MENU
韓国ニュース

韓国は経済成長率より負債成長率の方が高い!? 前年同期比で4.3%成長?どうして借金だらけなの?

韓国では、家計負債の増え方が成長率を超えてるそうです!前年同期比で4.3%増加で、この時期のGDP成長率1.3%を大きく上回っていると韓国経済新聞が書いてます!通年で計算しても、明らかに負債の増えるスピードの方が速いです・・・。どうしてこうなってしまったんでしょうか?

韓経:「家計負債赤信号…韓国の金融不均衡拡大」
1/29(水) 11:08配信 中央日報日本語版

 韓国の家計負債が急速に増え、金融不均衡水準が2017年7-9月期から昨年4-6月期まで上昇が続いていることがわかった。金融不均衡は家計・企業負債水準が国内総生産(GDP)をはじめとする実体経済の水準と比較してどれだけ過度に増えたかを算出した指標だ。

◇金融不均衡水準、長期平均値上回って

 韓国銀行が28日に発表した報告書「金融・実体連係を考慮した金融不均衡水準評価」を見ると、韓国の2019年4-6月期の金融不均衡水準は25となった。金融不均衡は2001年から2019年4-6月期まで平均値が0だった。0より高ければ金融不均衡が大きくなったという意味で、低ければその反対を意味する。韓国の金融不均衡水準は2008年の金融危機当時が100だった。金融不均衡水準は2008年に100をピークに下落が続き、2010年からはマイナスを記録した。だが2017年7-9月期に0を超えてからは着実に上昇している。

 報告書は「金融不均衡が蓄積されるほど金融システムが中長期的に金融危機につながったり、景気低迷に陥る可能性が大きくなる。現在の水準は金融不安の兆候とは解釈しにくいが、金融システムの脆弱性が大きくなったとはみることができる」と評価した。

◇「家計負債、不動産価格押し上げる」

 報告書は最近金融不均衡水準が上がった背景に、急増した家計負債を挙げた。昨年4-6月期の家計信用の金融不均衡寄与度は55.7%で、企業信用の44.3%より高かった。同じ期間に銀行と消費者金融の家計向け融資、家計のクレジットカード分割払い額などを合わせた家計信用残高は1556兆7264億ウォンで、前年同期比4.3%増えた。昨年4-6月期の名目国内総生産(GDP)増加率1.3%を大きく上回る水準だ。報告書は家計信用が過度に増えれば中長期的に経済成長率を引き下げ、金融危機発生の可能性も高まると診断した。

 過度な家計負債増加傾向が不動産価格上昇につながり金融不均衡をさらに深めかねないと指摘した。「不動産価格上昇→住宅担保融資など家計向け貸付増加→不動産価格上昇」と続く悪循環が形成されかねないためだ。報告書は「住宅価格上昇への期待感が広がれば住宅担保融資が増え、それだけ住宅価格が上がる。韓国も最近は住宅価格と家計信用規模が同時に上昇している」と評価した。企業の不動産プロジェクトファイナンシング(PF)貸付などを合わせた不動産金融は昨年9月末に2003兆9000億ウォンで初めて2000兆ウォンを超えた。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200129-00000024-cnippou-kr

サブプライムローンの二の舞?

家計負債が増えれば不動産価格が上がり、また家計負債が増えると。サブプライムローンの二の舞としか思えないね。

そうみたいですね・・・。ローンが、ドンドン増えてるみたいです!

韓国では家計負債の問題が長い間話題にされてきたけど、ここ最近の不動産価格の上昇も一役買っていたとはな。不動産を担保に入れて融資を受けるなんてのはまさにバブル崩壊後のダメージを大きくするような動きに他ならない。

負債の増えるスピードが、経済成長率よりも速いんです!前年同期比で4.3%増えてて、去年の同じ時期のGDP増加率の1.3%よりも、大きいです。

いやいや四半期ごとの成長率は前年同期比じゃなくて前期比だろ?だからこの場合はGDP増加率の1.3%の方が大きくなると思う。というかいつから1.3%になったんだ?

あれ?じゃあ、この記事は間違ってますね・・・。1.3%を4乗したら、大体5.3%になりました!

俺の記憶では韓国の4-6月期は1.0%成長だったはずだが。しれっと0.3%も上乗せしてやがる。まあ名目だからいいのか。4-6月期の成長率は高い方だったから、この場合は通年の方と比較するのがいいだろう。

2019年の成長率2.0%と比較したら、負債の増加率の方が大きいです!

そういうこと。韓国は政府も国民も借金して成長率を押し上げてるようなもので、これはつまりカンフル剤を注入して無理やり復活させようとしているのに等しい。まあそれを言ってしまうと米国もやってることは変わりないがな。

カンフル剤って何ですか?

