安倍政権・菅政権

【速報】竹島=日本領を示す決定的な証拠がついに出る! ※画像あり

1953年と1954年に米国政府が作成した航空図2枚では、韓国の鬱陵島と日本の竹島の間に明確に国境線が引かれていたのだ。当時から米国が竹島を日本領だと認定していた確かな証拠になる。国際条約を守らない韓国はサンフランシスコ平和条約も認めない姿勢というわけだ。

米国の航空図、竹島は「日本領」明記 講和条約反映か
10/23(金) 11:29配信 産経新聞

領土問題の調査研究などを行う公益財団法人「日本国際問題研究所」(東京)は23日、韓国が不法占拠する竹島(島根県隠岐の島町)が日本領であると明確に記した1953(昭和28)、54(同29)年の米国政府作製の航空図2枚が、米国国立公文書館で見つかったと発表した。サンフランシスコ講和条約発効(52年)直後の竹島を日本領と示す同政府の航空図が確認されたのは初めてという。専門家は「講和条約で竹島の日本保持が確定したとする日本の主張を補強する重要な資料」としている。

同研究所は島根大の舩杉力修(ふなすぎ・りきのぶ)准教授(歴史地理学)に依頼し、竹島関係の古地図を調査。委託を受けた民間調査会社が同公文書館で大戦後の航空図など約100点を調べた。

見つかった2枚は、米空軍が53年12月に発行した「米国空軍航空図」(縮尺50万分の1)、54年9月の「米国空軍・ジェット機用航空図」(同200万分の1)。米国製航空図は世界のほぼすべての地域を網羅し、民用、軍用に広く使用されたという。

いずれも西洋名の「リアンクール岩礁」と書かれた竹島と韓国・鬱陵島(うつりょうとう)の間に点線を引き、竹島側に「JAPAN」、鬱陵島側に「KOREA」と記していた。点線について地図の凡例は53年が国境線、54年は島の主権の境界線と説明。講和条約調印前に発行された版には点線がなく、舩杉准教授は今回の2枚について「条約の内容が反映されたとみられる」としている。

同条約は日本が放棄する領土として、鬱陵島や済州島などを列挙。韓国は竹島を日本が放棄する領土に加えるよう条約を起草した米国に要求したが「竹島が韓国の一部として扱われたことはない」として却下された。

しかし、同条約の内容をめぐり、韓国政府は「独島(竹島の韓国名)は鬱陵島の属島として韓国領と承認された」「(列挙された日本が放棄する島は)韓国の3千余りの島の一例で、独島が韓国領に含まれないとはいえない」と主張している。

舩杉准教授は「2枚の航空図は講和条約発効後の米国政府の地理的認識が反映されたとみられ、日本の主張が正しいことを証明する資料になる」と話した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d913a0329029a9559a89151f4474d960025c8e56

韓国は平和条約自体が無効と言い出すだろう

画像を見ました!ハッキリと、線が引かれてますね。ジャパン側に書いてある文字が、読めないんですけど・・・。
リアンクール岩礁というのが英語圏での呼び名になるね。画像を見るのが早い。米国は北朝鮮と韓国の両方を国家承認してはいないから“KOREA”表記で統一してあるようだ。

米国の航空図、竹島は「日本領」明記 講和条約反映か
10/23(金) 11:29配信 産経新聞

竹島(西洋名・リアンクール岩礁)と鬱陵島の間に国境線を記し、竹島側を「JAPAN」と記した1953年発行の「米国空軍航空図」(米国国立公文書館所蔵(株式会社 産経デジタル)

https://news.yahoo.co.jp/articles/d913a0329029a9559a89151f4474d960025c8e56/images/000

韓国は、これを見ても何も言わないんですか?
俺が考える韓国の言い分としては、まずサンフランシスコ平和条約は韓国が戦勝国として参加していないから無効な条約というもの。韓国はすでに1919年には独立していたという根拠を元に連合国側に参加しようとしたが、それは認められず出席自体が認められなかった。よって条約は無効だという主張。
それって、韓国にブーメランなのでは?韓国の方が、何も守ってないじゃないですか!
まさに。だからこの言い分は相当苦しい。次に出てくるのがおそらく”竹島”という日本が言うところの島は存在せず、米国は遠まわしに日本の主張を拒否しているという論調だ。
アメリカとしては、リアンクール岩礁?が正しいと思ってるって事ですよね?
英語圏ではこの表記が正確だね。これを根拠に韓国はむしろ我々の”独島”の方が正しいと米国が暗に認めた!と言ってくる可能性はある。日本の主張が崩れることで自分達の実効支配も正当化されるという言い分だ。
でも、国境線は引かれてます!韓国は、不法占拠してます!
国境線だけは言い訳がしようがないね。だからそこを突っ込まれると非常に弱いと思う。愛国日報辺りは国境線を伏せたままリアンクール岩礁だけを強調すると思う。

