こういうネタもやはりネット掲示板では盛り上がるのが定番だと思うけど、まずは大手ネットサイトの反応から先に見てほしい。

分かりました!

ネットユーザーのJJさんは、信頼関係が成立しないし、敵対国なのに締結はあり得ない、と言ってます!中国の人民元やオーストラリアドルとスワップを結んで、何の効果があるのか(5Eさん)、最終的に断ってきたのは韓国側(SWさん)、今回満期を迎える他の国も、更新するとは限らない(SPさん)、という雰囲気です!

日本とのスワップが締結された当初は敵対はしてなかったね。スワップが縮小の方向に向かったのは李明博が竹島に上陸してからだし、終了したのはパククネが慰安婦問題をしつこく口にしていたことが背景にあると思う。つまりスワップの歴史に幕を下ろしたのはむしろ韓国保守派だったわけだ。

そうなんですね・・・。どうしてですか?

日本とのスワップを韓国保守派が終わらせた背景について考える

推測にはなるが、日本側が一方的に縮小や終了の方針を決めたものと考えると辻褄が合う。韓国政府がそれでは韓国民の愛国心を満たせないと懇願し、韓国側が断ったことにして穏便に済ませたというか。その背景には米国の韓国に対する不信感があるものと考えられる。

ええっ?じゃあ、アメリカはそんなに昔から韓国を信用してなかったんですか?

だったと思う。トランプ政権になってからではなく、オバマ政権の頃から韓国を見捨てる方針は断続的に示されてきたという認識だ。あと、この日本とのスワップに関してはホワイト国とも関連させられる重要な事実もあることを広めなくてはいけないとも思い始めた。

どんな事実ですか?

“ホワイト国”の単語が出てきた時点で察してほしい。これは読者へのヒントでもある。

ネット掲示板の反応を見てもらう予定だったんだが、先にその話をやる。この後の枠ですぐに取り上げるから、準備しておいてほしい。一旦トイレ休憩を挟もう。

もう済ませました!

はええよwww

関連記事