News U.S. レポート

ビットコインが取引所から引き出せなくなった話

この記事は先ほど発行されたNews U.S. レポートの最新記事「ビットコインをGOXした時の話をしよう 」をワトソン君に紹介して補足情報などを加えた記事になる。

ビットコインは結局ゼロにならなかった

今月もあと2日となったが、最新号の記事は見た?
見ました!黒井さんも、結構苦労してるんですね・・・。詳細は、言わない方がいいですよね?
まあそうだな。9月11日の記事を機にビットコインの話題を解禁にしたわけだが、月に2~3回は書ければいいと思っている。来月以降はさらに力を入れていく予定だ。
「ゴックス」という言葉は、あまり一般的ではないと思うんですけど、タイトルにそれを入れたのは意外です!
まあな。これには特別な思いがあるというか。本家のこの補足記事ではもう少し分かりやすいタイトルにする予定だよ。ビットコインバブルがはじけてから早くも2年半近くが経過するが、結局ビットコインはゼロにならず何とか続いているからな。
それって、大事なんですか?
何だかんだ誕生から10年以上経過してるけど、消えなかったということはそれだけ価値を認められている証拠だと思う。よくも悪くもね。

ビットコインに関する見解はすべて9月11日に書いた

補足情報となる記事を探そうと思ったらこんなものが見つかった。非常に興味深いと言えるね。

ビットコイン、終値1万ドル超えが63日連続
9/29(火) 6:00配信 CoinDesk Japan

ビットコインは27日、1万793ドルで取引を終了。データサイトのメッサーリ(Messari)によると、終値が1万ドルを超えたのは63日連続となり、これまでの記録を更新した。

これまでの記録は2017年12月1日~2018年1月31日までの62日間で、ビットコインが取引所のコインベース(Coinbase)で1万9900ドルの史上最高値を更新した。

ビットコインのこのところの1万ドル超えは、比較的静かなもので、ほとんどが1万~1万2500ドルの間の狭いレンジにとどまっている。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/a6ca985a4e7ce1332de0dffc449d4d405143f00c

これって、暴落が起きてもすぐに戻ったって事ですよね?
先々週辺りに一時的に10,000ドル割れになる展開はあったけど、テクニカル的な下支えもあり何とか持ちこたえた形になるね。これからどうなるか分からないが、ある意味バブルを克服したとは言えそうだ。
ビットコインは、まだ否定的な人が多いと思いますけど・・・。黒井さんは、肯定的ですか?
9月11日の記事に書いたことが俺のビットコインに対する見解のすべてだ。今日の記事はそれとは別に自分が体験したことをそのまま書いただけだ。1つだけ確かなのは、何が正義かを決めるのは俺ではなく市場だということ。
確かに・・・。もし1000万円になったら、やっぱり凄かったって事ですよね?
端的に言えばね。まあ今の調子だと12,000ドル辺りが天井でそれ以上上がらない気がするけど、上下運動を繰り返しながらどこまで到達するかなんて誰にも分からない。当然大暴落を起こして電子くずと化す可能性もゼロじゃない。株と同じだよ。
それは、すごく分かります!株だと考えると、リスクを取らないと何もリターンがないって思ったんです。

将来の価格を安易に予測する人だけは信用できない

ビットコインはハイリスクで人によってはギャンブルとか投機だと思うだろうね。2018年の大暴落でビットコインの単語を聞くのも嫌になってしまった人を知っている。だが結果的にそこが大底だった。先のことは誰にも分からないんだよ。
ホントですね・・・。将来の価格を予測する人だけは、信用しないようにしてます。
さっき自分も1,000万円がどうとか言ってたくせにww
最後になるが記事へのリンクを示す。9月もあと2日で終わりだが、10月以降に購読を開始した場合今日の記事を読む手段はなくなる。了承願いたい。