韓国は”独島”を絶対的真理だと考えている

そう思って韓国マスコミの記事が何かないか探したら、こんなものが見つかった。愛国日報かと思いきや韓国経済新聞だった。

韓経:大韓帝国勅令制定120周年「独島の日」記念メダル発売
10/23(金) 8:45配信 中央日報日本語版

ゴールデンデューが独島(ドクト、日本名・竹島)の日(10月25日)を記念して「独島の日大韓帝国勅令制定120周年記念メダル」を発売する。26日から30日まで企業・農協・ウリ銀行の全国の支店、ゴールデンデュー・オンラインモール、現代百貨店オンラインモール、豊山禾東洋行(プンサンファドンヤンヘン)で先着順で予約を受け付ける。金立体金メダル〔合計150個、1個当たり638万ウォン(約59万円)〕、金立体銀メダル(計500個、1個当たり198万ウォン)、銀立体銀メダル(計1000個、1個当たり28万6000ウォン)、金銅メダル(計2000個、1個あたり3万3000ウォン)の4種類がある。このうち金銀メダルは底の部分に太極旗と独島が交差して見える「潜像手法」を適用した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b889a6fcc43dae846e5dddc8cd109ce0a3a1920c

「JY」で検索したら、やっぱり韓国の歌手が出てきました・・・。10月25日って、そういう日だったんですね。
よく気付いたなww その視点は重要だ。ちなみに翌日10月26日も韓国にとっては決定的な出来事があった日だ。JZと言えば世界的なラッパーだが、まさか朝鮮半島情勢を意識してその名前にしたとは考えたくないね。
それはいいとして、この竹島問題についても慰安婦問題と同様に韓国に歴史の真実は通用しないと言える。彼らにとって竹島が日本領かどうかの歴史考証はどうでもよく、ただ”独島”とやらが韓国領だったという点を絶対真理だと考えているからだ。慰安婦が実際には朝鮮戦争の時だったとしても、でも悪いのは日本軍だ!と言うのと同じ。
じゃあ、どんな証拠を見せても無意味なのでは?
最終的にはね。韓国に見える形で国際世論に韓国の不法占拠を訴えることができれば面白い展開にはなるが、それだけでは竹島を取り戻すことはできない。韓国が崩壊して国家消滅するその日まで竹島は戻ってこないと覚悟すべきということ。
それは、思いますね・・・。韓国は、絶対に譲歩しないと思います。
ネットユーザーの反応です!

実効支配している韓国に手を引かせるのは、カンタンではありません
・正々堂々と国際司法裁判所で決着を付けましょう
・日本の領土として新たな資料が見つかったなら、次の段階に踏み込んでほしいです
・韓国が戦後のドサクサに紛れて、李承晩ラインを勝手に引いただけです
・実効支配している韓国が悪いと思います。国際司法裁判所で決着を付けたくないなら、その事実を世界に訴えて下さい
・第三国でこういう資料が出てくる事が、何よりの証明です
・日本政府は、韓国に対してキチンと説明するべきです

国際司法裁判所で韓国の負け!となった場合に韓国がどういう反応をするかは見てみたい気もするが、結局韓国自身が崩壊しないことには問題は解決しないと思う。あそこに住民がいて韓国軍も訓練を実施している以上、その住民をどかせるための何らかの手段が必要になるよな。仮に日本領にするならば、その住民はどんな法的根拠で日本に居住することになる?
それは、イヤですね・・・。人がいるのは、確かに面倒です。

竹島の住民票を発行するのが有効だと思う

竹島は本来は米軍が軍事訓練をするための場所として確保しようとした。ところが韓国軍が実効支配してしまったがために米軍も手が出せなくなった。これが竹島問題の隠れた背景ということになるね。ここから問題解決には何が必要かを考えることだ。
実は、1番最初のコメントはオーサーで、例の韓国系のメディアの編集長でした・・・。実効支配しているから、何も解決しないって。
うむ。平成時代までは竹島がいかに日本領だったかという証拠を突き付けるだけでよかったが、令和時代からは本気で取り返す方法を検討し始めるべきと言えるね。国際司法裁判所への提訴は俺は最善策ではないと思う。もっと直接的でいい。令和の菅政権には断固たる決意が必要なんだ。
竹島に、日本の基地を作りたいです!そうすれば、解決します。
日本側の法的根拠は整ってるから、竹島に住所を割り当てて住民票を発行するのがいいかもね。それで居住者としてボートで近付いて上陸を試みる。警備中の韓国軍に見つかったら日本の法的根拠となる住民票の正式な英訳文書を示す。これで韓国軍がその日本人をさらえばしめたものだ。例えばこういう作戦が必要になってくるということだ。
(Visited 333 times, 1 visits today)
関連記事