コロナウイルス対策マガジン

【選挙速報】小池都知事圧勝! ※再選記念でコロマガ日本支部Vol. 45を無料公開※

都知事選で小池都知事が圧勝するという予測を1週間前にコロマガ日本支部Vol. 45で出したが、予想通り前回よりもさらに差をつけて再選されることになった。再選記念としてVol. 45の大半を無料公開して、その後にワトソン君が事前に実施していた得票数の予測と結果の比較をした追記部分をつけた。その追記部分まで無料だ。この機会に読んでみてほしい。

都知事選の総括と所感について

今回の都知事選の負の側面をここでは取り上げよう。ツイッターで“小池”と入力して検索すれば分かるが、小池都知事を呼び捨てする野党候補推しのツイートが山ほど出てくる。当選したとしても間違っているものは間違っていると民主主義を否定するかのような意見までもが見つかった。彼らによればツイッター民の大半は小池都知事落選を望んでいたようだ。
今回の都知事選の結果予測を外した専門家やインフルエンサーを見かけたら、今日から一切信用せずアンフォローした方がいいレベルと言える。コロナ禍における選挙戦の重要ポイントをまったく理解してないにも関わらず影響力を持つからだ。“コロナは風邪”だと言い放った候補なんてもっての外だ。アフターコロナの時代に間違った認識を植え付けられたら自分も感染者になると理解しよう。
落選してしまった候補のうち小野泰輔氏は熊本元副知事ということもあり、小池都知事以外では唯一まともな候補に見えた。ツイッターで調べれば分かるが小野氏は左寄りの人達から総攻撃されていて、過去に韓国の整形事情に関するツイートを行なったことが問題視されているようだ。生誕が東京都目黒区ということもあり、東京都出身というアイデンティティを生かして次回に臨んでほしいと思う。吉村府知事の見る目は確かだ。

落選した山本太郎氏は小池都知事を“山”に例えたようだが、問題発言だろう。政治家として一からやり直した方がいい。“令和”と”新撰組”の両方の名を汚したことは日本国民はいつまでも忘れない。できれば二度と選挙に出ないでほしい。

東京都はこれから感染爆発の波に呑まれることになるかもしれないが、小池都知事でなければこの苦境を乗り切ることさえも難しいと理解しよう。緊急事態宣言は誰も再開したくないし、東京アラートも二度と出したくない。繁華街での対策が急務だ。勝って兜の緒を締めよ。戦いはこれからだ。

東京都 新たに111人感染確認 “夜の街”関係46人 新型コロナ
2020年7月5日 20時10分

東京都は5日、都内で新たに111人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。都内で1日の感染の確認が100人以上となるのは4日連続です。

東京都は5日、都内で新たに10歳未満から100歳以上の男女合わせて111人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。
・・・

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200705/k10012497411000.html