トランプ政権

ボルトン砲が韓国政府に直撃! 顔をつぶされパニック状態! 政府総出でボルトン叩き! 惨めだな…

ボルトン砲が本日発売されるが、それに合わせるかのように韓国政府のボルトン叩きが激しくなってきている。大統領府や韓国与党が一斉に反応してボルトン元補佐官を非難している。だが時すでに遅し。誰もが当然そうだろうと思っていたことが実証されて、日本の立場としては納得感のある著作だと褒めるしかない。

文大統領の「仲裁者論」が直撃弾浴びるや韓国与党・青瓦台は一斉にボルトンたたき
6/23(火) 10:11配信 朝鮮日報日本語版

青瓦台(韓国大統領府)や韓国与党・共に民主党など与党勢力は22日、米ホワイトハウスのジョン・ボルトン元国家安保補佐官の回顧録に対する総攻勢に乗り出した。先日の北朝鮮による開城の南北共同連絡事務所爆破、さらには軍事的脅威が予告された状況で、ボルトン氏回顧録という悪材料を放置した場合、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の「仲裁者」としての役割に致命的な悪影響が及びかねないと判断したからだ。

ボルトン氏に対する攻撃の先鋒(せんぽう)には共に民主党議員らが乗り出した。南北・米朝首脳会談当時、青瓦台国政企画室長として実務を担当した共に民主党の尹健永(ユン・ゴンヨン)議員はこの日、フェイスブックに「自分が知っていることが世の中の全てと信じる錯覚と傲慢(ごうまん)から抜け出すよう望む」と指摘した。尹議員は「全ての事実を細かく公開して反論したいが、ボルトン氏のような人間にはなれないので我慢する。言うべきことがなくて言わないのではない」ともコメントした。

尹議員は韓国の最大野党・未来統合党に対し「大韓民国大統領と政府の言葉は信じられず、自らの本を販売するため必死のボルトン氏の言葉は信じるのか」と批判した。共に民主党の金漢正(キム・ハンジョン)議員は「(ボルトン氏は)朝米関係の改善を全く望んでおらず、内心では破綻を望んでいたことを告白したようなものだ」とした上で、ボルトン氏を「つまらないタカ派」と攻撃した。キム・ギョンヒョプ議員も「ハノイでの米朝首脳会談を決裂させたかったボルトンの率直な告白、これが米国ネオコン(保守強硬派)の真実」と指摘した。金議員はこの「ネオコンたち」について「武器の商売人」と皮肉った。

青瓦台は、「ボルトン氏は米朝首脳会談を『韓国政府の創造物』と指摘した」と最初に報じられた時点では「出版されていない内容についてはコメントしない」としていた。ところがこの日はボルトン氏の「カウンターパート」だった青瓦台の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長が実名でコメントを発表し、自ら対応に乗り出した。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/243199fd7df20f8a6cc8f58aacd89c16f2a67bf1

6月23日はボルトン砲の発売記念日

韓国ポータルサイトを見てたんですけど、トランプ大統領が韓国政府の主張を擁護したみたいです!ツイートを引用してました。
まじで?それは後で確認しておく。今回はボルトン砲の発売記念にあたり、改めて韓国政府がボルトン元補佐官に盾突いている様子を見てみようと思ってな。
新しい話は、特にないみたいですけど、何だか韓国政府がミジメですね・・・。
それそれ。これらの話はすでに世に出てしまったから、今さら抵抗しても後の祭りという話だ。暴露本に先立ちダイジェスト版がマスコミに公開されたが、出版の差し止め要求が却下された理由はまさに内容が広まってしまったからというものだった。ボルトン元補佐官の戦略勝ちと言える。
しかも、感情的になって否定するのは、事実だからですよね?
そういうこと。事実無根であれば笑って流せばいいし、事実にしても冷静に反論して証拠を突き付ければいい。感情的になっているのは、それが覆しようのない事実で都合が悪いからに他ならないからだろう。
ムン大統領の支持率も、また落ちそうです。意地悪クラブが、絶対に失敗を認めません!
実際去年6月の米朝首脳会談についてはトランプと金正恩の2人だけで話し合う予定だったのが、文在寅が頑なに要求したせいで3人で会うことになったと発覚したからな。これも暴露本に詳細が書かれているらしい。
そうなんですか?

