韓国ニュース

韓国政府の教育資料がベトナム戦争の真実を明らかにしてしまう! 退役軍人団体がパニック状態!

ソウルの教育委員会がベトナム戦争での韓国軍の蛮行について記したようだ。朝鮮戦争70周年を記念して発行した教育資料の中でだ。具体的な事件の名前まで書かれている。退役軍人団体はおろか朝鮮日報までもがこのことに反発して愛国心を発揮している。歴史の真実を認めずに韓国保守派を自称している。一部の過激な表記を省略した。

「韓国軍がベトナム戦争で…」、ソウル教育庁の教育資料が物議
6/30(火) 20:29配信 朝鮮日報日本語版

ソウル市教育庁(教育委員会に相当)が6・25戦争発生70周年を迎えてこのほど発刊した教育用資料「東アジア、平和にもう一度読む」の一部内容が偏向的だとして論議を呼んでいる。

聯合ニュースなどが30日に報じたところによると、この冊子のある章「韓国史の鏡、まだ終わらない記憶の戦争、ベトナム戦争」では、ベトナム戦争当時の韓国軍による疑惑を既成事実として扱っている上、参戦の理由に関しては金を稼ぐための動機だと記述している。この資料は「契機教育資料」として配布されたが、契機教育とは、特定の記念日などの際に、児童・生徒に教育課程では扱われないテーマを教えるものだ。教育庁は、ソウル市内の中学・高校728校全てにこの教育資料を配布し、授業と学校教育活動に活用するよう要請した。この冊子の執筆にはハ・ジョンムン韓神大教授と高校教諭5人が参加した。

執筆陣は、韓国軍のベトナム戦争参戦の背景について「朴正煕(パク・チョンヒ)政権の参戦の大義名分は、共産世界から自由世界を守るためというものだったが、実際にはベトナム派兵によって在韓米軍の撤収を阻止して安保面を保障してもらうとともに、派兵の見返りとして米国から経済的・軍事的援助を獲得し、ベトナム特需を通じて外貨を稼ぐ、という実利が作用して下された決定だった」と記述した。

ベトナム戦争に参戦した軍人らの派兵支援の理由としては「韓国生活に対する不安、外国生活に対する憧れ、上官の命令、愛国心などがあったが、やはり最大の理由は金銭的な理由、すなわち家族の経済的困難を解決するためだった」と説明した。

この冊子では、韓国とベトナムの間で依然として論争の種になっている韓国軍の疑惑を事実であるかのように扱っている。

主な内容を見ると、「ベトナム戦争でも…ありました。米軍による『ミライ(ソンミ村)』、北ベトナム軍とベトコン、韓国軍もあったといいます」と記述している。

その上で「初めて問題となったのは1968年にあった『フォンニィ・フォンニャット村事件』で、韓国軍は当時なかったと公式に否定したが、米国の資料館の文書管理所で2000年6月1日付で機密解除となった駐ベトナム米軍司令部調査報告書には、韓国軍に関する内容が写真と共に収録されていた」と説明した。

この冊子の最後では「ベトナム人の立場で、また参戦軍人の立場で考え、この問題にどのように向き合うべきか調べてみましょう」と生徒らに提案していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7201c792fab1458663728cd62c7711bb702df0b3

朝鮮日報がパニック状態でソウル市を非難か

えっ?ベトナムの韓国軍の話は、事実ですよね?何がいけないんですか?
まったくだな。この内容だと朝鮮日報は許せないらしいよ。史実を認めないでパニック状態になってソウル市の教育委員会を非難している。これで韓国保守派を標榜するんだから呆れたものだ。
意地悪クラブなので、保守ではないと思います・・・。ムン大統領に意地悪をしたいだけです!
いや文在寅政権も含めてこういった蛮行の話は認めてこなかったはずだ。自らが従軍経験があるのに韓国軍を非難することは難しいだろう。だからソウル市が単独でやり始めたとすればある意味歴史的な転換点と言える。
イギリスがBBCで取り上げたのが、効いてるんでしょうか?
それもあるかもね。何しろこの記事によれば韓国軍だけじゃなく米軍までもがその事件に関与したことが書かれてるそうだからな。具体的な事件の名前まで掲載されている。
アメリカに、怒られそうな気もしますけど・・・。北朝鮮問題があるのに、そういう事は言うべきじゃないって言われそうですよね?
曲がりなりにも米韓同盟は存在しているからな。だが米国はこういう真実を広める歴史資料について存在を容認してしまっている。圧力をかけてでも隠蔽する力を失ったのかもしれないね。
じゃあ、やっぱりムン大統領はベトナム戦争の時の事を、謝罪すると思います。総選挙の前だったので、認めてないだけです!

朝鮮日報はパニック状態に見せかけて韓国軍批判か?

