MENU
コロナウイルス対策マガジン

【コロマガ】米国支部第10号「トランプ再選の鍵を握る米国大統領選の重要州を覚えよう」について

この記事は先ほど発行されたコロマガ米国支部第10号「トランプ再選の鍵を握る米国大統領選の重要州を覚えよう」についての簡単な感想と編集後の感想、それから補足情報を追加した記事になる。コロマガ米国支部の通常記事は単独で51部発行されるが、その後はマガジン購読者のみが閲覧できる形式だ。

米国大統領選における重要州を一通り学習できるコンテンツ

コロマガ米国支部第10号の補足記事を始めよう。今号は前から予告していたように、米国大統領選における重要州の学習記事を実施したね。かなり気合を入れたよ。
それは、ホントだと思います!スイングステートという言葉があるんですけど、ボクはそれを表面でしか分かってなかったって思いました。
基本的にはそれでいいんだけどね。大統領選は何が起こるか分からないから、それに応じたシナリオをいくつか想定しながら具体的に州を塗りつぶしていった。
実践的で、分かりやすかったです。後半には、サプライズな展開もありました!
今号における”重要州”は3つほどあるが、おそらく読者の誰もが想像もつかないような州だと思う。大手マスコミがこの部分に注目しているかどうかはまだ調べていないが、歴史的な展開も想定されると思っている。
トランプ大統領がどこを押さえれば勝てるのかも、分かりやすかったです!再選のためには、何が必要なのかも分かりました。
我々としてはトランプが再選されることを正式に予言しているし、その予言が的中することを確信しているからね。具体的にその予言を実現化させるための道筋についていくつか示したつもりだ。
予言、当たるといいですね!ボクは、黒井さんが予言者になる事を期待してるし、もし実現したらお祝いパーティーをやろうと思ってます!
いやあ照れるねえww トランプの再選はもはや確定事項とさえ言えるからね。今の支持率が何ポイントかなんてのは大した話じゃないんだよ。逆境こそが糧になると4年前に全米が味わったからな。

米国50州の覚え方を先に習得しておくと理解が捗る

予備知識としてコロマガ第3号の50州の名前の覚え方を読んでおくと理解が捗るかもね。というより読まないとミネソタ州がどこだかをわざわざネット百科事典を開いて確かめないといけなくなるかもしれない。
そう言えば、そうでしたね・・・。オハイオ州の場所とかも、結構難しいのでは?
“ウィーモップン”と”ミアミアルー”という2つのフレーズを習得すれば簡単だけどね。あのフレーズのおかげでミシガンとミネソタとミズーリとイリノイとインディアナとアイダホの位置関係をほぼ完璧に覚えた。
その辺りは、最難関だと思います!覚え方フレーズがないと、絶対にムリです・・・。ラストベルトという言葉の意味も、やっと分かりました!
第3号の覚え方フレーズを習得しないまま以下の州の区別と位置関係を完璧に答えられる日本人がいたら大したものだよ。それだけで尊敬に値するというか。

【米国の覚えにくい州名の組み合わせ一覧】
・アイダホ
・アイオワ
・オハイオ

・ミネソタ
・ミズーリ
・ミシガン
・ミシシッピ
・メイン
・メリーランド
・モンタナ

・バーモント
・バージニア
・ニュージャージー
・ジョージア

・カンザス
・アーカンソー
・アラバマ
・テネシー
・ケンタッキー

・ノースダコタ
・サウスダコタ
・オクラホマ
・ネブラスカ

覚え方をやるまで、知らない州が半分以上ありました・・・。バーモントは、今でも間違えそうです!
手前味噌ながら俺が確認した限り50州についてここまで徹底的に覚え方を研究した人やサイトは他にないと思う。ないからこそ作りたかったというのがあった。それでこそ大統領選の報道もすっと頭に入ってくるだろ?
スムーズに理解できますね・・・。調べる時間が省略できた気がします!読者の皆さんにも、ホントに役に立ってる気がします。

補足情報:トランプがコロナ禍を認めオンラインに移行か

補足記事としてはこういうものがいいだろう。少し前の話になるが、今号のためにとっておいた記事だ。

トランプ米大統領が遠隔方式の集会、対面での開催は「難しい」
7/19(日) 11:31配信 CNN.co.jp

(CNN) トランプ米大統領は再選に向けた市民集会を、今後は遠隔方式で開催するとの方針に転じた。17日に開催した初の遠隔集会で、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、従来のような大規模集会は難しくなっていることを認めた。

トランプ氏はこの日、中西部ウィスコンシン州の支持者らに向けた遠隔集会で、23分間にわたり演説。「みんなが大好きな集会」の代わりだと述べ、「治療法やワクチンのほうはとてもうまくいっているが、それが解決するまでの間、大きなイベントの開催は難しい」と説明した。

同州の住民向けの話題が中心だったが、現政権による新型ウイルスへの対応を擁護し、「素晴らしい成果を挙げてきたのにほとんど認められていない」「わが国の検査体制は世界一だ」と力説する場面もあった。

トランプ陣営は先月、南部オクラホマ州タルサで大規模集会を強行したが、参加者は予想の人数を大きく下回った。同市ではその後、新型ウイルス感染が拡大している。

先週末に東部ニューハンプシャー州で予定していた集会は悪天候を理由に延期され、開催のめどが立っていない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4fa51db7aa52b1d8f8e89ba1144a6eb211fee0c8

これは・・・。補足というより、追加情報だと思います。この前のマスクをしたという記事に近いですよね?
まあそうだね。大統領選の話題ではあるから入れたけど、米国支部第9号の補足情報とも言えるかもしれない。あの記事ではマスク姿のトランプが何を意味するかを余すことなく書いたが、この記事でも似たような現象は起こる気がする。
トランプ大統領、コロコロ言う事が変わりますね!でも、最後に言った事が真実だと思うようにします。
それが無難かもね。記事後半ではトランプに関する話題も少し取り上げたけど、それとこの補足記事はあまり関係していない。この調子では第11号をすぐに書かなければいけないかもな。
それは、そう思います!アメリカ支部が最近少なかったので、もっと増やした方がいいです!
少し考えさせてほしい。あとアイキャッチ画像については最大限に工夫した。いずれこの画像を選んだ意味をワトソン君とコロマガ読者に向けて説明しようと思っている。
この画像は、気になりますね・・・。どんな意味があるのかが、分かりそうで分からないです。
最後になるが、コロマガ米国支部第10号へのリンクを埋め込む。通常のコロマガ記事だから51部の単独販売を行ない、その後はマガジン購読者のみが閲覧できる形になる。
関連記事