中国ニュース

【画像】中国北京の大気汚染が極度に悪化! 怪しすぎるだろ… 1月27日22:00時点の様子がこちら

深夜の時間帯は黒井が1人で担当する。もはや肺炎の話題で文字通り霞んでしまっているが、定期的に中国の大気汚染の様子について観測しようと思う。報道記事も特に見つからないが、だからこそ取り上げることが重要だ。

1月27日の上海のPM2.5は22:00時点で149

まずは上海から見ていこう。月曜の22時という時間帯でも149という高い数字を叩き出している。だが実はここ2日間は比較的落ち着いていて、低い時は25というものまで見つかった。今日の夜になって急にまた大気が汚染されてきたことになる。

肺炎の影響で多くの人民が活動を自粛していたことで皮肉にも空気がきれいになったものと思われるが、月曜の夜になり旧正月を早めに終えて海外へ逃げる人が出始めたからまた汚くなってきたのかもしれない。要するに排気ガスだ。

詳しい最新情報は下のリンクから参照してほしい。
http://aqicn.org/city/shanghai/

1月27日の北京のPM2.5は22:00時点で248

それに対して北京は凄まじい。2日間を通じて大気が汚染され、最高では302という数字を叩き出している。22時の段階では248だった。北京の周辺の道路を封鎖したにも関わらずこの数字の高さ…これは一体何を意味するんだろうか?

地図を少し引きで見ても状況は大差ないどころかさらに悪い数字が出てくる。特に北京南部がひどい。赤は赤でも濃い赤で、紫と混ざればもはや中国旗には見えない。肺炎のコロナウィルスを殺菌するために大量の薬でも撒いてるんだろうか?

詳しい最新情報は下のリンクから参照してほしい。
http://aqicn.org/city/beijing/

1月27日の香港のPM2.5は21:00時点で34

上海と北京だけ実際の画像を図示して説明したが、香港はそのまま記述式で説明する。21時のPM2.5は34と無茶苦茶低い。ほとんど誰も活動していないものと思われる。旧正月休みだからなのか、あるいは肺炎が怖くで外出を控えているのかは分からない。

香港と隣接した大都市の深圳もほぼ同じだ。中国本土とは思えない55台という低い数字だ。深圳は特に封鎖されているという情報は聞かないが、なぜ同じ中国内でここまで汚染度に差がつくんだろうか?。

詳しい最新情報は下のリンクから参照してほしい。
http://aqicn.org/city/hongkong/

1月27日の韓国ソウルのPM2.5は23:00時点で25

韓国のソウルの大気汚染だが、23時の時点で25という面白くない数字だ。だが土日はそれなりに高かった。中国からの観光客が激減しているせいかもしれない。

中国と同様に韓国も連休中だが、肺炎感染者が地道に増え続けていることもあり外出も消費もせずに家にこもっている人が多いものと思われる。

詳しい最新情報は下のリンクから参照してほしい。
http://aqicn.org/city/seoul/

一方の大阪は23:00時点で驚異の1桁台

我らが大阪は23時時点で脅威の”3″という数字を叩き出した。北海道の山奥並みだと思う。大阪がここまで低いと逆に心配になるレベルだ。吹田市に至っては“0”だった。中国からの観光客が減っているせいだと思うが、それにしても低すぎる。笑いを取りに来ているとしか思えない。大阪の数字へのリンクも示しておく。
http://aqicn.org/city/osaka/