コロマガ

【コロマガ】海外支部第8号 “切り札を失った敗軍の将” の補足情報について

この記事は先ほど発行されたコロマガ海外支部第8号 “切り札を失った敗軍の将についての簡単な紹介と編集後の感想、それから補足情報についての記事になる。毎週日曜限定販売のコロマガ海外支部5・6月版を本日中に購入すればそのまま読める。

今号から新たに検査数の統計を追加

ワトソン君、お疲れ様!コロマガ海外支部の補足記事を始めよう。今週は全体の分量を減らしたつもりが逆に増えてしまったね。気付いてたか?
それは、多分検査数の話を入れたからだと思います・・・。逆に言えば、先週までよりもっと充実したと言えますよね?
各項目ごとに話すことも多かったからね。コロナとデモの両方に関わっている国が多かった。米国なんて3つに増えたからな。3つだぞ?
確かに!読んだ事ない人には、何の事だか分からないと思うんですけど、アメリカの比重が増えましたよね・・・。
あとやはり中国の情報は探すのが難しくなってるね。大手マスコミで報道されている以上の情報が見つかりにくくなった。誰も言及してないけど、中国にとって都合悪い動画が徐々に削除対象になってたりするのかもな。
ツイッター自体が、アメリカのサービスなので、中国からは規制しやすいと思います・・・。ティックトックの動画が、そのままツイッターにアップされてる事もあるんですけど。
まあそうだね。そもそも中国大陸からツイッターアカウントが使えてたのがおかしかったからな。ツイッター社は中国政府のものと思われるアカウントを1万超削除したと言ってたけど、具体的にどのアカウントが消えたかがよく分からないから何とも言えない。
ツイッターは、トランプ大統領も何回か規制されてます!その話も、取り上げたと思います。

“敗軍の将”が誰なのかは自ずと分かる

今回第8号のタイトルに入っている”敗軍の将”というのはもはや説明する必要もないと思うが、あえてここでは具体的な名前は出さない。その方がいいだろ?
あまり隠す意味もないと思いますけど、断言はしなくていいと思います!ボクは、断言するのはやめておきます。
連日のように起きているデモはもはや当たり前の光景になったし、加えて先週はとある事件がいくつも発生したからな。ある意味象徴的な出来事だったよ。ネットユーザーの反応をいくつか確認したけど、これまで同情的な声が多かったのが徐々に消えつつある。
ホントですか?
この後出す補足情報でも確認しようと思うけど、やはりあの暴露が効いてるんだと思う。これまでの認識を一変させるようなものが多く、フェイクだと一蹴するにはあまりにも無理があったからな。
ボクは、ボルトンさんはウソはつかないと思ったので、最初は困惑しました・・・。
こらww 固有名詞を出すなwww まあいずれ分かることだし別にいいか。補足情報についてはそれなりに多くなるから早めに取り上げておこう。
すみません(笑) でも、それは話さないと何も補足できないと思ったので・・・。

補足情報:トランプの大規模選挙集会が意味すること

補足情報として3つほど取り上げる。この3つの記事を見てどう思うかだ。

トランプ大統領、3か月ぶりの選挙集会 会場に空席目立つ
6/21(日) 13:52配信 AFP=時事

【AFP=時事】米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は20日、オクラホマ州タルサ(Tulsa)で3か月ぶりとなる選挙集会を開いた。[/chat]新型コロナウイルスによる公衆衛生・経済上の危機が深刻化しているだけでなく、人種的不平等への抗議デモがここ数週間で全米に広がった中、トランプ氏は自身の選挙運動の巻き返しを模索している。

ホワイトハウスは、集会に最高10万人が詰め掛けるとしていたものの、実際は会場となったBOKセンター(BOK Center)の1万9000席の客席には空席も目立った。

トランプ氏は、新型コロナウイルスにひるまず会場に来た支持者を「戦士」と呼んで称賛。同ウイルスにより米国では約12万人もの死者が出ているが、「私は(同ウイルスへの対応で)素晴らしい仕事をした!」と、勝利宣言のような発言も飛び出した。

また、今年の大統領選で対立候補となる民主党のジョー・バイデン(Joe Biden)前副大統領については「極左勢力のどうしようもない操り人形」と批判。「今から5か月後に『スリーピー(寝ぼけた)』ジョー・バイデンを破る」と述べた。

