MENU
安倍政権

日本政府「韓国は資産売却するなよ?絶対にするなよ?」 フラグ立ったな…

茂木外相が韓国政府に対して唐突に釘を刺し始めた。資産売却するなよ、絶対に売却するなよという風にだ。ほとんど誰もが忘れていたと思われるこの資産現金化の話が出てくるということは、韓国が間もなくそれを開始する可能性が高いということだろう。日本政府自らフラグを立てに行ったわけだ。

日本外相「韓国の総選挙結果にかかわらず日本企業の資産現金化されてはならない」
4/14(火) 18:24配信 中央日報日本語版

日本の茂木敏充外相は14日、韓日関係の最大争点である徴用工判決問題と関連し、韓国の総選挙の結果にかかわらず、押収された日本企業の資産が現金化されてはならないとの立場を明らかにした。

韓国国会議員総選挙前日の14日午前に日本外務省で開かれた会見でだ。

会見では「あす15日に韓国の国会議員の選挙が行われるが、政権与党・野党いずれが勝つとしても日韓間の旧朝鮮半島出身労働者の問題が解決していないという状態は今後も続くと思われ、日本企業の資産現金化がいつ行われるかわからない状態も続く。この問題についてどのように対応していくつもりか」との質問が出た。

これに対し茂木外相はまず、「日本として韓国政府がいまの国際法違反の状態を一日も早く是正することを強く求めている」とした上で、「選挙の結果にかかわらず、仮に差し押さえ資産の現金化が進んだ場合は問題が深刻化する。そうしたことがないよう韓国政府、康京和(カン・ギョンファ)外交部部長に対しては強く指摘をしている」と強調した。

徴用問題は1日に行われた外交部の金丁漢(キム・ジョンハン)アジア太平洋局長と日本の滝崎成樹外務省アジア大洋州局長のテレビ会談でも議題に上がった。

当時日本外務省は報道資料で「日本側より日韓関係への深刻な影響を与える現金化は絶対に避けるべきである旨言及しつつ、この問題の早期解決の重要性につき一致するとともに、今後とも外交当局間の意思疎通を継続していくことで一致した」と発表した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200414-00000049-cnippou-kr

茂木外相、ダチョウ倶楽部の上島竜兵役をやる

ムン大統領は、選挙に勝ったら資産現金化を始めるんでしょうか?
そうとしか読み取れない記事だよな。茂木外相が韓国の総選挙を前に念を押した形になるが、なぜか愛国日報が目ざとく反応して記事にしている。俺にはこの記事がフラグにしか見えない。
フラグというのは、資産現金化のフラグっていう意味ですよね?
そうそう。ちょうど押すなよ?絶対に押すなよ?のパターンだと思っててね。愛国心の強い文在寅のことだから日本の思い通りにはなりたくないが、かと言って資産売却に着手すれば日本との関係は破滅的になるしでこれまでは躊躇していたわけだ。
選挙で勝てば、大丈夫だと思います!意地悪クラブも倒せるし、日本との関係もなくなるんです!
いい加減募集工も限界だと思うね。今回の総選挙には慰安婦の団体の代表だかも出るはずだが、そのことに対して募集工の団体が反発しているという記事をみかけた。
そうなんですか?
与党の推薦候補として選ばれなかったから不満を爆発させてるらしく、そのことで韓国政府が補償をするべきだという主張をしている人もいたよ。ここ最近はコロナ優先で全然取り上げてなかったけど。
コロナウィルスの話題に比べると、どっちも過去の話に聞こえてしまいますね・・・。ホントに小さな話題だと思います。
結局のところ大したことなくなってしまったよな。韓国がさらなる措置に及び腰になってしまったせいで盛り上がりに欠けることが多かった。文在寅には期待していたんだがまるでだめだったね。

文在寅はコロナ禍に政治危機を救われていた

鈴置さんの記事だった。最近では雑誌系メディアもコロナ禍の記事が上位を独占していて鈴置さんの名前を見る機会も減ってしまった。

「韓国」トンデモ総選挙 慰安婦団体と徴用工遺族が対立
4/13(月) 5:57配信 デイリー新潮

新型コロナウイルスの感染者が1万人を超える韓国。その惨状は日本以上だが、文在寅大統領にとっては悪い話ばかりではないよう。

「コロナの問題は経済、政策など、文政権の失政を全て吹き飛ばした。危機突破を訴える文氏の支持率は55%と、1年数カ月ぶりの高水準となりました」(ソウル特派員)

この“コロナ特需”を追い風に文大統領が挑むのは、4月15日に投開票が行われる韓国国会の総選挙である。

「一院制で、小選挙区と比例区を合わせた300議席のうち、現有議席は、革新系与党『共に民主党』が121、保守系野党『未来統合党』が104議席。与党が過半数を獲得すれば、文大統領の任期の残り2年間は安定します。一方、過半数を割ればレームダック化が加速し、また例によって、文大統領が捜査当局のターゲットになる可能性も

