国内ニュース

アビガンで回復した芸能人がラジオ出演 ⇒ なぜかマスコミに総攻撃される! 分かりやすいな…

米中の仁義なき治療薬戦争に日本も巻き込まれている。アビガンで急速に症状を回復させた石田純一氏はマスコミにとって都合悪い存在らしい。先週の話だが、自粛せずゴルフ場を回っていたことを理由に一斉攻撃されている。厚労省の圧力でレムデシビルを強制承認させる流れに沿うものとみている。

コロナ闘病中の石田純一ラジオ出演 改善報告もネット炎上・好感度急落
4/24(金) 17:03配信 東スポWeb

新型コロナウイルスに感染し、東京都内の病院に入院中の俳優・石田純一(66)の好感度がダウンしてしまった!?

石田は23日、木曜コメンテーターを務める文化放送のラジオ番組「斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!」に出演。16日の放送に引き続き2週連続の録音出演で、この日は22日に収録した内容が放送された。

いまだ入院中の石田は一時病状が悪化したが、アビガンの服用により改善。現在の症状について「ほぼ平熱近く、36・8度とか。ただレントゲンを見ると、肺炎の影が見える」と明かした。

先週の放送では、頭痛のひどさを打ち明けていたが「今、何かが悪いということはない。だけど多少肝臓の値が悪くなってきた。食欲はあまりない」と話した。

番組にはリスナーなどから沖縄でゴルフ、食事会に出席した石田に対して、批判のメッセージも寄せられている。

自分の行動については「反省している。ご迷惑、ご心配をおかけした。ホテル側にも沖縄の人たちにも不快な思いをさせた」とし「油断したつもりはなかったが、結果的に陽性になり責任を感じている。おわびしたい」と謝罪した。

だがネット上では、辛辣なコメントのオンパレード。「もうメディアに出てこないでいただきたい」「石田は芸能界で絶対に干されろ!」という書き込みまで見られた。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200424-00000044-tospoweb-ent

明らかに特殊遊技施設や格闘技大会の方が自粛してない

これは・・・。ひょっとして、またアビガンの話題ですか?
たまたま見つけた記事だけど、なぜバッシングされるのかが分からなくてね。明らかにこの人よりも自粛してない人達や店舗が大量にあるのに、そっちにはバッシングが向かわないというのは怪しいと思ったまでだ。
確かに!石田純一さんって、不良は文化だって言った人ですよね?それで印象が悪いのかもしれないです・・・。
不良www “不◯は文化”の間違いだな。ワトソン君は不◯は分からないよな。後で伏字にするから。
どんな文化なんですか?
一応石田純一氏の名誉のために説明しておくけど、彼は”不◯は文化だ”とは言ってないんだよ。当時の台詞を抜粋するけど、しつこい記者にちょっとだけ持論を強めに言っただけなのがマスコミの印象操作により発言を捏造されてしまったんだ。

「不◯とかって許されると思うんですか!?」

「あなたはあなたのお考えだと思うけど、そういうものが世の中の歴史上にも、いろいろずっとある。そういうことを全否定したら、芸術も全否定になっちゃいますよ」

えっ?これだと、文化じゃなくて芸術だと思うんですけど・・・。単語自体間違ってます!
こういうことを平気でするのがマスコミだからな。そして今回、アビガンであっさりコロナ感染を克服して先週にはラジオ番組にまで出演した石田純一氏。マスコミの攻撃対象にならないはずがないわな。米欧ではコロナウイルスは生死の境をさまようほどの重症ということになってるんだから、あっさり回復するなんて情報が広まってはいけないわけ。そうでなければレムデシビルの開発ストーリーが破綻してしまうからね。

