トランプ政権

米韓決裂で韓国にやばすぎる事態が発生! 「合意は数カ月後でも無理」 終わったな…

今月初旬にあった防衛費交渉決裂までの過程が詳しく報道されたようだ。ロイターによれば韓国は13%引き上げた案を提示してきたらしく、要求額にまったく届かないとしてトランプが突っぱねたようだ。またこの決裂により今後数カ月以内の合意も難しいのではないかと言われ始めているという。韓国ポータルサイトのソウル新聞の記事だ。Google翻訳で読んでほしい。

交渉版覆しトランプ “韓国’13%、防衛費の引き上げ案」を拒否”
2020.04.11 午前10:16

コロナ19空調機韓米交渉団妥結直前にトランプ拒否権行使
[ソウル新聞]
「米大統領選挙まで長期化する可能性も」ロイター報道
トランプ”はるかに大きい韓国の負担、迅速妥結”圧迫
トランプ、前年比5倍引き上げ6条韓国に要求

ドナルド・トランプ米国大統領が妥結直前まで行った韓米防衛費分担金協定(SMA )と関連して、韓国が前年より少なくとも13%を引き上げという内容を盛り込んだ「最高の提示額」を拒否したことが分かった。 コロナ19(新型コロナウイルス感染症)の協力をきっかけに拍車をかけるようにしていた防衛費の交渉が「トランプ変数」に戻って汚染されたわけだ。 トランプ大統領は、韓国の防衛費分担感昨年分担金の5倍、50億ドル(6兆ウォン)と大幅に引き上げしろと要求してきた。

ロイター通信は10日(現地時間)、韓国が4月中旬の総選挙を控えて提示した最高の提案家」前年合意比最小13%引き上げ案」についてトランプ大統領がすでに拒否した状態と2人の当局者を引用して報道した。

トランプ大統領の韓国側の提案を拒否の決定は、先週マークエスパー国防長官、マイクポンペイオ国務長官との協議を経て、行われたものと当局者がロイター通信に伝えた。
・・・

“米国の総選挙前に合意行われる可能性はない」
11月の美の大統領選挙までつながる恐れも提起

前・現職当局者たちは私的な席で数日内に新しい合意がなさ希望があまりないと言っており、一部は受注、数ヶ月内妥結の可能性にも疑問を提起しているとロイター通信は伝えた。

米国の当局者は、韓国の15日の総選挙前に合意が行われる可能性はほとんどなく、ボインダミョこのような状況が夏を過ぎ、米国の11月の大統領選挙に近いつながるという懸念が提起されると述べたロイター通信が伝えた。
・・・

グッジョブ 131
照れる 8
悲しい 13
アングリー 1,404 ← www
参考になる 17

ttps://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?oid=081&aid=0003081639

北朝鮮のミサイルと在韓米軍の動きがリンクか

これって、この前あった防衛費交渉の事ですよね?
そうそう。少し前の話だ。昨日とかではない。4月初旬にあった防衛費交渉決裂の内幕についてロイターが詳しく報道したそうだ。韓国側が13%しか引き上げなかったからトランプが憤慨して拒否したという話だ。
トランプ大統領、少し譲歩しましたよね?それなのに、ダメだったんですね・・・。
ここで一旦予定表を振り返ってみようか。当時の流れについて復習しておこう。3月1日から4月2日の交渉決裂までの過程だ。

【2020年3月以降の韓国危機まとめ】
・3月1日:韓国が”建国101周年”を迎える
・3月1日:韓国でコロナの感染者数が3,500人を突破する
・3月1日:米国のコネチカット州で米国内6カ所目の慰安婦像が設置される
・3月3日:韓国でコロナの感染者数が5,000人を突破する
・3月3日:米国のFRBが0.5%の緊急利下げを実施する
・3月3日:米国民主党のスーパーチューズデーでバイデン氏が勝利する
・3月4日:米国のカリフォルニア州で新型コロナの非常事態宣言が出される
・3月5日:日本政府が韓国からの入国制限措置に踏み切る
・3月5日:米国が韓国だけを対象に厳しい発熱検査を実施する
・3月6日:韓国政府が日本からの入国制限措置に踏み切る
・3月6日:韓国に入国制限措置を講じる国が100カ国を突破する
・3月7日:米国のニューヨーク州で新型コロナの非常事態宣言が出される
・3月9日:韓国から日本への事実上入国禁止措置が施行される
・3月9日:北朝鮮がミサイルを3発発射する
・3月9日:米陸軍が韓国への渡航を制限する
・3月11日:WHOがパンデミックを宣言し韓国ウォンが暴落する
・3月13日:特措法改正法案成立で緊急事態宣言が発令可能になる
・3月13日:トランプが国家非常事態を宣言する
・3月16日:韓国ウォンの暴落が始まる
・3月18日:トランプが”China Virus”と連呼し始める
・3月19日:米国が韓国を含む全世界に対しレベル4の発令を予告する
・3月19日:韓国株式市場が大暴落しウォンが金融危機以来の安値になる
・3月21日:北朝鮮がミサイルを2発発射する
・3月25日:在韓米軍が公衆衛生非常事態を宣言する
・3月25日:在韓米軍が韓国職員4,000人に無給休職を通知する
・3月29日:北朝鮮がミサイルを2発発射する
・3月30日:麻生財務相が韓国のスワップ要求を一蹴する
・3月31日:日本政府が中国や韓国への渡航規制をレベル3にする
・3月31日:在韓米軍の防衛費交渉の期限を迎える
・3月31日:韓国ルノーサムスンの日産ローグ受託生産が終わる
・4月1日:在韓米軍の韓国職員9,000人が無給休暇に突入する
・4月1日:米海軍の空母でコロナ感染が拡大する
・4月1日:韓国の今年の成長率は-12.2%だと野村證券が予測する
・4月2日:在韓米軍の防衛費交渉が妥結したと韓国がうそをつく

