トランプ

韓国「バイデン大統領誕生は悪夢だ!やめろ!」 w

韓国政府はバイデン大統領の方が都合が悪いことが分かった。トランプならばこれまでのような融和策が通用するが、バイデンではそうはならない可能性が高いからだという。だがそれとは逆に韓国民はバイデン大統領を望んでいるようだ。文在寅としては韓国民の意見を聞くべきじゃないのか?

「バイデン大統領」の悪夢に身構える文在寅政権
11/6(金) 6:01配信 JBpress

大混戦となった米大統領選の行方が、「バイデン氏勝利」に大きく傾いてきた。この事態を受け、韓国の文在寅政権は、新しい米国大統領の誕生がもたらす朝鮮半島の情勢変化に緊張している。

「米大統領選挙の結果がどう出ようと、韓国政府は韓米同盟を維持するのはもちろん、さらに発展させていくための協力を続けていくだろう。新たに発足する米政府と韓半島の非核化および平和体制達成のために積極的に協力し、どの政府とも韓米両国間が協力してきた伝統に沿って緊密に疎通していく。政府は今日の午後3時NSC(国家安全保障会議)常任委員会で米大統領選挙状況を議論し、次いで、その結果を文在寅(ムン・ジェイン)大統領に報告する会議を開く予定だ」

5日、韓国大統領府の定例記者会見で、大統領府のスポークスマンは米大統領選挙に対する原論的な立場だけを簡単に述べ、韓国政府の具体的な対応策を問う記者たちの質問には一切答えなかった。

■ 韓国政府もメディアも「トランプ再選」待望

韓国メディアや外信の報道によると、文在寅政権は、内心ではトランプ大統領の再選を願ってきたとみられる。まず、米「ニューヨーク・タイムズ」は10月31日、「米国が指導者を選ぶ瞬間を全世界が息を殺して見守っている」という見出しの記事で、韓国政府はトランプ氏の再選を望んでいるが、韓国国民はバイデン氏の当選を望んでいると分析した。

「韓国の文在寅大統領は、トランプ氏の北朝鮮の指導者の金正恩氏との外交的関与を公開的に支持してきた。このような方式が、バイデン氏が再開するとみられる低い水準の対話(実務者会談など)よりも、突破口を見いだす機会が多いと見ているからだ」

政府寄りの韓国メディアも同じ立場でトランプの再選を期待した。

ソウル市が市民の税金を投入している公営放送のTBSでは7月から<米朝対話を見たいなら、バイデン候補に投票してはいけない>、<バイデン候補が米国大統領になったらバラク・オバマ大統領時代の外交政策をそのまま踏襲し、北朝鮮に関してはタカ派(強硬派)でホワイトハウスが埋まるだろう>などの発言をした。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/a0c2bb4c867aaf09f2bab876d0b4d257dcc27df8

韓国の法則はトランプに発動か

あれ?やっぱり、韓国はバイデンさんの方が都合が悪いんですか?
そういうことになるね。韓国の外務省がバイデン政権誕生を予測したとか、愛国日報がトランプは貿易戦争がどうのこうのと言ってトランプを批判したこととか、ああいうのは全部偽装だった可能性があるわけだ。
じゃあ、トランプ大統領の方が、良かったんですね・・・。ジョージア州の話が、決定的だと思いました。
せっかく韓国=バイデンという刷り込みをしようとしたのがあの一件で台無しになった雰囲気はあるね。報道したのはWSJで朝鮮日報が後追いしただけだが。結局韓国の法則はトランプに発動することになりそうだ。
そう考えると、面白いですね!韓国に積極的に関わろうとした方が、損をするって事だと思います。
端的に言えばそうなるね。バイデンは別に韓国のことを褒めたり融和的にしてなくて、むしろ”中国側にベットするのはいい考えではない”という強硬発言をパククネ時代にしたことが印象的だった。
そうみたいですね!その記事、読みました。
バイデンは長い間副大統領だったけど掴みどころがあまりなかった。唯一印象的だったのが韓国に対するその強硬発言だね。あとは靖国参拝に対する自制も求めていたという報道があったが、あの頃と今では状況は異なる。

