MENU
国内ニュース

【拡散】アビガン服用後3日間で治った人の体験談が話題に! ⇒ なぜかマスコミは起きてもいない副作用を強調

コロナ感染後にアビガンを服用しアビガナーとなった人への”副作用恐怖圧力”があまりにひどい。おそらくレムデシビル推しのシビラーの手口だろうが、起きてもいない副作用についての”恐怖感”があったというだけで記事タイトルに盛り込んで強調するからだ。日韓スポーツ、もとい日刊スポーツは朝日新聞系列だ。

アビガン回復のグラドル、副作用の恐怖…赤裸々告白
5/7(木) 5:00配信 日刊スポーツ

新型コロナウイルスに感染して入院、4月下旬に退院したグラビアアイドルのソラ豆琴美(27)が6日までに日刊スポーツの取材に応じた。意識がもうろうとするほどの重い症状から治療効果が期待される新型インフルエンザ薬「アビガン」を服用し回復した。胎児に奇形を起こす催奇形性などの副作用がある同薬の使用を決断するまでの葛藤、今なお続く新型コロナへの恐怖、感染者や家族への差別など赤裸々に語った。

◇   ◇   ◇

4月上旬、熱や胸の圧迫感などを感じるようになった発症日から5日目に新型コロナの陽性が判明、6日目に入院した。入院時、医師からアビガンなどを使用する適応外治療の説明を受けた。「妊娠やその可能性があると(胎児に奇形を起こす)催奇形性の可能性がある」といい、服用には同意書にサインと、妊娠検査が必要と言われた。

入院初日のCT検査で肺炎は確認されなかった。平熱で「若い人は軽症で済むという話を信じていたので飲まない」と服用を拒否した。医師からも「そうだね、軽症だしね」と言われた。当時、その病院では1人服用したが、結果は分かっていなかった。だが、発症から8日目、入院3日目に容体が急変。意識がもうろうとし、せきをすると喉から胸までむずがゆく「気管を取り除きたい」と思うほど苦しい症状に襲われた。

翌日、電話越しに母から「ナースコール押して、死んじゃう」と泣かれ、「怖いとか言うよりも、何かにすがりたい」と思い服用を決意。「高熱で苦しい。適応外治療受けたいです」と伝えた。1日朝夕2回。最初の2回は9錠、以後4錠ずつ6日間にわたり服用した。服用から5時間後には歩けるようになり、翌日には、つらさの感覚が半分以下にもなった。PCR検査を3回受け、2回続けて陰性が確認され、発症から21日目に退院した。しかし、今も味覚嗅覚は完全には戻っていない。アビガンの副作用は約1週間といわれている。「今後もし子どもができても、生まれてくるまでずっと不安に感じてしまうと思う」と本音を漏らした。
・・・

治療経緯

▼発症日(4月上旬) 熱37・5。保健所に電話

▼3日目 PCR検査

▼4日目 味覚嗅覚失う

▼5日目 陽性判明

▼6日目 入院。熱36・5。CT検査で肺炎にはなっていなかった

▼8日目 容態が急変

▼9日目 熱38・9。アビガン服用開始

▼10日目 熱37・6。つらさが10→4

▼11日目 熱37・5。せきの量が減る

▼12日目 熱36・5。4日ぶりに風呂。たんが黄色→透明に。つらさ10→2

▼13日目 PCR検査

▼14日目 「陽性」。朝でアビガンを飲み終える

▼17日目 PCR2回目

▼18日目 「陰性」

▼19日目 PCR3回目

▼20日目 2回目の「陰性」。医師と初めて握手

▼21日目 退院
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200507-25060538-nksports-ent

あたかも副作用が生じたかのように印象操作する朝日新聞系列

さっきの記事は、すみませんでした!黒井さんに機嫌を直してもらいたいので、アビガンの話題にしました!
ワトソン君自身がまとめてくれてもよかったんだぞ?まあ厚労省の姿勢を叩きたい俺としては別にいいけど。確かにこの記事はいいね。アビガンの回復性の素晴らしさと、それを素直に認められないマスコミの不条理さの両面が浮き彫りになっている。
ホントに効果あるんですね!9日目に体温が38.9度になってからアビガンを飲んで、翌日には熱が37.4度まで下がって、辛さも半分以下になったなんて。
な。3日後にはあっさり平熱に戻り、たんの色も改善し風呂にも入れるようになった。その時点でほぼ完治していたわけだ。こんなにも効果がある薬を使えるなら日本のコロナ禍なんてあっという間に収束しそうだよな。
その後は、すぐにPCR検査も陰性になったし、退院できたみたいですね・・・。すごいと思います!でも、副作用の話は気になります。
この記事のいい部分はそこまでで、ひどい部分は副作用について不安に感じるという本人の言葉だけをあげつらって”副作用”の単語を記事タイトルに入れたことだ。これが朝日新聞系列の日韓スポーツ、もとい日刊スポーツのやり口ってことだ。
ホントですね!いい部分の方を強調してほしいのに、どうして不安な記事にしてしまうんでしょうか?
アビガナーは不安を持っていなければならないからさ。レムデシビルを承認しようとしているシビラーの厚労省が圧力をかけてるんだろう。厚労省のせいで日本は感染拡大が止まらなくなってしまうかもしれないね。

