MENU
韓国ニュース

【速報】韓国のLCC、破産不可避か! 買収交渉が失敗に終わる! 海外当局に反対されて頓挫!

韓国のLCC同士が買収で延命を図ろうとしていることについて、海外当局が待ったをかけているという。チェジュ航空がイースター航空を買収することについてタイとベトナムに申請した審査の承認が買収予定日までに出なかったそうだ。これにより韓国産業銀行や韓国輸出入銀行の支援も後回しになる。すでにイースター航空の自力再生は不可能とされていただけに今後の展開に注目が集まる。

チェジュ航空、イースター航空買収の前日に延期…なぜ?
4/29(水) 10:10配信 中央日報日本語版

チェジュ航空のイースター航空買収が延期される。タイとベトナムに申請した企業結合審査の承認が出ていないからだ。

チェジュ航空は28日、他法人株式および出資証券取得決定の公示を出し、イースター航空株取得予定日を29日から未定に変更した。またチェジュ航空は発行予定の100億ウォン(約8億7400万円)規模の転換社債納入日も今月29日から6月30日に変更公示した。

チェジュ航空が海外市場のうち競争制限性評価が必要なタイとベトナムに申請した企業結合審査の承認が、イースター航空の保有株取得予定日の前日まで結論が出なかったからだ。

これに先立ちチェジュ航空は先月2日、イースター航空の筆頭株主イースターホールディングスと545億ウォンでイースター航空経営権取得のための株式売買契約を締結した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で買収額は当初の予定より150億ウォン減少した。

公正取引委員会はイースター航空の自主的回復は不可能だと見なして企業結合制限規定適用の例外を認め、チェジュ航空の買収を審査6週後の23日に承認した。

これを受け、イースター航空買収作業に弾みがつくという見方が強まったが、海外の企業結合審査が終わらず、当初予定されていた29日の残金納付が難しくなった。

チェジュ航空の関係者は「両社とも最善を尽くしているが、海外企業結合審査の承認など先行条件がまだ満たされていないため、やむを得ず日程を延期することになった」とし「残る手続きを迅速に処理して買収手続きを終え、イースター航空の経営正常化のために最善を尽くす」と述べた。

チェジュ航空は海外当局の承認が出れば産業銀行と輸出入銀行の支援を受け、残りの買収手続きを終える計画だ。産業銀行と輸出入銀行はチェジュ航空のイースター航空買収に1700億ウォンを支援する予定という。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-00000017-cnippou-kr

韓国のLCC買収がタイとベトナムの反対で失敗に終わる

えっ?月末にこれって、まずいのでは?明日までに買収できないと、ダメですよね?
いやまあ月末だからどうこうという話でもないと思うが、予定されていた手続きが終わらなかったというのは不測の事態が発生していると言えるね。韓国のLCCのチェジュ航空がイースター航空を買収するための手続きだ。
これって、買収が完了するとタイやベトナムが怒るから、先に承認を得ないといけないんですか?
そういう解釈で問題ないと思う。大宇造船の件でも日本と欧州が承認を出さないけど、韓国は業界の全体のバランスとかお構いなしに買収を繰り返そうとするからな。その動きに東南アジアも待ったをかけたと。
当たり前だと思います・・・。ホントは倒産させた方がいいのに、何でもお金で解決してたら、ドンドンおかしな方向に進みます!
まあすでに54億円での株式売買契約も成立しているそうだし、韓国では完全に買収前提で話が進んでいたようだね。買収話が結局流れるとなれば産業銀行や輸出入銀行からの支援も一旦なくなることになるから、いよいよ破綻が目の前に迫ってくると言える。
どうせなら、明日倒産でいいいと思います!LCCなら、そこまで影響はないし、多少減っても問題ないです!
そう焦るなww 今日明日はこういった企業絡みの報道がいくつか出てくるから注視していたところだ。

米国では数段階スケールの大きい破談も

実は米国ではもう一段スケールのでかい破談があってだな。ボーイングと民間航空機では業界3位のエンブラエルとの合併話も流れたそうだ。やはり欧州での承認が下りなかったことが原因の可能性がある

ボーイングとエンブラエル、民間機事業の統合中止
4/26(日) 8:28配信 Aviation Wire

ボーイングとエンブラエルは現地時間4月25日(日本時間25日夜)、計画していた民間機事業の統合を中止すると発表した。2017年12月ごろから2年以上交渉を続けてきたが、基本合意の期限である24日までに交渉がまとまらなかった。

計画では、民間機事業の新会社「Boeing Brasil – Commercial(ボーイング・ブラジル-コマーシャル)」の株式をボーイングが80%、残り20%をエンブラエルが保有。欧州を除く規制当局から承認を得ていたが、エアバスを擁する欧州では長期化していた。また、中国から拡散した新型コロナウイルスや、2度にわたる737 MAXの墜落事故への対応などで、ボーイングの財務状況が悪化していることも影響したとみられる。

両社は「過去数カ月間、我々は建設的な交渉を進めてきたが、最終的には満足出来ない条件に関する交渉は失敗に終わった。現在の枠組みで交渉を続けても、未解決の問題を解決出来ない」との声明を発表した。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200426-00000001-awire-bus_all

