中国ニュース

安倍首相が中国と韓国からの入国制限に踏み切った背景がやばすぎた! とんでもないことが裏で起きていた恐れ!

今日から少しデザインの改造をする。うまくいくならこの方式でやることにする。
安倍首相が中国と韓国からの入国制限に踏み切った件についてだ。この件についてはおそらく米国の動きと連動していて、まさに日本にとっても死活問題となる米国への渡航規制問題が絡んでいるものと判断している。

<独自>事実上、中国人と韓国人の入国を制限 イランも新たに対象
2020.3.5 15:00

政府は5日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染を防ぐ水際対策として、中国と韓国に所在する日本大使館で発行した査証(ビザ)の効力を停止する方針を固めた。香港・マカオ・韓国はビザなし入国の特例も停止する。

中国と韓国には、観光客の来日を自粛するよう要請する。これにより、事実上中国人と韓国人の入国を制限することになる。

韓国に対しては、滞在歴のある外国人の入国を拒否する地域を大幅に拡大する。具体的には、慶尚北道慶山市、安東市、永川市、漆谷郡、義城郡、星州郡、軍威郡が新たに対象となる。これまでは、大邱と慶尚北道の一部が入国制限の対象だった。

イランも新たに入国の制限対象とし、コム州、テヘラン州、ギーラーン州を対象地域にあげた。

5日夕の国家安全保障会議(NSC)の会合で確認する。

中国と韓国からの入国者は、検疫法に基づく「停留」措置を取り、政府指定の施設などで2週間隔離したうえで、入国許可を出す。

また、中国と韓国からの航空便の到着空港を成田空港と関西空港に限定する。船舶は、中国と韓国からの旅客運送を停止するよう要請する。

https://www.sankei.com/politics/news/200305/plt2003050015-n1.html

安倍首相が強力な措置に踏み切れた背後には米国の影か

安倍首相、思い切りましたね!ビックリしました。
正直ここまでやってくれるというのは予想外ではあったんだが、それだけ差し迫った事情があったものと思われる。というのも事前にネットユーザーの反応を見ていてだな。
最近では、またネット掲示板を見るようにしてるんですか?
実はそうなんだよ。ネット掲示板のいいところは報道記事から一歩踏み込んだ分析をする時の手掛かりとして、多くのネットユーザーのコメントから欲しい意見だけを抽出できることだ。その点は大手ネットサイトよりもはるかに使いやすい。
1度に1000コメント表示されるので、確かに探しやすいです。
加えてここ最近は韓国が追い詰められる傾向にあるからな。韓国が調子に乗ってる時はネット掲示板は見るに堪えない状態になるが、逆に韓国が弱っている時は良質な意見が集まりやすい傾向にある。
コメント部隊が、邪魔しないからですよね?
そうとも言えるね。防戦一方だとろくな内容が書けないからな。それでだ。今回の安倍首相の決断は思い切ったものだが、本家で書ける範囲でこの決定についての背景を俺なりに考えてみたわけだ。本家で書ける範囲でだ。
じゃあ、当たり障りのない話になるんですね!それなら、気軽に聞けます。
米国がいる、という話にはなるけどな。米国は米国でもトランプ政権の方だ。俺が考えていたとおり、トランプ政権はこれまでの安倍首相の動きをよしとしていなかった可能性がある。

