MENU
トランプ政権

米国政府が中国記者の国外追放を検討  WSJの記者が中国から排除されたため

中国政府がWall Street Journalの記者3名を記者証取り消しの対象にしたことを受け、米国政府が同様に中国人記者の追放について協議することになりました。講じられる措置の厳しさについては見解が分かれており、国務長官のPompeo氏などは穏健な措置を要望しているようです。

米国、中国人記者の追放を検討-中国政府がWSJ記者3人を排除
2/25(火) 9:50配信 Bloomberg

 (ブルームバーグ): 中国政府が米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の記者3人に発行していた記者証を取り消したことを受け、米国は中国人ジャーナリストを追放するかどうか検討している。

 米政府は選択肢について24日のホワイトハウスでの幹部会合で協議する予定だと、協議に詳しい米当局者が明らかにした。会合は北京駐在経験のある元WSJ記者で現在は国家安全保障会議(NSC)の副補佐官を務めるマット・ポッティンジャー氏が主導する。

 中国の米国人記者排除にどれぐらい厳しく対応するかを巡っては激しい議論が行われている。当局者の一部によると、数百人規模の中国人記者追放の可能性を主張する声がある一方で、そうしたことは法律上不可能であり、報道の自由を巡る米国の価値観に反するとの見方もある。

 協議に詳しい関係者1人によれば、ポンペオ国務長官やムニューシン財務長官らは穏健なアプローチを主張している。今は特に新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるために米国は中国と協力する必要があるためだ。

 中国外務省の趙立堅報道官は25日、米国による報復措置の可能性について質問され、米当局者とWSJをあらためて批判した。同報道官は北京で記者団に対し、「米国では一部当局者が言論と表現の自由について公式に発言している。しかし米国の報道機関が国内で人種差別的な発言を掲載した場合はどうなのかと、私は問いたい」と述べた。

 NSCのジョン・ウリオット報道官は21日、検討中の具体的な措置についてはコメントを控えたが、米国人記者に対する中国の措置は「悪質な行為」だと指摘した。

 WSJの広報担当スティーブ・セベリングハウス氏は24日、コメントを控えた。

 趙報道官はまた、記者証を取り消されたWSJの記者1人がウイルス感染震源地の武漢に残されていることについて「人道的な理由から」この記者の武漢滞在を認めるが、記事執筆は認めないとした。この記者以外にも複数の外国人報道関係者が武漢に残されている。

原題:U.S. Mulls Ousting Chinese Reporters After Americans Barred (2)(抜粋)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-91815807-bloom_st-bus_all

執筆者とは無関係の記者3名の記者証を取り消し

新たな米中対立の火種になってしまったか…。中国は何がしたいんだろうか?

これって、最初にWSJの記者さんが排除されたのは、どうしてですか?

こちらの件は数日前から報道されており、皆さんもご存じのことかと思います。Wall Street Journalのある論説記事が中国当局から問題視され、その記事とは関係ない記者3名が理由なく記者証を剥奪されました。

ああそういう背景があるのか。記者3名が無関係だったというのは初めて知った。

ええっ?関係ない記者さんを、排除してしまったんですか?大問題じゃないですか!

こちらの記事に詳細が述べられています。一部の記述を伏せましたが、中国当局はWSJの論説記事が誰によって書かれたのかは重視しない意向を見せているようです。WSJの3名が記者証を取り消され国外退去命令が出されたことは事実です。

中国、WSJに追加措置を講じる可能性=外務省報道官
2/20(木) 18:01配信 ロイター

 [北京 20日 ロイター] – 中国外務省の耿爽報道官は20日、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)に対し追加の措置を講じる可能性があると警告した。

 中国政府は前日、コラムを巡り謝罪を拒否したとして、WSJの3記者の記者資格を取り消したと表明。ポンペオ米国務長官は中国の決定を非難し、言論の自由を守るべきだと訴えた。

 中国外務省の耿爽報道官は記者団に「我々には追加の措置を講じる権利がある」と発言。

 WSJ発行人のウィリアム・ルイス氏は、国外退去命令が出た記者3人は問題のコラムとは全く関係がなく、WSJでは報道部門と論説部門を厳格に分離していると説明している。

 ただ耿爽報道官は「(WSJの)構造上の分離には興味がない」とし「WSJというただ1つのメディアがあるだけだ。(WSJは)自らの言動に責任を持つ必要がある」と述べた。

 同報道官は、具体的にどのような追加措置を講じる可能性があるかには言及しなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200220-00000101-reut-cn

つまりウォールストリートジャーナルがやったことだから落とし前をつけろってことだな。見せしめというわけだ。中国らしい手段を選ばないやり方だと思ったね。

そのコラムを書いた人は、中国にはいないのでは?