オクラホマ州では最近、新型コロナウイルスの感染者数が急増しているにもかかわらず、会場ではマスクを着用している人がほとんど見られず、ソーシャル・ディスタンシング(対人距離の確保)もほぼ維持されていなかった。さらに、集会が行われる数時間前には、事前にタルサ入りしていたトランプ陣営スタッフ6人が新型コロナウイルス検査で陽性になったと発表された。

https://news.yahoo.co.jp/articles/24b61703eea1a5840382eb38d3726680593f243e

気勢を上げるデモ参加者
6/21(日) 12:33配信 時事通信

20日、米オクラホマ州タルサで、トランプ大統領の選挙集会に先立ち気勢を上げるデモ参加者

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200621-00000012-jijp-int.view-000

【新型コロナ】米感染者数は3万4284人増加、トランプ氏は成果主張
6/21(日) 12:27配信 Bloomberg

(ブルームバーグ): 米国の新型コロナウイルス新規感染者数は20日、3万人を超えた。トランプ米大統領は新型コロナについて政権は「素晴らしい対応をした」と自賛した。[/chat]米国の新規感染者数は3週間で最多となった。韓国は21日、新たに48人の感染を確認し累計は1万2421人となった。ブラジルは感染者と死者の増加ペースが減速したものの、累計感染者数は110万人、死者数は5万人に近づいている。

ジョンズ・ホプキンス大学とブルームバーグ・ニュースの集計データによると、世界の感染者数は870万人を突破。死者数は46万4000人に近づいている。米国の感染者数は19日に比べ3万4284人増え224万人に達した。死者数は11万9460人となった。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/c0092fc502b9514da9a2c28596927b844f9a0c5c

これって、デモ隊も人の事を言えないのでは?選挙集会に参加してる人も、デモに参加してる人も、どっちも密が発生してます!
そりゃそうさ。だから3番目のBloombergの記事を入れた。彼らを動かす真の狙いは米国での感染者数増加と言っていい。新規感染者数が35,000人近くになったと書かれているが、感染爆発中の州の多くがトランプ支持州なんだよ。まさにロックダウンに逆らいマスクもしないような人が多い州ほど被害が拡大してるわけ。
えっ?じゃあ、集まる事自体に意味があるんですか?
我々からしたら卒倒するような状況だよね。大規模イベントに対して自粛要請が出されている中で、米国じゃデモも選挙活動もお構いなしで集合しまくってる。この様子を見て世界中の国々がどう思うか?という話になってくる。
それから暴露本についても続報があった。予定通り23日に発売されるようだ。すでに内容は多く広まっているから、それらが正式な出版物となれば韓国大統領府も見解を残さないわけにはいかないだろう。

米連邦裁、ボルトン氏暴露本の出版差し止め認めず 23日発売へ
6/21(日) 11:26配信 AFP=時事

【AFP=時事】ジョン・ボルトン(John Bolton)前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)がドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領を堕落しており無能だと評した暴露本について、米連邦裁判所は20日、出版差し止めを求めていたトランプ政権の訴えを認めない判断を下した。

ボルトン氏の著書「The Room Where It Happened: A White House Memoir(仮訳:それが起きた部屋 ホワイトハウス回想録)」は、23日の発売に向けすでに各地へ出荷されており、トランプ氏を厳しく非難した著書の内容の多くは、すでに多くのメディアで報じられている。[/chat]ワシントン地区連邦地裁のロイス・ランバース(Royce Lamberth)判事は、出版差し止め命令を出すには遅過ぎると述べた。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/5a67586e3c2cceaf89b57da9b77964311fd64e65

あ~あ・・・。誰にも、止められなかったんですね。ムン大統領は、覚悟を決めないといけないです。
そういうこと。他にも色々と書いたけど、今週も世界情勢が派手に動くことが予想される。次の世界大戦で勝者が誰になるのかを慎重に見極めながら行動しなくてはいけないというわけだ。補足はここまでにしよう。
最後にコロマガ海外支部第8号”切り札を失った敗軍の将へのリンクを埋め込む。今日中に5・6月版を買えばそのまま読むことができる。また7・8月版は来週の日曜から販売を開始すると予告しておく。
関連記事