コロナウイルス対策マガジン

【コロマガ】日本支部Vol. 43「中国三峡ダム決壊と内戦の時が迫る」の補足情報について

この記事は昨日の夜に出されたコロマガ日本支部Vol. 43「中国三峡ダム決壊と内戦の時が迫るについての簡単な紹介と編集後の感想、それから補足情報を加えた記事になる。記事へのリンクを埋め込む。

三峡ダムの話をするも最後にどんでん返しがある

コロマガ日本支部Vol. 43の補足記事を始めよう。今回は結局記事タイトルで何の話をするかを種明かししてしまったんだけど、当初は”三峡ダム”の単語は隠すつもりだった。
それは、思いました!中国の話をするとしか言ってなかったので、後で見て意外だなって思ったんです。
編集の後半になってネット掲示板でもトピックが立てられていたことに気付いた。それで微妙に軌道修正をしたわけだ。三峡ダムの決壊が近付いているということに関する多くの客観的な情報を取り上げたが、我々はそこにいくつかの独自の要素を付加した。
確かに、最後の方で急に黒井さんの主張が始まって、意外な方向性で話が終わったのでビックリしてしまいました・・・。
歴史的背景が重要になってくるとだけ言っておこう。物事の裏の裏まで分析してこそだ。表に出てくる情報を追いかけているだけでは分析とは言えないからね。
場所が大事なんだと、思いました!上手に言えないんですけど、下流にどんな都市があるかが大事ですよね?
そこはあまり話さないでほしい。まあ自ずと分かる話だけど。
すみません・・・。補足情報としては、今三峡ダムがどうなっているかを取り上げるんですか?
ぶっちゃけそれしかないというか、それが最も気になる部分だからな。これ以上話すとコロマガの中身に触れてしまうことになるから、早めに補足情報に移ろう。

重慶や四川もすでに洪水の被害を受けている様子

今朝になってこういう記事が見つかった。新唐人テレビという米国のニューヨークに本部を置く中国語のテレビ局で、専門家の意見も交えて報道をしている。

専門家が三峡ダム決壊の危険性を指摘 「唯一の道はダムの解体」【禁聞】
2020年6月23日

連日の大雨によって中国南部の各地で洪水が発生し、三峡ダムの決壊を危ぶむ声が挙がっています。6月17日にダム上流の四川省丹巴県で洪水と山崩れが発生した後、中国の専門家は下流の住民に避難を呼びかけました。一方、三峡ダム専門家の王維洛(おう・いらく)氏は、「どこにも逃げ場はない。唯一残された道はダムを解体することだ」と発言しています。

中国南部では6月上旬から大雨が続き、24の省と区で豪雨により852万人が被害を受け、各地で浸水と洪水が発生しています。6月17日早朝、三峡ダム上流の四川省甘孜(カンゼ)丹巴県で発電所が押し流され、山崩れも発生したことで、安全性が疑問視されている三峡ダムが再度決壊の危険性に直面しています。

経済学者の「財経冷眼」はツイッターに「三峡ダム上流の四川省と重慶市で洪水が起こり、小規模ダムが決壊し、三峡ダムが危険にさらされている!」と投稿しました。
・・・

王維洛氏は昨年の段階で「三峡ダムの解体は早ければ早いほどよい。解体は簡単だ。水門をすべて開けばよいのだから」と注意を促していました。しかし中共政府は三峡ダム建設の業績を守るため、耳を貸しませんでした。

https://www.ntdtv.jp/2020/06/44005/

ダムを解体したら、決壊と変わらないのでは?
制御不能の猛烈な濁流を避けることが第一と言えるから、解体というのは語弊があるかもね。水門を全部開けて崩れたら決壊と変わらないし、ぶっちゃけ非現実的な方法しか提案できないんだと思う。放水で制御している様子もいくつか取り上げたと思うが、それを上回るスピードで水が溜まり始めているからな。
確かに・・・。今も、ドンドン水位が上がってるんでしょうか?
重慶の様子をツイッターやYouTubeでアップしていた人もいたけど、すでに濁流に飲み込まれていたよ。三峡ダムの上流に位置する都市だから、重慶が先に水害を受けることで三峡ダムにも影響が出るという話だ。残念ながら濁流の動画は本家では掲載できない。ツイッター検索で探してほしい。
じゃあ、黒井さんの言ってた事は正しかったんですね!「重慶」なら出しても問題はないですか?
まあそうだな。何しろ1940年以来で最悪の洪水だそうだから。三峡ダムなんてひとたまりもないよ。SKB君によれば同じく上流の四川でも街が水没していたそうだ。それらの洪水がすべて下流の三峡ダムへと向かうわけだ。
国父さん、毎日三峡ダムの情報を取り上げてますよね・・・。色んな人が一斉に話題にしたのに、日本のメディアでは全然報道しません!

今や日本の報道機関は機能せず…ツイッターのみが命綱という状態

そこが今回の記事の重要個所かもね。今や日本の情報空間は完全に閉ざされつつあると言っていい。大手マスコミは当然のごとく報道しないし、ネット掲示板でも昨日の夜まで1ミリも情報が出てきてなかった。唯一ツイッターだけが機能していた状態だ。
ツイッターがなかったら、ボク達は情報鎖国されてしまいます!その事を、実感したんです。
俺がたびたび参照する藤原氏についてもツイッターを主な活動領域としていて、元ソースは中国語だからな。英語や中国語の記事を要約して紹介してくれるだけでもかなり違うと思う。

えっ?じゃあ、放水や解体でもダメなのでは?
そういうことになるね。すでに長江全体が水で溢れかえっていてどこで水害が起こるかも分からない状態なんだろう。ツイッターの一部では避難情報についても書かれていたけど、本気で下流域にいる邦人は逃げ出した方がいいかもな。何もなく無事に終わったとしても念のために動くことは必要だ。
ホントですね・・・。日本で全然報道されないから、現地の日本人も知らないと思います!
ちなみに揚子江というのは本来は長江の一部を指すもので、最近はあまり使われず中国政府は長江を正式名称として採用しているようだ。Googleマップでも揚子江と検索すると長江と出てくる。細かいけど区別はつけられるようにしよう。
そういう部分も、大事だと思います!
最後になるが、日本支部Vol. 43へのリンクを埋め込む。日本や日本人にも関わってくる内容として日本支部で取り上げることにした。興味があれば読んでみてほしい。