えっ?じゃあ、ボーイングも危ないじゃないですか!トランプ大統領が、怒ると思います!
そうなんだよ。状況としては実は韓国よりも米国の方が数段悪く、このことが影響したのか知らないがボーイングに強制捜査が入るそうだ。737MAXの件でだ。

ボーイングに刑事・民事の両面から調査、737MAX問題で-DJ
4/29(水) 2:13配信 Bloomberg

(ブルームバーグ): 米航空機大手のボーイングは、長年にわたる737MAXの品質管理不行き届きで、刑事・民事の両面から調査を受ける見通しだと、ダウ・ジョーンズ通信(DJ)が事情に詳しい関係者の話として報じた。

原題:Boeing Faces Criminal, Civil Scrutiny Into 737 Max Lapses: DJ(抜粋)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-94025382-bloom_st-bus_all

ホントだ!買収がなくなった途端に調査が始まったんですね・・・。もし有罪になったら、どうなるんですか?
CEOや幹部らが刑事責任を問われたり、法人格としてのボーイングに懲罰金が請求されたりするかもね。このことがあったせいか知らないが株価回復の力もいまいちで上下運動を繰り返している状況だった。追加の支援が必要になるかもしれない。
じゃあ、アメリカの航空産業は絶望的ですね・・・。
ボーイングショックが起こることはまずないだろうけど、ブルームバーグが小さく報道してるだけというのは注意が必要な場面だね。サブプライム崩壊やリーマンショックもそういう小さな報道から始まった。日本が連休中で市場が開いてない時に何か起こりやしないかと今から警戒しているところだ。

韓国LCCは結局2社とも破産させられる恐れ

最初の記事の、ネットユーザーの反応です!

チェジュ航空は色々理由付けてるけど、本音では買いたくない。韓国政府がすべて買えばいい(BMさん)
よくない関連会社をまとめてチェジュに引き取らせてから、破産整理させるのでは?(8Aさん)
・去年から運航が半減、コロナで全便運休した会社を買うのはためらわれる(6Zさん)
・大韓航空やアシアナがつぶれそうなのに、LCCは生き残れない(7Mさん)
・延期ではなく白紙に戻すべきでは?(QVさん)

なるほど韓国政府に無理やり押し付けられてる説か。となると両方とも破産させられる可能性が高いと。確かにさっき見かけたこの記事からすれば完全に見捨てられてる感はあるね。

韓経:久しぶりに忙しくなった韓国LCC…GWに6160便飛ばす準備
4/28(火) 8:02配信 中央日報日本語版

韓国で今月30日から始まる最大6日間の「ゴールデンウィーク」を控え、格安航空会社(LCC)が防疫強化、国内線増便などで「にわか需要」に備えている。

エアプサンは国内線の搭乗ゲートにサーモカメラ計13台を設置して発熱検査をすると27日、発表した。運航前の路線にサーモカメラを設置したのは国内航空会社のうちエアプサンが初めてだ。体温が37.5度以上なら搭乗制限、座席分離などの措置を取る予定だ。同社関係者は「ゴールデンウィーク期間の旅客増加に備えて先制的な対応に出た」とし「モバイル搭乗券、無人発行機(キオスク)サービスなど空港非対面サービスも強化する」と話した。

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)拡大傾向が落ち着きながら連休期間の予約が増えると、LCCは済州(チェジュ)行きを大幅に増便している。エアプサンは30日から来月5日まで毎日金浦(キンポ)~済州往復9便、釜山(プサン)~済州往復12便を運航する計画だ。ティーウェイ航空は連休開始を控えて今月25日、清州(チョンジュ)~済州路線の不定期便に就航した。エアソウルも週末だけ運航していた金浦~済州路線を平日に拡大して1週につき32便運航する。ジンエアーも連休期間、済州行き航空便を増やす予定だ。

国土交通部航空情報ポータルによると、ゴールデンウィークが始まる30日から5月5日まで国内航空会社の国内線運航予定回数は6160回だ。一日平均1000便以上の飛行機が飛ぶことになる。今月初めの一日国内線運航回数(500~600回)の約2倍規模だ。このうち済州空港離発着便が2614便で最も多い。連休が始まる30日に予約が集中して、3000ウォン(約263円)まで下がっていた済州行き航空券価格は10万ウォン台まで高まった。航空業界関係者は「今回の特需は連休のため。連休以降の航空便予約率は20~30%水準」としながら「新型コロナ以前の水準まで回復するには時間がさらにかかるだろう」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200428-00000007-cnippou-kr

ええっ?連休特需?まだ早いと思います!感染爆発を起こします!
そこじゃなくて、これらのゴールデンウィーク需要に合わせて増便している航空会社の中にチェジュ航空とイースター航空がいないことに注目してほしい。要するにLCCを統合整理して数を減らそうとしている可能性があるわけ。
確かに!その2つだけないですね。じゃあ、ホントに倒産するんですね・・・。
LCCの倒産ならばそこまで打撃にはならないだろうから、ここで一旦債務整理をしておきたいのかもしれない。韓国民の愛国心は痛むだろうが大韓航空が倒れるよりはましだ。当然日本には1ミリも関係ない話だし生温かい目で観察させてもらうまでだがな。
韓国の皆さん、このままでいいんですか?嵐がすぐそこまで迫っています!
日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!
関連記事