韓国ニュース

韓国政府が武漢肺炎でパニック状態! 隔離場所の予定地で反対運動が起きて挫折! 「同胞は受け入れられない」 どうすんのこれ…

今回の武漢肺炎における韓国政府の動きが右往左往でパニック状態のようだ。5年前のMERSの時と何も変わっていないという指摘が出ている。チャーター機を到着させる場所として指定した場所で反対運動が起きたことで、収容場所を急きょ変更しなくてはならなくなったことも関係している。”海外同胞は受け入れられない”という聞き捨てならない言葉も目にした。

韓経:右往左往の韓国政府、5年前のMERSのときと何も変わっていない(1)
1/30(木) 9:22配信 中央日報日本語版

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政府が新型コロナウイルス感染症(武漢肺炎)の防疫対策、海外同胞隔離問題などをめぐって右往左往しながら国民の不信と社会の葛藤を深めていると批判の声が高まっている。世論に振り回されて事態をさらに悪化させている。2015年中東呼吸器症候群(MERS)が発生したとき、事態悪化の主要原因に挙げられた政府の誤った対応が繰り返されているとの指摘だ。

 韓国政府は新型コロナウイルス感染症の震源地である中国湖北省武漢に居住する海外同胞約700人をチャーター便で韓国に移送し、忠清南道牙山(チュンチョンナムド・アサン)の警察人材開発院と忠清北道鎮川(チュンチョンブクド・ジンチョン)国家公務員人材開発院に隔離収容すると29日、発表した。前日、忠清南道天安(チョナン)を隔離場所に決めて発表しようとしたが、住民の反発を受けて一日で収容先を変更した。

 政府の決定が伝えられると該当地域の住民は強く反発した。牙山住民はこの日、警察人材開発院に集結してトラクターや耕うん機、フォークリフトなどを動員して周辺の道路を封鎖して「武漢海外同胞は受け入れられない」として反対集会を開いた。

 政府の慎重さに欠ける対応はMERS事態の時と似ていた。朴槿恵(パク・クネ)政府は最初の患者が発生してから20日以上にもわたって患者が訪問した病院の名前を公開しなかったが、その後遅れて情報を発表して混乱を大きくした。新型コロナウイルス感染者をめぐり嫌悪世論が広がる様子もMERS事態のときとそっくりだ。当時、感染の事実を知らないまま多くの場所を行き来した患者は非難の的となった。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-00000013-cnippou-kr

5年前からまるで成長していない韓国政府

マーズの時も、似たような感じだったんですか?

同じように隠蔽を試みて失敗した経緯があったかな?もう5年も前の話になるからあまり覚えていない。感染に気付かず放置してしまって拡大したというような流れは当時もあった気がする。

じゃあ、その時よりも深刻になりそうですね・・・。

チャーター機で戻ってきた韓国民が隔離収容される場所も急きょ変更されたそうだ。当初は天安という場所に隔離施設を用意する予定だったが、現地住民の反発があった。

同じ韓国の人なのに、「同胞は受け入れられない」だなんて、ひどいと思います!

反対するだけじゃなく車両を動員して周辺道路を封鎖するほどだったそうだからな。日本でもよく見る市民活動の一環だが、その矛先は日本ではなく武漢の同胞に向けられてしまった。悲しいことだがこれが現実だ。

日本では、そこまで反対運動は起きてないし、ホテル三日月さんも受け入れましたよね?

あの話って今どうなってる?少し調べてほしい。

第2便で帰ってきた人達は、26人が体調不良を訴えて検査を受けているそうです・・・。症状のない184人は、警察大学校や財務省の研修施設に滞在するみたいです。

中国が日米を優先したことで愛国日報もパニック状態

あと、第2便に乗れなかった邦人が2人いて、症状が出てるからだって言われてます・・・。もし陽性が見つかったら、人数が一気に増えてしまいます!

