コロナウイルス対策マガジン

【コロマガ】日本支部Vol. 54「台湾有事の恐るべきシナリオとは」の補足情報について

この記事は先ほど発行されたコロマガ日本支部Vol. 54「台湾有事の恐るべきシナリオとは」についての簡単な紹介と編集後の感想、補足情報などを追加した記事になる。リンクを埋め込む。

今号では”台湾有事”の単語を前面に押し出して詳しく説明

コロマガの補足記事を始めようか。今号はかなり気合いの入った図を入れて説明したから無茶苦茶時間がかかったけど、それだけ満足のいくものができたと思っている。
こんな解説ができるのは、日本で黒井さんだけだと思います・・・。有料記事ならではですよね?
まあな。“台湾有事”の単語を前面に押し出すことにしたのは、本当は他の話題も入れるつもりが大半が台湾の話題になってしまったからだ。それに今は隠すようなことでもないからね。
どこまで話したらいいですか?記事の内容を言いそうになって、やめました。
全体的な感想を書いてくれればいいよ。すごかった?怖かった?爽快だった?
映画の感想みたいな聞き方はやめて下さい(笑) ボクは、納得感のある結論だと思ってます!日本として、何をするべきかが明確になったのは良かったです。
それもそうだね。今号についてはワトソン君が眠れなくなるほど落ち込むようなことはなかった。日本にとって前向きな内容だったからだ。日本はこの戦争に勝ち抜くことができると信じている。
結局、日本国民が何を選ぶかが大事なんだと思いました。ヘンな事を言う人には、騙されたくないです!
ある意味情報戦が最も重要かもね。今の日本は情報が集約される場所がどこにもなくて報道にただ翻弄されるばかりの人達が増えてきていると感じる。そういう情報をひとまとめにして特集することが大事だと思っている。

補足情報:米国の圧力は重大な挑発と捉えられるか

この記事では後半に三峡ダムの話と株の話を入れたいから、早めに補足情報に入る。この報道がいいだろう。

米厚生長官の台湾訪問に「武力使用する可能性あり」=中国メディア
8/6(木) 12:30配信 WoW!Korea

米国のアレックス・アザー保健福祉長官は、新型コロナウイルス感染症に関する協力方案を協議するため、台湾を訪問する予定だと発表したことで、中国が強く反発している。

5日、中国共産党機関紙“人民日報”の姉妹紙“環球時報”は社説で「アザー米保健福祉長官の台湾訪問は、台湾との関係発展を通じて中国に圧力をかけようとする米国の策略だ」とし「中国には軍事的報復を含めた多くのカードがある」として、米国を非難すると同時に台湾に圧力を加えた。

今回のアザー長官の台湾訪問は、対外的に大きな意味がある。1979年に米国と台湾が断交して以降、長官レベルの訪問が初めてなされるためである。

アザー長官は、台湾側と新型コロナへの対応と国際保健、米国と台湾間の協力関係などを協議する予定だとされている。

また 台湾外務省によると、アザー長官は蔡英文総統とも会う予定である。これに中国政府は、米国が“一つの中国”という原則を無視したものだとして、強く反発している。

環球時報は「蔡英文当局が米国に近づこうとするほど、台湾は一層危険になるだろう」とし「中国には軍事カード以外にも、台湾に圧力を加えるカードがたくさんある」と警告した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ccd7696e3309b9181f8f9a4cfe0b139bc91aa595

これって、どう解釈すればいいんですか?
長官レベルの訪問が数十年ぶりになされるというのは中国にとっては不愉快な動きだね。それだけに重大な挑発ととられる恐れがある。
トランプ大統領の、対中強硬政策の一部ですよね?
そうだと思う。台湾との交流を深めて中国に圧力をかけるというのが今のトランプ政権のやり方だ。このことについてもコロマガ記事中で俺の考えを書いたね。
そうでしたね!じゃあ、ホントにそうなりそうです。日本にとっても、悪くない流れですよね?
既定路線と言えるだろう。トランプが当選した2016年からずっと同じ流れが続いていて、それが表面化し始めたというか。俺はこの決定については米国の意思を尊重したい。
ボクも、いいと思います!中国を挑発して、圧力をかけてほしいです!
日本としてもやるべきことは決まっているからね。日本の国益を最優先するとなれば自ずとその答えしか出てこない。誰もが理解しているはずだ。

米国株式投資:ダウがコロナライン突破、黒井のワクチン銘柄大暴騰

三峡ダムについてだが、今日は水位が下がった。下がり方がそこまで多くないことから放水に慎重になっているものと思われる。リンクを埋め込む。
昨日の米国株式投資の成績だが、ダウ平均株価は前日比で+373.05ドル高27,201.52ドルとなった。コロナラインをついに突破したぞ!おめでとうワトソン君!
ええっ?ホントですか?じゃあ、上に行くしかないですね・・・。ここまできたら、3万ドルを目指してほしいです!
成績だがバフェット氏は+0.93%、黒井が+3.59%、ワトソン君が+1.18%となった。黒井がこれだと確信したコロナワクチン銘柄が大暴騰したおかげで単独でポートフォリオを押し上げた。気分が良いのう。ふははは!
すごいじゃないですか!黒井さんの考えが、大当たりって事ですよね?ボクも、買いたかったです・・・。金融ニンジャさん、どうしてボクのワクチン株は下がる一方なんですか?
だから結局どのワクチンがレースに勝利するかが重要なのであって、それを判断するための材料はこの前話したようなものが大事だったってこと。俺はそういう考えでいるから。コロマガ米国支部の読者諸氏に有益な情報を提供できて誇らしく思う。
最後になるが、コロマガ日本支部Vol. 54三峡ダムまとめ記事、それから該当の話をした米国株式投資レポートへのリンクを埋め込む。