欧州ニュース

【コロナ速報】米国1,400,000人突破

今日5月13日(水)も感染者数をまとめようと思う。早朝時点での統計だ。同じ数字を新型コロナウイルス特集ページにも転記する予定だ。
Worldometerというサイトの統計を参照している。このサイトでは人数の増加や人口比率なども分かりやすくまとまっていて、国内外で多くの人達が参考にしている。

最新のコロナ感染者数:米国1,404,734人、ニューヨーク348,561人

50位以上の国のみを記載する。それとは別にマレーシア、タイ、香港、クルーズ船、レバノン、台湾、ベトナムのみを抜き出すことにした。感染者数と犠牲者数の総合計も記載した。()で前日からの増加分を記載し、その横には新たに前日の犠牲者の増加数を追加した。

【2020年5月13日(水) 早朝時点での最新の感染者数】
※数字はWorldometerより

感染者合計:4,327,353人(+85,376
犠牲者合計:291,837人(+5,345

1. 米国:1,404,734人(+23,669+1,008 ***
2. スペイン:269,520人(+1,377+123 **
3. ロシア:232,243人(+10,899 +210 ** ↑
4. 英国:226,463人(+3,403+94 * ↓
5. イタリア:221,216人(+1,402+179
**
6. フランス:177,423人(+556+263 **
7. ブラジル:173,141人(+7,666+502 ** ↑
8. ドイツ:172,905人(+610+92
* ↓
9. トルコ:141,475人(+1,704+55 *
10. イラン:110,767人(+1,481+45
11. 中国:82,919人(+1+0

12. インド:73,981人(+3,213+82 *
13. ペルー:72,059人(+3,237+72 * ↑
14. カナダ:71,105人(+1,198+123
** ↓
15. ベルギー:53,779人(+330+51 *
16. オランダ:42,984人(+196+16
17. サウジアラビア:42,925人(+1,911+9
18. メキシコ:36,327人(+1,305+112 **
19. パキスタン:32,674人(+1,733+8
20. チリ:31,721人(+1,658+11 ↑
21. エクアドル:30,419人(+910+18 ↑
22. スイス:30,380人(+36+12 ↓
23. ポルトガル:27,913人(+234+9

24. スウェーデン:27,272人(+602+31

25. カタール:25,149人(+1,526+0 ↑
26. ベラルーシ:24,873人(+967+4 ↓
27. シンガポール:24,671人(+849+1 ↓
28. アイルランド:23,242人(+107+9
29. UAE:19,661人(+783+3
30. ポーランド:16,921人(+595+11 ↑
31. バングラデシュ:16,660人(+1,969+11 ↑↑
32. イスラエル:16,529人(+23+6 ↓
33. ウクライナ:16,023人(+375+17 ↑
34. オーストリア:15,961人(+79+2 ↓
35. 日本:15,847人(+70+9
 ↓
36. ルーマニア:15,778人(+190+21

37. インドネシア:14,749人(+484+18
38. コロンビア:11,613人(+550+7 ↑
39. フィリピン:11,350人(+287+15 ↓
40. 南アフリカ共和国:11,350人(+698+12 ↑
41. 韓国:10,936人(+27+0 ↓
42. ドミニカ共和国:10,900人(+266 +5
43. デンマーク:10,591人(+78+4

44. クウェート:10,277人(+991+7 ↑
45. セルビア:10,243人(+67+3 ↓
46. エジプト:10,093人(+347+8 ↓
47. パナマ:8,616人(+168+7
48. チェコ:8,198人(+41+2
49. ノルウェー:8,132人(+10+5
50. オーストラリア:6,964人(+16+0

51. マレーシア:6,742人(+16+1

67. タイ:3,017人(+2+0 ↓

94. 香港:1,048人(+0+0 ↓

104. レバノン:860人(+1+0 ↓

114. クルーズ船(ダイアモンド):712人(+0) ↓↓


125. 台湾:440人(+0+1 ↓

137. ベトナム:288人(+0+0 ↓↓

【感染初確認】
なし

【感染者数0人国家】
・北朝鮮:0人

国の感染者数が1,400,000人を超えた。1日の感染者数増加幅は昨日より大きくなり+23,000程度となった。前日の犠牲者数も+1,008と再び1,000を超えてしまったやはり昨日は週末だから少なかっただけのようだ。
ニューヨークの感染者数は348,561人となり、前日からの増加幅は+2,574と再び大きくなった。イリノイ州で感染爆発が起き+4,000を超えてしまった。ニューヨーク以外の地域に感染源が飛び火したことになる。ダウ平均株価はファウチ所長の感染再拡大警告により-457.21ドル安となった。

中国で感染者数が1人増加に戻った。検査をするのをやめたか?北朝鮮も金正恩がコロナ患者だった可能性があるが公式には0人だ。韓国はクラブ発の感染爆発が続いている。
ロシアが英国をも追い抜き世界3位の感染大国となった。英国やスペインの状況も悪いが、ロシアの爆発の方がペースが速い。ドイツやフランス、イタリアは比較的落ち着いている。ブラジル、トルコ、イラン、ペルー、インド、サウジアラビア、メキシコ、パキスタンなど発展途上国での感染爆発が目立つ。
日本の感染者数増加幅が再び2桁にまで減り、犠牲者についても1桁まで落ちた。この調子で犠牲者数を減らせれば緊急事態宣言の緩和も視野に入る。一方シンガポールについては再び感染者数増加幅が増えて800人台となってしまった。収束が見通せない状況だ。
前日の犠牲者の増加数データを追加している。犠牲者数の増加が緩やかになれば収束してきた事の目安になるからだ。1,000人以上増加で***、100人以上で**、50人以上で*の3段階とした。武漢の集計を一時的に追加した中国を除き、**以上の国は米国、スペイン、ロシア、イタリア、フランス、ブラジル、カナダ、メキシコとなっている。米国以外ではブラジルの犠牲者の多さが目立つ。
一番右側に書かれた矢印は順位の変動だ。ランキングサイトのようなイメージだ。1~2ランクの変動で矢印1つ、3ランク以上の変動で矢印2つだ。これにより感染者数が他国と比べて急激に増えるオーバーシュートが発生したかどうかをある程度把握できる。日本は35位で前日より2ランクダウンした。イスラエルやポーランドの状況に近づいてきた。犠牲者数1桁増加を維持できればエクアドル状態は脱出できるだろう。
今後日本や米国、そして世界に何が起ころうとしているかについてコロナウイルス対策マガジン日本支部コロナウイルス対策マガジン海外支部の両方で発信している。現段階でコロマガ日本支部はVol. 33まで、コロマガ海外支部は第2号が発行されている。これらのマガジンを読めば、世界情勢が新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに国家存続に関わる緊急事態へと繋がっていくことが理解できるはずだ。
関連記事