トランプ政権

米国政府、韓国の旅行警報をレベル2に引き上げ! コロナ感染危険国だと完全にみなされる! 文在寅どうすんのこれ…

文在寅よ、そして愛国日報よ。日本を名指しで感染国呼ばわりした後に自国もそうなった時の気分はどうだ?米国務省と米国CDCが共に韓国への旅行警報をレベル2に格上げしたそうだ。これは日本へと出されている措置と同じものだ。つまり韓国は日本を指さして笑う立場では完全になくなったことになる。日本への渡航規制を出した韓国が今後どう立場を変調させていくかが最大の関心事だ。

米国務省・CDC、韓国旅行警報2段階に格上げ… 「注意強化」(総合)
2020.02.23 5:25

外交部「より多くの注意傾けるという趣旨…旅行禁止じゃない」
国務省・CDC、日本にも2段階の旅警報

 (ワシントン=聯合ニュース)米国国務省は22日(現地時間)、新型コロナウイルス(コロナ19)感染症と関連し、韓国の旅行警報(travel advisory)を2段階に格上げしたと発表した。

 これまで韓国の旅行警報は、ステップ1の状態に維持されてきた。

 国務省は、コロナ19の場合、中国本土の旅行や、旅行関連の事案での密接な接触がなされたことに関連した事例が多かったが、韓国では、継続的な地域社会の拡散が見れたと措置の背景を説明した。

 国務省の旅行警報は段階的に分けられて、1ステップは、「一般的な事前注意実施」を意味する。 2段階は、「強化された注意の実施」段階だ。 第3段階は「旅行在庫」、4ステップは、「旅行禁止」に該当する。

 米疾病管理予防センター(CDC)も韓国に対して2段階の旅行警報を発令した。

 CDCは、韓国の旅行公知(travel health notice)を「警戒」(alert)レベルである2段階に調整した。

 これまで韓国は「地域社会の拡散国」と規定されて来て、今回2段階に分類された。

 旅行警報と関連したCDC通知は注意(watch)段階である1段階、境界段階の2段階、警告段階である3つのステップに分けられる。 これらの3つのステップとは別に「他の明白な地域社会の拡散地域」がある。

 米国務省はこの日、日本にも2段階の旅行警報を発令した。 CDCやはり日本の旅行警報を2段階に上方修正した。

 これと関連し、外交部は、米国政府が自国民が韓国に旅行をする場合は、より多くの注意を払うことを要求する次元でとったもので韓国への旅行を禁止するものではないと述べた。

ttps://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?oid=001&aid=0011420178

日本を感染国呼ばわりした韓国、米国から感染国呼ばわりされる

これは…。日本と韓国が、同じ扱いになってしまいましたね。喜んでいいのか、悲しんでいいのか分かりません。

いやまあ、残念ではあるけど韓国民にとっては嘆き以外の何物でもないよな。何しろ先週まで日本のことを感染国呼ばわりして一方的に渡航規制まで出してたんだから。それが今やあっという間に米国から感染国呼ばわりされる事態となった。

アメリカの国務省の警報って、どこから見れますか?

今探してる。先にCDCの方を見てみよう。お役立ちリンクにも掲載したが、確かに日本と韓国がレベル2に格上げされているようだ。まったくうれしくない格上げだ。香港はレベル1のままだった。

Coronavirus Disease 2019 Information for Travel
This page includes information about Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) for travelers and travel related industries.

Warning Level 3
・China Travel Notice

Alert Level 2
・Japan Travel Notice
・South Korea Travel Notice

Watch Level 1
・Hong Kong Travel Notice

Other Destinations with Apparent Community Spread
・Iran
・Singapore
・Taiwan
・Thailand
・Vietnam

https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/index.html

ホントだ!香港は、逆に日本や韓国よりも安全なんですね・・・。

地域感染が広まっている国の中に新たにイランが加えられた。一方台湾も同様に日本と韓国を第2級に引き上げている。米国と台湾の動きがリンクしているのが気になる点だね。

あれ?コロマガ用の記事でしたっけ?