まさに政治生命がかかった正念場。だが、さっそく綻びも見え始めたという。

韓国人記者によれば、

「実は、ある議席を巡って“徴用工”と“慰安婦”が火花を散らしているのです」

反日運動の両輪ともいえる二つのシンボルに、一体何があったのか。

「3月23日、慰安婦支援団体である正義記憶連帯の尹美香代表が与党系の“市民推薦候補”に選ばれました。彼女は、比例区で当選が確実視されているんですが、これに元徴用工の遺族らが異を唱えたのです」

正義記憶連帯とは“挺対協”の後継団体で、慰安婦問題追及の急先鋒。尹氏は、2016年の日韓合意による“償い金”の受け取り拒否を元慰安婦たちに指南した“筋金入り”である。

“補償をよこせ”

一方、元徴用工の遺族らも遺族会を設立し、日本企業に賠償を求めるなど“反日工作”に余念がない。

「実は、元徴用工の遺族らでつくる政党『行こう! 平和人権党』も“市民推薦候補”を狙って与党にすり寄っていた。でも、尹氏が選ばれたことで、それが霧消してしまったのです」

これにより、元徴用工の遺族会は積年の恨みを爆発させた。

「遺族会は“元慰安婦はすでに十分な補償を受けているが、元徴用工は何ももらっていない”“共に民主党の行動はアベよりも悪い”などと罵ったのです」
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200413-00617874-shincho-kr

あれ?じゃあ、意外とムン大統領はピンチだったんですか?
ピンチどころかコロナのおかげで政治危機を救われたとまで評されてるからな。ブルームバーグだったと思うけど、文在寅は文在寅で安倍首相と同じかそれ以上に政治的なスキャンダルを抱えまくってたんだよ。それがここ最近のコロナ隠蔽対応で支持率を急上昇させているという話だ。
ムン大統領には、勝ってほしいですけど・・・。過半数を割り込んだら、どうなるんですか?
すべての団体が制御不能状態となるだろうね。慰安婦だろうが募集工だろうが文在寅のコントロールが効かなくなると思う。今の文在寅が愛国政策に及び腰だから、逆に日本にとってはメリットが大きいのかもしれない。
じゃあ、もし過半数を超えたらどうなりますか?
これまで通りの政策を進めて、7月には念願の公捜処設置と相成るだろう。そこから戦前ドイツのような独裁化への道へと進むかもしれない。積弊清算が今以上に激しく進むことになるだろう。
どっちに転んでも、日本にとってはいいような気がします。ムン大統領が脱日構想を進めてくれれば、ボクは満足です!
募集工団体としてはとっくに資産売却に踏み切っていた予定のはずだからな。それを文在寅政権が日本とのスワップまでは待ってくれ、総選挙までは待ってくれと無理やり引き延ばして今があるんだと思う。そろそろ不満が爆発するような気はするね。

今は国家間もソーシャルディスタンスの時代

ネットユーザーの反応です!

・この問題がどれほど重要か理解しているの?(WPさん)
・なぜこのニュースが日本の発表経由で韓国で報道される?(DYさん)
・誰が茂木外相にこの質問をしたのかが大事(GFさん)
・日本の立場も主張も全くブレてないし、1ミリも動いてない(KUさん)
・差し押さえている時点で国際法違反(NJさん)
私もコリアディスタンスを実施中です(BGさん)

まあそんなもんか。韓国側の反論があるともう少し盛り上がる気がするが、文在寅側は選挙前日なだけに神経質になってるから無反応だろう。今それを言うなとイライラしてるかもしれない。
選挙活動に、日本との関係悪化を掲げなかったのは、どうしてなんでしょうか?今ならもっと支持率を上げられると思ったんですけど・・・。
日本とスワップを締結できてたらもっと激しかったかもね。だが日本は同じ手は食わないから不発に終わってしまったんだろう。日本にお金を出させたうえで愛国心を発揮するのが最上級だからな。
そんなの、ムリに決まってます!韓国は、もっと素直になった方がいいです。
ソーシャルディスタンスは国家間にも言えることだからな。あれだけしつこく日本に来まくってた中国や韓国の観光客が完全に消えた。一律の入国禁止措置で強制的にいなくさせた。武漢の頃は入国禁止が遅い遅いと散々言われてたけど、これが民主党だったら今でも入国禁止にはしてないだろうし最善だったと言えるね。
確かに・・・。韓国は、まだどこも全然入国禁止にしてないし、絶対感染者は多いと思います!
先々週の花見、そして選挙活動。感染爆発の環境はととのったと言っていいだろう。明日が終わればすべてが分かる。韓国はこれ以上愛国心を発揮するのをやめることだな!
韓国の皆さん、もう手遅れです!そのまま突き進んでください!
日本は関係ない!併合おめでとう!韓国さようなら!
関連記事