なるほど。現状は把握した。韓国の話題に戻ろう。チャーター機で最初に韓国の許可が下りなかった背景として、やはり中国が日米を優先していたんじゃないかという話だ。このことを愛国日報が悔しそうに報道している。

日本「中国、外交的重要性を考慮して日米チャーター機をまず配慮」
1/30(木) 11:49配信 中央日報日本語版

 「まず米国と日本が発着枠をもらった。中国がどこを重視しているのかが分かる」。

 28日夜、日本のチャーター機が中国武漢に向かって出発した後、安倍政権の幹部がこのように述べたと、朝日新聞が30日報じた。中国がチャーター機の離着陸に関連して米国と日本を最初に配慮したが、これには中国の外交的判断があるということだ。

 実際、韓国がまだチャーター機を派遣できない状況で米国と日本のチャーター機は29日未明、中国武漢を出発して最初に自国国民を脱出させた。日本の場合、前日に続いてすでに第2便のチャーター機が30日午前、羽田空港に到着した。

 結局、日曜日の26日に安倍首相が関係省庁の幹部を集めて協議した。この席では「日本人を帰国させれば日本国内の不安が強まるかもしれない」という意見も出たが、安倍首相が最終的に派遣を決断したという。その3時間後、茂木敏充外相が各国の外相のうち最初に中国の王毅外相を電話会談をし、中国との調整が加速したということだ。

 しかし民航機2機と政府専用機を派遣して一度に日本人を帰国させるという日本側の構想に中国が難色を示すなど紆余曲折があったという。日本経済新聞は「米国なども帰国便の派遣を打診し、武漢空港の受け入れ枠や空港側の人員に限りがあった。中国側が最終的に許可したのは1機だけ。米国にも1機しか認めなかったと伝えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-00000033-cnippou-kr

韓国も、同時に2機飛ばそうとしてましたよね?

日米が先んじてチャーター機を飛ばし、韓国はそれに続く形にはなったがな。それ以外の国々についてはチャーター機を飛ばす目途自体が立っていない。一方の日本はすでに第3便が往復の過程に入っているし世界で最も早い動きだと思う。

アメリカは、第2便は出さないんでしょうか?

まだその話は出てないね。米国は受け入れ態勢に慎重になっていて、チャーター機で帰国した人達の中に症状が出てる人がいるかどうかさえも明らかにしていない。徹底的に管理下に置く予定のようだ。

韓国は、検査はするんですか?公務員の施設に隔離するなら、日本とほぼ同じ対応ですよね?

検査はするけど、その結果は何らかの理由をつけて公表しないと思う。とてもじゃないが公表できない可能性もあるからな。帰ってきたのはいつだっけ?

午前8時に、金浦空港という場所に着いたみたいです!まだ詳細は分からないです・・・。

どこかのメディアで報道されてる?

米国も韓国も第2便はしばらく飛ばない可能性

この記事です!韓国ポータルサイトの聯合ニュースです。グーグル翻訳さんで読んでみて下さい!

韓国人367人乗っチャーター、中国の武漢出発… 午前8時、金浦帰還(総合)
2020.01.31 午前6:54

現地検疫で「無症候性者」のみ搭乗… 「韓国側入念な検疫に出発遅れ ”
午前8時頃、金浦空港到着… 韓中当局、2次チャーター運航協議

 (ソウル=聯合ニュース)新型コロナウイルス感染症(「武漢肺炎」)発祥地である中国湖北省省武漢(武漢)と近くから撤退する韓国人367人を乗せた政府チャーター機が31日午前武漢天河(天河)空港を出発した。

 外交部によると、これらの搭乗した大韓航空KE KE9884便ボーイング747旅客機はこの日、韓国時間で午前6時03分(現地時間の午前5時03分)武漢空港を離陸した。

 主に帰国する乗客は、武漢と近隣地域でチャーター搭乗を申請した720人のうち、約半分に、総領事館公知に応じて韓国時間で前日の午後9時まで空港に集結した。

 これらの空港の建物の外部から、中国当局の1次体温測定を経た後、空港内で入って発券、中国側2次体温の測定、セキュリティ検索、韓国側検疫を経て「無症候性者」のみ飛行機に上がったと伝えられた。

 政府当局者は、予想よりも出発が遅れたことについて、「中国当局の検疫後、韓国側検疫プロセスは非常に慎重に行われ、時間がかかったと聞いている」と説明した。

(以下略)

ttps://news.naver.com/main/read.nhn?oid=001&aid=0011368054

なるほどね。症状が出てない人だけ搭乗できたということだけど、症状が出てる人が何人程度いたのかまでは明らかにしない方針とみた。つまり第2便はしばらく飛ばさない可能性がある。

ええっ?

