MENU
安倍政権

日本政府「韓国のホワイト国復帰はない」「制度運用が先」 終わったな…

韓国がホワイト国への復帰を求めていることに対して、経産省はまず韓国側が制度を運用しなければならないという認識のようだ。実態を確認したうえで慎重に判断するという。韓国が求める今月末という期限には合致しないことになる。今月末にも経済危機が訪れるという噂もあるが知ったことではない。

韓国の輸出規制解除の要求に、日本「実態確認が先」=韓国報道
5/13(水) 15:38配信 WoW!Korea

日本政府は昨年7月から施行中である対韓輸出規制の強化措置の解除について検討しようとするなら、まず韓国側の制度改善状況を点検してみなければならないという立場であることが明らかとなった。

日本経済新聞は今日(13日)「韓国政府は日本の輸出管理の規制強化が始まった昨年7月以前の状態に戻すことを繰り返し要請しているが、日本の経済産業省はまず(韓国側の)制度運用の実態を確認するという姿勢だ」とし特に「(韓国の)輸出優待国復帰については慎重に判断する計画だ」と伝えた。

日本政府は昨年7月に半導体・ディスプレイ製造関連の核心素材3種の対韓輸出規制を強化したのにつづき、8月には韓国を戦略物資の輸出時の手続き上で優待恵沢を付与するホワイト国のリストから除外する措置をとった。

日本側は、韓国へ輸出された戦略物資の第3国輸出の憂慮など“安保上の理由”のためにこれらの措置をとったと主張しているが、それよりも自国企業に対する韓国最高裁の徴用工関連問題の被害賠償判決に対する“報復”的性格が強いというのが、国内外のメディアと専門家たちの一般的な評価である。

このような中、韓国の産業通商資源部(経済産業省に相当)は12日の記者会見で、日本が提示していた問題点がすべて解消されたので、今月末まで輸出規制強化措置の解除に関する具体的な立場を明らかにすることを日本側に要求した。

しかし日経新聞は「日韓両国の輸出管理担当部門間の対話はつづいているが、両国関係に大きな影響を及ぼしている徴用工関連問題には進展がないため、結果的に輸出管理の論議も停滞したままである」と説明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200513-00258567-wow-kr

経産省は遅くとも年末辺りに韓国を復帰させるだろう

結局、見送ったんですね!良かったです。
記事の雰囲気を見るとすでに復帰前提かのような印象を受けるがな。俺の考えでは経産省はどさくさに紛れて9月末あるいは12月末辺りにしれっと復帰させると思う。今の梶山経産相になってから何もいいことがないからね。
確かに・・・。梶山経産相って、地味ですよね?
ほとんど何をしてるのか分からないという印象だね。世耕経産相時代とは雲泥の差だ。韓国の言われるがままになってホワイト国への復帰を目指すと思う。何しろ名前がKaJiyamaだからな。
あ~っ!確かに!コリアジャパンですよね?
そういうこと。これに限らず◯Jという名前には注意した方がいい。三菱重工のMRJが苦境に陥っているのは、名前がよくないからと断言していいだろう。Japanの“J”が最初に来なければいけないんだよ。韓国はそうしてるよな。
韓国って、確かに「K」ばっかりですよね!他に「K」で始まる国が少ないからでしょうか?
Jも少ないよ。ヨルダンとジャマイカしかない。日本はもっと”J”を誇っていいはずなのに、韓国に遠慮しているのか知らないがJを下に置きたがる。Moon Jae Inの名前にもJを下に置きたいという願望が見え隠れしている。
確かに・・・。習さんもそうですよね?

韓国(Kankoku)は日本(Nihon)より上だという印象操作

その最たる例がNHKだね。対外的には“Japan Broadcasting Corporation”と名乗っているが、日本での略称は未だにNHKだ。NやMを略称の頭に使うと”K”よりも後に来る、つまり韓国より日本は下なのだという印象操作を与えることが可能になるわけだ。なあ日本経済新聞。

韓国、輸出管理の緩和要請 日本に「月末まで回答を」
2020/5/12 17:19

【ソウル】韓国政府は12日、日本政府の輸出管理について、厳格運用を始めた2019年7月以前の状態に戻すよう改めて要請した。韓国産業通商資源省は「日本側が提起した3つの事由はすべて解消され、緩和条件は整った」とし、5月末までに具体的な対応策を要求した。両国の議論は平行線をたどってきた。緩和を急ぎたい韓国側が期限を設定し回答を促した格好だ。

韓国側はこれまで日本の要請に応じて、軍事転用可能な部品や素材を輸出する際の管理体制の人員拡充や法改正といった対策を進めてきた。日本側が提示した政策対話も再開されており、産業通商資源省は「強化された輸出規制措置を原状回復させることをためらう理由はない」と訴えた。

