中国ニュース

【緊急】中国国歌を侮辱したら逮捕 6月4日採決

国家安全法採択に伴い香港行政府が自主的に新たな規制案を審議しているようだ。中国の国歌を侮辱すれば逮捕するというもので、採決は6月4日を予定しているという。そう、あの六四天安門の日だ。香港行政府自ら中国共産党の目の前で仰向けになり腹をさらし恭順の意を示す様相だ。もっともその行政府は“香港”なのかどうかも怪しいが。

香港で国家安全法採択を前に抗議デモ 360人以上逮捕
5/27(水) 18:32配信 産経新聞

【香港】香港の立法会(議会)で27日、中国国歌への侮辱行為を禁じる「国歌条例」案の審議が再開された。中国の全国人民代表大会(全人代=国会)では28日、香港市民の基本的人権に制限を加える「国家安全法」を香港に導入する議案が採択される予定で、同条例や同法に反対する若者ら1千人以上が立法会周辺など香港各地に集結。警察当局は、違法集会に参加した容疑などで360人以上を逮捕した。

この日は朝から、若者らが道路や線路に障害物を置き、車両の走行や列車の運行を妨害するなどした。警察当局は約3500人を動員し、立法会の周辺を封鎖。立法会の建物を包囲しようとした若者らを強制排除した。

国歌条例案は、中国の国歌「義勇軍行進曲」を替え歌などで侮辱した場合、最高で禁錮3年の刑罰を科す内容。昨年の逃亡犯条例改正案に反対するデモや、「表現の自由を侵害する」として国歌条例案に反発する民主派議員らの議事妨害などで審議が中断していた。6月4日に採決される見通しとなっている。

立法会に近いショッピングモールなどでは、若者や市民らが反政府デモのテーマソング「香港に栄光あれ」を歌う抗議活動も行われた。この歌を香港の“国歌”と位置づける若者らが増えている。この日は「ONE NATION ONE HONGKONG」(1つの国家、1つの香港)という新たなスローガンが叫ばれた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1e58180419aca8f1cf814a3435534fd9548ed09a

中国人民にとって六四天安門は恐れる対象ではなくなった

国歌も禁止にするんですか?ひどすぎます!
記事をよく読めwww 中国の国歌を侮辱することを禁じる、つまり侮辱すれば逮捕するという条例案を香港行政府が審議しているという話だ。中国の全人代で国家安全法が決まるのに合わせて出された話だ。採決はなんとあの6月4日だ。
6月4日って、何の日でしたっけ?
まさか忘れたのか?六四天安門の日だよ。あの戦車の前に立つ学生の有名な写真を知らない人はいまい。その中国政府が最も恐れる、いや恐れていたと思われていた日付を堂々と取り締まり強化の法案のための採決日に使うというのは新たな段階に入ったことを示すと思う。
天安門事件の日でしたね・・・。それって、中国の人達には知られてはいけない日付ですよね?
ということになっていた日付だ。だがこれからは中国人民にとって6月4日は香港で国歌侮辱が禁止された日として記憶されることになるだろう。つまり歴史の上書きをしようとしているんだ。これで天安門事件は名実ともにタブーではなくなるかもね。
ボクは、もう中国は開き直ったのかなと思ったんです。だって、去年もその話はしてましたよね?
兆候は確かにあったね。だから”六四天安門”と書けば中国のコメント部隊が消えうせるというような話ももはや過去のものだと思う。今の中国人民はすべてを米国政府によるプロパガンダだと解釈するはずだ。いわゆる“五つの毛”が生えた人達のことに触れるのも彼らにとっては何も怖くはない。

国家安全法も先ほど難なく採択されたもよう

「五つの毛」で検索したらくせ毛のサイトが出てきましたけど・・・。
そうそうくせ毛の話な。そういう話にしておいてくれww それでだ。6月4日はもはや中国にとって恐れる日付ではなくなったとなれば米国の長年の工作活動がふいになってしまう。そういう中で国家安全法は難なく可決された。これで米国はいよいよ香港を制裁しなくてはならなくなったと言える。

中国「国家安全法」採択 香港に国家安全を守る機関が設置される見通し
5/28(木) 16:31配信 ABEMA TIMES

中国の全人代はさきほど、香港の取り締まりを強化する「国家安全法制」を導入する方針を採択した。

香港に適用する国家安全法制は、日本時間の午後4時に始まった全国人民代表大会の閉幕式で採択された。この後、李克強(り・こっきょう)首相が記者会見し、導入の理由などを説明すると見られている。

この法律では国家の分裂や政権転覆など、国の安全を脅かす行為などが、処罰の対象となり、香港に国家安全を守る機関が設置される見通しだ。

香港では、言論や政治の自由が脅かされるとの懸念から抗議活動が続き、きょうも学生や市民らがショッピングモールに集まり、「香港を取り戻そう」などと国家安全法制の導入に反対の声を上げている。(ANNニュース)

https://news.yahoo.co.jp/articles/8a6ab739283f226b4beda9884c0c52664e4eee01

あっさりと、決まってしまいましたね・・・。デモ活動も、無意味でした。
これでポンペオ国務長官が中国に翻意を促したという説が消えた。中国は最初から米国の制裁をも恐れていない可能性さえある。一方トランプ政権としてはあれだけ大見得を切った手前、何らかの強硬措置を講じなければいけない状況に追い込まれている。何しろ議会はトランプ政権以上に対中強硬で有名だ。
明日から、何が起こるか分からないです!怖過ぎます!でも、日本としては見てるしかないですね・・・。
今は米国政府がどんな制裁措置を下すかを固唾を呑んで見守っている状況だね。トランプ政権の次の一手に東アジアの命運が懸かっていると言っていいだろう。

今は英米の動きを待つしかない状況

ネットユーザーの反応です!

・基本的人権に制限を加える、何と恐ろしい事か(R2さん)
・共産党自体が憲法より上の位置づけになっている、と聞いた事があります(CYさん)
日本の大手メディアがだんまり。大手ネットサイトも同じだ(QYさん)
・中国はいくら産業が近代化しても、歴史的には追い付いていない。中国の主張は断固拒否しないと(56さん)
1つの国家、1つの香港です。日本よ、目覚めて!(NYさん)

それって“一国一港”だっけ?
違うと思います・・・。でも、一帯一路と大差ないような気もしますね。
いやまあわざとそうしてるんだと思うけど、今この状況でその言葉を思いついたように叫ぶというのはもはや遠吠えに等しいと思う。あと日本のマスコミは普通に報道しているよ。問題があるとすればアクセスランキングに何らかの調整を加えていると思われる大手ネットサイトということになる。
でも、コメントランキングでは共同通信の記事が伸びてました!やっぱり、似たようなコメントが多かったです。
さっきも言ったように、今はトランプ政権の制裁内容を待つしかない状況だ。日本政府単独でできることはほとんどない。香港をかつて牛耳っていたのは英国であり今の米国だからだ。香港ドルの命運を握っているのがその2カ国な以上日本としては英米の方針を追うしかない。もどかしいが米国時間を待とう。ワトソン君は、ネット掲示板やツイッターの方ももう一度調べてほしい。
分かりました!もっと調べてみます!