いやまあ、そういう薬があってだな。比喩的に使われる機会の方が多いと思う。だめになりかけた物事を蘇生させるのに使う手段のことを指す。この場合は大規模な財政出動で韓国政府が借金を増やすことだね。

どうして住宅を担保にまた借金を増やすの?生活費が高いから?

どうして住宅を担保に出して、また借金しようとするんでしょうか?

そりゃお金がほしいからだろ。住宅価格が上がればそれだけ借金できる枠も増え、つまりマイカーがヒュンダイの10年落ちからBMWの3年落ちとかにできるかもしれないってこと。そうなれば途端に女子からの目線が熱くなるだろう。

自動車は、自動車ローンが別にあるのでは?

住宅ローンを目一杯組んでるような状況で新規に自動車ローンの審査は下りるんだろうか?普通に住宅担保ローンしか許可されない気がする。そういう状況に陥ったことがないから分からないけど。まあ自動車はあまりいい例えではなかったな。サブプライムローンの時は株とかが中心だったと記憶している。

韓国では生活費が高いので、クレジットカードで毎月借金してるのでは?消費者金融も増えてるみたいで、普通は使わないと思います!

確かに消費者金融と書かれてるね。明らかに金利が高いこのファイナンスで株を買う人がいたら相当金融センスがない。つまり生活が苦しくてやむを得ず借金をしている可能性があるわけだ。

ボクは、最初からそう思ってました・・・。意地悪クラブが、不当に物や不動産の値段を吊り上げてて、韓国の人達が生活苦になってるんだと思います!

まあ成長率からして相当無理してるからな。経済成長の分が明らかに韓国民の所得に反映されていない。そしてその国民総所得もやはりかさ上げしている気がする。

他の国より長く働いてやっと稼げるから、幸福度は低いのではって言われてますね・・・。社会資本の分配も、全然進んでないみたいです。意地悪クラブだけ給料が高いんだと思います!

韓国は1人当たりの国民総所得でもウソをついてる?

どこ情報?

この記事を見てたんです。同じような疑問を持ってる人がいて、参考になると思いました!

韓国社会は1人当たり国民総所得3万ドルを突破したのになぜ暗いのか―中国メディア
レコードチャイナ 2019年3月19日 06:00

 2019年3月18日、人民日報海外版は、1人当たり国民総所得が3万ドル(GNI)を超えながらも、閉塞感が漂っている韓国社会に関する評論記事を掲載した。

 韓国統計庁のデータによると、昨年の韓国の1人当たり国民総所得は3万1349ドル(約350万円)で初めて3万ドルの大台を突破し、米国、ドイツ、フランス、英国、日本、イタリアの6カ国に続く「人口5000万人以上でGNI3万ドル突破国」になったと紹介した。

 一方で「韓国国民のモチベーションは高まっていないように見える」と指摘。その背景として、先進国に比べて環境、就職、社会資源の分配といった生活の質が低いこと、日常生活におけるストレスが非常に大きいことから、高い国民総所得で得られるはずの幸福感が希薄になっている点を挙げている。

(以下略)

https://www.excite.co.jp/news/article/Recordchina_20190319003/

俺は韓国のことだから特定の層を統計から丸ごと省いて無理やりいい数字を出そうとしててもおかしくないと思ったわけ。例えば週の労働時間が40時間を超えている勤労者に限って1人当たりを計算しているとか。

確かに、韓国はGNIの総額を出してないみたいですね!これって、計算方法を少し変えれば、いくらでも増やせるって事ですか?

ざっと探してみたけど、1人当たりの国民総所得を単に”国民総所得”と表記しているサイトばかりだった。総額を隠して誤認させる意図があるとしか思えないね。想像でしかないがかなり怪しい部分だと思う。

ネットユーザーのKEさんは、IMF危機と同じ道を歩んでると言ってます!不動産の国有化をすれば国の負債はチャラにできるって。身元引受人がいるから安心だ、(ZIさん)、借金してまで消費を回せるなら素晴らしい事(IJさん)、ベンツやBMWが売れているのは、不法な所得で稼いでるから?(NOさん)、という雰囲気です。

やはりな。それは所得ではなく負債だと思う。不動産を担保に入れてローンを引き出し高級車を買ってデートに使うような見栄っ張りが韓国で増えているものと思われる。

そうなんですね・・・。「デート」って何ですか?

ワトソン君にはまだ早いな。大人になれば分かるよ。まああれだ。韓国民は過去と同じ失敗を繰り返しても日本は今度こそは一切助けないということを理解するんだな。日本にとっては何も関係ないし1ミリも困らない話だからだ。

韓国の皆さん、このままでいいんですか?嵐がすぐそこまで迫っています!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!

関連記事