MENU
中国ニュース

【3月5日】新型コロナ感染者数のまとめ:韓国6,000人突破、イラン3,513人

今日3月5日(木)もJHU(Johns Hopkins University)のCSSEが発表している新型コロナウイルス感染者数を国や地域ごとにまとめようと思う。また、JHUの他にTheWuhanVirus.com(TWV)という別のサイトも参照することにしている。

JHUはここ最近は順調に更新されていて、徐々にTWVよりも早く反映される日が増えてきている。該当のURLはgisanddata.maps.arcgis.comだ。一部で日本語対応もしている。

新型コロナウイルス感染者数:韓国6,000人突破、イラン3,513人

まず感染者数だ。JHUとTWVのうち大きい数字の方を採用し、()で前日からの増加分を記載することにしている。

【2020年3月5日(木) 夜時点での感染者数まとめ】
※数字はJohns Hopkins University、とthewuhanvirus.comのうち大きい方、()内は前日比増加分
・中国:80,411人(+141
・韓国:6,088人+467

・イラン:3,513人(+591
・イタリア:3,089人(+587
=====Aの壁=====
・ダイヤモンドプリンセス:706人

・ドイツ:349人(+87
・日本:331人(+32
・フランス:285人(+73
・スペイン:248人(+73
・米国:159人(+32
・シンガポール:112人(+2
・香港:105
+3
・スイス:90人(+10
・英国:88人(+36
・ノルウェー:62人(+29
・クウェート:58人(+2
・マレーシア:55人(+5
・バーレーン:52人(+3
・オーストラリア:52人(+6
・スウェーデン:52人(+20
・タイ:47人
+4
・台湾:42人

・オランダ:38人(+12
・オーストリア:37人(+10
・イラク:35人(+3
・カナダ:34人(+1
・インド:29人(+1
・UAE:28人(+1

・アイスランド:26人(+12
・ベルギー:23人
・アルジェリア:17人(+12
・サンマリノ:16人(+6
・ベトナム:16人

・デンマーク:15人(+5
・オマーン:15人(+3
・イスラエル:15人(+3
・レバノン:15人(+2
・フィンランド:10人(+3
・マカオ:10人

・エクアドル:10人(+3
・クロアチア:10人(+1

・ギリシャ:9人(+2
・チェコ:8人(+3
・カタール:8人
・ポルトガル:7人(+2
・ルーマニア:6人(+2
・アイルランド:6人(+4
・ベラルーシ:6人(+5
・メキシコ:6人
・パキスタン:5人
・セネガル:4人(+2
・ブラジル:4人(+2
=====見えない壁=====

・ロシア:4人(+1
・ジョージア:3人
・フィリピン:3人
・チリ:3人(+3
サンバルテルミー島:3人
・ニュージーランド:3人(+1
・アゼルバイジャン:3人
・サウジアラビア:2人(+1
・インドネシア:2人
・ハンガリー:2人(+2
・エストニア:2人
・エジプト:2人
・リトアニア:1人
・カンボジア:1人
・アルゼンチン:1人
・スロベニア:1人(+1
・北マケドニア:1人
・ボスニアヘルツェゴビナ(+1
・モナコ:1人
・アフガニスタン:1人
・アルメニア:1人
・ドミニカ共和国:1人
・ウクライナ:1人
・リヒテンシュタイン:1人
・フェロー諸島:1人
・ルクセンブルグ:1人
・アンドラ:1人
・ジブラルタル(英国領):1人(+1
・ナイジェリア:1人
・モロッコ:1人
・ネパール:1人

・ヨルダン:1人
・パレスチナ:1人(+1
・ポーランド:1人
・ラトビア:1人
・チュニジア:1人
・スリランカ:1人
・トルコ:0人
・ベネズエラ:0人

・キューバ:0人
・南アフリカ共和国:0人
・北朝鮮:0人

韓国の感染者数が6,000人を突破した。その後をイランとイタリアが猛烈な勢いで追う展開だ。一方の中国は増加数が100人を切りそうで切らない状態がしばらく続いている。そしてついにドイツが日本の人数を抜いた。呆気なく抜いた。フランスやスペインも数十人単位で感染者数が増えている。

日本のマスコミがそれを見越してか、ダイアモンドの人数を加えて日本は1,000人を突破したと強調し始めた。ドイツの方が日本より感染者数が多いことは認めたくないらしい。これでWHOがパンデミックを宣言しなかったら一層その傾向が強まる。

ほとんど全部の国で感染者数が増加していることもあり、微動だにしない台湾とベトナムとマカオが一層怪しく見えてくる。特にベトナムやマカオは明らかに検査そのものを放棄している。一方のタイはアリバイ程度に増やしていて狡猾な感じだ。

今後日本や韓国、そして世界に何が起ころうとしているかはコロナウイルス対策マガジンでまとめている最中だ。現在Vol. 13まで発行されている。2月2日のマガジン創刊からわずか1カ月余りでVol. 13まで発行された。このマガジンを読めば、事態が新型コロナウイルスの感染拡大にとどまらず国家存亡の危機に繋がっていくことが理解できるはずだ。

3月5日(木)の韓国株価について

今日3月5日(木)の韓国の株価について見てみよう。KOSPIの終値は2,085.26で前日比+1.26%と前日に続き上昇した。一方のKOSDAQについても650.19で前日比+1.32%とやはり上昇した。FRBの利下げ効果でしばらくは上げるものと思われる。

ドルウォン市場は急激にウォン高に振れたから揺り戻されている。UTC正午前後で1ドル=1,184ウォンという微妙な水準だ。この辺りだとまた何かあればすぐ1,200ウォン割れになりかねないから、韓国政府としても気が気じゃないだろう。

3月5日(木)の安倍首相動静について

最後に3月5日(木)の首相動静だ。午前10時過ぎから夕方まで官邸で忙しく閣僚と会議を行ない、午後6時から国家安全保障会議と新型コロナウイルス感染症対策本部会議を相次いで開いた。今日は重要な発表がなされた

結論:安倍首相は今日も東京で精力的に活動している。