レムデシビルを称賛する人達を”シビラー”と呼ぶことに

このラジオ番組、よく見たら「文化放送」じゃないですか!じゃあ、また石田さん叩きが始まってしまうんですね・・・。可哀想です!
左寄りのシビラーが一斉に工作活動を始めてるんだよ。厚労省と連携してな。同じようにアビガンを服用した芸能人は複数いるけど、同様に注意が必要だね。
「シビラー」とは?
レムデシビルの“シビル”から取ってシビラー。レムデシビルはすごい!効果抜群なんだ!アビガンを使っている奴は許せん!というようなことを連呼してる人のことだよ。“シビル”はスペル違いで”市民”の意味も持つから、日本製の治療薬がコロナ禍を収束させてはならない!日本は敗戦国でなければいけないんだ!という宗教観を持つ人のことも暗に皮肉る意図がある。
スペルは違っても、いいと思います!シビラーの皆さん、ウソを流すのはやめましょう!
ここではアビガナーの第一人者となった石田純一氏がいかに四方八方から攻撃されまくっているかということを強調したい。特に低俗なゴシップ雑誌系から集中砲火状態だ。

石田純一「ラウンド感染」でゴルフ界から怨嗟の声止まらず
4/29(水) 16:05配信 NEWS ポストセブン

緊急事態宣言に伴う休業要請は幅広い業種にわたるが、いわゆる「3密」にならないという理由からゴルフ場および練習場(屋外施設)は対象から外れ、関係者たちは胸をなで下ろしていた。

ところが石田純一(66)の感染で、アゲンストの風が吹き出した。

「当初は“仕事で沖縄に出掛けていた”との説明だったが、実はゴルフ場で体調の異変を訴えていたことが発覚。さらに、その約1週間前に茨城県内のゴルフ場でもラウンドしており、その時の同伴プレーヤーら3人の感染者が出たことも明らかになった」(芸能記者)

一連の行動について、ラジオ出演した石田は「東京から出るべきではなかったと反省しております」と語ったが、青ざめたのは全国のゴルフ場だ。多くのゴルフ場は3月中旬から浴室やロッカールームを使用禁止にしたり、レストランを営業せずにスループレーにしたりするなどの対策を講じていた。関東のゴルフ場支配人が顔を曇らせる。

「キャディのクラブ手渡しや、バンカーレーキの使用も禁止しました。(気候の良い)稼ぎ時だけに営業は続けたい。ただ、石田さんの件で“ゴルフ場は危ない”という印象が広まっている。常連メンバーさんも“家にコロナを持ち帰ったら妻から勘当される”といってキャンセルされました

また、「営業に統一された基準がない。“緩い基準”のゴルフ場に、“緩い感覚のゴルファー”が集まる」(ゴルフ誌記者)との懸念もある。

余波はプロの世界にも及びそうだ。すでに5月末まで男女ツアーの中止が決定しているが、「ゴルフ場でクラスターとなれば、スポンサー企業もイメージを気にしてツアー再開に消極的になるだろう」(同前)とみられる。

ゴルフ芸能人・石田の“OB”“虚偽申告”に、ゴルフ界から怨嗟の声は止まらない。

※週刊ポスト2020年5月8・15日号

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200429-00000009-pseven-ent

コロナ闘病・石田純一「不◯は文化」超える“名言”生まれるか
4/28(火) 11:01配信 東スポWeb
・・・

新型コロナウイルス感染で入院中の俳優・石田純一(66)が大ピンチだ。ホテルで静養中に発症との当初説明について、実際にはゴルフ場で体調を崩したと明かすなどして、批判が噴出した。しかし、そんな時だからこそ、石田から芸能史に残る「“名言”が飛び出すのでは?」との声も。くしくもゴルフ場から生まれ、大バッシングを浴びた過去の「不◯は文化」を超える言葉が生まれるのか――。
・・・

現在も都内の病院に入院中の石田は一時、集中治療室に入る寸前との報道もあったが、快方に向かっているという。

コロナの治療薬として期待されるインフルエンザ治療薬『アビガン』を服用したことが大きかった。すでにテレビ局からは『治った後に体験談などを語ってもらえませんか?』などとオファーが届いており、石田も前向きだとか。周囲に迷惑をかけただけに、芸能人としての説明責任は十分承知している。これまでも批判を浴びても逃げなかった石田さんらしさですね」(テレビ局関係者)

そこで期待されているのが“石田節”。これまでも奔放な女性関係で世間から猛バッシングを浴びようとも、石田なりの言葉を真正面から発信。一時期は芸能イベントに引っ張りダコで、その都度“旬な言葉”でマスコミにも貢献してきた。

