中国ニュース

【2月20日】新型コロナウイルス感染者数と韓国株価のまとめ【中国肺炎】

今日2月20日(木)もJHU(Johns Hopkins University)のCSSEが発表している新型コロナウイルス感染者数を国や地域ごとにまとめようと思う。また、数日前からJHUの他にTheWuhanVirus.com(TWV)という別のサイトも参照することにした。

JHUの統計値については、ここ数日は更新もさほど遅れることはなくなってきているようだ。該当のURLはgisanddata.maps.arcgis.comだ。一部で日本語対応もしている。

新型コロナウイルス感染者数:シンガポール、日本、香港でトップ3

まず感染者数だ。JHUの感染者数を一応メインとし、TWVの数字についてはJHUと異なった場合のみ()で囲って記載する形式にしている。これでどっちのサイトがより正確か、どの国に関するカウントが遅いかどうかなどを検証できるわけだ。

【2020年2月20日 夜時点での感染者数まとめ】
※数字はJohns Hopkins University、()内数字はthewuhanvirus.comより
・中国:74,578人(74,137人
・ダイヤモンドプリンセス:621人
・韓国:104人
・シンガポール:84人
・日本:84人91人
・香港:67人

=====Aの壁=====
・タイ:35人

・台湾:24人(23人
・マレーシア:22人
・ドイツ:16人
・ベトナム:16人
・オーストラリア:15人

・米国:15人
・フランス:12人

・マカオ:10人
・UAE:9人
・英国:9人
・カナダ:8人

・イタリア:3人
・フィリピン:3人
・インド:3人

・イラン:2人(5人
・ロシア:2人
・スペイン:2人
・ネパール:1人

・カンボジア:1人
・ベルギー:1人
・フィンランド:1人
・スウェーデン:1人
・エジプト:1人
・スリランカ:1人

韓国でパンデミックが始まった。今日1日だけで50人近く増えたようだ。例の教会を発生源として爆発的に増加している。日本の場合はダイヤモンドプリンセス内だけで済ませられたが、韓国の場合はもはや地域一帯を封鎖しなければならないレベルにまできているようだ。濃厚接触者数百人と連絡が取れないらしい。

逆に米国は例の14人については国内感染者とみなさないことが決まったようだ。それで15人に戻った。“Aの壁”については特に変化はない。

中国大陸についてはかなり落ち着いてきて、ダイヤモンドプリンセスでの下船も始まった矢先での韓国パンデミックという現象は非常に興味深い。あたかも世間の関心をコロナウイルスから逸らさせないかのような流れだ。とはいえ日本も感染者数はじわじわと増えているから決して他人事ではない。

今後日本や世界に何が起ころうとしているかはコロナウイルス対策マガジンでまとめている最中だ。現在Vol. 8まで発行されている。マガジン創刊からわずか15日あまりでVol. 8まで発行されるという不定期かつ更新頻度の高いものになっている。新型コロナウイルスそのものへの対策というより、日本人としてどうしていくべきかの本質に迫った記事が多くなってきたと思う。

2月20日(木)の中国の大気汚染:北京付近の工場が操業再開か

今日2月20日も北京の大気汚染の状況を見てみよう。いつものようにURLを記載する。
http://aqicn.org/city/beijing/

北京の日常が戻ってきた。午後7時の時点で179というUnhealthyな数値となっている。周辺地域にもはおろかまで広がりつつある。ここまで来てようやくいつもの中国だ。中国当局は意地でも感染拡大を食い止めて事態を早期に収束させるつもりのようだ。全人代も延期しただけで普通に開催するつもりかもしれない。

次は上海の大気汚染。同じくURLのみとする。
http://aqicn.org/city/shanghai/

今日も北京とは違いほとんど汚染されていない。午後7時の時点で50というModerateな数値となっている。中国当局とは違い中国人民の活動は制限されているものと思われる。韓国ソウルは北京から汚染大気が流れ込んでいるためか150前後とかなり汚れていた。コロナ教会の件が韓国経済にどういう悪影響を与えるかに注目が集まる。

2月20日(木)の韓国株価について

今日の韓国株価だ。まずKOSPIの終値は2,195.50で前日比-0.67%と下落し2,200ラインを割った。午前中にはむしろプラス圏にいたことを考えれば、やはりコロナウイルスでパニック売りが始まった可能性を想起せざるを得ない。

一方KOSDAQの終値は681.66で前日比-0.46%という結果となった。やはりKOSPIと同様コロナウイルス感染拡大の報道があったためか午前中にはマイナス圏に突入した。日経平均株価も上昇幅を小さくしたもののプラスで終わったことを考えれば、韓国特有の原因があったことは確実だ。

ドルウォン市場については明日の朝一で記事ネタにする。単独で記事にするということは何を意味するかが大体分かると思う。

2月20日(木)の安倍首相動静について

安倍首相の動静についてもこのコーナーで手短にまとめることにした。毎日欠かさずに確認することが大事だと判断したからだ。

2月20日(木)の首相動静だ。午前中は官邸に来たが特に予定はなかった。午後にはポーランドの上院議長の表敬訪問を受けた。午後4時頃から閣僚と複数回の会議を行なった。北村滋国家安全保障局長との会議が多いのがやや気になる。夕方には報道各社のインタビューを受けた。今日も新型コロナウイルス対策本部会議はなかったようだ。

結論:安倍首相は東京にいる。