MENU
コロナウイルス対策マガジン

【コロマガ】海外支部第11号 “重大発表”の補足情報について

この記事は先ほど出されたコロマガ海外支部第11号”重大発表”についての簡単な紹介と編集後の感想、それから補足情報を加えた記事になる。7月・8月版での発行となっているから、間違えずに購入してもらいたい。今日中に購入すればそのまま読める。

これまでで最も重要な記事として位置付けられる

ワトソン君、今週のコロマガ海外支部の補足記事を始めよう。7月・8月版では2つ目の記事となるけど、どうだったかな?
今回は、今までで1番大事な記事だと思います!いい意味でも、悪い意味でも大事です!
まあな。とある“重大発表”を実施したし、それに伴い悲しいお知らせも掲載した。項目数の増減としてはそこまで激しくなかったが…
そうなんです。でも、仕方ないと思います。受け入れるしかないんです!
こういう状況に追い込んだのは誰のせいだか明らかだからな。憤るより他はないね。圧倒的な力の前にはどうすることもできない。悪い意味での世界秩序の変化を肌で感じるよ。これからの世界は大きく作り変えられていくだろう。
アイキャッチ画像は、どういう意味があるんですか?
いつものお札マスクシリーズをドル紙幣で揃えたものだ。7人勢ぞろいすると迫力があるだろ?日本人でも右端はおそらく頻繁に目にしたことがあると思う。報道記事でよく使われるのは左端だね。
中国が消えて、アメリカだけになりましたけど・・・。
ここで注目してほしいのはずばり色だね。今号ではとある”色”を強調したカテゴリーを作っているんだが、まさにそこに直結する画像と言える。これ以上は言わないでおく。
理解しました!そういう意味だったんですね・・・。

世界各国に行けるのかどうかの情報も随時調査予定

今号からはコロナ情報におけるみんなが知りたがっている部分、ずばり出入国の話についても拡充していくことを決めた。日本人はその国に行けるのかどうか、行けるとしたらどんな手続きが必要なのかという話だね。次号以降は本格的な調査を進めていく予定だ。
それは、面白そうですね!タイの話は、ちょっとだけ載せましたよね?
タイについては色々と詳しい話が出てきてるよな。他の国でどこに関心があるかを知りたいから、本家でアンケートを実施しようと思っている。コロナが収束したらどこの国に行きたいかという調査だ。当然中国と韓国は除外で。
いいと思います。ボクは、ハワイに行ってみたいです!
ハワイか…。よし決めた。ハワイは次号以降強調することにしよう。ちょうどいい。有益な案に感謝したい。
あっ・・・。そういう事だったんですね。よく分かりました。
いや偶然だぞ?偶然にもそこが空いたから。間が開きすぎていて何か工夫しなければと思っていたところだ。ちょうど夏休みということでハワイに行きたくなる人は増えるだろうからね。
コロナ対策でお国柄が出るのも興味深いね。国によっては地域感染ゼロを続けないと国境を解放しないし、かと思えば欧州のように1日数百人レベルでもガンガン解放している地域もある。どのやり方が正しいのかはまだ明確にはなっていない。
第二波が、全然収束しないので、いつ爆発するかが怖いですよね・・・。
一部の国ではコロナ爆発をも無視して経済活動を再開し始めてるからね。病床に余裕があればそれでもいいんだろうが、フロリダはすでに無視できない水準となっていたはずだ。
そこは、心配ですよね・・・。犠牲者の増加は、後からやってくるってKFさんが言ってました。

補足情報:ブラジル大統領が感染源となって感染爆発

補足記事はこういうのがいいかね。

ボルソナロ氏お膝元で感染多数 大統領府で100人以上 ブラジル
7/12(日) 7:19配信 時事通信

【サンパウロ時事】新型コロナウイルスを「感染しても心配ない」と軽視してきたブラジルのボルソナロ大統領の「お膝元」である大統領府で、職員100人以上が新型コロナに感染していたことが分かった。

ボルソナロ氏も7日に検査で陽性と分かり、現在は公邸にこもっている。

大統領府によると、3日までに全職員3400人の3.2%に当たる108人が検査で陽性だった。9割以上が軽症または無症状で済んだという。

大統領府は「庁内でのマスク着用やアルコール消毒、職員間の適切な距離の確保などを指導している」と説明。もっとも、感染者と「濃厚接触」にまで至らない接触者の隔離について規則などは定められていない。ボルソナロ氏の感染を機に対策を見直す方針だ。

ただ、大統領府内の感染率は国全体の4倍近くに当たる異常な高さ。マスクなしで公の場に出ていた「あるじ」の態度が、大統領府全体の緩みにつながっていた可能性は否定できない。ブラジリアの連邦公務員組合は8日、「ボルソナロ大統領や閣僚らが、病のまん延を抑えるための保健衛生指導を習慣的に守っていないのは無責任だ」と強く批判した。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/deb1aa98e74143a1044193a8994a412b07fad847