やっと完成したんですね!3月は、ホントに色々ありましたよね・・・。
北朝鮮のミサイルと在韓米軍の動きがリンクしてるような気もするよね。早く出ていけ!約束だろ!みたいな催促にも見える。
そう言えば、4月に入ってから大人しいですね!アメリカが約束を守ったので、満足してるんでしょうか?
4月初旬の交渉決裂が無事に遂行されたからな。おそらく韓国側も防衛費交渉に応じる気はほとんどなく、米国が明らかにOKと言わない金額での上げ幅にとどめたんだろう。総選挙前ということもあり米国への大幅譲歩は考えられなかった。

米大統領選の11月まで合意は困難か

さらに韓国にとってよくないのは、今後数カ月は交渉さえままならないだろうということだ。これは米朝首脳会談の決裂に等しい最悪の出来事だったってわけだ。
この記事って、韓国だけで報道されたんですか?
当然日本語でも報道はあったよ。ワオコリアだが、実はエスパー国防長官やポンペオ国務長官も韓国側の提案に苦言を呈していたそうだ。誰も韓国を擁護しなかったわけだ。

「米韓決裂? 」トランプ、韓国の提案を拒否=米韓防衛費分担金交渉
4/11(土) 9:04配信 WoW!Korea

米韓防衛費分担金交渉が4月を過ぎても妥結できずにいる中、分担金を前年対比13%引き上げるという韓国側の提案を、ドナルド・トランプ米国大統領が最終的に拒否したと10日(現地時間)英国の通信社は報道した。

この報道内容が事実であれば、最近順調に進められていると思われていた防衛費交渉が土壇場で膠着状態に陥った理由がトランプ大統領の反対のためであるということになる。

この通信社は複数の当局者からの話を引用して、韓国側が4月の総選挙を目前にして提示した“最小13%”の引き上げ案に対して、トランプ大統領がこれを拒否したと伝えた。

トランプ大統領のこのような決定は先週、マイク・ポンペオ米国国務長官、マーク・エスパー米国国防相との協議の結果として出たものだと当局者たちは伝えた。

当時エスパー国防相とポンペオ長官は、韓国側が米国の情報資産はもちろん、米軍の朝鮮半島駐屯に直接関連した費用の3分の1も出さずにいるとし反対していたとされている。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200411-00255886-wow-kr

そうだったんですね・・・。韓国は、ホントに全然お金を出してなかったなんて。
為替市場に突っ込むドルはあるのにな。たかだか数千億円分のドルをけちるなんてのは言語道断よ。まあわざとやってるのかもしれないが。これで在韓米軍撤収は不可避となった。
大統領選まで合意できないなら、絶対にムリじゃないですか!来年の分の交渉も始めないといけないのに、間に合わないですよね?
今年分の予算に丸々穴が空くわけだからな。韓国職員の4,500人も遠からず無給休職だね。在韓米軍基地も事実上すべて閉鎖となるだろう。
黒井さんがずっと言ってきた事が、結果的に的中しましたね・・・。アメリカが韓国を見捨てる事は2019年に決まってたし、韓国との関係は2019年に終わってたんですよね?
コロマガ特選記事だね。こうして見ると2019年はさほど派手な動きはなかったものの、重要な節目となる出来事がいくつもあったことが分かる。2020年に一気に動くための伏線を張っていた時期だったと言える。

米韓関係は首の皮一枚で繋がった状態

ネットユーザーの反応です!

・日本は7割ほど出してるので、ここまでは言われないと思う(CPさん)
順調だと思っていたのは韓国だけで、世界は誰も信じてない(DLさん)
・5倍から4倍に引き下げてもらったのに、13%で合意できると思う方がどうかしてる(LWさん)
・アメリカからの借金を踏み倒す場合には、南北で仲良く(CCさん)
・トランプ大統領も選挙前の成果にしたいと考えるはず(SWさん)

いいね。5つであってもこの形式の方が見やすい。ブリーフィングだと視認性に問題があると早くから俺も気付くべきだった。
一気に書いてまとめた方が、やりやすいと気付きました・・・。トランプ大統領、選挙は大丈夫なんでしょうか?
俺の考えでは米国は韓国とのスワップを結んだことで切り捨てられなくなりずるずると行く可能性もあったんだが、これで首の皮一枚繋がったと思う。
切り捨てられてな・・・何でもないです。
紛らわしかったか。米韓関係は首の皮一枚繋がった状態、これでいいか?
それなら、分かります!元には戻らないですね・・・。
米国は防衛費交渉タスクについては北朝鮮の圧力もあって問題なくクリアしたけど、新型コロナ対策ではかなりまずい状況に追い込まれてるからな。ニューヨークは陥落してしまった。韓国に医療機器を頼るために電話してはいけなかったんだ。ニューヨーク以外も陥落しないようにすればまだ挽回の目はあるから、韓国をさっさと切り捨てて中国側に行かせることだな。これからが正念場だ。
アメリカは、ニューヨークだけの国じゃないです!カリフォルニアと、シカゴと、フロリダがあれば何とかなります!コロラドもあります!
州と都市が混ざってるww 週明けからの外資の撤収ぶりがどこまで激しくなるかが注目だね。原油の減産交渉も結局まとまらなかったそうだ。悪材料がかなり出始めてる。
えっ?そうなんですか?
後でもう一度話題にしようかな?文在寅政権の総選挙直前になって色々と出てきてるんだよ。ひとまず締めよう。韓国は暴落第二波と有事を覚悟することだな!
韓国の皆さん、もう手遅れです!そのまま突き進んでください!
日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!
(Visited 29 times, 1 visits today)