コロマガ

コロナ感染爆発国と収束国の差がやばすぎるレベルに!

この記事は先ほど発行されたコロマガ海外支部第28号についての簡単な紹介と編集後の感想、補足情報などを追加した記事になる。米欧編アジア編をそれぞれ発行済みだ。

絶望のロックダウン、レッドゾーンのフランス

今日のコロマガ海外支部は、意外と早めに出せましたね!もっと時間がかかると思ってました。
第27号から記事を分割したじゃん?あれがものすごく効果が出てる。本来は2つに分けるべき量の記事をひとまとめにしたせいで重たくて更新に時間がかかっていた。
黒井さんが、色々と途中で欲張って増やし過ぎたので、段々重くなったんだと思います(笑)
悪い悪いww まあ今のボリュームがちょうどいいと思うよ。これ以上は増えもしないし減りもしない。海外支部創刊から半年以上の時を経てようやく最適化された感じがする。
「絶望のレッドゾーン」って、ちょっと言葉が強過ぎませんか?確かに絶望的ですけど・・・。
いやいやフランスなんて1日6万人とか行ってるからな。6万だぞ?日本の感染者数合計が10万人と少しだが、フランスはたったの2日でそれを超える。人口密度とかで考えたらものすごい規模の感染爆発だからな。
スペインは、逆に落ち着いてる気がします!ベルギーとかポーランドとか、ヨーロッパの色んな国に詳しくなりました。
増加率の上位をほとんど欧州が占めるからね。スペイン風邪と同じかそれ以上に深刻な事態だと思うよ。世界大戦レベルの危機だ。

コロナグリーン国からレッドゾーンに転落、逆はほぼない

その点シンガポールは色々とすごいね。最初は感染爆発がものすごかったが、今は確実に収束させてグリーン国へと昇格した。米欧諸国ながらアジア編に編入された一部の国や地域があるが、ものすごいコロナ格差が付き始めてる。
グリーンとレッドで、コンセプトが全然違うのが面白いです!グリーンは楽しい話題ばかりで、レッドは深刻な話題ばかりです・・・。
お互いがお互いを認識しないような状態になりつつあると言えるからね。そして基本的にはグリーンからレッドに転落することはあるが、逆のケースは稀だ。最終的にアジア編もレッドゾーンになってしまわないかという懸念は常にあるよ。
補足情報としてこの記事を読もうか。英米関係の今後についてだ。

ジョンソン英首相が祝意 BBC「英米関係は格下げも」
11/8(日) 7:21配信 朝日新聞デジタル

英国のジョンソン首相は7日、米大統領選で当選を確実にしたバイデン氏をツイッターで祝福した。ジョンソン氏は「米国は私たちの最も重要な同盟国だ。気候変動から貿易や安全保障に至るまで、共通する優先事項に緊密に協力して取り組むことを楽しみにしている」と投稿。女性初の副大統領となるハリス氏についても「歴史的偉業」とたたえた。

ラーブ外相もツイッターで「接戦となり、トランプ氏も懸命に戦った」と現職を持ち上げつつ、「新政権との協力を楽しみにしている」とつづった。

英メディアもバイデン氏の当選確実を速報した。トランプ氏はジョンソン氏を「英国のトランプ」と呼んで好意を示し、英国の欧州連合(EU)離脱を支持した数少ない世界の指導者の一人だった。英国内では、親EUとみられるバイデン氏は、貿易などで英国よりもEUとの関係を優先させるとの見方もある。英BBCは「英国と米国の『特別な関係』は格下げに直面するかもしれない」などと伝えている。(ロンドン)

https://news.yahoo.co.jp/articles/2289f1a03ea4cf3b189512ad52815464da14636a

あれ?バイデンさんって、EU優先なんですか?
そこは何とも言えないね。環境政策を押し進めるということだが、英国もやはり同じような政策を進めればいいまでの話であって。EU離脱というのは必ずしも米国の国益とはぶつからないし、むしろ相乗効果をもたらすはずだ。バイデンはその辺りは付かず離れずを演出しそうだ。
世界中で、どの人がお祝いをするのが早かったのかを、調べてみたいです!傾向がきっとあると思います。
プーチンは沈黙してるらしいよ。分かりやすいよな。それからブラジルのボロボロス大統領。あと気になるのはイスラエル首相とトルコ大統領辺りだね。今週中に色々と出てくるだろう。

トランプが逆転する可能性もまだゼロではない

だが大統領選はまだ終わったわけではない。何度も繰り返すが、トランプが敗北宣言をしない限り逆転する可能性はゼロじゃないということ。この後すぐに取り上げるけど、トランプがゴルフ場に向かったのも何か勝算のあってのことかもしれないぞ。余裕綽々ってこと。
ホントですか?その話、すぐに聞きたいです!
ひとまず締めよう。コロマガ海外支部第28号の米欧編アジア編へのリンクをそれぞれ示す。月額マガジンのNews U.S. レポートの購読を開始すればいつでも読める仕様だ。
(Visited 2,962 times, 1 visits today)