経済活動を再開した米国は、こうして新型コロナウイルスの“危険地帯”へと逆戻りし始めた
7/11(土) 12:47配信 WIRED.jp

・・・

経済活動が再開された地域で感染が急増

今年の5月、米国政府で最も権威のある感染症専門家のアンソニー・ファウチが経済活動の拙速な再開に警鐘を鳴らすなか、全米の州は経済活動の再開に踏み切った。非常に慎重かつ段階的なアプローチをとった州もあるが、多くの州は再開に向けて一気に舵を切ったのだ。そして30以上の州で5月末までに、レストランで食事をしたり、地元のボーリング場に行ったり、お気に入りのバーで飲んだり、地元の理髪店や美容院でネイルをしたりできるようになったのである。

規制が緩和されるなか、新型コロナウイルスの感染者数は再び増加傾向を示すようになっていた。6月下旬には感染者数が増加の一途をたどるようになり、7月2日には一日あたりの新規感染者数が初めて50,000人を突破した。7月2日には、全米50州のうち40州で感染者数が増加していることが、米公共放送サービス(PBS)によって報じられた。7月5日には、新規感染者数の7日間の移動平均値が27日連続で最高値を更新した。

当初、米国北東部に集中していた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のアウトブレイクの“震源地”は、いまは南部や西部に移り始めている。テキサス州、アリゾナ州、フロリダ州、カリフォルニア州南部などではCOVID-19の新規感染者が激増しており、新たな「ホットスポット」となっている。では、この増加の背後には何があるのだろうか?

「感染が増加しているのは、経済活動が再開された地域です」と、エモリー大学で進化生物学とウイルス学の准教授を務めるカティア・コエルは言う。彼女は今回の感染増加を「第二波」と呼ぶことを躊躇している。厳密にいえば、米国は「第一波」の終わりに達していないと考えているからだ。「各州が経済を再開して人々の密集を後押ししたことが、感染増加の原因になっているようです」

マスク着用を義務づけなかったことも影響

ニューヨークなどの州が慎重かつ段階的に経済を再開することを選んだ一方で、テキサスなどの州は自宅待機令を解除した4月下旬に、早くもロックダウン(都市封鎖)の措置を緩和し始めていた。5月1日の時点でレストランは定員の25パーセントの座席数での営業を許可され、バーやボーリング場、ロデオについては、その3週間後に25パーセントの収容人数での営業が解禁された。

6月上旬には、企業は普段の半分の収容人数での営業が許可されていた。アリゾナ州では小売店や理髪店、サロンの営業が5月8日から許可され、レストランでの店内喫食は5月11日から許可された。ジムはその2日後に営業を再開した。フロリダ州では6月5日に「ユニーバーサル・オーランド・リゾート」の営業が再開し、州内のほとんどの都市でバーや映画館、マッサージ店の営業が許可された。

そして7月4日には、テキサス州の入院患者数が7,890人に急増した。これは同国のほかの州と比べて危機的な水準である。例えばニューヨーク州では、同日の新規入院患者数はわずか844人だった。

これらの州に共通するのは、比較的早期に経済活動を再開した点に加え、最近までその多くが州全体でのマスク着用を義務づけていなかったことだ。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/b2ec1f0e10001d347d5690ebe56cd3eecb1b4977

ボロナレス大統領が感染源になってますね・・・。ドンドン拡大してます。
ボロナレスって誰だよwww ボ“ルソナロ”大統領だろ?1文字しか合ってないだろうがwww
すみません(笑) どうしても名前を覚えられないんです。
まあ確かにコロナ感染でボロボロだから言いたいことは分かるけど、それにしてもマスクをするしないでここまで明確な差がつくとはね。経済再開を急ぎすぎたのも感染爆発再開の要因だろう。
アメリカは、世界最悪のペースで伸びてますよね・・・。アメリカだけで、個別にランキングを作った方がいいような気もします。
それはいい案だね。実は世界ランキングももう少し改善しようと思っていて、上手なやり方をさっき思いついたんだよ。実行できるのは来週以降になりそうだが。楽しみにしていてほしい。
ホントですか?分かりました!期待しておきます!
最後になるが、コロマガ海外支部第11号へのリンクを埋め込む。7月・8月版での発行となるが、5月・6月版もアーカイブとして販売を継続している。最新号を読みたい場合には間違えないようにしてほしい。マガジンのアイキャッチ画像が7人になってる方が7月・8月版だ。日曜日の間ならば購入してそのまま今号を読むことが可能だ。
そういう意味だったんですか?細か過ぎます!でも、分かりやすいです。
9月・10月版は9人、11月・12月版は11人という風にしていくつもりだ。同じく楽しみにしていてほしい。