おそらくね。もし中国に住みながらあのタイトルを書いているとしたら自分自身もそれに当てはまってしまうから。中国が報復手段としてあらゆるカードを持っていることをアピールしたかったのかもしれない。

3名中1名は中国のWuhanから脱出できず

こちらの件に関して、記者証を取り消されながら中国国外へと出る手段を失った1名の記者に関しては滞在を認めるとしています。中国のWuhanにはこの1名以外にも多数の報道機関の記者が残されており、今後中国のWuhanの封鎖が解除されるかどうかが焦点となります。

U.S. Considers Expelling Chinese Journalists After Americans Barred
2020年2月25日 3:41 JST

Meeting on Monday was to weigh response to ouster of reporters
Options include expelling many of China’s reporters in U.S.

The U.S. is weighing whether to expel Chinese journalists after China kicked out three Wall Street Journal reporters, part of a push by the Trump administration to show leaders in Beijing that it will resist restrictions on Americans working in China.

The administration’s options were to be discussed in a meeting of senior administration leaders at the White House on Monday led by Matt Pottinger, the deputy national security adviser who was once a Wall Street Journal reporter in Beijing, according to U.S. officials familiar with the deliberations.

https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-02-24/u-s-mulls-expelling-chinese-journalists-after-americans-barred

なるほど。米国では500人の中国記者がいるのと対照的に、中国には75人の米国記者しかいないわけだ。この状態をどう解釈するかだ。

そうですね。米国政府の海外報道機関に対する姿勢にも関わってくる重要な部分ですので、慎重な対応が求められるかと思います。対象は中国の5つの国営報道機関とされています。

言論の自由は保障されるべきじゃよ。言葉で反論せず国外退去にするなぞあってはならぬことじゃ。

日本でも言葉尻をあげつらってはやり玉に挙げる勢力が多いですからね…。表現には気を付けなければなりません。

こちらの措置については現時点では決められたものはありませんが、続報が出れば追って取り上げます。トランプ氏やPompeo氏のTwitterも確認をしてください。

ポンペオ国務長官って、中国にも優しいんですか?厳しいんだと思ってましたけど・・・。

コロナウイルスの件があるから協力しよう、というのはまあ分かる。だが中国はすでに何回も米国の協力を拒んでいるはずだ。そういう中で今回のようなことが起きたとなれば協力の余地はないと思うがね。

WSJの記事も書き方が悪かっただけで、主張自体は正しいと思います!中国は、感染源になってしまった自覚がなさ過ぎます・・・。

まさにジャイアン理論だよな。お前のものは俺のもの、俺の苦しみはお前らのものってわけだ。中国式の隔離方法を日本や韓国にやらせようとするさまがチャイアンリサイタルの観覧を日出杉君やのび文に押し付ける構図とそっくりだよ。

日本の報道機関の現状について

ネットユーザーのKWさんは、今中国に送還するのは可哀想なのではと言ってます!今は新型肺炎の収束に向けて知恵を出し合う時(5Jさん)、日本はいつになったら中国からの入国拒否をするのか(POさん)、中国に何をされても日本は見て見ぬフリをしている(JIさん)、という雰囲気です!

米国と中国の話に関係ない日本の状況についてのコメントをする…いや関係なくもないか?だが日本のマスコミが同じようなコラムを書いたら下手したら廃刊になる気がするね。

日本は、逆にそういう事は起こらないと思います・・・。感染者が多いので、大人しくするしかないです。

というか株価やべえぞ!有能さん一言も触れなかったけど、2日連続で大暴落じゃないか。ダウ平均株価が間もなく27,000を割り込みそうだ。

ええっ?やっぱり、アメリカでも感染者が増えるんですか?

それは分からないが、ここまで落ちたとなるとトランプもいよいよ青筋を立て始めるかもね。まずFRBへの利下げは強要するだろうし、感染者を食い止められない世界に対して苛立ち始めるのは目に見えている。トランプは分かりやすいからな。

どうしたらいいんでしょうか・・・?アップル株は、昨日半分売りました!

売ったのかよww まあ別にいいや。今は株式の取引なんて悠長にやってる場合じゃないと思うんだが、売りたいなら別に売ればいい。この後韓国経済についてやるから、ワトソン君にはまた株価暴落状況の一覧を作ってほしい。頼んだぞ!

黒井さん、分かりました!