MENU
トランプ政権

香港ドルペッグ制廃止、実現なら中国経済に致命傷! 米国政府のアドバイザーとの議論で浮上!

香港を香港たらしめているのはドルペッグ制があるからだ。他にも税金が安いとか海外送金が容易だとかいう理由もあるが、それは香港の通貨が安定してこその話だ。ドルペッグ制弱体化で中国経済に致命傷を与えることができるが、米国にも同様に大きな打撃をもたらす諸刃の剣として認識されている。今は期待値低めで行った方が後からいいことが起こるかもしれない。

トランプ米大統領側近、香港ドルペッグ制の弱体化検討=BBG
7/8(水) 11:24配信 ロイター

[7日 ロイター] – トランプ米大統領の一部のアドバイザーが、香港ドルの米ドル連動(ペッグ)制を弱体化させる案を検討していたことが分かった。ただ、提案に支持は集まらなかったもようだ。ブルームバーグが7日、関係筋の情報として報じた。

報道によると、ポンペオ国務長官のアドバイザーらが幅広い議論を行う中で浮上した案で、香港の銀行による米ドル購入を制限する方法などがあり得る。

ただ他の政権メンバーは、そうした措置は中国ではなく香港の銀行や米国に悪影響をもたらすだけだとして反対したという。

報道によると、提案はホワイトハウスの高官レベルには上げられておらず、現時点で幅広い支持が集まっていないことがうかがわれる。

報道によると、トランプ政権はHSBCホールディングス<HSBA.L>をはじめ香港に拠点を置く銀行を標的とした措置を打ち出すことを優先しているという。

米財務省、国務省、ホワイトハウスは現時点で取材に応じていない。

香港ドルペッグ制の弱体化やその影響を巡り、市場でも憶測が広がっている。

ハミルトン・コートFXのアナリストは、スワップ枠を縮小またはスワップ協定を終了することにより、香港ドルのレンジ内維持に向けた香港当局の米ドル取引を制限する手法が考えられると指摘。

コメルツ銀行のアナリストは、ペッグ制弱体化について「可能性は低い」としながらも、市場に大きな影響を及ぼす恐れがあると言及。「香港金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)が現行体制を廃止すべきとの観測が広がれば、特定企業の米ドルへのアクセスを制限するという制裁は結果的に香港ドルペッグ制を脅かす」と述べた。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/e72b86f0484545a8f6470581675eb80b4bf5563f

アドバイザーとの議論の中で浮上した案…実現性は未知数

ドルペッグ制って、香港ドルとアメリカドルを固定にするって事ですよね?
以前どこかで説明した気がする。完全な固定ではないが一定のレート範囲内における変動相場制をとっていたはずだ。通貨の安定により香港は国際金融センターとしての利益を享受できた。ところがそれが脅かされているという話だ。
国家安全法の中身を見たら、金融センターどころじゃないと思うんですけど・・・。
この話はポンペオ国務長官のアドバイザーが議論を行なう中で浮上してきた案の1つだが、具体的な提案としてホワイトハウスには上がっていないという。つまり実施する可能性は現段階では低い。そこまで期待せずにおいた方がいいかもね。
ボクは、トランプ大統領ならやってくれると信じてます!信じたいです!
まあな。トランプ大統領再選を掲げる我々としては期待をするより他はないだろう。こういう話が出てくる時点でいずれ実施することを前提にしているとも言えるからな。それだけじゃなくて特定の金融機関に対する制裁も検討しているようだ。
CSHBと書いてあるんですけど、これって制裁をするんですか?
またそういうwww HSBCだっての。CSHBだと中国上海香港銀行になるだろwww
すみません(笑) 毎回覚えられなくて、忘れてしまいます!

国家安全法に反対しなかった香港の金融機関に制裁を検討か

そのHSBCに対する制裁なんだが、どうやら香港を拠点にしているというだけで制裁対象として浮上しているようだ。まあ香港拠点の金融機関で国家安全法に反対したのが皆無だから自ずとそうなるだろうが。

HSBC株が香港で下落、米政権がペッグ制と銀行への打撃検討か
7/8(水) 15:53配信 Bloomberg

(ブルームバーグ): 英銀HSBCホールディングスの株価が8日の香港市場で下落。中国の「香港国家安全維持法」制定を受けて、トランプ米大統領の側近の一部が香港ドルの米ドルとのペッグ制に打撃を与えることを望んでいるとブルームバーグ・ニュースが報じたことがきっかけ。HSBCは香港で税引き前利益の3分の2余りを稼ぐ。