シビラー米国の意向でファイブアイズにも亀裂か

大阪で、吉村府知事が独自の経済再開モデルを出したんですけど、アビガンがあれば可能だと思います!
アビガンは医療崩壊を食い止めることに最大限効果を発揮するからね。重症患者を次々と治療できれば怖いものなしだ。それができていないから日本の犠牲者数増加幅がいつまでも2桁のままになってしまってる。今朝の最新記事でも書いた。
ホントですね・・・。厚生労働省は、日本人を助けたくないんでしょうか?
シビラーだからレムデシビルの承認が下りるまで待ってるんだろうね。5月末にも出るとか言われてるけど、その後一気に購入して投与する準備を整えているものと思われる。一昨日は米国の犠牲者数が一気に2,350人も増えたんだけど、アビガンを使えていればこんなことにはならないはずだ。
イギリスも、全然状況が良くならないみたいですね・・・。アビガンを使ってほしいです!
英国は米国との関係を強めるためにEUを離脱したが、皮肉にも治療薬戦争では米国側が負ける可能性が高いから最悪のタイミングだったと言えるかもしれないね。米国との関係がある以上英国としてもレムデシビルを使う方向に流れていく可能性が高い。カナダも同様だ。オーストラリアやニュージーランドは距離が離れているからか何とかなった。
ファイブアイズで、分裂するじゃないですか!大丈夫なんですか?
ファイブアイズと言えば先日も中国の武漢研究所発祥説はうそだという見解を出してたよね。ファイブアイズの中核をなす米国の大統領と国務長官が相次いで武漢研究所説を吹聴しているのに真っ向から逆らう見解だった。この時点でファイブアイズも危うい。
今調べてみたら、ちょっと内容が違う記事が出てました!分裂は、しないでほしいです・・・。

ファイブ・アイズ、武漢研究所は「高リスクの科学研究していた」=報道
2020年05月05日 19時21分

英語圏5カ国の情報機関同盟「ファイブ・アイズ」による調査報告によると、中国武漢から発生した中共ウイルス(新型コロナウイルス、武漢肺炎)について、中国当局は、発生の証拠を意図的に隠したり、破棄したりしていたことが明らかになった。

ファイブ・アイズは米国、英国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドの情報機関から成る同盟。このほど、オーストラリアのデイリー・テレグラフ週末版はファイブ・アイズがまとめた報告書を入手した。15ページの報告書には、中国共産党はウイルスが人から人への感染の可能性を知っていながら隠ぺいしたこと、また警告を発した医師への抑圧、実験室の証拠の破壊、海外の科学者に検体を提供することを拒否したことなど、既報の主張や情報をまとめたものだ。

報告では、武漢のウイルス研究所が出所だという可能性には見方が分かれるが、同研究所はリスクの高い科学研究を行っていたと指摘している。研究所に対する評価は、5カ国の情報組織のほか、米国やオーストラリアの科学者とも協力して実施されたという。
・・・

https://www.epochtimes.jp/p/2020/05/56040.html

ふむ。これは中国が情報を当初隠蔽していたというもので、武漢ウイルス研究所が感染源だという話とは無関係だね。それを言うなら去年パリでコロナ感染者がすでに出ていたという話は何なんだっていう。特集記事でも取り上げた件だ。
ホントだ!じゃあ、何が真実か分からなくなりますね・・・。ポンペオ国務長官、あまり発言しない方がいいと思います。
すっかり威厳をなくしてしまったよな。国務長官というのは本来ならばもっと重みのある発言をできる立場のはずだ。ハルノートを出したコーデルハル元国務長官のようにね。ここまで米国の威厳が失われたことは歴史上例がないと思う。