米民主党時代にこそ韓国経済は冷え込む

そのことが記事の続きに書かれてた。バイデンならばこれまでの蝙蝠外交は通用しない恐れがあるということ。

まず、バイデン氏が当選すれば、文在寅政権が政権の命運をかけて推進してきた「朝鮮半島の平和プロセス」が致命傷を受ける。外交経験が豊富なバイデン氏はトップ・ダウンではなく、実務会談などの活用したボトム・アップスタイルの外交を重視する指導者として知られている。そうなれば、北朝鮮との非核化会談にも相当な時間がかかることが予想される。つまり、任期があと1年半しかない文在寅大統領の在任中に「第3次米朝首脳会談」が開催される見通しは極めて低くなる。
・・・

バイデン政権も米国優先主義に立脚した中国牽制が予想される中で、文在寅政権が、米中の間で、今のような曖昧な態度を続けようとすれば、米韓同盟はより大きな傷を被ることになるかもしれない。バイデン氏は、過去に中国側に傾いていた朴槿恵(パク・クネ)韓国大統領に、「米国の反対側に賭けるのはいい賭けではない」と警告したエピソードがあるほど、外国首脳に対しても直説話法を使用する。現在、中国と米国の間で「安保は米国、経済は中国」というツートラック外交を堅持している文在寅大統領にも同じ言葉を繰り返すことだってできるだろう。

じゃあ、ムン大統領にとっては都合が悪いんですね・・・。バイデンさんが、意地悪クラブにならないといいです。
ワトソン君にとっては面白くない展開が続くかもね。だが俺は民主党時代にこそ韓国経済が冷え込むことを知っている。1998年の通貨危機はクリントン元大統領、2009年の金融危機はオバマ元大統領。共に民主党だ。
共に民主党って、アメリカにもあったんですか?
“共に”はそういう意味ではないwww 下らない突っ込みを入れるなww
すみません、紛らわしかったです(笑)
ネットユーザーの反応です!

・独りよがりな想像を、トランプ大統領のおかげで現実にしようとしてたのに、またやり直さないといけないです
バイデンさんは、慰安婦合意にかなり尽くしたそうなので、ムン大統領がその合意を反故にしたのを知っていると思います。募集工で仲裁するとは思えません
・バイデンさんでも、韓国にとってはあまり変わらないと思います。レッドチーム入りを宣言しましょう
慰安婦合意の時限爆弾のスイッチが入りました。トランプ大統領が再選されれば不発でした
・どっちが大統領になっても同じです。ムン大統領がやった事は認められる訳がありません
バイデンさんは、北朝鮮制裁の強化が必要だと言い出すと思います。ムン大統領の統一の夢が消えます

慰安婦合意はでかいね。慰安婦合意反故に対するバイデンの怒りというのは想像だにしなかったが、確かに文在寅としては生きた心地がしないかもね。来週の韓国外相の訪米でバイデン陣営にも会うそうだが、おそらく冷たくされると思う。
ポンペオ国務長官に会いに行くのに、バイデンさんにも会うのは、何だかヘンですよね・・・。
エチケットもマナーもへったくれもあったもんじゃないね。ポンペオ国務長官だって今この時期に来られても迷惑なだけだと思う。もしトランプが大統領でなくなるのであれば引き継ぎの準備などもしないといけない。

結論:トランプが落選するとしたら韓国のせい

トランプ大統領って、やっぱり韓国のせいで落選するのでは?韓国が最後の方に余計な事ばかりするから、迷惑がかかりました!
予言者クロセリーノの大予言が外れる可能性があるとしたら、ダークホースの韓国が原因ということになるかもね。まあ日本としては今後の成り行きを興味深く眺めさせてもらうまでの話だから。どうでもいい話だ。
韓国の皆さん、もう手遅れです!そのまま突き進んでください!
日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!
(Visited 957 times, 1 visits today)
アクセスランキング(週間)