いや普通に本家でアップする用の記事だよ。徐々にコロマガで書いた内容が現実化してきているわけだ。考えられる限り事態は最悪の方向に向かいつつある。

国務省は日本、韓国、香港、そして中国にのみ渡航警報出す

国務省の旅行警報ページも見つかった。ここだ。表形式のコンテンツでレベルの高い順低い順でソートもできるようだ。

Travel Advisories

As a first step in planning any trip abroad, check the Travel Advisories for your intended destination. You can see the world at a glance on our color-coded map.

https://travel.state.gov/content/travel/en/traveladvisories/traveladvisories.html/

地図で一目で把握できるページもある。少し重いが見てほしい。
https://travelmaps.state.gov/TSGMap/

世界中、危険な国だらけなんですね・・・。レバノンも、レベル3に指定されてます。

レベル別で見るよりアップデートされた日付が新しい順で見る方がいいかもね。米国務省はCDCとやや異なり香港もレベル2に指定していることが分かる。

ホントだ!こっちの方が見やすいです。アメリカは、ロシアにも渡航警報を出してたんですね・・・。

コロナ絡みと思われる渡航警報は日本、韓国、香港がレベル2で中国がレベル4というものだけだ。CDCと違ってレベル1というのは通常だから間違えないでほしい。

あれ?それでレベル1が多いなと思ったんです。普通の状態だったんですね・・・。

つまり状態としては国務省にレベル2指定されるよりCDCにレベル2指定される方が状況はより深刻とも考えられる。こういう統計データの見方はこの機会に押さえておきたいところだ。

韓国に警報を出したって事は、韓国からの入国審査も厳しくなりますよね?

当然14日以内に中国に行ったかどうかは厳しく聞かれるだろう。パスポートの渡航歴とか体調の具合とかも見て、もし少しでもコロナウイルス感染者との接触が疑われるようなら別室行きとかになると思う。インドネシアでは日本人が実際に入国拒否になっていたし、他人事じゃないんだよ。

ボクは、インドネシアには興味がないので、他人事です・・・。入国拒否されていいです。

ワトソン君はいいね気楽でww

米国自身も自国内の感染拡大に警戒感を強めつつある

米国はこれまで他人事で上から目線で警告していたように感じるかもしれないが、実際米国内でも感染が広がりつつあることで危機感を強めている。韓国のSBSの記事だ。Google翻訳で読んでほしい。

米保健当局、世界大流行の警告… 「韓、明らか地域拡散」
2020.02.22 午後9:45

ttps://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?oid=055&aid=0000794834

「世界大流行」って書かれると、怖いです・・・。アメリカでも、感染が広まるって事ですよね?

まさにその事態を警戒しながら隔離措置などを実施しているようだ。34人に増えた経緯は詳しくは把握してないが、実際すでに新型インフルが新型コロナだったんじゃないのかという疑惑もあるし調べ出せば驚愕の事実が明らかになるかもね。その覚悟はできているよ。

潜伏期間は、92日間の可能性もあるみたいです・・・。どこで見たかは忘れたんですけど、そういう話をツイッターで見かけました!

期間の長さはともかく、14日間何もないからと解放したら呆気なく感染が広がったりする事例をこれまで山ほど見てきた。何しろダイヤモンドプリンセスで14日間隔離されたはずの米国民がチャーター機で帰る途中で陽性が発覚してるからね。あの話は何気に重大だと思っている。

あれ?ひょっとして、チャーター機に乗る前に発覚した人は、乗れなかったんですか?

そういうこと。つまり14日間の隔離措置は全然十分ではなかったんだ。日本が米国から情報をもらえてない可能性が今まで高かったが、どうやら米国自身も本当の情報を把握してない可能性があるという段階になりつつあるわけだ。

日本と韓国への渡航警告を出してでも、食い止めたいんですね・・・。ボクは、日本が渡航規制を最後まで出さなかったのは、間違いだと思ってます!

まあな。俺もコロマガで書いたようなことを事実だと考えなくてはとてもじゃないが正気ではいられないと思う。とにかく韓国が感染危険国に指定されたことで建前がいよいよ崩壊しつつあるわけだ。ワトソン君は韓国ポータルサイトを続けてチェックしてほしい。俺は米国の感染者の状況について探ってみる。

黒井さん、分かりました!