去年6月の米朝首脳会談がとどめとなり関係破綻

愛国日報もこの件については並々ならない関心を寄せていて、米韓関係に亀裂が入るほどに発展するんじゃないかと危惧もしている様子だ。

「当初、北側統一閣で2人だけ会おうとしていた米朝…韓国が阻んだ」
6/23(火) 9:37配信中央日報日本語版

米国のジョン・ボルトン元大統領補佐官(国家安全保障担当)の回顧録『The Room Where It Happened: A White House Memoir(それが起きた部屋:ホワイトハウス回顧録)』が韓国でも大きな波紋を呼んでいる。23日(現地時間)の公式出版を控え、一部の敏感な内容がマスコミに公開されたがらだ。ボルトン氏は自身の補佐官時期はもちろん、トランプ大統領就任以降の南北および米朝交渉秘話などを回顧録にまとめている。敏感な外交的事案が暴露形式で公開されると、青瓦台(チョンワデ、大統領府)はこれを非難した。
・・・

こうした中、当時米国と北朝鮮が板門店首脳会談を準備しながら、当初は文在寅(ムン・ジェイン)大統領を入れずに板門店の北側地域である統一閣で米朝首脳が会う方向で調整を進めていたことが把握された。当時の米朝接触に精通した消息筋は22日、「(米朝板門店)会談はドナルド・トランプ大統領が訪韓を控えて日本に滞在している間にツイッターでサプライズ提案し、北朝鮮側がこれに呼応して行われた」とし「会談を翌日に控え、米国と北朝鮮は板門店北側地域の統一閣を両首脳が会う場所として調整していたが、韓国側の要求で結局板門店南側地域の自由の家で会うことになった」と明らかにした。

当初、トランプ大統領が休戦ラインを越えて北側統一閣に行き、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と2人で会おうとしたが、米国大統領の警護問題とともに韓国側が強く主張して自由の家に場所を移して自然な南・北・米首脳会談が行われたということだ。金委員長は当日、休戦ラインを越えて南側の地を踏んだ直後、文大統領とトランプ大統領と共に挨拶を交わした後、自由の家でトランプ大統領と2国間会談に臨んだ。

これはボルトン氏が回顧録で「米国側は何度も文大統領の(米朝首脳会談への)出席を断った」と回顧録に書いた部分ともつながる情況だ。ボルトン氏は「文大統領が『金委員長が韓国の地に入った時に私がいなければ適切でなく見えるだろう。金委員長と挨拶してトランプ大統領に紹介し、その場を離れる』という話をした」とも伝えた。

米朝が韓国を排除したまま首脳会談を推進したのは、北朝鮮側の要求があったためだと消息筋は伝えた。北朝鮮はすでにトランプ大統領の訪韓直前である昨年6月27日、外務省のクォン・ジョングン米国担当局長を前に出して「南朝鮮当局が口出しする問題では全くない」とし、米朝対話から外れるよう公開要求していた。板門店会談をめぐり、北朝鮮は3国間ではなく米朝2国間を要求していたということだ。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/e4ea17dff55f14e6f86ba6c32ac17d40e196748d

