News U.S. レポート

「世界で見かける隠れ韓国ブランドに注意しよう」という話

この記事は先ほど発行されたNews U.S. レポートの最新記事「世界で見かける隠れ韓国ブランドに注意しよう」をワトソン君に紹介して補足情報などを加えた記事になる。

日本人の多くが知らないと思われる危険な韓国製

さっきの記事でワトソン君に話したことを早速News U.S. レポートにまとめた。見たか?
見ました!ホントに記事にしたんですね。仕上げるのが早いです!
いつものように冒頭部分を引用してみる。
News U.S. レポート読者諸氏は韓国製品についてどれくらい知っているだろうか?ここでの知っているというのは、絶対に買わないために韓国製はどれなのかを認識してるか否かという意味だ。今回はサムスンやヒュンダイといった分かりやすい韓国製品だけでなく、他国製に見せかけた韓国製という危険なパターンをいくつか紹介しよう。主に日本国外をターゲットにした製品で、米国はもちろん世界各地で見かけた韓国製の実態だ。
もっと有名なのかと思ったら、全然知らなくてビックリしました!韓国製って、意外と多いんですね・・・。
知らなかっただろ?だからこそ危険なんだよ。日本人でサムスンのスマホの買う人は誰もいないと思うしサムスンコーナーもガラガラだろうけど、それはみんな韓国製品だと分かってるからそうなるのであって。
ボクが見かけた、ロゴのないスマートフォンの人も、きっとサムスンだと思います!
ロゴを消してまで販売するというのは、それだけ商売や自社ブランドに後ろ向きな姿勢を持っているということを意味するからね。最大の問題は韓国民自身が韓国ブランドに自身を持っていない。それに尽きる。
それで、ボイコットジャパンをしないといけないんですね・・・。すごく納得感があります!
だろ?韓国製がろくなもんじゃないから日本製ばかりになって、結局そういう運動を起こさないとみんな日本製を買っちゃうわけ。日本では韓国不買運動なんてわざわざ実施しなくても誰も買わないからな。

“隠れ韓国製”は韓国では売られていない

確かに、不買を呼び掛けても買う人はいるし、そういう人達を止めても仕方ないですよね?
買いたくない人はそれが韓国製かどうかを知られれば十分だ。あとは自ずと判断できることだ。韓国の場合は”隠れ日本製”というのがほぼ存在しない状況で、自らが日本製品を使うかどうかを100%選択できる状態にあるってこと。
それは、逆にうらやましい気もします!韓国では、隠れ韓国製も売られてないですよね?
まさにwww 韓国民向けには愛国心発揮のために盛大にアピールするだろうね。そのうえで品質のいい日本製を選ぶか、品質ではなく愛国心の韓国製を選ぶかという話になってくる。ところが米国やその他の海外ではそれが難しいという話だ。
日本製だと思ったら、韓国製だったというパターンはないんですか?
それはさすがにない。日本企業の商品の一部に韓国製部品が使われていたパターンを入れれば別かもしれないけど。俺の場合は中国製や台湾製だと思ったら韓国製だったパターンが多いかな。
それって、あまり変わらないのでは?
変わるだろwww 俺はIKEAの商品シールを剥がす時わざわざ中国語は残すからね。中国と韓国に対する扱いの差を明確にするためだ。韓国語については本気で1文字たりとも商品上に存在してはならないかのごとくに剥がす、剥がす、剥がす。ビリビリに剥がす。
よく分かりました(笑)

結論:韓国の強硬な態度がますます韓国製回避の意志を強める

そういうわけで、さっきの記事がすでに今回の補足記事なんだよね。韓国のライターが日本不買運動について書いたっていうやつ。韓国民としては日本製品を不買するもしないの韓国の自由であって、それを日本が笑う資格はないと言いたいわけだ。そういう態度がますます韓国製を回避しようという決心を強める。
ボクは、韓国製は意地悪クラブの利益になるので、買ってはいけないと思ってます!ムン大統領の顔が描かれた首輪なら買ってもいいです。
そうかww 文在寅にお世話してもらえば?その際には諜報活動を依頼しよう。まあいいや。
最後に記事へのリンクを示す。5日間ですでに4記事となった。今回の隠れ韓国製記事も定期的なシリーズとして配信する可能性はあるとだけ言っておく。