2020年特選記事マガジン

中国武漢がコロナで都市封鎖された日を振り返る

この記事は昨日発行された2020年特選記事「中国の武漢が新型コロナで封鎖された当時を振り返る」の紹介や編集後の感想、補足情報などを加えた記事になる。

武漢とその周辺の都市が閉鎖された時の話

昨日は2020年特選記事の2記事目を書いたよ。2つの記事を組み合わせて時系列の流れをスムーズに表現した。ワトソン君は当時のことを思い出せるか?
ウーハンが封鎖された時って、他の市も結構封鎖されましたよね?その記憶が強いので、逆に他はあまり覚えてないです。
対象の市はどの程度か、具体的に何千万人が移動禁止になったのかという部分を調べてまとめたよな。当時一回だけ作図をしてアップしたが、その後封鎖範囲が湖北省全体になっていったという経緯だ。
その頃って、世界が今みたいになるなんて全然思ってませんでしたよね・・・。中国だけが大変だったので、実感が湧かなかったです。
1月だからな。1月下旬から2月にかけては中国がメインで、あとは日本のダイアモンド船が話題になる程度だった。それがいまや日本も中国もほぼグリーンゾーンときた。
1年もしないうちに、こんな風になるなんて思ってませんでした!世界は、ドンドン変わりますね。
今年の初頭でさえそれだからな。去年あったことがもはや遠い昔のようだよ。2019年特選記事ももう少しだけ更新しようとは思っているが、過去を振り返るのは大事だと気付かされることが多い。復習こそが記憶に定着させるのに役立つと言える。

コロナ感染爆発まで武漢という都市名を知らなかった

そもそも俺はその時まで”武漢”という都市名をほとんど認識してなかったからな。内陸部で重慶や成都、西安までは分かっても武漢はあまり目立たないし知らなかった。ワトソン君もずっとウーハン読みしてる程だし何かあるんだろ?
すみません、最初は「武漢」が読めませんでした・・・。英語のウーハンという表記を先に見てしまったので、そのイメージが定着しました。
ああそういうことか。実際には武漢(ぶかん)で普通に変換できるけどな。武漢はコロナと三峡ダムのダブルで世界的に有名になってしまった。
補足情報を探そうと思ったらこんな記事が見つかった。あの頃はチャーター機とかも結構話題になってたよな。今ようやく思い出した。

武漢邦人退避で中国企業に感謝状 日本政府
10/28(水) 12:18配信 共同通信

【武漢共同】日本政府は27日、新型コロナウイルスの感染拡大で封鎖された中国湖北省武漢市から1~2月にチャーター機で邦人を退避させた際、邦人らをバスで武漢の空港に送る任務に協力した中国企業に、外務大臣感謝状を授与した。

対象は自動車関連ソフトウエアを手掛ける「武漢光庭情報技術」とバス会社、武漢入りした日本大使館員が作業の拠点に使ったホテル。

光庭会長の朱敦尭さん(57)は「日本政府、国民が重視し称賛してくれており、中日両国国民の深く厚い友情を感じた」と強調。感謝状を手渡した日本大使館の岡田勝領事部長は「突出した貢献に感謝したい」と述べた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f68f25121614e51ec19d2bd3a4ebbb4aaac3f22f

中国は、意外と普通に対応してた気がします!
当時は邦人を人質に取って日本側にあらぬ要求をするんじゃないか、そのまま尖閣に攻め込むんじゃないか…という陰謀めいた話も飛び交っていた記憶があるが、特に何をするでもなく普通にチャーター機を着陸させたよな。
その話も、特選記事にした方がいいです!そうすれば、ボクが1人読者として追加されます。
なるほどww まあ今はまだ2記事しかないからな。空っぽのマガジンでも買ってくれる人がかなりいることに驚いてたが、徐々に付加価値を高めていくつもりだから。2019年特選マガジンはすでに28本だったかな?あと2本加えれば30本の記事が収録されることになる。
1記事222円なら、単純計算で6000円を超えます!それを2019円で売るのは、お得な気がします。
いやまあ元々は普通に公開してたものだからね。ただ本家の記事は1日7~8本追加されるし、玉石混交だったりすることもあるから。それを厳選することに価値があるとは考えている。2020年特選記事マガジンも後から振り返った時の貴重な資料集として活用したいよね。

News U.S. noteは当初は障害時の避難所として始まった

最初は、確か障害が起きた時のために保存しよう、という話で始まったと思います。
それだ。サーバーのデータも全部やられた時のための避難所として活用する目的でNews U.S. noteは始まった。それが今や多数のマガジンを擁するまでに成長した。満身創痍だね。
毎年ドンドン続いていくのが、面白いです!何年も続けて、沢山記事を残したいです!
マガジンの量だけでものすごいことになるなww 最後に記事マガジンのリンクを示す。
まあそういうわけで中国は武漢肺炎を隠蔽したことを反省しながら米国と対峙するがいい。世界中がこういう状態になっていることに対する何らかの責任と義務を果たしてもらおう。詳細は米国政府が決めることになるだろう。
急に中国の話に戻りましたね(笑) 中国の皆さん、油断してはいけません!再封鎖の準備をしましょう!日本は関係ないので、さようなら!
(Visited 87 times, 2 visits today)