トランプ政権

【米大統領選】ペンシルベニアの集計差し止め提訴、意外な展開に

これは意外と言えるかもしれない。ペンシルベニアで3日以降に届いた郵便投票については集計を認めないように求めた訴訟で、連邦最高裁がこの訴えを退けたことが分かった。バレット判事を送り込んだはずの最高裁だが、共和党の思い通りには動いてくれなかったようだ。つまりペンシルベニア州の集計は続けられることになり郵便投票でバイデンに差を開けられる可能性が高まってきた。

米最高裁、ペンシルベニア州での即時集計差し止め認めず
11/7(土) 16:10配信 AFP=時事

【AFP=時事】米連邦最高裁のサミュエル・アリート(Samuel Alito)判事は6日、大統領選のペンシルベニア州での開票について、3日以降に届いた郵便投票の集計を即時差し止めるよう求めた共和党の訴えを退けた。

アリート判事はペンシルベニア州に対し、郵便投票を別個に集計するよう命じ、州選管による集計継続の判断を認めた。

民主党候補のジョー・バイデン(Joe Biden)前副大統領が共和党候補のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領に対するリードを広げる中、共和党は土壇場で集計差し止めを提訴。

郵便投票の大半はバイデン票とみられるが、共和党側は、州法に基づいて無効にすべきだと主張している。手始めとして最高裁に対し、3日20時以降に到着した郵便投票をそれ以前に届いていたものと分け、集計しない判断を下すよう求めた。

共和党は数か月前から、郵便票に関してペンシルベニア州が11月3日の消印有効とし、6日到着分まで集計する決定を下したことに異議を唱えてきた。

ペンシルベニア州最高裁はこの決定を合法と見なす判断を示し、それを不服とする共和党が連邦最高裁に上訴していた。

連邦最高裁は判事を1人欠いていた10月19日、4対4で意見が分かれたものの州最高裁の判断を支持した一方、投票日後の申し立てには道を残した。現在、トランプ氏が10月下旬に指名した保守派のエイミー・コニー・バレット(Amy Coney Barrett)氏が9人目の判事となり、トランプ氏は、選挙に関する申し立ての審理にバレット氏が入ってほしいとはっきり言っている。【翻訳編集】 AFPBB News

https://news.yahoo.co.jp/articles/ecc77969acc387cac2527c74a9ba40367c643c86

分別集計はよくても、それをカウントしないのは却下という話

この話って、真逆の記事をさっき見たんですけど、どっちが正しいんですか?
真逆?
ペンシルベニア州が、集計の分別を認めたという記事です!それを理由にトランプ大統領が勝利だと言ってたのに、やっぱりダメだったんですね・・・。
これのことか?

ペンシルベニア州の遅れて到着した郵便票、分別請求認める-米最高裁
11/7(土) 12:19配信 Bloomberg

(ブルームバーグ): 米連邦最高裁のサミュエル・アリート判事は6日、ペンシルベニア州選管当局者に大統領選当日より後に到着した郵便票の分別を命じ、同州共和党の請求を一時的に認める判断を示した。

ペンシルベニア州で投票日から3日後の6日到着分まで集計を認めた州裁判所の選挙前の決定に対し、共和党陣営は異議を唱えていた。

今回の小さな争いが、共和党現職のトランプ大統領と民主党候補のバイデン前副大統領の勝敗に影響するかどうかは全く分からない。ペンシルベニアの選管責任者は5日の段階で、遅れて到着する票は6月の予備選後の3日間に受け取った6万票と比べるとごく少ないとの見通しを示していた。

原題:Supreme Court Justice Temporarily Grants GOP Ballot Request (1)(抜粋)

https://news.yahoo.co.jp/articles/349df3fd82c9eda55247b7e8f3901ba6de4f59e4

そうです!この時は共和党の要求を受け入れたのに、やっぱりダメだったんですか?
別個の集計についてはAFPの記事にも書いてあるよ。分別して集計するのはいいけど、分別した集計を数えないのは認めないというだけの話だ。トランプ陣営としては3日以降に届いた郵便投票についてはカウントしてほしくないだろ?
じゃあ、ブルームバーグがウソをついたんですか?
書き方の問題だよ。ブルームバーグは”一時的に認める”を記事タイトルに入れたが、AFPは”認めず”とタイトルに入れた。それだけの違いだ。
まあAFPの記事の方が今回は正確だと思うがね。トランプ陣営が連邦最高裁に求めていたのはまさにこの集計に関する一連の訴訟だったが、訴訟にも至らず退けられるようでは戦いにならない。これでペンシルベニアでの戦いは一層不利になった。
確かに・・・。いい話だと思って、勘違いしてしまいました。結局ダメなら、そう書いてほしいです。

バレット判事が今回の審理に加われていれば違った可能性も

気になるのはバレット判事の意向だよな。あれだけ必死にねじ込んだにしてはいまいち力を発揮してないように見えたが、その謎が記事の最後で解明されていた。今回の大統領選の審理にバレット判事が加われていないようだ。
トランプ大統領が、入れてほしいって言ってるって事は、まだ入ってないって事ですよね?
そうそう。あまりにも急な指名だったことから見合わせてるんだろう。ところがそれはトランプとしては気に入らない。バイデンとしてはこれで一息ついたはずだ。3日以降に届いた分をすべて無効にされればバイデンはペンシルベニアを取れないかもしれないからな。
法廷の争いって、こんな物だったんですね・・・。じゃあ、やっぱり投票用紙では決められないです。
ネットユーザーの反応です!

・選挙日の消印は有効というルールだったから、何の疑いもなくそうなると思います
事前にそう言って始めた投票を、後から無効にするのは良くないのでは?
連邦最高裁は、4対4で分かれるんですね。どういう理屈なのか、分かりません
・制度として認められている投票を、なかった事にしたら民主主義の崩壊です
・投票のルールを最初に決めたのに、後から変えられても困ります

まあそういうことだよ。投票のルールをねじ曲げてもいいと考えていた判事が4人もいた。トランプを逆転させるためにだだがバレット判事が入らないことで多数派にはならず退けられた。非常に惜しいと言える。
記事によって、ネットユーザーの反応が全然違いますよね・・・。統一させてほしいです。
同じ人間が書いてるわけじゃないからwww 記事の論調が変われば集まる人も変わるのは当たり前だ。トランプに厳しい論調ならバイデン支持の人が集まるのは普通と言える。

トランプ軍はいよいよ内戦を覚悟するだろう

集計差し止めも再集計も通用しないとなればトランプ陣営は内戦を覚悟するかもね。あれだけ集めたトランプ軍が何も動かないようでは面目ない。実際に集計の不満を口にする支持者もいるようだし、このままでは終わらないとだけ思っておけばいいよ。
今回の話って、ツイッターではあまり広まってない気がしますよね・・・。みんなまた落ち込んだんじゃないかと思って、心配です。
続報が何かあるかもしれないから、一応ツイッターを探しておいてほしい。何か見つけたら続きは俺がやっておくから。よろしく頼む。
分かりました!探してみます。トランプ大統領、諦めたらそこで選挙終了です!バイデンさん、油断するのはやめましょう!さようなら!
(Visited 3,188 times, 1 visits today)
アクセスランキング(週間)