MENU
韓国ニュース

【速報】韓国ウォンが急落! 中国肺炎が原因か! 週明けのドルウォン相場がやばすぎる!

黒井さん、韓国の株式市場っていつ再開するんですか?せっかくチャートを調べたのに、先週の時点で止まってます・・・。

韓国ポータルサイトによれば今日から平日だそうだ。つまり市場は開く。ところで為替に関しては連休は関係ないということを知っているか?

ええっ?そうなんですか?

うそだと思うなら見てみればいい。昨日も普通に動いてるよ。

1月27日のドルウォンチャートは崖のような急落に

ホントだ!1月27日の分のチャートがあります。しかも、崖みたいになってますね・・・。

だな。標準時で午前2時頃に突然7ウォン分ほど急落している。この影響で今は1ドル=1,177ウォン辺りを推移することになった。この1カ月では最も安い水準だ。

標準時でという事は、韓国の時間ではそれより9時間先ですよね?

だな。つまり午前11時頃、韓国で4人目の確定患者が出たと報道された頃だったかな?もしくは日経平均が2%下落したことで日本勢が損失をカバーするために売ったのかもしれない。

そうみたいですね!昨日は日経平均と、ダウ平均株価がどっちも暴落してますね・・・。

旧正月で休場している国以外はみんな暴落してるよ。ドイツ市場が最も落ち方が激しくて2.74%も下落している。やはり中国との関係が強いことを嫌気されたものと思われる。

えっ?じゃあ、ドイツ銀行が、大変じゃないですか!

と思って調べたらドイツ銀行は意外と踏ん張っていた。すでに下がりすぎているし、ドイツ当局もここは絶対に守るという意思を見せてるような気がする。昨日の時点で7.75ユーロでここ半年では最も高い水準だった。

あれ?じゃあ、他の企業が暴落したんでしょうか?

中国と関係の深い産業や企業が軒並み急落

試しにベンツの株価を調べたら大きな下落幅になっていた。ダイムラーの株価が前日比で3.11%下落し42.58ユーロ。何やら意味深な数字だね。

ベンツ=ダイムラーなんですか?

そう。そこは大して重要じゃないけど、一応覚えておいてほしい。やはり中国で自動車販売台数を増やすべきドイツ車がもろに打撃を受けていると言えよう。BMWは2.46%安、VWに至っては3.31%安と深刻な状態になっている。

フランスも調べました!ルノーが、3.23%安になってますね・・・。自動車企業が、みんなピンチみたいです!

この調子では休場明けの今日の韓国車勢の株価も悲惨なことになるだろうね。ルノーだけでなく日産も3.0%安という数字だ。中国市場で食っていた企業はすべて暴落する可能性があるよ。つまり韓国企業の大半だ。

やっぱり、1月15日がピークだったんですね・・・。黒井さん、どうして読み切れたんですか?

伊達に金融市場を数年、いや10数年観察してきてないからな。過去のチャートも加えれば100年分以上だ。上昇し続ける相場というのはないし、上昇した分だけ暴落するのが歴史の常だからだ。ましてや今回はFRBがQE4という危険な資金供給に手を染め始めた段階だ。

どうして上昇したら、暴落するんですか?

往復で儲ける人がいるからさ。ワトソン君も過去に痛い目に遭っただろ?上昇し続けるだけのジェットコースターに誰が乗りたいと思う?上がって下がって下がって急上昇して大暴落するというような激しい動きこそがジェットコースターの醍醐味じゃないか。

今年は世界が荒れに荒れ狂う1年になるかもしれない

でも、ウォンが暴落するきっかけが肺炎だったなんて、予想外でしたね・・・。黒井さんは、何がきっかけになると思いましたか?

きっかけについては分からなかったが、時期については何となく2月前後だろうなとは思っていたよ。タイムスケジュール的に3月頃に北朝鮮の問題が来ると思うが、今の上昇幅からすれば2月に大きく値を落とした方が3月の事態に備えやすい。3月中に在韓米軍の防衛費について妥結できれば株価は再び上がるし、妥結できなければさらに破滅的な暴落が待っているというわけだ。

肺炎が4月には収束するというのは、ホントなんでしょうか?今の状態だと、とても収束しそうには見えないんですけど・・・。

俺もその話はちらっと見ただけだから当てにはしてない。俺の考えではその頃には肺炎どころじゃない深刻な危機が世界を襲っていると思う。だから肺炎は収束するというか忘れられるんじゃないかということ。

肺炎よりも、もっと大変な事が起こるんですか?

何しろ今年は初っ端から滅茶苦茶だからな。ゴーンの逃亡劇から始まりスレイマニ司令官への攻撃、米中の第1段階合意、そして肺炎だ。少なくともここ数年で最も濃い1月だったと思ったね。この調子では今年1年はどうなるか想像もつかない。

最後に韓国側で金融市場について心配する記事を見ておこう。ここに書かれていることが当たるかどうかは今日の韓国の株式市場を見れば分かるはずだ。韓国ポータルサイトの聯合ニュースの記事だ。Google翻訳で読んでほしい。

金融市場強打「武漢肺炎」… 悪影響いつまで
2020.01.27 午前9:03

証券「サスより弱いこと…中春節重ね消費州に悪材料」

 (ソウル=聯合ニュース)国内で「武漢肺炎」と呼ばれる新種のコロナウイルス感染症確定患者が三番目に発生するなど、関連事態が日増しに深刻化している。
・・・

 「武漢肺炎」拡散懸念が高まり、先週、世界の金融市場は大きく乱高下した。 国内株式市場は、今月アーニング(実績発表)シーズン序盤の主要企業の業績回復が確認され強気の流れを示したが、急に飛び出してきたリーフにぶつかって勢いが急激に折れた。

 コスピ指数は先週超人20日2,262.64で2,260線を越えたが、23日には2,246.13に落ちた。 23日、有価証券市場では、機関が4千767億ウォン、外国人が1千408億ウォン分を純売渡した。

 これにより、「武漢肺炎」事態がいつまでどのくらいの株式市場に影響を与える投資家の心配が大きくなった。

 しかし、証券市場専門家たちの意見はそれほど悲観的ではない方だ。
・・・

ttps://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?oid=001&aid=0011358188

そんなに楽観視して、ホントに大丈夫なんでしょうか?

な。証券市場の専門家が総楽観の時点で警戒した方がいいね。明らかに新型肺炎に関する情報が間違ってるし、今後さらなる悪材料が出てくる可能性の方が高いからだ。というわけで今日の株式市場の展開を楽しみにしようじゃないか。後でこの話はもう一度取り上げるから。

分かりました!

関連記事