なぜポンペオ氏は”確かな証拠”ではなく”大量の証拠”と言ったのか

フランスで去年からすでにコロナ感染者がいたという件はこの記事でも確認できる。去年の12月末だから公式の見解よりも1カ月以上早いことになる。

フランス最初の新型コロナ患者、昨年末に発症-過去のサンプルで判明
5/6(水) 2:54配信 Bloomberg

(ブルームバーグ): フランスで昨年12月末にインフルエンザに似た症状で入院した患者が、新型コロナウイルスに感染していたことが判明した。これまでの公式記録よりも1カ月以上早くから、新型コロナが同国で広がっていたことが示唆される。

魚販売業の男性(42)が咳(せき)や頭痛、発熱の症状を訴えてパリ近郊の病院に現れたのは12月27日。男性は抗生物質の治療を受け、2日後に退院していた。この男性から過去に採取したサンプルを他の入院患者と併せて調べたところ、新型コロナが見つかったと医師団が報告した。

フランス最初の新型コロナ感染者は中国の武漢から1月末に帰国した複数の人だとされており、今回の発見と食い違う。報告書は新型コロナの感染経緯についても疑問を提起した。フランス国内で流行している主なウイルス株を調査した専門家らは、中国やイタリアから直接入ってきたのではなく、それより前の時点で記録されずにしばらくの間広がり続けていた可能性が高いと結論づけた。

パリ北東部の2つの大きな病院で集中治療の責任者を務めるイブ・コーエン氏とその同僚はリポートで、「最初の感染者特定は、新型コロナウイルスとフランスでの感染状況に関するわれわれの知識を劇的に変えるものであるため、疫学的に極めて興味深い」と指摘。「さらに中国との関連がなく、直近の旅行歴もないことから、12月末にはフランス住民の間ですでに広がっていたことが示唆される」と説明した。

原題:France Discovers Undiagnosed Coronavirus Patient From Last Year(抜粋)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200506-01270969-bloom_st-bus_all

ウーハン研究所説が、崩れますね・・・。ポンペオ国務長官、早く大量の証拠を見せて下さい!大量なら、1つ見せてもいいと思います。
誰も突っ込まなかったけど”大量の証拠”ってもはやパワーワードだよな。普通に”確かな証拠”と言わない辺りに米国の苦しい現状があると思う。
確かに・・・。大量と言われても、全部ニセ情報だったら無意味です!
“確かな証拠”に”確かに”と反応されたwww 突っ込みのワードを少しは工夫してくれww ネットユーザーの反応は?
すみません(笑) まとめました!

・とても貴重な闘病の記録で、多くの人々が知りたい情報だと思います。ホントにありがとうございます(6Sさん)
・色々と批判する人もいるようですけど、無視で大丈夫です(6Pさん)
・命の危険がなくなると、感謝よりも副作用の恐怖に気持ちが移っていくのかも(ZOさん)
副作用についての無知と誤認を感じさせる記事。1週間で体内から排出されるので、妊娠の可能性がなければ大丈夫と明確に書いてほしい(OGさん)
レムデシビルの副作用についても、同様に周知しないと(9Zさん)

副作用がーって言ってる人って、あたかもレムデシビルには副作用がないかのような体でいるよな。完全無欠の工作員だと思う。
ホントですね・・・。アビガンを使ってくれればいいのに、使わないなんて信じられません!
緊急事態宣言により大阪府は特殊遊技施設の一斉閉店にも成功し確かな成果を残している。成果を無事に残せたならば段階的な経済再開に向けた動きを見せるのは当たり前の話だ。今後レムデシビルの方が正式承認されアビガンが使えなくなるようなことがあれば、その再開に向けた計画も揺らいでしまうんだ。厚労省を何とかしなければ日本の未来が危うい。
えっ?大阪の自粛緩和って、アビガン前提だったんですか?
無防備では厳しいと思う。どうしても密な状況は発生してしまうから、再開しても大丈夫だという確かな根拠を府民に提示することが重要だ。吉村府知事は現段階ではあえて治療薬については明言していないけど、ワクチンの開発についても7月に治験を開始すると述べているし前向きだとみている。諸悪の根源なとにかく厚労省、厚労省、厚労省だ。
シビラーの皆さん、効果のない薬を宣伝するのをやめましょう!日本の犠牲者を減らしたくないんですか?お願いします!
アビガンについては医療情報に抵触するからコロマガ日本支部ではあえて話題にしてないけど、いずれ確かな根拠をベースに盛り込んでいけたらと思っている。それでこそさらに精緻な分析と今後のシナリオの予測が可能になるだろう。今我々は米中治療薬戦争の真っただ中にいるという意識を持つことも必要なんだ。
関連記事