News U.S. レポート

10月からNews U.S. レポート購読を始めた読者へのメッセージ

この記事は先ほど発行されたNews U.S. レポートの最新記事「News U.S. レポートを10月から購読開始した読者へのメッセージ」をワトソン君に紹介して補足情報などを加えた記事になる。

毎月同じテーマで書いてるのに全然違う内容に

今月一発目の記事がやっと仕上がった。News U.S. レポートだ。この後すぐにコロマガ米国支部もやるから準備してくれ。
わ、分かりました!黒井さん、10月に入って余計に頑張ってませんか?
まあそうだな。10月一発目の記事だったが普段より1.5倍多い文字数になってしまった。それだけ多くのことを書いたからな。
毎月1日は、その月から読み始めた人にメッセージを出すんですよね?今日の記事は、初めて聞いた話が多かったですけど・・・。
実はそうなんだよ。毎月同じようなことを書こうと思っているのに気付けば全然違う内容になっている。自分でもこれから何を書くか分からないという話もした。まあ逆に決まりきった内容を書いてると飽きてきちゃうというのもあるけどね。
それって、前の記事を読まないで書いてるって事ですよね?
いや、一応各項目は前回の内容に沿っている。だから途中で不自然に軌道修正しているけど、最後はやっぱり毎回違う話になってしまうというか。まあ同じ内容をコピペするわけでもないし別にいいんじゃないかな?
毎回面白いので、楽しんでますけど、ホントによく体力が続きますよね・・・。

補足情報:NYタイムズのビジネスのやり方は脅威

いやまあ楽しいことなら何時間でもやってられるからね。基本的にNews U.S. レポートは俺がやりたかったことすべてが詰まっている。アイキャッチ画像をああいう雰囲気のもので埋め尽くすのはまさに理想だった。そういうサイトってありそうでないんだよね。
確かに、ないですね・・・。あと、サトシオノデラさんの事なんですけど、オフレコで話していいですか?
ん?
なんと…。そうか。それは残念。その話はコロマガ海外支部辺りでゆっくり聞かせてくれ。何があったのかは分からないが、ひとまず把握した。
早く伝えておけば良かったんですけど、機会を逃しました・・・。
まあいい。補足情報については何が該当するか分からないけど、アイキャッチ画像がニューヨークだからニューヨークネタを1つ。

新聞業界で一人勝ちのNYタイムズ、サブスクで1000万人突破視野
10/1(木) 16:00配信 Forbes JAPAN

トランプ大統領が繰り返し「捏造記事を連発している」と非難するニューヨーク・タイムズ(NYT)の株価は今年、30%以上も上昇している。
・・・

サルツバーガーのもう一つの功績は、他社より先にオンライン記事へのアクセスを有料化したことだ。しかし、当初はそのことで散々批判されていた。「誰もがニューヨーク・タイムズは狂っていて、失敗するだろうと思っていた」
・・・

今後10年でデジタル版2000万人突破へ

NYTは、競合他社と比べるとはるかに財務的に良好な状態にある。6月28日時点でNYTは7億5670万ドルの現金及び現金同等物、有価証券を保有しており、無借金だった。

トランプからの攻撃は、同紙のビジネスに追い風を与えている。NYTは今年第2四半期に過去最高となる66万9000人のデジタル版購読者を新規で獲得した。6月末時点で同紙のデジタル版購読者数は570万人に達し、英語圏の新聞では最大となっている。

9月8日に、ニューヨーク・タイムズの新CEOに就任したメレディス・コピット・レビアンは、今後の10年で1億人が英語のデジタルニュースの購読者となり、NYTが市場の24%、つまり2400万人のデジタル版購読者を獲得すると予測している。

同紙が先日、トランプの脱税疑惑を報じたことで、サイトへのトラフィックはさらに伸びそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a9d83793f9081402561af33d463d769882b79f91

すごい!十分な補足記事だと思います。夢が膨らみますね・・・。
今は米国マスコミの記事は多くが月額方式に移行しつつあるね。NYタイムズの報道内容については俺は否定的だが、そのビジネスの手法については逆に肯定的だ。敵ながら学べることがある。コロナで厳しい時代を乗り越えるために必要なものだ。
日本で月額だけにしてるメディアって、まだないですよね?
日本だと週刊文春がそのポジションに着々と近付いているね。だが主力は芸能報道だ。政治経済の報道機関でここまでの金字塔を打ち立てたというのはまさに驚異だ。朝日新聞との提携関係にあるだけに、朝日も今後は似たようなビジネスモデルに突き進む可能性はあるよ。

アフターコロナにあるべきメディア像を追い求め続けたい

NYタイムズというのはアクセスすれば分かるけど、そもそも無料部分がない。読もうとするとその時点ででかいバナーが表示されてスクロールさえも不可能になる。さっさと登録してログインしてねということ。俺はまだ登録はしていないが、やはり抵抗感はあるよね。
そうなんですか?あまり見た事はないんですけど、面倒ですね・・・。
日本で朝日が同じことをやると炎上しそうだよな。だが米国では誰も文句を言わない。言っててもほとんど広まらないのかもしれないが。そういう部分も含めてこの流れは脅威だと思う。俺もアフターコロナにあるべきメディア像を追いかけるのに一苦労だよ。
でも、今のやり方はすごくいいと思います!ボクは、ずっと読み続けるつもりです。
そうか。それは感謝する。ワトソン君に購読を解除されないように頑張るよ。半年以上持たせるのが当面の目標だ。ワトソン君は見る目が厳しいし財布の紐が固いからな。
最後になるが記事へのリンクを示す。