それを言うならここまで内容を詳しく書く朝鮮日報の記事も問題だがな。これが日本のマスコミであればディテールは書かずに単にベトナム戦争における事実無根の事件という形で処理するだろう。
そうなんですか?
朝鮮日報の記事を要約すると、韓国軍や米軍がベトナム戦争で蛮行を犯して、ソンミ村やフォンニィフォンニャット村での事件を起こしたというようなことを書いてる教育資料は許せん!退役軍人も反対している!という風になるからな。穿った見方をすれば教育資料の宣伝になってしまってるってこと。
2ページ目でもソウル市の主張を書いていて、“民族主義、排他的国粋主義、自民族中心主義”という言葉まで掲げながら暗に韓国のことを批判している。これまでの文脈で考えれば、この3つの主義は明らかに日本ではなく韓国のことを指し示している。

ソウル市のチョ・ヒヨン教育監(教育委員長に相当)は、この教育資料について「戦争、分断、国家暴力、嫌悪と差別などが招いた悲劇の東アジアの歴史を振り返り、悪条件の中でも平和を渇望して実践した人々の足跡を通じ、民族主義、排他的国粋主義、自民族中心主義から脱却して民主主義、平和、人権という観点から平和と共存する新たな東アジアの未来を共に開いていこうという内容を盛り込んだと説明した。

しかし、ベトナム戦争参戦者団体は、教育庁の冊子が偏向的だとして批判した。大韓民国越南戦(ベトナム戦争)参戦者会の関係者は「冊子の全ての内容が事実でない」として「当時、数多くの従軍記者と外信記者らが来て報道していたが、そのとき問題があったというのか」と強く反発した。また、金を稼ぐために参戦したという記述についても「共産主義から自由民主主義を守るために命を懸けて戦った対価としてお金をもらい、祖国に送って祖国の経済発展に寄与したわけで、われわれは単に金を稼ぎに行った雇い兵ではない」と反論した。

じゃあ、朝鮮日報は保守のフリをしてるって事ですか?
本音を書きたいが新聞社全体の方針として書けないもどかしさがあるのかもしれないと思ったね。記者単体としては嘘ではないと知っているが、それを書いてしまうと見えない場所から圧力がかかるというか。仮にそうだとすればなかなか賢い記者だと思う。
ムン大統領が認めてないなら、ちょっと複雑ですよね・・・。でも、ムン大統領にも圧力がかかってると思いたいです。
退役軍人団体の力がまだまだ強いのかもね。背後には米軍がいるからな。それでもベトナム戦争時の事件に関して”米軍”の単語を出したのは前進と言えるかもしれない。朝鮮日報読者がこの表記を問題視しない可能性は低く、結局は米韓同盟の亀裂へと発展する可能性もあるとさえ言える。
そうなると、いいです!アメリカも、韓国の事は放置したいし、早く引き揚げた方がいいと思います!

韓国軍は自国の罪を日本軍になすり付けた

在韓米軍が撤退できるかどうかはGSOMIAの件が関わってくると言っていいだろう。逆に言えばあの件以外で米韓同盟解消の議論を巻き起こすことは難しい。金正恩からも求められている以上、文在寅はどこかでベトナム戦争の蛮行を認めるんじゃないかな?
そうだといいです!ムン大統領は、圧力で沈黙してるだけだと信じたいです。
ネットユーザーの反応です!

日本では、ベトナム戦争に韓国軍が参戦していた事自体をマスコミが隠蔽してます(Q2さん)
・日本に難癖をつけようとしてたら、ホントの歴史問題を掘り起こされました(O1さん)
・韓国の人達に言いたいです。過去の歴史を直視して下さい(GLさん)
ベトナムで非武装の村を襲撃しただけで、投入戦力の1割が犠牲になったそうです(Q2さん)
・多数の証拠が残っているのに、見苦しいです(QMさん)

うむ。今回は韓国の教育資料からその話が出たというのが目を引く部分なんだが、あまり注目されなかったようだね。どこぞの活動家じゃなくてソウル市だぞ?つまり韓国政府だ。
トピックのタイトルが、いまいちかもしれないです・・・。でも、これでムン大統領も真実を話してくれると思います!
まあいずれにせよ韓国軍は苦しい状況に追い込まれていると言っていい。俺は文在寅の動きについてはそこまで期待はしないが、いずれ解消に向かうことを願う。韓国軍は朝鮮戦争とベトナム戦争の双方で犯した罪を日本軍の慰安婦問題としてなすりつけているのは明らかだからな。
そうですよね・・・。韓国の皆さん、事実を認めて謝罪しましょう!
この件は英国が味方についているから、英国の動きに期待するとしよう。日本としても全力でサポートすべき案件だ。”韓国保守派”を追い詰める時が来たと言えるだろう。
関連記事