そうだろ?第2便に乗れる人数によってはどの程度の人達に感染疑いがあるかが分かってしまう。現地ですでに発熱している人が数十人、いや100人以上の単位でいたとすれば韓国はさらにパニックになるだろう。

帰ってきた367人のうち、疑いの症状が出ている人が何人いるかも、気になります!それ次第だと思います。

まあな。この件に関して愛国日報が呑気に日本に外交戦で負けた!と愛国心を発揮しながら嘆いていたけど、事態の深刻さをまったく理解していない辺りが愛国日報らしいと言える。

中央日報さん、こんな時に・・・。現実を見ましょう!

中国に一度拒否られたことがよほど気に入らなかったらしいね。こんな記事タイトルをつけてまで嘆いている。

日米よりも先に協議しても出遅れた韓国チャーター便派遣…対中外交でおされた?(1)
1/31(金) 7:23配信 中央日報日本語版

・・・

◆「白昼の脱出」敬遠した中国、看破できなかった韓国

 康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は当初の計画が変更された理由について「中国側は『米国と日本の多数の臨時航空便の要請があるので、まずは1機の許可を出して順次要請を受ける』という方針と説明した。また別の政府当局者は「(中国の立場で)白昼に自国内で飛行機に乗せること(外国人が離れること)を見せるのが嫌だったのではないか」と話した。

 習近平国家主席が「武漢肺炎との戦争」を宣言した中で、外国人の「エクソダス(脱出)」が起きる様相を避けているためだということだ。外交部によると、韓国の他にも米国、日本、オーストラリア、カナダなど20余カ国が自国民の帰国を推進している。事態の初期に素早く対応した米国、日本は国民を帰国させたが、英国など一部の国家は中国が許可を先送りしたことを受けて計画を断念したというのが政府の説明だ。

 武漢肺炎事態が習主席のリーダーシップに影響を及ぼすことを憂慮する中国の基調は、これに先立って行われた28日の韓中外相電話会談でもにじみ出ていた。中国外交部は「王毅外交部長が『習主席の個人的リーダーシップの下に全国システムを構築して伝染病に断固として対応しており、有益な結果に進んでいる』と話した」と紹介して習主席次元の防疫意志を強調した。韓国はこのような中国の基調を十分に看破できないまま「真昼の4回の輸送」計画を突然事前に発表したのだ。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200131-00000003-cnippou-kr

イギリスは、諦めてしまったんですね・・・。中国にも、受け入れの限界があるんだと思います!

武漢に残された人達は気が気じゃないだろう。どの政府も自国民のことを優先したい。この点は中国との良好な関係を維持していた安倍政権は結果オーライだったわけだ。二階先生も裏で動いてたかもね。

ムン大統領は、中国寄りではなかったんでしょうか?

おそらく要求が一方的かつ非現実的だったというのが理由になるね。チャーター機2機同時運航は日本でも断られたが、韓国はそれに固執したがために許可が遅れたわけだ。相手のことを考えるという外交の基本ができていない証拠だ。だから結局右往左往でパニック状態になるんだ。

自業自得じゃないですか!ムン大統領に、誰もその事を教えてあげないのが、いけないんだと思います!

まあそうは言ってもチャーター機を飛ばせるには飛ばせるんだから、その後の問題は韓国内の問題となっていくわけで。ひとまずは韓国に到着したチャーター機から病院に移される人が何人出るかについて後で確認しておこう。ワトソン君はJHUのデータについて逐次チェックしておいてほしい。まとめるのは後でいいから。

黒井さん、分かりました!