News U.S. レポート

海外でよく見かける中国人や韓国人についての話

この記事は先ほど発行されたNews U.S. レポートの最新記事「海外でよく見かける中国人や韓国人について」をワトソン君に紹介して補足情報などを加えた記事になる。

海外×中国韓国という組み合わせはニーズがあるのに不在

今日で9月も終わりだが、予告通り月初と月末には中身の濃い記事を発信することを心がけた。そうなったと確信している。
実体験なので、面白いです!ボクは分かる部分と分からない部分があったんですけど、ホントにそんな感じだと思います。
こういう情報って絶対に保守系の人からは出てこないからね。海外旅行好きなリベラルな人からも出てこない。海外×中国韓国という絶妙な組み合わせのニーズは絶対あるのにそれを満たす人がいなかった状況だ。
普通は、海外に出るとそういう人達と会うかもって思うので、遠慮するんだと思います。日本がやっぱり1番だっていう事もありますよね?
海外を見てきたうえで日本がいいという話をする人は多いけどね。その体験談を語るにしても、中国や韓国絡みの話というのはだいぶ後にならないと出てこない印象がある。
そんなに会わないんだと思います。そういう人達がいる場所に、行かなければいいだけでは?
基本的にはね。頻度については特に書かなかったけど、そりゃ中国や韓国に直接行くよりははるかにいい環境と言える。だがゼロではない。ここが重要だ。
そこは否定できないですね・・・。ボクも、気をつけたいです。

補足情報:中国人観光客はどこでも大体同じか?

補足情報になるか分からないが、こんな記事が見つかったよ。

渋谷に六本木のネオン街…本物?コレ、実は中国!
9/28(月) 19:29配信 テレビ朝日系(ANN)

どこか懐かしさすら感じる街が突然、現れました。「東京メトロ」「銀座線」とも書いてありますが、東京ではなく、実は中国です。一体、どういうことなのか取材しました。

強い雨。しかし、それに負けないまばゆい光を放つ街があります。一番街…。まるで渋谷か新宿。しかし、ここは中国。広東省に8月にオープンしたショッピングモールです。
雨にもかかわらず、日本のバス停にも多くの中国人が。路線図も細かく再現されていますが、なかには手痛いミスも。

来場者の目的の一つはもうお分かりでしょう。写真です。ただ、今はコロナで海外旅行はご法度。そんななか登場した日本の街並みには日本の制服を着込んだ人も。気になる点も…。街並みには「DVD買います」とかコインパーキングなど見慣れた看板もあります。さらに…。お豆腐屋さんです。手作り豆腐の店「藤原豆腐店」と書かれています。これも、人気漫画に出てくる店にそっくり。「アンパンマン」などの文言もあります。著作権などは大丈夫なのでしょうか。

黒田健二弁護士:「もし日本の会社が『それいけ!アンパンマン』というひらがなとカタカナについて中国で商標登録をしてあれば商標権侵害の可能性は高いですが、(登録していないと)中国ではひらがな・カタカナは図形として認識されますので、特段、商標権侵害とは言えない可能性が高いですね」

中国の日本は、このまま営業を続けるのでしょうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a94b06e8469c268d9cfd5abc49625de19aa06ff9

これは、補足とはちょっと違いますけど、面白いです!日本で見かける中国人の人達も、似たような感じですよね?
まあな。中国人の爆買いというのは基本的にどこでもよく見かけるから共通しているというのはある。他にもあれこれ書いたが、全世界の全ての都市を見たわけじゃなく俺の個人的な体験談に基づいている。というかNews U.S. レポートはほぼすべてが個人的な体験談がベースだ。
そこは、一貫してますよね・・・。コロマガは、逆に自分の話はほとんどしないと思います。
明確に使い分ける感じだね。俺1人で黙々と書き続けるというスタイルは自分のことを延々と語るのには向いている。コロマガがノンフィクションとしたらNews U.S. レポートは随筆とかエッセイに該当するというか。
ボクは、小説も作ってほしいです!黒井さんの文章力なら、絶対にできると思います。
小説は無茶苦茶時間がかかるぞ。ストーリーや登場人物、舞台となる場所の取材など文章を書くまでに至る手間が膨大だ。それこそ実体験を元にした橘玲氏のようなスタイルの小説でなければ難しいよ。
橘さんって、お金持ちの羽を拾う話ですか?読んだ事はないんですけど、前にインフルエンサーの悠斗さんが紹介してて、面白そうだなって思ってたんです。

今月は号外記事を含めて15記事だった

悠斗まだ見てたのかww そんなに面白いかな?ワトソン君には悪影響だから見ない方がいいと思うけど。
100人で作る月額マガジンを、企画してるみたいです!100人分の記事が読めるからお得だって。面白そうですよね?黒井さんも参加した方がいいです!
なんだその企画?100人が1記事ずつ書いても1日3記事だな。単純に読む時間ないわな。1日1記事程度でいいんだよ。今月はNews U.S. レポートだけで大体15記事くらい書いたと思うが、そのペースでいいと思っている。
最後に記事へのリンクを示す。特に人気のあった記事については単独記事として販売する可能性もある。来月初頭にアクセスランキングを発表しようと思う。