米政権が特にHSBCなど、香港をベースとする銀行に制裁を与える方法を探っているともブルームバーグは事情に詳しい関係者2人を引用して伝えた。ポンペオ米国務長官は6月、香港国家安全法導入の動きに支持を表明したHSBCを批判している。

米国務長官がHSBC批判、香港巡り-企業への政治的圧力高まる

香港上場のHSBC株は4.3%下げてこの日の取引を終了。約3週間ぶりの下落率を記録した。ハンセン指数構成銘柄として値下がり率トップとなった。同行の香港在勤の広報担当者は報道についてコメントを控えた。

原題:HSBC Slumps as U.S. Weighs Moves to Punish Hong Kong Banks (3) (抜粋)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e1ec5fdc97f21fe38d6217b8a8e6156c5882fe34

株価は、ドンドン下がってるみたいですね・・・。今年の最初は60ドルあったのに、今は36ドルしかないです。
買いを入れる理由がほぼないよな。香港ドルペッグ制終了にせよ制裁にせよいい話が1つもない。俺はHSBCへの制裁はドルペッグ制よりも早くに来るんじゃないかと思っている。実施が容易だからだ。
ボクも、そっちが先だと思います!中国は、香港が上海より先に来る銀行は、気に入らないのでは?
中国にとっても邪魔ってことか?なるほどね。もし制裁したとしても米国経済への打撃はさほど大きくないからな。まあ英国経済への打撃にはなってしまうけど。記事でもあるようにHSBCは香港で収益の3分の2を稼ぐというから、英国金融が混乱することにもなりかねない。
そうなんですね・・・。じゃあ、制裁はしない気もします。
そこは英国に目をつぶってもらうんじゃない?何しろトランプ総統は再選のためにボルトン砲に書かれていたことが嘘だと証明する必要があるからね。ここからの数カ月で対中強硬政策を次々と打ち出すことができれば再選へと一直線だろう。
確かに!中国に打撃を与えられるなら、大丈夫ですよね?
一方的なやり方で国家安全法を決めて国際法にも違反したのに何もしないとなれば、世界秩序は中国のものになってしまうからね。トランピアンズも香港ドルペッグ制の廃止を強く求めることになると思うよ。

香港ドルペッグ制の話題は次のトレンドになる可能性も

ネットユーザーの反応です!

理由を付けてブレーキをかける人がいます。自己保身だけで動いています(VHさん)
・実際には、人民元ペッグ制に移行する機会を提供するだけかも(5Fさん)
中国の海外との決済70%が香港を経由しています。香港ドルペッグが終了したら、中国経済が破壊されそうです(7Uさん)
・結局はお金の損得勘定で動くんですね(X3さん)

ツイッターで今回の件を色々と探しているんだが、ペッグ制終了による香港ドルの崩壊に懸けている人がちらほらと出始めている。俺は期待値低めで行った方がいいと思うけどな。まだ動くには早い。
そうなんですね・・・。あまりそういう事は、したくないですけど。
ヘッジとしてポジションを取るならともかく、そこに全勢力をというのはいただけないね。株の信用取引もできればやめた方がいい。じわじわと上昇していく株式投資の良さを相殺してしまうことになりかねない。
とはいえ香港ドルペッグ制の話は三峡ダム洪水に続くトレンドになる可能性があるから、しっかり押さえた方がいい話ではある。万が一ということもあるからね。今月中にはトランプ総統の親族の暴露本も出てくることだし、それに応じて対中姿勢を強硬にしてくれることを望みたい。
そう言えば、そうですね!ちょっと調べてみます。
昨日の米国株式市場はダウ平均株価が+177.10ドル高26,067.28ドルと小幅上昇した。ワトソン君が+2.11%、黒井が+1.02%、バフェット氏が+1.07%とまたしてもワトソン君がトップ成績だった。ハイテク比率が高いことが理由だ。おめでとう。
やったぁ!ボクの大好きなアップルさんがドンドン上がってて、見てて気持ちがいいです。黒井さんのゴールドマンサックスも、結構上がってます!
バフェット氏銘柄のムーディーズは強いね!ハイテクとか関係なく上げ続けている。ポートフォリオの構成は月一度だけ変更を許可しているから、ワトソン君も手放したい銘柄があるなら申告してくれ。”あの銘柄”は失敗だと思う。
ホントですね・・・。もっとキチンと選べば良かったです。後で考えておきます!
今月に入ってから米国株式投資レポートを始めていて、週末の記事ではポートフォリオと1週間の業績を大公開している。昨日は臨時で号外も出した。コロマガ米国支部の目玉企画だ。興味があれば読んでみてほしい。