日本が米国やオーストラリアなどへ入国するための抜け穴になっていた

ええっ?
コロマガ初期に話したことだよ。トランプは日本が中国からの入国を一向に禁止しないことで、日本が米国入国の抜け穴になることに怒るんじゃないかという推測をしたね。実際怒ったかどうかは知らないけど。
アメリカは、中国からの入国は禁止したけど、中国籍の人達の入国は禁止してませんよね?
そういうこと。実際多くの国で米国の14日以内方式を採用していた国は多く、日本を経由さえすれば中国籍はフリーパスでどこにも行き放題だったという現実がまず1つ。これについては弁解の余地はないだろう。
じゃあ、アメリカからそれはダメだって言われて、禁止にしたんですか?
もう1つは現地邦人と現地米国人、英国、オーストラリアなど同盟国の人たちが多数残されていたという点だね。日本としても強制帰国という手段を取るわけにはいかないから、今も多数の邦人が中国に滞在したままだろう。逆に中国としてはそれがあるから日本は入国禁止には踏み切れないだろうと高をくくっていたきらいがある。
今回の措置って、現地日本人も対象ですよね?
例外なくね。つまり中国から日本の成田空港か関西国際空港に帰ってきて、その後指定された隔離施設に行くことになる。3月末までの限定措置とされているから、4月以降に帰国の時期をずらす人も多いだろう。4月以降も続くかもしれないけどね。
もし仕事で中国に行っていた人がいたら、仕事にならなくなるのでは?
本社に戻れるのは2週間後だからね。事実上中国とのビジネスは諦めろという通告に等しい。これは経団連の多くの企業、特に中国と仲がいいトヨタら一部企業については衝撃どころではないだろう。

米国は日本への金融制裁も辞さずにいた可能性も

じゃあ、ひょっとして・・・。
ネットユーザーの書き込みによれば、米国は日本への金融制裁をちらつかせていたそうだ。日本人入国禁止に踏み切ることも辞さないという論調でだ。ソースはないが確からしい口調だった。
トランプ大統領が、韓国だけでなく「日本」の国名も出したと知ったので、ちょっと危ないなと思ってはいたんですけど・・・。
米国も今や他人事ではなくなってきた。感染者の爆発的な増加が起きる恐れがあるが、そうなる前に手は打たなければいけない。日本も同盟国としてやるべきことをやれということだ。現地在住の邦人や米国人などが中国外へ逃げる猶予期間を終わらせよう、という打ち合わせがあったかもしれないけど。
猶予期間・・・。じゃあ、わざと放置してたんですか?
武漢封鎖から実に1カ月半もの間、原則的に中国からの入国を禁止しなかった。これはつまりこの期間に邦人は早く帰ってこいというメッセージだったわけだ。逆に言えば、今回の入国制限措置は在留邦人への最終通告と言える。中国や韓国といつまでも付き合ってると国境を閉じるぞというのは、これまでの平成日本であれば考えられないほど強力な措置だ。あたかも何かのたがが外れたように安倍首相は強硬な措置を繰り出し始めたね。
じゃあ、やっぱり・・・そうなんですか?
ああ。安倍首相自身がライブやイベントをやめて自粛しろ、マスク転売を禁止すると断言し始めた点を踏まえると、それはある1つの日本にとっての重大な岐路に差し掛かったことを示しているかもしれないと昨日考えた。俺はてっきり自粛ムードはそれを促す悪の勢力が進めているんだと思っていたが、安倍首相自身がとなると…。答えは1つだ。これはここでは書けない。
続きは有料ノートで、という風になってしまいますね・・・。ボクも、何も言いたくありません。
習近平の国賓訪問も延期された。国民の大半は無事に延期されたと思っているかもしれないが、習近平が日本に来てどういう予定を考えていたかを踏まえると、無事ではなかったということなのかもね。

まとめ

じゃあ、結局安倍首相が強硬措置に踏み切れた理由は、3つ位ありますか?
まとめるとこうなる。

【安倍首相が中国と韓国からの入国禁止に踏み切れた3つの背景とは】
・米国入国への抜け穴をふさぐように米国から圧力をかけられた可能性
・中国や韓国に残されていた邦人が日本に帰ってくる猶予期間を終了させた可能性
・日本にとっての重大な岐路となる”あること”が発生した恐れ

簡潔にまとまりましたね・・・。続きの話は、コロマガでじっくり聞きたいです!
そうだな。マスク価格もこれで下がるだろうし、多くの読者に真相を広めることができると思う。第6期の発売日も決めてあるから、その時までに価格が落ち着くことを望むよ。