日本の経済産業省は、まず制度の運用実態を見極める姿勢だ。そのうえで輸出優遇国に戻すかどうかを慎重に判断する。両国の輸出管理の担当部門どうしの対話は継続されているが、政治的にも両国関係に大きな影響を与える元徴用工問題は進展が見えないままだ。結果的に輸出管理の議論も停滞している。

両国の輸出管理を巡る対立は、19年7月に日本政府が韓国の輸出管理体制を問題視し、半導体材料など3品目の管理を厳格化すると表明したことが発端だ。さらに韓国を輸出優遇措置の対象から除外し、日韓関係が一層悪化した。韓国側は政府要人がたき付ける形で「日本不買」運動を展開するなど、両国関係は修復の兆しが見えない状態が続いている。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58991950S0A510C2FF8000/

これは、ウォーコリアの元記事ですか?
おそらくね。記事の画像に注目してほしい。韓国の方が日本よりも左側に来てるだろ?つまり韓国は日本より上なんだから、経産省はもっと前向きになってほしいという日経新聞からの隠れたメッセージと解釈できるわけ。普通に考えて日本の方が韓国より上に決まってるんだから、それをあえて否定するような画像を選ぶのはどうなのかという話だ。
でも、韓国の方が西側にあるので、位置的に考えてそうしたのでは?
そういう言い訳が聞こえてくるようだね。ではなぜ”日韓”表記を”韓日”にしないんだ?韓国の方が西側にあるから先にするべきだろ?違うのか?
それは・・・。日本のメディアだから、日本の方が先です。
ならば日本国旗を韓国旗の左側にするべきだ。ところが日経新聞はそうしなかった。日経に限らず韓国旗が左側に来る画像を使うメディアはみんなそうだ。位置の関係だということにして日本国民に韓国は日本より上にいるのだという刷り込みを行なってるわけ。大体日本の日本語読み(にほん、にっぽん)という単語は英語圏では通用しないんだよ。“Nihon”とか“Nippon”と言われても反応に困るわけ。その読み方を平気で英語圏で使おうとするのがまず信じられないね。
それって、韓国の韓国語発音の「デーパミング」という名前を、海外でも使うような物ですか?
微妙に違う気がするがww まあ似たようなものだね。韓国の場合日本向け以外では対外イメージを優先して英語を使うことが多い。韓国は日本語でも英語でもKで始まるが、日本の場合はJapanとNihonでKより後になるか前になるかが変わる。それで日本の多くの機関がNihonの方を採用してるというわけだ。

Japanの官公庁には愛国心が欠けている

というような話をコロマガ日本支部では延々としている。今朝もVol. 34を発行したが、同様の話題がふんだんに盛り込まれている。メディアから流れてくる情報の8割は情報操作のためにあると思った方がいい。その見破り方を伝授している。
そうだったんですか?でも、確かに勉強になりました・・・。英語を学ぶって、ホントに大事ですね!
ちなみに各省庁の英語略称もMOFAだのMETIだのMHLWだのと一様にJを避けている。一方の米国務省や米国防総省はUnited States Department of StateやUnited States Department of Defenseなどと国名をしっかりと最初につける。これだけでJapanの官公庁がいかに愛国心に欠けているかが分かるよな。
経済産業省は、ダメになりましたね・・・。何もないといいんですけど。
ネットユーザーの反応です!

・実態を確認する必要はない。解除する必要がない(8Bさん)
・最近瀬取りの情報がないので、余計に怪しく感じる(LNさん)
だから安倍首相じゃないといけない。他の首相ならとっくに韓国の言う事を聞いてる(RRさん)
・解除に向けての説明が前提なのに、何で日本に非があるような要求なのか理解できない(8Dさん)

その通りだ。安倍首相でなければならない理由がここにある。だが安倍内閣は盤石ではないね。梶山経産相は今すぐ交代しなければならない。できれば世耕経産相に戻すべきだ。日本には韓国-日本の世の中にしたいと考える連中が大勢いる。油断してはいけないよ。
今回は、本家にしては結構充実した話になりましたね!日本国民の皆さんに、広まるといいんですけど・・・。
ホワイト国への復帰がもしあれば安倍政権を支持できないと言ったが、それは安倍首相が官公庁の軍門に下ることを意味するからな。そのことは広めなければならないと思う。日本の伏魔殿の東京幕府を倒すまで安倍首相の戦いは続くだろう。勝利はすぐそこまで近付いている。
韓国の皆さん、日本は令和時代で復活します!韓国とはもう関係がなくなるし、助ける事もありません!さようなら!
日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!