トランプ政権

米韓共同声明から「在韓米軍」の文言が消えた! 米韓同盟破棄待ったなし!

米韓の亀裂が大きくなり始めた。防衛費負担金の問題で未だに衝突した挙句、共同声明から在韓米軍を維持するという表現が省かれてしまったそうだ。記者会見も取り消されたという。ここに来て米韓同盟の破棄が現実のものになろうとし始めたのだ。

米国、12年ぶりに「在韓米軍維持」の文言なし
10/16(金) 10:12配信 朝鮮日報日本語版

韓米両国は14日(現地時間)、米国防総省で開かれた第52回韓米安保協議会(SCM)において防衛費分担金問題などを巡って衝突した。共同声明からは、昨年とは異なり「在韓米軍の現水準を維持」という表現が取り除かれ、予定されていた両国国防トップの記者会見も取り消された。インド・太平洋安全保障協議体「クアッド(Quad)」など、このところ各種懸案を巡って両国の立場の差が大きくなる中、米国の不満が水面上に現れたのだ。

米国のマーク・エスパー国防長官は14日、冒頭発言で「米軍の安定的な韓半島駐屯を保障するため、できるだけ早く(防衛費分担金)特別協定の合意に到達する必要性に全て同意することを希望する」と語った。昨年9月に始まって1年以上も膠着(こうちゃく)状態にある第11次防衛費分担金特別協定(SMA)が妥結しなければ、在韓米軍の駐屯そのものに変動が生じかねない、という意味だと解釈されている。

実際、今年の共同声明では、2008年からずっと明示されていた「在韓米軍を現水準で維持するという公約を再確認した」という文言が米国の要求により12年ぶりに取り除かれた。このため、米国が防衛費交渉と在韓米軍削減をリンクさせるのではないか、という見方が浮上した。またエスパー長官は、韓国政府が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の任期中の完了を推進している戦時作戦統制権(統制権)移管についても「統制権を韓国軍に移管するための全ての条件を備えるのは時間がかかるだろう」と語った。

こうした中、青瓦台(韓国大統領府)の徐薫(ソ・フン)国家安保室長は米国を訪問してホワイトハウスのロバート・オブライエン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)と会談し、マイク・ポンペオ国務長官とも会う予定だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/72e9ad02fd60d9d582545e8ea640de2952371aba

在韓米軍撤退は時間の問題か

やりましたね!ムン大統領の脱米構想が、やっと前に進みました。
ここ最近の米韓は急速に関係を悪化させているが、それにしても共同声明から”在韓米軍”の文言が省かれるとはね。想像以上の成果と言える。
これで、韓国からアメリカ軍がいなくなっても、困らないですよね?
困らないというか、あとは議会の予算を使わずに在韓米軍をグアム辺りに再配備すれば完了だと思う。現行の平沢米軍基地もそろそろ畳むんじゃないかな?
予算が決まってないなら、運営費も出せないので、駐留はできなくなります!
さらに興味深いのは、この話が韓国製のバッテリーの欠陥が発覚したのと同時に進行しているということだね。米軍がいなくなる時にその国の経済を崩壊させるという話はもはや事実として認識しつつあるが、それがいよいよ発動し始めた可能性があると。
意地悪クラブが、パニック状態になってますよね・・・。やっと正しい方向に進み始めたと思ってます。
見捨てるならば今年中にあれこれ決まるかもね。SMAが締結されなくなって長い時間が経過してるから、タイムリミットは着実に近付いていると思う。

在韓米軍が密かに撤退し、同時に北朝鮮軍がなだれ込む

この話は韓国経済新聞も報道していた。重大な岐路だとして焦燥感を露わにしている。

韓経:韓米の葛藤が危険レベル…共同声明から「在韓米軍維持」抜ける
10/16(金) 8:09配信 中央日報日本語版

「韓国の『綱渡り外交』が重大な岐路に立った」。

代表的な知韓派に挙げられる米国のロバート・ガルーチ元北朝鮮核特使は14日(現地時間)、現地外交専門メディアのインタビューでこのように述べた。こうした見方に米国の大半の韓半島(朝鮮半島)専門家が共感しているというのが、現地外交関係者の話だ。

米中覇権争いが激化する中、韓国のいわゆる中立外交に対して米国は露骨に不満を表してきた。「同盟国の線引き」をする米国と「韓国はどちら側か」と繰り返し問う中国の間で、韓国政府が維持してきた「戦略的あいまい性」が近く限界に直面するというのが専門家らの指摘だ。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/c503e3cec870cd4d2fd0baef1759ce4425f0ea44

焦ってますね・・・。やっぱり、アメリカとの同盟がなくなるのは怖いんですね。でも、それは意地悪クラブの考え方です!
ネットユーザーの反応です!

・朝鮮戦争の時にアメリカに助けてもらったのは、遠い昔の話です
アメリカと韓国の関係が悪化すれば、日本も毅然とした対応を取る事ができます
トランプ大統領は、駐留費交渉を先延ばしして韓国から在韓米軍を縮小したいと考えています
・クアッドに参加しないと発表したので、方針は変わらないと思います
・肝心な言葉を抜く辺りで、アメリカの怒りを感じます
・中立外交とは?二枚舌外交の事ですか?

在韓米軍の主力部隊が夜な夜な脱出するやいなや北朝鮮軍が攻め込んでくるみたいな展開はありそうだね。大統領府が制圧されて残された韓国軍が防弾マンション団に立てこもってゲリラ戦を展開するみたいな。
その場合って、トップは誰になるんですか?
臨時で軍事政権樹立とかじゃない?韓国軍の制服組トップを一時的に国家元首にして対応することになる。軍事政権になると正規の外交ルートが途絶えるから日本にも侵攻しやすくなるね。
確かに・・・。日本も、韓国と戦わないといけないです!

結論:”ソウル”という都市名は消える可能性大

まあ米韓同盟がなくなればあれやこれやに影響が出ると思うよ。ひとまずソウルは”ソウル”という都市名が消えるほど悲惨なことになると思う。これは決定された未来で動かせないのかもしれない。在留邦人は今度という今度こそ韓国から避難すべきと言える。
まだ韓国に住んでる人が多いのは、信じられないですね・・・。ムン大統領の脱日構想を、邪魔してはいけません!
下手に軍事政権とかになって人質に取られたら目も当てられないからな。そうならないように今のうちに脱出しておくことだ。
韓国の皆さん、日本は令和時代で復活します!韓国とはもう関係がなくなるし、助ける事もありません!さようなら!
日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!
関連記事