国内ニュース

【速報】日本のすごさにアメリカ人驚愕 「凄まじい記録だ…」

日本で鬼滅の刃が劇場公開された。340万人が鑑賞した。これだけなら大したことないように聞こえるかもしれないが、米国はじめ主要な国々では奇跡のような出来事だ。映画館がコロナ対策で軒並み閉鎖されていて、ハリウッドの大作も2021年まで公開を延期しているからだ。配給会社の東宝は株価上昇が止まらないという。

『鬼滅の刃』大ヒット、アメリカでも続々報道⇒「パンデミックって何?」「人口の約3%」と驚き
10/24(土) 18:12配信 ハフポスト日本版

アニメーション映画『劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編』の大ヒットは、アメリカのメディアでも驚きをもって報じられている。

NHKによると、原作漫画『鬼滅の刃』(集英社)は海外で14の言語に翻訳され、33の国と地域で販売されている。

劇場版は、10月24日時点では日本のみで公開されているが、Varietyによると2021年初頭には北米でも上映を予定しているという。

「パンデミックって何?」と驚き

「パンデミックって何? 日本映画に記録的な観客が押し寄せた」と報じたのは、ニューヨーク・タイムズの10月20日付けの記事だ。

公開から3日間で興行収入46億円、観客動員340万人という驚異的な記録を成し遂げた『鬼滅の刃』。

記事では、この数字について、「これまでの国内記録の2倍以上だ。先週末の興行収入としては世界最高で、日本以外の全ての国の売上合計をも上回っている」と伝えた。

アメリカでは、現在新型コロナの影響で、ニューヨークやロサンゼルスなどの主要都市の映画館は休業が続いており、大手スタジオの新作上映も止まっているのが実情だ。

日本でも、『ワンダーウーマン 1984』や『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』などのハリウッドの大作の多くが、年末や2021年以降に公開延期が決まっている。

そうした状況もふまえ、本作には「ほとんど競争相手がいない状況だった」とし、「この成功の偉大さは、通常時でも並外れているが、パンデミックの中では特別な意味を持つ」と分析。

「混雑した劇場で、他人と隣り合わせで数時間座ることが安全だと感じられたら、観客は早く映画館に戻ってくるということを証明した」とまとめた。

「日本全体の人口の約3%」

「数百万人がパンデミックに逆らい、日本で記録的観客」という見出しをつけたのは、通信社のブルームバーグ。

観客動員340万人について、「日本全体の人口の約3%にあたる」と説明し、本作の公開のために、「コロナの感染リスクを無視して」人々が週末に映画館に向かったとした。

記事では、日本でも新型コロナの新規感染が日々明らかになっていることにふれながら、「アメリカや多くのヨーロッパ諸国で報告されている数とはかけ離れている」とした。配給会社である東宝の株価上昇についても報じている。

その他にも、VarietyやDeadline、ComicBook、Newsweekなども『鬼滅の刃』について取り上げている。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/8bf488e09a4e4b519260f31a87bebb567a982c5c

米国では映画館が閉鎖されて誰も鑑賞できない

この記事、アクセスランキングにずっと入ってますよね!日本では普通の事が、アメリカから見るとすごい事なんだなって思いました。
鬼滅の刃という作品は有名になったから知ってると思うが、その劇場版が先週公開された。公開3日で340万人が鑑賞したそうだ。なかなかの数字だと思うね。日本人としての感想はその程度だ。ところが…
アメリカは、映画館が全部閉鎖されているので、誰も映画を見れません!
そういうことだね。しかも340万人ということはソーシャルディスタンスもほぼ確保せず満員に観客を詰め込んで鑑賞していたことになる。日本は決してコロナ感染者数が落ち着いているわけではないが、それでも映画鑑賞を選んだという評価をしているメディアもある。
日本人は、コロナには強いんだと思います。そういう自覚が、最近ボクの中にあります!
まあな。マスクは当然としてうがい手洗いビタミンCで体調管理に気を付ければ何とかなるんじゃないか…という期待はあるね。日本中みんなそうだと思う。あとアビガン。米国においてうがい手洗いは一般的ではないかもしれない。
アメリカは、感染者がドンドン増えてて、映画を見ようという気分にもならないですよね・・・。
米国以外の多くの国々も映画館は閉鎖されてると思う。シンガポールも確かそういった娯楽施設は閉鎖されたままだし、豪州に至っては州境さえも開放していなかった。日本の事例は世界の感染当局が並々ならない関心を持つと思うね。

米国の映画館は倒産寸前、日本の東宝は株価上昇

米国の映画館の中には厳しい状況で倒産寸前のところも出てきているようだ。キャッシュフローが生まれないから当然だわな。観光エンタメ産業はどこも壊滅寸前だ。

アメリカの映画館、窮地に陥る

アメリカの映画館は、地域によって営業している映画館もあるが、依然厳しい状況が続いている。

アメリカ映画館チェーン大手のAMCシアターズは、新型コロナウイルスの感染拡大によって、大きな損失が生まれており、厳しい経営状態にあることが伝えられている。
CNNによると、2020年内にも手元資金が枯渇する可能性があるという。その打開策として、99ドル(約1万円)で映画館を貸し切りにできるサービスなどを新たに発表している。

ハリウッドでは、ディズニー映画『ムーラン』のように、劇場公開を予定していた作品を配信に切り替える事例が複数出てきている。

自宅配信で見るなら、スクリーンを作る会社の方が儲かりそうですよね・・・。
というか自宅で鑑賞するなら映画である必然性がないよな。アマゾンやネットフリックスと競合してしまう。映画館の大画面とボリュームで鑑賞するからいいのであって、自宅でアベンジャーズを見ても大して盛り上がらないと思う。
東宝って、株価を調べてみたら、8月の最初に暴落してて、そこからずっと上がってますね!
うむ。ここ1年で調べたらダブルボトムみたいになっていた。本来ならばもっと評価されてもいいとは思うね。重要なのは株価が上がることではなく倒産しないことだから。
アメリカにできなくて、日本にできる事があったんだなって思いました。令和時代だから、日本の時代になると思います!
神風としか言いようがない現象は日本でのみ多々発生するからね。世界の誰もダイアモンド船の時に日本がここまでコロナをなだめられるとは思ってなかったはずだ。収束でも爆発でもない第三の付き合い方を日本が考え出した。
日本では、犠牲になってる人もそこまで多くないし、ホントに共存できそうですよね・・・。奇跡だと思います!

日本が褒められるのが悔しい韓国は1ミリも報道しない

韓国マスコミは鬼滅の刃には一切関心を持たないようだね。愛国日報や朝鮮日報が報道した試しがない。韓国の要素が1ミリもないから面白くないんだろう。
韓国では、同じような作品がオリジナルで出ると思います!それで、起源を主張するんですよね?
それそれww 模倣できる見通しが立った頃になって初めて報道し始めるから分かりやすいよな。韓国マスコミが持ち上げるものすべてが模倣と宣伝と思えばいい。韓国で話題にならないことを探すのが趣味になりそうな気がしている。
韓国の皆さん、愛国心を発揮するのはやめましょう!現実に目を向けてください!
北朝鮮に吸収されたら映画鑑賞は一部の上級国民だけのものになる。南朝鮮人民は農耕作業からやり直しだww 日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!
(Visited 406 times, 13 visits today)