恋愛に関係した名言は数多くあり「告白すると、フラれたとしても特別な存在になれる」「判断力をなくして結婚し、忍耐力をなくして離婚する。そして記憶力をなくして再婚する」など挙げればキリがないほど。特に1996年に飛び出した「不◯は文化」発言は芸能史に残るフレーズとなっている。

「今から出演番組などで、石田さんからどんな言葉が発せられるのかが注目されている。最近は都知事選に出馬表明し、3日で断念したり、政治的な発言もしている。きっと自身の失敗談も含んだ、良い意味でも悪い意味でも芸能史に残る“名言”が出るんじゃないか、と思います」(前同)
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200428-00000007-tospoweb-ent

何だか、デリカシーのない記事ですね・・・。そんな言い方をしなくてもいいのにって思います。
普段は保守寄りの報道も多い東スポだが、この記事には正直失望したね。芸能部門の記者がおかしいからだろうけど、こういう記事ばっかりが出てくるから”日本は狂っている“とか言われてしまうんだと思う。テレビ局はもう少しまともなようだけどね。
確かに・・・。雑誌って、そんなに必要なんですか?あってもなくても大差ない気もしますけど・・・。
ネットメディアで十分だね。というか芸能事務所のプレスリリースとか、芸能人のブログとかを直接見た方が明らかに早い。今回の石田純一氏の話なら直接ラジオ番組のウェブサイトを見ればいいわけだし、何でも能動的に情報を取っていく時代にそろそろ変わるべきだと思うね。
ボクは面倒臭がりなので、受動的なのはいいと思うんですけど、もう少しヘンな記事を減らしてほしいと思います。
日本国民にはワトソン君のような人が多いとマスコミ側は思ってるのかもな。知らないけど。

意図的に石田純一氏にのみアビガンを使って嫌悪感を持たせる意図も?

ネットユーザーの反応です!アビガンに関係するコメントだけ、取り上げてみました。

・石田純一さんは数週間治らなくて亡くなりかけてたのに、アビガン投薬から3日で劇的に回復した。中国も効果を確認している(FZさん)
アビガンをこの人に使わないでほしい(KAさん)
・どうしてこの人はすぐ入院できてアビガンをもらえるの?(JMさん)
・石田さんが助かって良かったのは、重症になってもアビガンが効くと分かった事(RRさん)
志村さんだって、アビガンを早期に使っていたら助かってた。アビガンのネガキャンやってる人が生きるのを邪魔したようなもの(YDさん)

いいね。重要な情報だ。志村けん氏にレムデシビルが使われたかどうかは確認が取れてないんだけど、アビガンを使ってないのは確かなようだね。まさに命の薬だよ。
石田純一さんにアビガンを使うと、何がダメなんですか?その部分が、ちょっと理解できなくて・・・。
要するに不◯してゴルフとコンパ三昧で遊び回ってチャラチャラしてる奴は許せん!というような“怨嗟”の声だろう。もしくはもっと宣伝効果のある人にアビガンを使ってほしかったという意味かもしれない。石田純一氏に対して拒否感を持つ人もいるだろうから、そういう意味では遠回しのアビガンネガキャンになってしまう。
もし志村さんにアビガンを使って回復してたら、アビガンが絶対にいいっていう世論になりますよね・・・。じゃあ、ひょっとして、そういう事なんですか?
それは分からない。現段階で日本においてはアビガンを使う条件はかなり厳しいから、あっさり使えた石田氏を見て快く思わない人はいるだろうね。だがそこでマスコミのバッシングに乗せられてはだめだ。アビガンのネガキャンに加担してしまうことになるからだ。
日本の皆さん!アメリカはアビガンを使ってないので、感染爆発が止まりません!アビガンが正解だと思うので、日本の意地悪クラブに騙されないようにしましょう!お願いします!
それな。結果がすべてなんだよ。アビガンを日本から大量に確保したドイツが感染収束してるのは偶然じゃない。日本のマスコミ報道はうそばかり流しているから信用しない方がいいね。皮肉にも日本自身が日本製のアビガンを使えないということになってもいいのか?という話へと発展していくんだ。これは”シビラー”との戦いなんだ。
関連記事