去年6月って、ハノイ会談の後ですよね?キム委員長は、ムン大統領にはもう会いたくなかったと思います・・・。
そういうこと。それなのに差し出がましく仲裁者ぶって会談の場所まで変更させた。当初は北朝鮮側でやるはずが韓国側でやらされて、文在寅とも挨拶をさせられてしまったわけだ。結局この会談でも得るものはなく、トランプともそれっきりとなった。
じゃあ、ハノイ会談だけじゃなくて、6月の会談がとどめだったんですか?
そういう解釈もできるね。3度目の正直という言葉があるように、この2019年6月30日に行なわれた事実上3回目の米朝首脳会談で何かが決まる可能性は十分にあった。ところが会談場所が韓国になってしまったことから金正恩は本音を隠し心を閉ざした。もし北朝鮮のままだったら歴史が変わってたかもね。
場所が大事だったんですね・・・。韓国の建物だと、盗み聞きされてないかが不安です!
そういうこと。トランプと金正恩だけで何らかの密約をする可能性があったが、韓国文在寅がそれを妨害したとも解釈できる。もっとも韓国文在寅を排除しようと思えば米国の要求だけでもできたはずだから、トランプの考えが甘かったとも言える。ボルトン元補佐官はこの場にいなかったそうだ。
そうなんですか?
朝鮮日報の2ページ目に書かれているが、ボルトン元補佐官はこの時モンゴルにいたそうだ。もしもこの場にボルトン元補佐官がいたならば、韓国側での会談を実施することもなかったかもしれないね。まさに歴史のIfだ。

青瓦台は、ボルトン氏が昨年6月に板門店で行われた米朝首脳会談当時、ソウルではなくモンゴルにいた「弱点」をも攻撃し始めた。青瓦台のある幹部は、ボルトン氏の主張が事実かどうかを問う質問に「昨年6月の板門店会談当時の報道を見れば、ボルトン氏の役割が何だったかすぐに確認できるはずだ」と反撃した。・・・

昨年6月の板門店会談を巡っては、ボルトン氏の回顧録と、当時の青瓦台による説明が大きく食い違っている。ボルトン氏は「板門店会談の際、トランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)委員長のどちらも文大統領の参加を願わなかった」と主張した。しかし文大統領は板門店会談当日の6月30日に行われた会見で「今日は私も板門店に招待された」と述べた。青瓦台は当時、誰が招待したのかを問う質問に「分からない」と答えた一方で「金正恩氏は文大統領の手を取り、感謝の意向を伝えた」と強調した。ボルトン氏と青瓦台のどちらかはうそをついていることになる。

ホントだ!じゃあ、トランプ大統領も韓国の意地悪クラブに騙されてしまったんですね・・・。そのせいで、失敗してしまいました。
文在寅そのものが意地悪だろうがwww

韓国文在寅が米朝関係を邪魔したと解釈できる

えっ?違います!ムン大統領も、ホントは北朝鮮側で会談で良かったのに、韓国の意地悪クラブが盗聴をしたかったから反発したんです!
盗聴説は仮説でしかないが、韓国側としては米朝に妙な密約をされては困るという思いがあっただろうね。よって文在寅も意地悪クラブの一員という解釈が可能になる。
ムン大統領は、キム委員長に謝りたかったんだと思います。それで、直接会いたかったんです!キム委員長には、伝わらなかったみたいですけど・・・。
どんな擁護だよwww ネットユーザーの反応は?
まとめました!

・運転車論なんて、韓国だけが思い込んでたのに、気付かないんですか?(6Xさん)
・韓国政府の姿勢そのものが阻害要因だから、今更どう取り繕ってもダメだと思います(TSさん)
・韓国を排除するのが北朝鮮の意向なら、統一の意思もないと思います(OCさん)
板門店でムン大統領はカメラに写り込む事に成功しました。その後に追い出されていました(CHさん)
あれから1年経過しても、まだ北朝鮮から必要とされていたと思い込んでいるのが、ムン大統領らしいと思います(RTさん)

相変わらず辛辣なコメントが多いね。ワトソン君は文在寅には手を引いてもらいたいという立場だっけ?
そうです!うまく行かない時は、一旦やめた方がいいと思います。引く事を教えてくれなかった、意地悪クラブに責任があります!
何でも意地悪クラブのせいにすればいいと思いやがってww まあ確かにボルトン砲に反発してるのも主にワトソン君が言うところの意地悪クラブであって、文在寅自身はそこまで反応してないようだがね。
ムン大統領は、やり直せると思います。時期を待っていたのに、意地悪クラブが全部台無しにしました!意地悪クラブがムン大統領を失敗に追い込んだんです!
どうでもいいわwww 日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!